フォト
無料ブログはココログ

« おとなしいフグ現れる | トップページ | 上手い釣り師を真似てなんとか中アジゲット »

2023年11月16日 (木)

網代はボ

 

11月15日は網代(亮知丸)に釣行。

今回は中深場のアカムツともう少し浅いところでオニカサゴを狙う。
1dsxp237956s
中深場用の竿、リールとオニカサゴ用の竿、リール
真ん中はタモ柄

結果は、見事にボだったので簡単に。

歌詞 -空きがない- (70年代)
網代では沖に出る釣り師が増えている(うそ)♪
今朝見たネットの片隅に書いていた(うそ)♪
だけども問題は明日の艇、空きがない。♪
行かなくちゃ赤に逢いに行かなくちゃ♪  
網代の沖に行かなくちゃ、波を越え♪
ジャンジャンジャジャーン・・・
(赤=アカムツ)

なんて口笛しながら亮知丸のHPをチェックしていると、突然15日水曜日にキャンセル艇が出た。
何はともあれ、直ぐに電話して予約を入れる。

前日になってしまったが、かねてから行く行くフラグが立っていたまっくさんに連絡すると、なんと突然のお誘いにもかかわらずOKですよとの返事。
しめしめ、これで、もし老体に何かがあっても一人寂しく漂流しなくても済むぞ。

ただ、天気の方は手放しで期待できるほど良さげではない。
朝の内は結構風が強そうなので、あまり沖に出ずオニカサゴなどを狙ってロング流しをやり、風が収まった頃に中深場に出てアカムツ狙いをやろうという作戦を立てる。

日の出前の6時に現地に到着すると、他の2艇は何れも4人ずつが乗り込むらしく準備で結構賑わっている。
この時こそが実は皆さん期待に胸膨らませ、腕が鳴り寒さも忘れて一番熱い時だ。
五目漁師チームももちろん、1分1秒でも早く出たいと急いで準備する。

港を出ると、想像以上に結構な荒れ模様。
2dsxp237965s

とても沖に出られるような状況ではない。
予定通り波風が止むのを待ちながら-100~150m前後を流す。
元々、朝の内は風が強いのは想定済みであったが、このうねりと風波は天気予報からは全く読み取れていなかった。

その上に風に勝る潮流でボートはどんどん北西方行に流される。
まっくさんはずんぐりむっくり型350gのジギング、五目漁師は錘80号天秤吹き流し仕掛けにサバタン餌で流すが、どんどんラインは斜めってしまい釣りにくい。
何度も潮上に戻っては流し、戻っては流し、1時間そして2時間、波と風に翻弄されながら流すが一向にアタリはない。

当然のことながら朝の元気はどこへやら。
お互いに愚痴や慰めが多くなってきたところでやっと五目漁師にアタリ。
お目当てのオニカサゴではなさそうだが、結構いい引きをしている。
長らくお待たせの初獲物だけに2人で覗き込んで今か今かと待ったのに、あっ白い、何だサバかっ!

まさかのサバに落胆は大きいが、いや待てよ。
五目漁師の天敵サバは今や、市場では貴重な鯖様になりつつある。
実は昨日オニカサゴの餌用にサバを買おうとしたが生サバはスーパーでも見つからないことがあったり、あっても既に庶民の魚感覚では買えないほどアフォクサイお値段(痩せサバの両身550円とか)になっている。
まして、皮身だけにして身の殆どは捨ててしまうサバタン用にはご勿体なくて買えたものではない。
やっと安い塩サバを見つけて買ってきたところだ。
3cas23a0669s

それを思い出すと放流するわけには行かず取りあえずボートの生け簀に入れる。

ドテラ流しの艇は悪天候の中で幸いにも沖から岸方向に向かって流れてくれる。
岩礁帯に近づいてきたところでやっとお持ち帰りのアヤメカサゴ。
4dsxp237958s

さて、予報では9時を過ぎれば風も収まる予定であったが一向にその気配はない。
期待していた潮止まり(11時半)の前に中深場に船首を向けゆっくりと向かいかけたが途中でやはり断念。
5dsxp237964s

