フォト
無料ブログはココログ

« 赤い魚御三家を狙ってみようかな | トップページ | リールあれこれ »

2023年9月28日 (木)

本格シーズン入りを期待したが


9月27日は伊東(井上丸)に釣行。

前記事の赤い魚御三家の勢揃いを狙って網代を予定していたが、釣り日和とエンジン艇の空きがなかなか重ならない。
一方で、次第に溜まってくる釣りガスを1次的に抜くためにも、そろそろ本格シーズン入りする(はずの)伊東の海上散歩に出掛けることにした。

今のところサバやフグも比較的少なく、カイワリやアジ、ハナダイなどがコマセ釣りで結構よく釣れているが、実は五目漁師の車には先週準備したが使うことがなかったタチウオ釣り用の道具が積んだままになっている。
ジギングやタイラバによる沖流しなら、少しジグを追加するだけでこのままでGo!できる。
1cas3a0425s

2cias23a0462s

鯛でもハタでもなんでも来い。
たまたまだが、3、4年前に東伊豆では珍しくも釣れたタチウオが丁度この時期だったので、居てくれれば正に飛んで火に入る・・・というやつだ。

井上丸はボート乗り場の前のテトラエリアを出た水深20m辺りにいつもベイト反応や魚影が見られる。
ハタなども掛かってくるが20cmくらいの小魚が多い。
それがわかってはいるが反応を見るとルアーを落としたくなるのは釣り師の性。

案の定、一旦漕ぎ手を休めて試しにジグを落とすと直ぐに25cm程度のイトヨリ。
なんだイトヨリかーと思いながらもう一度落とす。

すると、また直ぐにアタリ。
また小魚かと思いながら巻き上げ始めるや否や、いきなりガツン! ジリジリジー・・・

実は、今までジギングに使っていた炎月プレミアムの調子が悪くなったために、先日リールを新調した。
そして、今しがた下ろしたばかりのそのリール(ティエラA IC)がいきなりドラグ音を響かせてくれる。
しかし、タモの位置などを確認し身構えて臨戦態勢入った途端にフッと軽くなる。
上がってきたのは目玉の辺りがボロボロになった15cm程度のイトヨリ。

また悪い癖が出てしまった。
ジギングとタイラバと交互にやっていると、どうしてもジギングで大きなシャクリを入れ忘れてしまう。(タイラバをやっている時にはその逆もある)

小魚を咥えた大物がしまったと思うのか、咥え直そうとするのかわからないが、シャクリの前に口を開けられてしまうとこうなってしまうのだろうか。
残念!

その後は湾内を南北方向に行ったり来たり、点々とする。
3dsxp237840-s

4dsxp237840-s

朝の内はポツリポツリとアタリがあったが8時前のワカシを最後に何の反応もない正に不毛の海になってしまう。

今日はまっくさんとも現地集合し、場所は離れているがお互いに釣果があれば連絡し合うことにしている。
その電話が9時前に入ったので期待したが、今のところアオハタ1尾とあとはフグ、サバに遊ばれています、そろそろ何か連絡しないといけないかと思って・・・とのこと。

まっくさんは水深30m前後、五目漁師は45m前後を流しているが、フグはたまに、サバに至っては一度も遊んでくれない。
そんな中で、これは伊東の新参者であろうか? それとも単にいつものサバフグが痩せているだけなのだろうか、正にこれぞサバフグという細長いフグがお目見え。
5dsxp237845s

こちらは、個体は違うが別のフグにやられてしまったタイラバ。
6dsxp237846s

中層で何度かアタリがあり掛からないままで終わってしまった時には、大概こんな風にやられている。
五目漁師のラバー部は全て自作で低コストなのでせいぜい相手が下痢か逆にフン詰まりするぐらいで済むが、お高いラバー部を買っておられるタイラバ釣り師にとっては金タマランだろうな。(と、お下品が続く)

風が強まって海面が騒々しくなってくると、白波を見ながらなんとかしてよと風上に向かって言いたくなってくるが、こんな風にボートが一切流れないほど静かだと、これはこれでなんとかしてよと天に向かって言いたくなってくる。
7dsxp237847s

平和過ぎる海面で10時過ぎには早弁しながら今後の作戦を練る。

天気予報のチェックでこんなこともあろうと例の対足漕ぎ流しセットを持ってこようとしたが、残念ながら井上丸のボートはスノコ代わりにのっぺらぼうの板を使っているので、取り付けができないことがわかり諦めた経緯がある。

仕方がないので、これに変わる釣法として早弁しながら思いついた伊東の海底ならではのズリズリ釣法をやってみよう。
お股に竿を挟んでタイラバを落としながら100m程ボートを漕ぐ。

着底した時点で道糸は水平方向に100m以上は出ているのでゆっくり巻き上げると、タイラバは海底をズリズリと引きずられる。
少し早く巻くと速さに応じて海底から少し浮きながら巻き取られる。
どれくらい浮いたかは道糸をフリーにして再び底どりをした時点でおおよそ判断できる。

すると、これが大成功。
久しぶりに上がったのは30cmのウッカリン。
8dsxp237849s

調子に乗って続けていると今度はアオハタ(35cm)も上がってくる。
9dsxp237852s

いい具合に海底をなめるように巻き上げてくると正に底もの専用のタイラバ釣法になっているようだ。

それでも所詮釣れない日は釣れない。
結局、今日の釣果はここまで。
10cas23a0434s

さて、話は変わるが、この日の海面水温(ローランス魚探による)は午前中は25.2~25.8℃、午後になってやっと26℃台になり帰るころには26℃台の後半になっていた。
因みに、前回の大津の海面水温は29℃を上回っていた。
29℃台の高さにも驚いたが25℃台の低さにも驚いた。

