フォト
無料ブログはココログ

« イサキ釣りがこんなに難しいとは(その2) | トップページ | イトヨリ釣りがこんなに易しいとは »

2023年6月 5日 (月)

アカムツ三昧

 

もう退職して10年になる。
会社人間から自由人になると、先ず曜日に関心がなくなる、日にちが思い出せなくなる。
さすがに一生変わらない誕生日は忘れないが何回目の誕生日かは忘れがちで、最近では事ある毎に年齢はヨメサンに確認している。

こんな半ボケの他人の誕生日を覚えてくれていた仲間の奥様からこんな誕生日プレゼントをいただいた。
1cas239935s

日焼けした顔や腕を拭いたりすると直ぐに真っ黒に汚れてしまいそうなので当面は飾っておこうとしたが、釣りの時に漁師風に首に巻いたりねじりはちまきに、海からあがってきて貧果が恥ずかしい時にはほっかむりにも使って下さいとのこと。
大事に使わせていただきます。

さて、今回はアカムツ三昧の記事。
また1週間の唄にしようとしたが、あれも結構字数合わせなどが面倒だし、数的に1週間分では足らないので前出も含めて順に記録することにした。
因みに、釣った6尾の内、今日現在で1尾の半身だけが冷凍庫に残っている。

先ずこの時使った餌だが、最近は伊東ではめっきりサバが釣れなくなってしまい、前回は数軒のスーパーを探してやっと、今回はどこでも見つからず結局ノルウエー産の塩サバを使った。
2cas239775s

3cas239778s

さすがに脂がのって美味しそう、自分で食べたくなったが泣く泣く皮を残して薄くタンザクにした。
これにホタルイカを抱かせて餌にするが、たくさんできたので同行者のまっくさんにもこれを使って頂いたが、双方共に、今回の釣果はこれが効いたのかもしれない。

さて、以前は一番新鮮な状態で、釣った日に刺身でいただくことが多かったが、最近は自宅に戻ってもまだ体がゆらゆらと揺れて疲れ切っているので余り面倒な料理はしたくない。
そこで比較的小型だった2尾を煮付けにした。
6cas239805s

アカムツもクロムツも火を通した方が我が家では人気があるが、やっぱり刺身を欠かすわけにはいかない。
あくる日に、姿造り。
7cas239817s

いつもは脂がのっていながら少し水臭いなと思うことがあったが、今回はサイズがあったせいか、正に鮪のトロ感でいただいた。

いいとこ取りした柵の残りや刺身の残りは次の日に一人しゃぶしゃぶでいただき、
8cas239839s

更に、濃厚な出汁で雑炊をいただいた。
9cas239844s

これが、他の魚でやったのとは一番差が出た逸品だったような気がする。

一緒に釣れたシロムツはバジル風味のカルパッチョに。
10cas239848s

アカムツは和風ムニエルに。
11cas239855s

濃厚なアカムツにさっぱりした大根おろしがよく合う。

番外でオキギスの薩摩揚げ。
12cas239859s

今回はつなぎに初めてお豆腐を混ぜ込んでみたところ、味に滑らかさが出て良かった。
量も増えてこの4、5倍くらいは出来あがったが、ヨメサンの特にお気に入りで直ぐに完食。
オキギスはスミヤキと同様に細い骨が皮側から出ているために3枚おろしのままでは食べにくいが、一手間掛ければ特上の薩摩揚げになる。

大きさ的にカマ焼きにするほどでもなかったアカムツの頭部は、切り身と一緒に蕪蒸しに。
13cas239872s

頭部以外のアラは潮汁に。
14cas239880s

一夜干ししたアカムツを焼いていただこうとしたが、これだけ厚みがあると我が家のグリルではうまく焼けないので、お好み焼きや焼きそばに使っているホットプレートで野菜と一緒に焼いてみた。
14cas239882s

ここまでは日をあけずに連続していただいたが、冷凍していた分を他日解凍してねぎ蒸しに。
皿にはないが、蒸す時にネギの青い部分と一緒に蒸している。
15cas239922s


