フォト
無料ブログはココログ

« カイワリ釣りは完ボ | トップページ | カイワリをご馳走したい »

2023年10月24日 (火)

不本意ながら御三家揃い踏み

 

10月23日は網代(亮知丸)に釣行。

もうそろそろ一人での遠出は止めておこうと思っているのに、平日のしかもこんな珍奇な釣りに相棒を誘うわけにもいかずまたまた単独行になってしまった。

網代のエンジン艇ならできそうだと思い勝手に決めた赤い魚の御三家(アカムツ、オニカサゴ、アカハタ)を揃えてみようという釣り。
前回は釣れる釣れないは相手まかせ、工夫のしようがないアカムツがネックになるだろうと予想していたが、正にその通り、しょっぱなのアカムツでタイムアウト。
諦めてからは、後2者(魚)のポイント探しと練習釣りになってしまった。

で、先ず始めにこれが今回の釣果。
1cas23a0575


早朝はアカムツ狙いの中深場のご機嫌がすこぶる良く、最低限の御三家3匹のおまけ満載で結構釣れてしまった。
取りあえず御三家が揃っているが、アカムツ以外のアカハタとオニカサゴはどこかに紛れ込んでしまっている。

この釣りのおもしろさはなんと言っても中深場のアカムツ(今回は-300mを予定)、浅場のアカハタ(今回は-25mを予定)、その中間のオニカサゴ(今回は-120mを予定)、3魚3様の生息ポイントを釣り流すことであろうか。
365日連休の暇にまかせて、あれやこれやと作戦を練ったり道具や仕掛けを準備するのが楽しい。
2cas23a0569s

3cas23a0571s

今回は前回から少し作戦を変更して、先ずは中深場でアカムツを狙い、なんとか10時頃までに釣れれば、その元気で前回初めて釣ってちょっとだけ自信がついた浅場のアカハタに向かい、最後に釣り慣れた締めのオニカサゴに向かうことにする。4dscp237890s

前回もアカムツからのスタートではあったが、魚探にポインティングしているマークの見間違いで予定していたポイントからなんと1.5kmも熱海側にずれたところで釣っていた。
間違いに気付いたのは釣り始めて2時間もたってからだった。
根っからのいい加減さに相まって目を凝らすも魚探画面の文字が見えなかったためだったので、今回は悲しいかな100均眼鏡も持参してきた。

今日は相模湾一帯が無風の予報、5時過ぎが干潮の小潮回りなので120号の錘で3本針吹き流し仕掛けを入れる。
結構、海面の潮は流れているのかラインの出は350mにもなる。
5dscp237910s

尤も、この深さでは手持ちの魚探でも、艇に積んである魚探でも実際の深度は表示されないので、結構真面目に校正しているリールのカウンターが深さの基準になる。

1投目、着底し、糸ふけをとって、ウンニャと底に突き刺さった錘を引っこ抜くと同時にアタリ。
上がってきたのはこのポイントの主(と思っている)オキギスとシロムツの連。
オキギスは薩摩揚げが美味しいのでもちろんクーラーボックスへ。

この深さでは、なんやかんやで1回あたりの仕掛けの投入と獲物の巻き上げで最短でも20分はかかってしまう。
1時間によくて3回しか仕掛けの投入はできないために連で釣れてくれると嬉しい。

そして2投目、ゼロテン(捨て糸1m、エダス50cm)で待とうとするや否やまた直ぐにアタリ。
ユメカサゴ、シロムツ、そして下針になんと良型アカムツ(35cm)の3連。
6dscp237899s  

その後もせいぜい底どりから10数秒後にはアタリの連釣が続く。

作戦ではアカムツが釣れれば直ぐにアカハタ釣りに向かうつもりであったが、釣れ続いている間はそうもいかず、8時には2尾目のアカムツ。
これも型が良い。
7dscp237908s

