フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「<!ー090西伊豆釣行ー>」の記事

2022年6月11日 (土)

松崎で足漕ぎカヤック釣り



6月10日は西伊豆、松崎に釣行。
Mさんのお誘い温泉付き釣行第2弾で、伊豆高原で前泊して早朝に松崎に向かう。

今日はSさんから五目漁師が普段から羨ましがっている足漕ぎカヤックを1日お借りすることになっている。

松崎の浜で出廷の準備をしていると通りがかりの町の方々が皆さん挨拶を交してくれるので気持ちが良い。
散歩中のお年寄り夫婦に見送られて岸払いする。

数年前に、やはりカヤックをお借りし伊豆多賀から沖に出たことがあるが今回は初めての足漕ぎカヤック。
1dsc_0078-1s

愛用のカヤックを貸してくださるSさんが、ありがたいことにSUPで伴走してくれる。*1
2dsxp226991s

3dsxp226993s

快適快適、釣りよりも漕ぎ進むことが楽しくて、あっという間に水深70mまで出てしまい、タイラバを巻き巻きしているとMさんから電話が入る。
今、Sさんが大物を掛けてファイト中とのこと。

水深-50m辺りらしい。
少し沖に出過ぎたかなと思いつつ反転して現場に急行すると既に獲物は釣り上がりSUP上で頭を落としたり尻尾を切ったりの処理中。4image0s
Sさんから提供

5dsxp226995s

驚いたことに、現場に到着した時には、先に電話をくれたMさんご自身が何やら大物を掛けたらしく、少し先でファイト中。

竿が立たない! 
竿がUの字に曲がったままカヤックがくるくると方向を変えている。
しかし、あっ! 
残念ながらバラシ。

その残念も束の間、再びMさんが大物を掛ける。
今度はやや慎重に対峙されているようだが一進一退を繰り返し5分が過ぎ、10分が過ぎる。
五目漁師は記念写真を撮ろうと待機するが20分経っても上がってくる気配はない。

そして30分。
やっと少し上がりかけてきた。
Mさんはかなりお疲れのようだ。
頑張れー!
しかし、ここにきて、またもやバラシ。
ジグがなくなり無残にささくれ立った5号のリーダーが上がってくる。
姿を見るところまでいかなかっただけに何だったんだろうと悔しさと残念さが募る。

お二人に聞くと、双方ともTGベイト、Sさんは高速のワンピッチワンジャーク、Mさんは竿を上下しながらのシャカシャカ巻き。
真鯛狙いの五目漁師もこの際、時合いに乗っかろうと急いでタイラバをTGベイトグリーン・ゴールドに付け替える。
と言っても、例の赤い竿なので、所謂青物用の速いシャクリはできない。

少し早めにただ巻きしながら、たまに大きくシャクリ上げているとゴソゴソとしたアタリ。
来た、来た。
でも大きくはなさそうと近くのMさんに声を掛けながら巻き上げを開始するや、グイン!ジジッ! 
いきなりドラグが引き出される激しい引き。

いや、これ、でかいですよ、と竿を曲げた途端にプツン。
勝負は一瞬だった。
虎の子のTGベイト諸共持っていかれたかなと思ったが付いている。
良かった。

そして上がってきたジグを見てびっくり。
6dsxp227003s

なんとフロントフック×2とリヤーフックの合計3本のフックの全てが伸ばされている。
フロントフックはアカムツ用のジグに着けるために買った刺さり重視の細軸針なので、相手が青物ならやられても不思議はないが強靭なはずのリヤーフックまでやられるとは・・
余程掛かり具合が悪かったのだろうが、こんなのを見せられると次に大物を上げる自信がなくなってしまう。

一方、30分以上もファイトした挙句にバラしたMさんの無念さはまだ収まらないようだが、気分転換も兼ねて大きく場所を移動する。
あれだけ次々に大物が掛かったのに、場所を変えるとアタリはすっかりなくなってしまう。

五目漁師は真鯛が欲しいので、賑やかな根回りよりもこんなところの方が良いかもしれないと足漕ぎならではの1移動3巻き巻きを軽快に繰り返し、やっとイトヨリ×2、カサゴ、アカイカ。
7dsxp227008s

そんな中で、Mさんは朝の場所に向かって再移動される。
五目漁師も少し遅れながらついていくと、まもなく今度は、Sさんから、今Mさんが3度目のファイト中と電話が入る。