この低さが不釣の要因だったかどうかは分からないが、このまま下がりに入るとは考えられず、いや考えたくなく今からやって来る秋のベストシーズンを期待したい。

さて、釣った日はウッカリンの和洋折衷カルパッチョ、
12cas23a0446s

アオハタのブイヤベース、
13cas23a0451s

次の日の昼食に余ったブイヤベースのたれを使っておやじ、いやおじや。
14cas23a0456s

トッピングはアオハタのアラの塩焼き。
お腹が空いていたのでご飯を多く入れ過ぎて炊き込みご飯の様になってしまった。
失敗。



この日は平日、帰りに134号線を自宅近くまで来ると道の両サイド共に凄い人の列。

計4日間のサザンのライブが始まる。 
会場は野球場ですが決して外からは覗けないようにバッチリと目張りされているようですが、音は漏れ聞こえますので明後日は散歩がてら漏れ聞きに行ってみます。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« 赤い魚御三家を狙ってみようかな | トップページ | リールあれこれ »

<!ー010伊東釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした
やはり五目漁師さんの生の記事を読むと
伊東の海が見え、釣っている姿も見えてきます
3度も読み返すと、タイラバを落としながら
漕ぐ姿も見え
魚を釣り上げるまでも想像できますね
私の机の脇にあるギャフに目が行ったり
観音崎の海が混じり合い
今日の潮は、とカレンダーを見て
次回の釣りは来週の小潮だなーと
鈎のボックスをあけて確認したり
ブログも捨てたもんじゃないと
釣りに行きたくなる記事でした
週末釣りを予定していましたが
いつもの釣りたい季節は忙しく
猫に現場を見てもらいたい気持ちですね


趣味人たけさん、こんにちは。

残念ですが、ブログが華やかだった時は終わってしまいましたね。
今は、ユーチューブなど動画がおもしろく、ついつい見入ってしまいます。
ただ、自分記録(状況や釣果などのデータ)としてはブログの方が適していますので
今後も続けようと思っています。
それに、こうしてコメント欄によるコミニュケーションも続ける要因の一つです。

次回は今度こそ網代と決めているのですが、沖に出るだけに天気が一層難しいのと
深いために魚のご機嫌以上に潮流が左右する釣り易さも念頭にあり、なかなかチャンスがありません。
浅場に比べるとシーズンによる変化はあまり顕著ではないようには思っているのですが。

最初に逃した大物、惜しかったですね。せめて正体を見たかった。ベイトを見つけたら探ってみるという基本が大切ですね。私は基本的にコマセ釣りなのでベイトの群れを見てもスルーしてることが多かったのですが、今度からちゃんとルアーも準備して落としてみようと思います。いつもながら見事な料理、さすがです。

paiatown2013 さん、こんばんは。

バラした魚は、小魚の食われ方からしてヒラメとかではなく、場所的にはハタ系の魚かなと思っています。

観音崎でのルアーは私のトラウマですが相当厳しいと思います。
とにかく流れが速いのでアンカーを入れずに漕ぎ手を止めるとスーッとボートが流れてしまいます。
おまけに深さがあったりするとルアーが沈んで行った先はもうベイトが居た先ではなくなっているかもしれません。

タイラバ、ジギングで是非私の仇をとって下さい。

おはようございます。

同じ船宿から出船したにも関わらず、海上ではご挨拶出来ずすいませんでした。しかしその甲斐あって、浅場と深場の両極端でやっていたので状況が良く分かりました。

浅場は魚の活性は悪くは無かったです。とはいえほとんど持ち帰りたくない魚でしたけどね。

海底から5mくらいのところをひっきりなしに蠢く魚がいましたが、正体は分からずでした。一回小さなイトヒキアジを釣りましたが今年はイトヒキアジ大量発生でしょうか?!
そんな訳で無いですね。

今まで釣れなかった魚が釣れるようになってきているので、気温等からももちろん感じますが気候変化なのでしょうねぇ。

まっくさん、こんにちは。

出発時にご一緒でしたらよく釣れ場所をご案内しようと思っていたのですが、
よく釣れませんでしたのでお連れしなくて良かったです。

マリンタウン前の25m辺りには漁礁があるようですから、いつも魚は多いですね。
私も後から行ってみましたがその時にはフグだけでした。

井上丸さんに様子を聞いてカンパチなどの青物を期待したのですが、これは恐らく水温急低下のせいでしょうね、反応がなかったのは残念でした。

今週は旅行でしたね。 釣果の土産話を楽しみにしています。

五目漁師さんこんばんは
ボート乗り場を出た先の防波堤先の浅場。。
僕も以前、ベイト反応に落としたジグに多分ワラサクラスの魚がヒットしバラした経験あります。
漕ぎ出して魚探セットしたばかりでドラグのセットがぬるかったのかと思いましたが、侮れないポイントですね。
自分も五目漁師さんのブログを見ると五目漁師さんが船を漕いでる姿やフグを投げてる姿を想像してニヤニヤして読ませてもらってます。
今年はおニューのタックルを準備してますので是非またご一緒させて下さい。宜しくお願いします

マックの連れTさん、こんばんは。

あそこ居ますよね。
しかも、通過するのが早朝でいい時間帯なのでついつい落としたくなってしまいます。
青物も居るんですね。
そう言えば近くの防波堤からジグを投げてブリを釣るユーチューブを見たことがあります。
シーズンになると面白いかもしれませんね。

今度、網代でアカハタを狙ってみたいと作戦を練っているいところですが
ワームの選択や釣り方がよくわかりません。
アカハタ名手の連れのTさんに色々教えて欲しいところです。
とりあえず今週のどこか天気の良い日にトライしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い魚御三家を狙ってみようかな | トップページ | リールあれこれ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29