さて、五目漁師は料理の美味い不味いに関しては、好み次第なので普段から余り言わないことにしているが、今回のアカムツは生ではトロ感、熱を通すとふっくら感が半端なく美味しかった。
ただ、ヨメサンの方は普段からこってりしたもの(鮪のトロや豚や鳥の脂身など)は好きではないので一番美味しい皮目は避けて食べておりアカムツのお値打ちは半分しかないようだ。



また欲しくなってきましたが、この後はまた雨模様が多いですね。


本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« イサキ釣りがこんなに難しいとは(その2) | トップページ | イトヨリ釣りがこんなに易しいとは »

<!ー900その他ー>」カテゴリの記事

<!ー270捌き、調理ー>」カテゴリの記事

コメント

師匠こんちわ(^^)

もはやアカムツよりもカイワリの方が幻ですね
なんて贅沢な話なのでしょうか…

とりあえずペットボトル氷を作成しようと思います

ガルさん、こんにちは。

今の伊東は珍しい大アジ、かと思うとイトヨリ、
かと思うと少しだけカイワリ・・・
日替わりのようです。

明日行ってみます。 カイワリの日に当たるといいのですが。

私にはどれも美味しそうな料理ですが、奥様の言われることも分かります。脂が強すぎるとクドクなるので生で食べるより火を入れた方が美味しいと感じることがあります。
私の故郷の魚だとアブラコ(アイナメ)がそうで、40cm越えると生では脂が強すぎて、あまり美味しいとは言えないと感じることがあります。
白身の甘み、コリコリ感が楽しめないのです。

大トロもしかりで、私は寿司屋では好んで中トロ、もしくは赤身や漬けを頼みます。

まあ、アカムツに関しては釣れる絶対数が少ないのが普通ですから、殆ど悩む必要ないです。
五目家は贅沢な悩みを抱えましたね(笑)
本日の釣果も楽しみにしてます( *´꒳`* )

APさん、おはようございます。

昨晩は釣り魚を料理して、少しビール飲んだらバタンでした。
最近はよく疲れます。

アカムツの刺身は釣った時々で凄く差を感じます。
バーナーで炙ると燃える勢いの時でも水臭さを感じることがありますね。
昨晩は唯一釣れたカイワリを刺身でいただきましたが、いつも通りしっくりと甘みがあり負けず劣らずの感じでした。

相手にされないことが多いギスやスミヤキなども含め、アカムツもクロムツもやはり食べ方次第なんでしょうね。

こんにちは。

豪華なアカムツ1週間+αでしたね。
私はアラを残すのみです。
それでも出汁の旨みが段違いなのは先に食べて潮汁にした時に味わっているので楽しみです。

一種類の魚でマルチな料理にできる魚は案外少ないものですね。前提としては脂がある事が大切かもしれませんが、この点に関してはアカムツは全く問題ないですね。むしろ調理方法を選ばない魚ランキングでは相当の上位に入るかと。

一昨日Tさんのお知り合いに誘われて東京湾タチウオに行きましたが、濁りが凄いからかからっきしでした。梅雨なのでやむなしですが、天気が良ければ川奈リベンジしたいところです。

まっくさん、こんばんは。

あら、未だアラが残ってましたか。
傷みやすい部分だと思いますのでさっさと食べてしまいましょう。

いろいろ料理してみましたが、今回は刺身が期待以上に美味しかったです。
白身魚は熱を通すとどれも美味しく甲乙つけがたくなりますが、刺身は魚の特製が一番出ますね。

太刀魚は元々生息場所からすると汚れた海水に強いイメージですが、駄目でしたか。
浅場で数の出る季節には未だ少し早いのかもしれません。

次の火曜日、台風が心配ですがGさんと網代を予定しています。
まっくさんの水木に並び火曜日の強い味方になって頂けそうです。
良いことがあった次の釣りですからどうなるか楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イサキ釣りがこんなに難しいとは(その2) | トップページ | イトヨリ釣りがこんなに易しいとは »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29