フォト
無料ブログはココログ

« 間違って真鯛を釣る | トップページ | 松崎で足漕ぎカヤック釣り »

2022年6月 4日 (土)

1日早い誕生日釣行

 

6月3日は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

6月と聞けば、同時に1年の半分がもうそろそろ過ぎ去ってしまうことになる。
速すぎる。
つい先ごろまではボート上での防寒対策ばかりが気になっていたが、そろそろボートに持ち込むペットボトルの数が気になり始めている。

実は4日は五目漁師の誕生日。
この歳になると嬉しいものではない。
71? いや72? 忘れようとしているわけではないが、最近は年齢を覚えられずヨメサンに確認をすることも多い。

そんな五目漁師の誕生日をだしにして楽しんでくれるガルさんが、そろそろ大好きなサバ真っ只中ですね、行きましょうと誘ってくれた。
正に、サバの気配濃厚な伊東、もりもりとファイトが湧いてくるわけではないがここは乗らないわけにはいかない。
1dsxp226973s

もちろん2人の狙いはカイワリ。
正面沖に出て釣り始めると予想通りのサバサバサバ…
2dsxp226979s

ガルさんは、最近ますますカイワリ風にあらがうことが上手くなった野郎どもにまんまと騙されて、
すみません今度こそお先にカイワリです!
と慎重に丁寧にサバを上げてくる。
(ウシシまたやってる)

3dsxp226983s

先日の伊東釣行では怒りに震えながら握った愛用のハモ挟みをサバ諸共天高く飛ばしてしまったが、既に新調している五目漁師はこんなサバどもには騙されも慌てもせずに平然と構えていられる。
どうだ、参ったか!!

そんな中で、大きなアタリ。
これはサバではない。
時々海面に突き刺さる穂先をホレホレこれはでかいよ! 
とガルさんに見せながら巻き上げてくる。
途中、いきなり軽くなりバレたかな? と思ったのは上針にサバが食ったからだった。
4dsxp226976s

上がってきたのは、最近よく釣れる特大サイズのイトヨリだった。(42cm)

この後サバが釣れなくなる時間帯もあった。
こんな時にはサバが去った束の間、すわっカイワリのチャンスと思いきや海中を見ると見事に何もいなくなってしまって、五目漁師がシャクり上げるビシの軌跡だけが悲しくも寂しく写っている。
5dsxp226977ss

魚が一切いない真冬の海でよくある光景だ。

今日はガルさんと釣れても釣れなくてもご一緒させていただこうと思っていたが、とうとう辛抱しきれずに昼前に沖に出てタイラバと、ジギングを始める。
6dsxp226981s

こんな時にもこの赤い竿は本当に頼りになる。
TGベイトとタイラバのワンセットを忍ばせておけばいつでもルアー釣りに切り替えられる。

実は、忘れてしまったが五目漁師の誕生日前後の3日か5日がガルさんの誕生日だったはずなので、でかいマダイでもプレゼントしようではないか! 
今日は、先日とはうって変わって透明感のある海に残り時間の前半はジグ、後半はタイラバで真鯛を狙ってみたが、小型のハタとイトヨリに終わってしまった。

で、今日の貧果はこれ。
Cas227575s
また危うく釣果写真を撮り忘れるところだった。
鱗を引いたところで気づき慌てて撮った。


夕方はガルさん家族と茅ヶ崎でお茶をすることになっているので、いつもよりほんの少し早めに上がって急いで帰宅する。

昨年に続いてガルさん渾身デザインの世の中に一着しかないTシャツのプレゼントがあるらしいことを聞いていたので楽しみにしていたが、なんと出掛ける時に車に積むのを忘れてしまったらしい。
残念ながら、スマホに残ったデザインの様子を見せていただき後日送られてくる実物を待つことになった。

子供なら十分に暇を持て余すほど長い時間にもかかわらず、なにやらスマホに夢中の元気なノア君の顔も見たし、抱きついたし、そして丁度1年前にお会いした時に比べるとやはりノア君と過ごすことで随分と頼もしくなられたなと感じてしまった(抱きついていないが)奥さんともしゃべったし、楽しい時間を過ごした。

で、次の日、最近は誕生日だからといって特別のご馳走が出てくることはなく、イトヨリを恒例の中華風蒸しに
Cas227581s

そして、ハタのカルパッチョ。
Cas227577



追伸:
忘れられたプレゼントのTシャツ、送ってもらうことになっていましたが、本日(4日)なんと奥様とノア君が1時間もかけて遠くから自転車で持ってきてくれました。
これです。
Cas227586s

昨年と違って今回は海上でも良く目立つレスキュー隊色。
左下のQRコードをスマホで読み取ると、このブログに飛ぶ仕掛けになっています。

五目漁師が税込み110円かと思ったら、サバの値段でした。
だったら32円くらいでも高すぎるくらいです。

今週末ちょっとしたイベントがありますので早速着て行きます。
ありがとうございました。

 

