フォト
無料ブログはココログ

« 網代はボ | トップページ | カイワリの大釣りならず »

2023年11月23日 (木)

上手い釣り師を真似てなんとか中アジゲット



11月22日は大津(石田丸)に釣行。

釣りに行きたいがどこで何を釣ったらいいのかわからない。
網代は行ったばかりだし、行きたかった川奈はとうとうカワハギになってしまったし、伊東はフグだし・・・。

そうだ、ソウダ一ッ・・やめよう前回に続いてふる過ぎる、年だな。
初めてだが伊東のエンジン艇はどうだろうか? 
ある程度深いところならフグもいないのでハタや真鯛が狙えるかも。

で、相手をしてくれそうな弟に連絡してみると先約があるということでアウト。

うーん、困った天気予報を虚ろにチェックしながら行き来していると、
なんと珍しくも大津の天気が素晴らしい。
しかし、伊東のフグがひょっとして突然カイワリに化けるかも,とまだ迷っていると、前日の昼過ぎに仲間から伊東はフグで退散との最新情報が入る。
これで、大津に決定だ。

さて、大津は相変わらず人気がある。
1dsxp237968s     

今年は主体がオオアジに変わってしまいお店の釣果ブログでも、中アジはいませんでしたなんて日もあったようだが、五目漁師的にはやっぱり美味しい中アジが欲しい。
もちろん、そこそこのアジが釣れれば泳がせでヒラメも狙ってみよう。

2dsxp237971s

7時ちょっと前に漕ぎ出ると大半は富士山根やガレ場方面で武山根などの海苔棚方面に向かうボートはは少なそうだ。

今日は長潮、時刻的には上げ潮に入ったところだが、いい具合に北西方向に流れている。
3dsxp237972s

一投目マジックで欲しかった中アジが釣れたが後が続かない。
目の前の釣り師は結構コンスタントに釣っているのに五目漁師はさっぱり。
同じアジ仲間だからと思いつつ、カイワリ用の引き出しを開けては次々に試すも餌を盗られるばかり。

ショウサイフグが2、3尾釣れたのでどうやら犯人はこいつのようだ。
ここでびっくり事が。
釣れるのはショウサイフグだが、たまに海面までビシを追って上がってくるのは伊東の暴徒と同じ種のサバフグ。
ただ、伊東の様に群れではなく単独行動なので大して邪魔でも、恐怖でもない、と思っていたその時だ。

サバフグがビシを追って上がって来たかと思うと、何とその勢いでジャンプ一発、愛竿の穂先に飛びつき鉄棒の様にぶら下がってきた。
この野郎!
慌てて振り落とし穂先をチェックすると大丈夫だったが、こんな技があるとは気を付けなくっちゃ。

五目漁師にはアジは釣れないがサメにエイ。
4dsxp237978s
エイのスレ掛かり
今はおとなしくしているが握ったハリスの上にはウイリー針が2つも付いているのでここで暴れられるとヤバイぞ、と思いながらヒヤヒヤものの撮影。

一方、目の前の釣り師は相変わらずポツリポツリとアジを上げている。
軟調子の竿でゆっくりとコマセを撒いた後は置き竿だ。

あれじゃ普通ならフグの餌食だろう。
でもこの差は何だろう? ちょっと真似てみるか。

着底から竿を置くまでのリールの巻きから判断するとどうやらべた底のようだ。
やってみよう。
ビシの着底から3m巻いて、五目漁師の竿はあんなに軟らかくはないがゆっくりとコマセを出して既に泳がせ用に準備している竿掛けに置く。
OK、これでよし。

すると、しばらくして穂先が微妙にお辞儀する。
聞き合せる。
ここまで彼と同じように真似る。
するとどうだ、中アジ。
5dsxp237974s

そしてまた中アジと、入れ食いの勢いで上がり始める。
6dsxp237975s

なんだ今日は置き竿だったのか。
コマセの出し過ぎがいけなかったのかも。
ただ、彼の方も先ほどまでに比べるとペースアップしているので丁度時合い到来と重なったのかもしれない。

結局、今回の釣果の殆どはこの1時間半の間に釣ったもので、後は置き竿か手持ちでもゆっくりしたシャクリで止めを長くした釣りが主体ではあったがボチボチになってしまった。

一方、そんな中でずっと泳がせでヒラメ狙いを続けていたが、こちらは一度のアタリもなく終了。
7dsxp237980s
戻ってきた元気なアジ
釣り開始からずっと無風に近かったが、1時ころから急に強い南寄りの風が吹き始め沖上がりの頃には写真の背景の通り海面もやや荒れ模様。

で、今日の釣果はこれ。
Cas23a0708s

大津とは言え、いつもはアジ以外の魚が多少は混ざるが、見事にアジ一色。
しかも最近はあまり釣れないと言われている中アジ(Max27cm)と終盤にはたまに小アジも混ざった。


で、先ずは刺身、
Cas23a0719s

コアジはフライに。
Cas23a0724s

次の日に押しずしと唐揚げ。
Cas23a0738s

Cas23a0730s




アジもカイワリ同様、時により釣れる釣り方は色々ですね。

この日はウィリーでさえあまり動かさない方が良かったです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« 網代はボ | トップページ | カイワリの大釣りならず »

<!ー060大津釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

五目漁師さん、こんばんは。
 
中アジ大漁、おめでとうございます。
走水の大アジは流れが強いせいかサイズの割にとても美味しいと思うのですが、大津も似たような環境ですよね。中アジも大アジも美味しいのではと思いますがどうなんでしょ?
 