潮が緩んでくるとやっと隙間が空いたのでこれを機に一気に浅場に向かう。
おっと、その前にルアーの釣りになると両手がふさがってしまうので、巻き上げの時間を利用して8時過ぎには早弁で気合を入れる。
車の中で朝食のパンを食ったところなのに、調子も天気も良いだけに最高に美味しい。

昨晩から続くうねりがやや残っているが、10分ほどでアカハタポイントに到着する。
先ずは前回初めてやったスイミングテンヤにヤドカリが宿を捨てて出てきたような黄色のワームを着けてアオリイカ用のスピニング竿で投げ入れる。

するといきなりゴソゴソっとアタリ。
しかし、びっくりして手間取っている間に根に入られて外してしまう。
へたくそ目、モタモタしてるんじゃないよっ!

それにしても今日はなんていう日だ。
この分なら直ぐにアカハタもゲットできそうだ。
ワームをチェックしようと道糸を巻き取っていると艇の直ぐそばまで来た時にまたいきなりガツン!
中深場の釣りと違って28gのスイミングテンヤに掛った魚の直撃は怖いほどだ。
どうやら先に根に潜り込んで一命をとりとめた個体がテンヤの後をしつこく追ってきた(?)ようだ。
早々にいい型のアカハタに違いないと期待したが上がってきたのはオオモンハタ。
いつもならどっちでもよいが、今日はちょっと違う。
8dscp237918s

しかし、調子が良いと思ったのはここまでだった。
スイミングテンヤはボートが流れなくても広範囲に探れるのでこんな時にはもってこいなのではあるが、何せ慣れていないだけに巻きスピードによって、更に艇に近づいてくるに伴って深さ方向の動きが支配的になるだろうし・・・どのあたりを漂っているのかがよくわからない。
巻き速度を変えてみたり、途中で巻き上げを止めて底どりをやり直したりと試行錯誤の釣りが続く。

と、その時だった。
根掛かりが危ないと思いながらも思い切って岸側に向かって投げ入れ、巻いているとモゾモゾ感あり。
何度か根に潜られ根魚釣りの難しさを感じているので先ずは竿を大きく煽って根から遠ざける。
無事に上がってきたのはカサゴか? と思いながらよく見るとなんとオニではないか。
9dscp237919s  

こんな浅いところで信じられないが、やったね。今日最後の-120mで釣るつもりだったオニがここで釣れてしまった。
小さいので本来ならリリースサイズかもしれないが、ここは保険に確保した上で、後で釣り直そう。

この後はスイミングテンヤを飛ばしてしまったり、根掛かりでリーダーを結び直したりとトラブルが続き、アカハタ不在のままどんどん時間は過ぎて行く。
いざとなったら先のオニをオニとして認めようなどとウダウダ考え始めたもう限界の12時半にやっと待望のアカハタ。
10dscp237921s

前回と同様に苦肉の策はサバタン餌の胴付き仕掛けだった。
30cmに満たないけどまあいいか。

ブイーン、エンジン全開で急いで予定していたオニカサゴポイントに向かう。
せめて30cm超えが欲しい。
しかし、極端な無風と潮の流れナッシングで同じところを底トントンでは坊主が木魚を叩いているようなもので一向に先に進まない。11dscp237924s  

先の浅場でも状況は同じであったが浅いだけに仕掛けを巻き取っては艇を少し動かしてを繰り返していたが、-120mではそうはいかない。
どうすることもI can not.(古っ!) これでは何の面白味もないし期待もできない。ここでは(多分)フグに仕掛けを切られたのみでこの場は終わってしまう。

結局、まだ少し時間はあったがこの状況では釣れそうな気がしないので早めに沖上がりする。
12dscp237927s

早朝、早々にネックだったアカムツが釣れた時にはやったね! と思ったもののそううまくはいかなかった。
小ぶりのアカハタと小ぶりのしかも-120mで釣るはずだったのに-25mで釣れてしまったこんな御三家さん。
13cas23a0584