 この日はオーシャン釣具からは我々を含め4杯のボートが出ていましたが、オヤジさんによると皆さんカイワリ狙いにもかかわらずカイワリの釣果は零だったらしい。
こんな日は初めてとオヤジさんは嘆いておられました。
いくらサバが多くても皆で釣っておれば、1尾くらいは釣れても良さそうなものなのに、へたくそで申し訳ない。

そうそう、最近はご夫婦での手漕ぎボート釣りをよく見かけるようになりましたが、初めて女性の一人漕ぎボートの方を見ました。
何やら、大物を掛けられたらしくファイトが始まった時には興味津々で眺めていましたが、多分エイですよ、と落ち着いていらっしゃいました。
結局、切れたようでしたが格好良かったです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« 間違って真鯛を釣る | トップページ | 松崎で足漕ぎカヤック釣り »

コメント

こんばんち(o^^o)

うん、うん、オレンジ似合いそうですね
久々だった伊東でしたがあれこれ迷うことないポイント選びは横着者のガルには良い場所ですw
ちょいとバイクをクーラー積みやすいようにカスタムすれば快適に行けそうなのでまたチャレンジしてみます。

しかし伊東の昨日の変化は凄かった
潮色、潮流が幾度となく変わり少し戸惑いましたよ…でもサバでしたが(笑)
エイと格闘するウーマンもカッチョ良かったですね!今後増えてくると良いなぁ♪

ちなみに今日はカイワリ釣れてます…難しい魚ですね

今年はよくデカイトヨリを釣られますね!以前は余り嬉しくない魚でしたが、湯引き後のピチットシートで極上の甘い刺身になる事を覚えて評価が上りました。羨ましいです。
そしてTシャツも素敵ですね。「ボ」定義5箇条のTシャツや、サバを優しく握っているTシャツなどを販売されたら如何ですか!私は買わせていただきますので!

ガルさん、おはようございます。
お疲れさんでした。

伊東であれだけ潮が速かったり、明瞭に変化するのは珍しいですね。
逆に面白そうな感じがしました。
水温の上昇と潮位、それに黒潮の蛇行などによる流れのせめぎあいの中で複雑な変化をしているのでしょうかね。
これ頭に入れても仕方ないんですよね。 複雑ですから次はまた全然違った動きをします。

それにしてもサバは上手に引きますね。
イトヨリやハナダイは大体わかりますが、水深があるところでのサバとカイワリの区別はなかなか難しいです。

シャツありがとうございます。
一番ご苦労されたのは神さんではないかと思っています。
よろしくお伝えください。

MBLさん、こんにちは。

イトヨリはカイワリに並ぶ伊東の名物ですが
小型はソコイトヨリが多く、大型は決まって本イトヨリです。
不思議なことに小型の本イトヨリはあまり見ることがないです。

MBLさんに勧められピチットシートの効果は分かっていますが、私にとってはコスト的に少々難しいと思い、あまり使う機会がないです。

今週末は流されても見つけていただけるようにこのシャツで行きますのでよろしくお願いします。

おはようございます
時の過ぎるのは速すぎますね
齢を気にするとあっという間に終わりそうで
考えない事にしています、が
書類提出が何かと多く
ちょっと焦り気味ですね
オレンジのシャツは日焼けした男に似合います
只、魚模様が監視員と間違えられそうですね

今又、新宿に居酒屋を作っていて
来週まで仕事
今年が限界ですね

趣味人たけさん、おはようございます。

時のたつのは速い。
比べて自分の能力や動きははどんどん頼りなく、どんくさくなる。
宿題ややりたいことの溜まるスピードの方が速いですね。

絵が忙しいのかと思っていましたが、お仕事でしたか。
忙しいから速い、というのもありますね。

居酒屋に行くことはあまりありませんが
たけさんの手がけられた居酒屋なら一度行ってみたいです。

こんにちは。

やや、これは失礼いたしました。
遅くなりましたが、お誕生日おめてとうこさいます。

誕プレのTシャツかっこいいですね!色も良いし、QRコード付きなのもいかしてますね。とても良いのでサバが釣れる時分には血で汚れてしまうので怖くて着られませんね。^_^a

カイワリについては、上手い方が出られて一匹も釣れないのですから居なかったんですよ。と思うのですが、いた場合にはコレはコレで困りますね。どうやってサバをかわすかは最早、伊東のカイワリ釣りの永遠のテーマですね。

直近は少々忙しく釣行がないませんがまた近いうちに行く際にはご連絡申し上げます。

まっくさん、こんにちは。

ありがとうございます。
が、忘れようとしているカウントダウンをまた一つ進めざるを得ません。

皆さまには、こんな老人を真面目に相手にしていただくことに感謝感謝です。

今日は弟が伊東に行っています、昼前に電話したところ何匹かカイワリが釣れているようです。
上手い人はカイワリを釣りますが、そうでない人はサバを釣ってその中にたまたまカイワリが混じるのを期待します。
もちろんカイワリが居ない日(食わない日)もありますが、どんな日がそれに当たるのか、これがわからないですね。

お仕事忙しそうですね。
頃合いを見計らってまたお誘いしますのでよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間違って真鯛を釣る | トップページ | 松崎で足漕ぎカヤック釣り »