ブランドアジがいくつかあるように、東京湾はアジが美味しいですよね。サイズもでかいのがいるし…。外房は小型が多くて中型以上はポイントと季節が限定されます。
いろいろな魚がいますが、アジが一番美味いという人、けっこう多いですよね。個人的には釣るよりも食べて嬉しい魚です。

ぐっちゃん、おはようございます。

大津はすぐ隣の走水ほど潮の流れは速くありませんがアジは美味しいですよ。
オオアジの中には回遊性のクロアジが混ざることが多く、これは食味が少し落ちるようです。
所謂金アジは身質が伊東のカイワリの様に脂でしっとりしていますが、今回はちょっと違うかなという気もしました。
釣れる魚の種類がどんどん変わってきていますので、これも一環かもしれないですね。

アジは居れば釣れるというイメージが強いですが
カイワリと同じくなかなか難しい魚というのが今回の例でした。

遅いコメントで失礼します。

おつかれさまでした。食べ頃の中アジが揃いましたね!
海苔棚に付き始めているアジが主にどこから来ているかは分かりませんが、
外から入ってきている可能性もありますね。居付きの体にこれから変わっていくのかも。

それにしてもサバフグジャンプは驚きです。
あんな歯で竿先に嚙みつかれるなんて凶悪至極です。動画に撮れたら衝撃映像ですね(^o^;。

例年だと今の時期は既に海苔棚が大人気ですが、最近はルアーをされる方も増えたので、流しやすいポイントを志向される方も多そうです。

ここのところ、天候の悪い日が多くて参りますね。
伊東にいけそうな日が見つからず、次回は大津の海苔棚調査になりそうです。

HEPPOさん、おはようございます。

そうなんですよ。 
久しぶりに大津のアジ、いただくのを楽しみにしていたのですが少し物足らなさを感じました。
それでも4日間続けてアジアジアジアジで完食、堪能しました。

穂先にぶら下がるフグ野郎うまく撮れれば賞ものでしたが、なるほど動画なら撮りっぱなしですから撮れてましたね。
普段はビシが手に取れるように1.5m程ラインを残して穂先を立てるのですが、
海中でビシを追ってくるサバフグを見つけたので勢いよく道糸を巻き取ったのがジャンプのきっかけになったのでしょうかね。

海藻棚調査、半分手伝いますのでお声がけ下さい。 
そうすれば空いた時間で釣りもご一緒できますし。
ただ、最近は本当に首も腰も回らず、航跡がジグザグになってしまうのは許容ください。

大津で出撃されてたのですね。アジ大漁おめでとうございます。大津のアジだとみんな釣れてるように見えて、フグに包囲されてしまったり、さっぱりアタリがなかったり、潮変わりで釣れなくなったり、実は意外と苦労しますよね。でもポイント移動したり、仕掛けを変えたり、タナを変えたり、誘いを変えたりして正解を探せるところも奥深くて無性にやりたくなります。

paiatown2013 さん、おはようございます。

前回の大津はタチウオ、今回はアジ+泳がせ、季節の移りを感じます。
最近は大アジ主体で大津も変わってきましたが、偶然かどうか欲しかった中アジが釣れたのが良かったです。

おっしゃる通りお店の釣果ブログを見ているといつも大漁のアジで、いとも簡単に釣れそうに思いますが、行くとそうはいかず何だかんだと苦労しています。
釣れ始めるとこれが当りと思うのですが次はそれが通用しない。
伊東のカイワリも同じです。

自分で探して、自分で釣り方を見つける。 
飽きない手漕ぎボートのおもしろさでしょうかね。


お疲れ様でした~!
私も11/27久々に大津のガレ北に行ってきました。
見事にコアジとオオアジに別れて中アジは皆無という釣果でした。
大津のアジはほぼ波任せの置き竿で良いと思ってます。余程のベタ凪ぎでない限りは誘いは入れませんが、最近はフグがうるさいので、ウィリーが効果的かな?の日も増えてきました。
大津のオオアジ、割りと脂のある個体も増えてきましたので、次回もオオアジ狙いから始めることになると思います。
次回は忘年会後の金曜が良さそうですが良すぎて伊東カイワリ、大津オオアジ、川奈オニで迷ってます(笑)。

腰痛持ちさん、こんばんは。

今日は伊東でしたのでレスが遅くなってしまいました。

アジもカイワリと同じでその時々で釣り方が変わりますね。
カイワリは極端ですがアジもいつも同じではダメなようです。

大津のフグはショウサイグが主体のようですが、たまに海面までサバフグが追ってくると伊東の悪夢を思い出します。 まだまだですが。

金曜日、大化けするとしたら伊東のカイワリでしょうね。
型もよくなりましたし、結構群れも大きいようです。
ただ腰痛さんも前回がそうだったように、今日は私が仕掛けを全部取られてしまいました。
わずか2日前にはフグの姿がなく入れ食いのカイワリ天国だったようです。
わからないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 網代はボ | トップページ | カイワリの大釣りならず »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29