今日は中深場に向かうのは諦めて、マダイやハタ狙いのジギング流しに切替える。

すると水深90mでまっくさんがやっと大物を掛ける。
穂先がグイグイとお辞儀しながらガチ締め込んだ(ご本人いわく5kg、因みにマグロ用の設定らしくPE2.5号、リーダー10号)という新品オシコンのドラグが時々ジッ、ジッと鳴る。
五目漁師が慌てて自分のラインを巻き取っていると、あっ!
見ると、うなだれるまっくさん。

まっくさん、いくら何でもそれは締めすぎじゃないの!?
何もないんだからドラグ出しながら時間をかければよかったのに、こいつが上がれば今日の釣りも大方万々歳だったのにね、と責める五目漁師。

結局、この後は双方ともたまにフグで終わってしまった。

唯一の獲物、アヤメカサゴの刺身。
Cas23a0676s



波と風で釣りにくかったせいもありますが、網代でここまで酷かったのは多分初めてですね。
次の網代では、そろそろヒラメを狙ってみようかなと思っています。
フグが居なくなるのが条件ですが。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« おとなしいフグ現れる | トップページ | 上手い釣り師を真似てなんとか中アジゲット »

<!ー040網代釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

厳しい釣行でしたね。
次の日になってあちこち筋肉痛が出ています。重いジグをほぼ一日中しゃくっていた腕肩、うねりで体勢を維持しようとしていたからか太もも腰、独りだったら漂流の前に心折れて帰っていたかもしれません。

ジグでかかった魚は非常に残念でしたのでまた機会があればリベンジに行きたいと思います。釣れていたら写真の一枚と文章がもう少し掲載できたかもしれませんね。
丁度釣れなくなったと話をしていたタイっぽかったんですけどねぇ、、、

あーっ、悔しいっ!!

これも次回釣行へのモチベーションになりますからこれはこれで楽しみが増えます。

最後になりますが本当に毎回お世話になります。
ありがとうございました。

まっくさん、お疲れさんでした。
厳しかったですね。

でもあの大物が獲れてたらこんなセリフはなかったと思います。
やはり少し強引過ぎたようですね。
魚も生き物、10分待てば必ず疲れてきます。
それまではどちらかというと負け加減でもいいと思います。
ハタや真鯛で実績があるポイントですから、あの穂先の動きからするとおっしゃる通り大マダイでしょうね。

これからはヒラメ狙いの泳がせなどもやってみたいと思っていますし。
あまり季節に影響しない中深場が効果を発揮します。
お互いに網代の海には貸しができましたから、また次回よろしくお願いします。

自然が相手なのでそんな日もありますよね。厳しいコンディションの中、お二人ともご無事で何よりでした。オモリ80号でラインが斜めって釣りにくいところを読んでいると、思わず私の日常を思い浮かべてしまいました。次回はよいコンディションでリベンジできることを祈ってます。

paiatown2013さん、こんばんは。

365日連休の私は、念には念を入れて天気予報をチェックして釣行日を決めますので
滅多なことでこんなふうにはなりませんが、
今回ばかりは突然の艇の空きで目がくらんでしまいましたね。
ただ、現にこの後は更に悪天候になり、まだ数日続きそうですから、
何とか出られただけ良かったと思うしかないです。
もう少し待って! と言いたいですが、どんどん寒くなってきますね。

こんばんわん(≧∇≦)

ボですか、なんだか久々に聞きました
僕が言ってたら完全試合でしたねきっと…
去年もそうでしたが、もうちょい経てば良い季節にが瞬く間に過ぎましたねw
僕も先日出てきましたが、まぁ寒くて大事なところが縮こまりました。
しかし、カイワリ釣りは何処もフグとの戦いなんだなぁ思いましたが来年は今一度今回の場所で良い時期に狙ってみようと思います。

五目ツアーも開拓が進んで来年が更に楽しみになってきましたね。

ガルさん、こんばんは。

ボは結構やってますよ。
まだ、水温が20℃以上ありますからフグが元気ですね。
フグが居なくなって、冬の海になるまでの間がカイワリのチャンスかな思っています。
最近は、三浦の方にカイワリが現れていますね。
伊東のカイワリが行ってしまったのかもしれません。

網代は相変わらずポイントがわかりませんので、勝手知ったる伊東でエンジン艇を借りて少し沖でやってみようかなと考えているところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おとなしいフグ現れる | トップページ | 上手い釣り師を真似てなんとか中アジゲット »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29