何、またか。
慌てて現場に向かうと、うだる暑さの中、ヒエーヒエーとMさんのうなり声が聞こえてくる。
かなりきつそうだが、先に丁寧にやり過ぎてリーダーを擦リ切られているので今回はドラグを締め直し少し強引に上げてこられるようにも見える。

それでも20分以上もかかって、獲物がやっと海面に姿を現す。
“Mさん限界ブリまだ元気” 
Dsxp227014s
やっと獲物をカヤックに上げた後、重さを計ると12~13kg。
全長の割に重い立派なブリ。

精魂尽きたMさんにはまだ釣ったブリの処理という大仕事が残っている。
結構な潮流で次第に潮下に流されて小さくなっていくMさんを心配そうに見ていると今度は五目漁師に大物が掛かる。

ゴッツン、ゴッツンと頭を振るのでひょっとするとマダイと思っていると、いきなりドラグが滑り出し止まらない。
慌てて少し緩めになっていたオシコンのドラグをカチカチカチと一気に3段階締め込み、これで上がり始めたと思った瞬間にフッ!
またもやバラシ。
今度は、ジグとリーダーの結び目で切られているが勝負が早すぎる。

やせ我慢ではなく五目漁師にとっては青物は釣って楽しいが釣ってしまうと後悔する魚。
ひょっとしたらマダイ?
と思わせる引きだっただけに顔は見たかったが残念さはない。

この後は少し西寄りの風が吹き始めてきたので、タイラバを落としながら浜に戻る。
Dsc_1340s
お手伝いもできないが、後片付けは結構大変そう。


さて、釣行の後はお楽しみの温泉とBBQが待っている。
今回は食材のブリが釣れているがやはりBBQと言えば肉。
肉が良い。
肉が美味いと言いながら、五目漁師はSさんが釣られたマダイでバラ寿司を作らせていただく。
Dsc_1346s

*1:言葉を少し修正。(22.06.14 9:55)



自分の釣りが思う存分やれて、しかも快適。足漕ぎカヤックは最高でした。ただ、準備と片付け、それに運搬は大変そうです。今日の日があと10年早ければ五目漁師も虜になっていたでしょうね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2015年8月23日 (日)

釣れないけれど、いい湯だな♫ ははっ!

昨日(822日)は沼津のあいそボートに釣行。

このブログの記事にいつもコメントを下さるfさん。
私には五目さんのような釣りはとてもできません
とコメントをくれながら
“アマダイをどっさり釣ってきました
“鯛が大漁でした”
と釣行の度にメールで釣果写真を送って下さる。

 

Image1_189日のfさんの釣果写真、鯛は他にもう1尾とのこと)


気がつけばどうやら
五目さんのような貧果には耐えられないということらしい。

そこで、機会があれば一度同行させて下さいとお願いをしていた。
やっとその日がやってきた。
丁度、次はどこにしようかと行き先に迷っておられたaさんもお誘いして
金魚のフンよろしく深夜の熱函道路を走り
五目漁師には珍しい西伊豆のあいそボートに到着。

台風15号と16号の影響で
既に湘南海岸や伊豆にもうねりが寄せており
途中の西湘バイパスも高波の影響で閉鎖されていたが
このボート釣り場はそんな気配を全く感じさせないない静かな入江にある。

 

Dsxp151794s

肝心の写真がないが、湾内には多くの生簀が設置されており
ボート釣りはこれらの生簀に係留した係り釣りが基本のようだ。

そのためにボートにはアンカーの代わりに
生簀に係留するための前後2本のロープと
ボートに沿った発泡スチロールのフェンダーが準備されている。

さて、今日はfさんが狙えば束釣りはかたい
と仰る小アジを朝飯前に釣って、
それからメインの鯛を狙う。

大津でも伊東でも川奈でもアジは釣れるが
昔、港の突堤で釣ったあの小アジが
ボート釣りではなかなか釣れない。

今年は南蛮漬け用に
ヨメサンが自宅で唐辛子まで育ててくれ
丁度この時期に大事そうに一つ一つが赤くなってきた。

 