実は今写真を見て気付いたが、写っているのはどうやら本当のオニカサゴのようだ。
これは私も釣ったのは初めてで珍しい。
道理で浅かったし薄汚れて少し変だとは思っていた。
背びれの棘の数も少なかったように思う。
釣り師が日頃オニカサゴと言っているのは正式名称がイズカサゴ、あるいはフサカサゴというよく似た魚でオニカサゴではない。

で、多分その本物のオニカサゴとアカムツ、アカハタの御三家姿造り。
14cas23a0603

ユメカサゴとウッカリカサゴの煮付け。
15cas23a0588s

これを食べると日本人で良かったと思う。

オキギスとスミヤキをミックスした定番の薩摩揚げ。
16cas23a0612

 


まぐれでなんとか揃いましたが、やはりもう少しポイントに関しても、釣り方に関しても個々の釣りの確実性を高めないとと思いました。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

« カイワリ釣りは完ボ | トップページ | カイワリをご馳走したい »

<!ー040網代釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

3回釣行したかのような釣果おめでとうございます。深場でも浅場でも狙った魚を狙った通りに仕留めるのはお見事ですね。私はいつも観音崎なのですが、潮が緩むのを待つ間にやることがなくて困っていたのですが、浅場で根魚を狙うとよいのですね。今度やってみようと思います。

paiatown2013さん、こんばんは。

思えば2年ほど前から網代で釣り始めて以来ほとんどが中深場の釣りでしたので、アカハタやオニからは出直して来いと言われても仕方がない釣りでした。
今回は幸運でした。

観音崎、時合い待ちに浅場で餌釣りをやると凄い餌盗りなんでしょうね。
ある程度小魚を自動で避けてくれるワームなどを持参されてもよいかと思います。

こんなに早く赤御三家が達成されるとは思っていなかったです。この3種でもそれぞれ異なる釣りなので同日に同一人物が釣るのはかなり難しいですが、究極のグランドスラムは、アカムツ&鬼&ハタ&アオリイカ&青物(イワシとサバ以外)でしょうか!アカハタをハタとすれば3種はできそうですが、これは流石にすぐには達成者が出てこないでしょう!でも、達成できたら翌日からの食事メニューは料亭並みですね!私はもっぱら裏御三家(ギンメダイ&エソ&サバフグ)専門です、残念!

MBLさん、おはようございます。

今回は、アカハタ狙いの浅場でオニカサゴが釣れるという幸運がありました。
元々狙っていたオニカサゴとは別の魚だったことが後で分かりましたが、寧ろこちらが本物のオニカサゴですからよしにしました。

良く言われる大三元(ヒラメ、青物、マダイ)は偶然ですが2回やったことがありますが、この時は何れもマダイがチャリコレベルでしたので、もうちょっとという感じでした。

おっしゃる裏御三家もフリテンなし(これ以外の魚は釣らない)とか条件を付けると面白そうです。 やってみてください。 裏御三家の姿造りは絵になりそうです。

おはようございます。

タイトルから他の釣りお仲間から頂いたりされたのかと思いましたが、そういうことですか。

確かに稀に浅場でもオニカサゴが釣れているのは見たことがあります。総じてあまりサイズが大きくはありませんし、体表にコケみたいな物が付着している事が多い様な気がします。仰られるように沖のもの微妙に種類が違うのですかね。

でも三冠達成ですね!
おめでとうございます!!

次は赤五目はいかがでしょうか?
と言っても他に2種、美味くて赤い魚ってなんでしょうね?!

まっくさん、こんにちは。

本物のオニカサゴはイズカサゴやフサカサゴと違って華がないですね。
顔は泥だらけでしたので古いハブラシで汚れを落としたほどです。

他に美味しい赤い魚と言えば、アマダイでしょうかね。
網代なら付けエサをサバタンからオキアミに替えることによって釣れそうですね。

赤はおいて、食味のバリエーションや釣り方の違いからあと一点入れるとすればアオリイカを含むイカでしょうかね。
いよいよ達成は難しくなってしまいますが、個々の確実性を上げれば不可能ではないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カイワリ釣りは完ボ | トップページ | カイワリをご馳走したい »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29