Cas153927

よしっ! さっさと1束釣ってしまおう。
aさんの隣に係留し釣り始めるが
1投目マジックで思いがけなくイトヨリが来たものの後が続かない。

aさんにも少し離れたその反対隣のfさんにも
アジなど来やしない。

やがて、欲しかったサイズそのものの小サバが来だしたかと思うと
もう止まらない。

 

Dsxp151802s

出ボート前にあいそボートのオジサンから
最近カンパチがあがったと聞いているので
直ぐに別の竿でその小サバを付けた泳がせ仕掛を出すが
生簀回りでの泳がせは結構難しい。

生簀に張られているロープの状況や
水面下の状況がよくわからず
何度か仕掛けをロスしてしまう。

五目漁師は泳がせをやるにも
鯛狙いのロングハリス仕掛けを出すにも
この場所では風の方向も潮の方向も良くないと判断し
生簀の反対側に移動してみたものの
状況は大して変わらない。

ただaさんの潮下を逃れた(?)せいか
小サバは余り来なくなったし
なんといっても目の前にするこの景色が素晴らしい。

 

Dsxp151799s雲の合間に富士山も見え隠れする


もう昼になったというのに実質ボ状態。
fさんもさすがにあきらめたのか秘蔵のポイントに場所移動。
五目漁師ももう一度aさんの潮下に着け
鯛狙いの6mハリス仕掛け出してみたりするが
小サバの猛攻は強まりはしても収まることはない。

もう時間がない。
なんとかまだ果たせない小アジのせめてツ抜け
(束釣りなどもう遠い昔の話)を狙って
一番浅い場所に設置された生簀に最後の移動。

もはや鯛は捨てて小アジオンリーの狙いだ。
ここでも主役はあくまで小サバには違いないが、
時折小アジが混ざってくる。

今日はアジである限り
8cmであろうが10cmであろうが持って帰る。

で最後まで粘ってやっとこの釣果

 

 

 

Cas153905s_3マルソーダと小アジ


因みに、お先にと先に戻って行かれたfさんの釣果はこれ。

 

Img_1114

やっぱりいつのまにか鯛が収まっているし、
なぜかひとり反対を向いているがイシダイまでも。

一ヶ所で終始大物を狙ったaさんは
その泳がせ用に80尾までは小サバの数を数えて
自分の生簀(?)に確保したという。



さて、aさんとの釣りはこれが楽しみ。

 

Img00646sあやめの湯、300


帰り道に見つけておいた銭湯で
コマセの臭いを消して、
ふくらはぎや腕に飛び散ったサバの血を洗い流して
リフレッシュする。

この楽しみのために今日の釣りがあったと思えば
貧果なんてなんのその、
鯛とイシダイを抱えてお風呂に入らず先にお帰りになったfさんには

いい湯だな♫ ははっ!

のこの気持ちはわからないだろう。

西湘バイパスの閉鎖で帰路は大渋滞、
帰りが遅くなってしまったがソーダやサバ
(釣果写真にはないが真サバらしきが釣れたので試しに持ち帰っている)
はその日に捌いてしまうに限る。

ソーダをいつものタタキとaさんがお勧めのうずわ
(川奈や伊東の漁師料理?)にしてみた。

 

Cas153915s

サバは竜田揚げと味噌煮に

 

Cas153908s

小アジは当然のことながら南蛮漬けに。

 

Cas153924sたまたま自宅にあった紫色の玉ねぎを使ったので
せっかくの色鮮やかな唐辛子の色が目立たない。



自宅で栽培した唐辛子が頼もしい。





五目漁師にとっては連チャンで次の日(本日)に予定されていた網代の仕立て釣行は
台風のうねりで中止になりました。
幹事さんはいろいろ気を使い大変です。
ご苦労さんでした。


本日もポチッとよろしくお願いします。


 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

2014年8月 5日 (火)

戸田は富士山撮影の好ポイント

初めての西伊豆戸田のボート釣りは
好天に恵まれた。

肝心の魚は釣れなかった、
いや釣れる気がしなかったせいもあるが、
真っ青な空にすじ雲やうろこ雲が描く清々しい絵に見惚れていた。

 

Img_2881s



本来なら湾口方向に見える富士山は
この日は海上から沸き上がる雲に隠れ、
時々頂上の一部が顔をのぞかせる程度であったが、

自宅で前回の記事を書きながら
数年前の冬には
夫婦で富士山を撮影するために
わざわざここまでやってきたことを思い出した。

 

これがその時(20112月)に撮った写真。

 

Dsn111075s先日ボートを係留して釣ったのは赤鳥居の前辺り。
残念ながら湾に出入りする航路の右側はボート釣り禁止エリア。





この日は朝方まで珍しく
北の方から沼津辺りまで
雪が降った日で
富士山の南側の斜面もうっすらと雪化粧。

 

陽が昇るとともにみるみる内に裾野から
白さが消えて行ったのを覚えている。

 

湾内はこんな静かな日でも
ゴロタ石の外海側には潮の飛沫が舞う。

 

Dsn111109s



これは、帰りの国道沿いから。

 

Dsn111171s






この時には、ここでの釣りのことは余り考えていなかったようです。
本日もポチッとよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2014年8月 2日 (土)

初めての西伊豆釣行

昨日(81日)は西伊豆の戸田に釣行。

最近、戸田で小さいながらマダイが釣れていると聞いて
急行することにした。

明日は娘夫婦が孫を連れて
地元の花火大会にやってくる。

よしっ!マダイをいっぱい釣って
鯛三昧させてやるからな。

かってはクルーザーのクルーとして
西伊豆の各港にはよく出入りしていた。
戸田港にも何度か係留したことがあるが、
釣りで訪れるのは初めて。

5
時半にボート屋さん(その名もセピア)に到着すると
今日は自分もボートで出るというセピアの息子さんが
丁寧にボートエリアや
最近マダイがあがっているというポイントを説明してくれる。

 

Img00218s



手漕ぎボートの利用環境に関しては
アンカー云々、
定置網のそばは云々など
場所毎にルールがありなかなかもって難しいところもあるが、
ここではボート釣りエリア内の
各ブイや休船への係留ができるため
アンカーは使わないとのこと。
これは簡単でいい。

 

早速、最近マダイの調子がいいという台船の近くの
蛸壺ブイ(これも係留可)に係留し、
7mロングハリスの置き竿と手持ち竿で釣り始める。

 

Img00228s


手持ち竿の仕掛けを底に落とすと
一瞬にして餌がなくなる。

 

どうやら小魚がついているようだ。
底から3m浮かせたロングハリスにはすぐにアタリ。
20cmほどのチャリコがあがって来る。
これはいいかもしれない。

 

しかし、手持ち竿も底を切ってシャクリ始めると
今度は大サバ。

 

これがいけなかったのか、
ロングハリスにも大サバ。
猛攻というほどではなく適当に暇つぶしになる程度に
40cmのサバが掛かってくるが
マダイの姿はない。

 

目の前の台船に直接係留して釣っている息子さんが
竿撒きこぼしでマダイを上げたのを見て、
五目漁師も場所移動。
横で釣らせてもらうことにした。

 

台船の影についているのか
海中を覗くと小魚や15~20cmのショゴのショゴ(*1)が群れている。

 

(*1:出世魚と言われるブリやカンパチ。
例えば、ブリの幼魚はワカシ、カンパチの幼魚はショゴとか潮っ子と呼ばれる。
釣りの対象にもならないもっと小さいのを
五目漁師はワカシのワカシとかショゴのショゴと呼ぶようにしているが
全く一般的な呼び方ではない。)


餌を付けた仕掛けを放り込むと
一瞬にして餌を貪られてしまう。

これだから、本命の近くで
パッと餌を展開するまきこぼし釣りが断然有利と見た。
息子さんは既に小型のマダイ×2,
30cm程度のショゴをあげているらしいが
私の方は小魚に餌をとられるばかり。

その後は係留ブイや蛸壺ブイを転々としたが
結局大サバ10数尾、チャリコ、
ショゴのショゴ数尾(狙えばコアジ釣りのように多数釣り可)、
タマガシラ数尾、
サバタン用に持ち帰りのサバ3尾以外は全てリリース。

今日は準ボで釣果写真はなし、
代わりに素晴らしい景色をもう一枚。

 

Img_2882s



とらぬ鯛の鯛三昧に終わった今日は
こんな日にしかありつけない焼き肉で皆さん嬉しそう。

 

Img00236s

 

 

 







初めての戸田、内海だけに筏釣りのような感じ、
魚種は限られていそうですし
結構スレているかもしれません。
私にとってはどうしていいかわからない難しい釣り場でした。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村