フォト
無料ブログはココログ

« 網代のこの1年と今後 | トップページ | 伊東釣行と温泉付き釣り談義会 »

2022年4月27日 (水)

初めての中深場ジギング



昨日(4月26日)は網代(亮知丸)に釣行。

この(天気)予報では25日に伊東でカイワリ第5弾かな? と思っているところに3日前になって26日の予報が良くなってきた。

まだ今シーズンは釣り切れていないカイワリ、しかし下手するとサバまみれの伊東に賭けるか、天気がまだ不安定で下手すると結局どこにも行けずにこのまま(世の中の)連休に突入してしまうかもしれない網代に賭けるか、うじうじと悩んだ挙句に24日になって網代にエンジン艇の予約を入れる。

そして、その当日。
午前中は小雨模様、昼からは雨も風も強くなりそうだがなんとか出られそうだ。
知床では海難事故の捜索が続いているところなので天気の急変や、ボートの不意の故障などを色々想定すると身が引き締まる。

今日はいつもお借りする艇と違って甲板中央にコクピットがないタイプの方。
1dsxp226771s

広々としているが掴むところがないので立ち上がるとボートの揺れでフラフラする。

乗り込む時から潮が濁っているなとは思っていたが、沖に向かってもそれは変らない。
いつもは真っ青な海原が緑色を通り越して土色に見えるほどだ。

(後でわかったが)先日の台風は大したことなかったし、大雨が降った様子もなかったのに何でだろう? と気にしながら、沖のいつものポイントに到着する。

今日はジギング一本勝負なので早速セミロングタイプ赤金グロー250gのジグから開始する。
2acanvas2  

いつもなら海中に入れた仕掛けが小さくなるまで見送るのに今日は水面下1.5m位でこんな大きなジグが見えなくなってしまう。
果たして、狙いのアカムツはこれが見えるのだろうか?

先ずは底から1~2m程度をゆっくりと誘い上げながら少しずつ棚を上げていく(つもり)。
この深さ(200~250m)でのジギングは初めてなのでユーチューブなどを観あさってイメトレをしてきたが、観るとするとでは大違い。

いつもやっている左腕でジャーク、右手でリールの操作と思っていたが、3、4回もジャークすると重さに耐えられず腕がブルブルと震えてくる。
穂先もそれに合わせてまるで魚が掛ったようにがたがたと振動している。

駄目だ!
こんなはずではなかったが非力過ぎる。

実はリールを操作する右腕も(ハンドルを通して)使って、釣れますようにと拝むように両腕で竿を支えジャークすればよいことに気付いたのはしばらくしてからだった。
情けなっ! 

それにしてもこの濁りでは海底は真っ暗でジグなど見えないわなっ!
3dsxp226775s

ネットでは魚の活性によってグローの明るさをコントロールするなどともあったので、自宅でレジン液を固めるブラックライトをいくつかのジグのグロー部に当ててみて明るさや明るさの持続時間などは調べてきた。

そこで、今使っているジグのグロー部よりも更に明るく持ちの良い別のタイプのジグに交換する。
2bcanvas

その一投目。
効果があったのか、それとも腕を振るわせながらの努力賞なのかはわからないが、ジャークから脱力してジグを落としていく際にラインが大きくふける。

おっとっと、来たかな? 
合わせを入れると、いつもの餌釣りのアタリと違ってビクビクと掛かりが伝わってくる。
ただその後は反応がなくなり重量感だけになってしまうがひたすらに巻く、巻き続ける。

以前、手巻きのまっくさんが、何か悩みでもあるのか、それとも眠たいのか、うつむき加減の腰掛けスタイルで肘を太ももで支えながらひたすらに巻き続けていたあの姿が、今理解できる。

遊漁船ならジギングで魚が掛ると、別の意味で竿をラインと同じ方向、つまり海面に突き刺すようにして支えるために比較的腕に負担がかからないが、海面までの高さがなく立ち上がることもできない小型ボートではどうしても道糸と竿の角度が直角近くになり、その分、腕や肘に負担が掛かってくる。

残り50mほどになって、やっと竿先を叩く引き。
久しぶりだね、まだ掛かっていてくれたの?
そして、上がってきたのは予想もしていなかった本命のアカムツ。
しかもなかなかの良型(33cm)。
4dsxp226779s

5dsxp226781s
このジグの大きさは16cm

やったね。
よくぞこんな中で掛かってくれた。

この勢いに乗りたかったが、これは正に幸運中の幸運だった証拠にこの後は小さなアヤメカサゴが1尾釣れただけで、他には上層に浮いているサバに時々捕まる程度。
6dsxp226789s

それ以外には一切魚からの反応はなし。

実はこのころには濁りの犯人は分かっていた。
春先に活発になる海藻プランクトン(?)のなれの果てと言われているクラド。
いつもは浮遊物として海中の埃のように漂っているのが見えるが、今はごみとしては見えず海水に溶け込んでいるような感じだ。
これがクラドが海中を暗くしている何よりの証拠。
7dsxp226793s

酷い時には穂先のガイドを詰まらせて道糸が巻けなくなることもある。

状況は同じだが浅場に行けば少しでも光が通るだろうからここよりかはましかもしれない、という思いと、予報では昼からは雨も風も強まるのでそろそろ避難しよう、という思いから岸側に戻ることにする。

今度は真鯛でもいいし、ハタかカサゴのでかいのが欲しいが、たまに掛かってくるのはイトヨリとここでも上層に浮いているサバ。
諦めかけた最後の最後にやっとハタが掛かってくれる(36cm)。

で、今日の釣果はこれ。
9cas227391s

その日は、ハタのキウイソースカルパッチョ、
10cas227405s

ハタのカマンベールチーズソテー。
Cas227409s

次の日に、アカムツのアクアパッツァ
Cas227421s
脂のノリノリで身が柔らかいために盛り付け時にちょっと失敗

イトヨリのパスタ
Cas227418s


餌釣りは胴付きとはいえエダスがありますからそこで動きの反応が吸収されてしまいますが、ジギングはこれが200m先の魚のアタリかとびっくりするほど手ごたえがあります。ちょっと面白そうですよ、これは。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« 網代のこの1年と今後 | トップページ | 伊東釣行と温泉付き釣り談義会 »

コメント

五目漁師さん、こんばんは。
 
ディープジギングの手巻きの辛さ、お分かりいただけたでしょうか?
深さに比例してジグが重く感じられ、水深200m以上でジグをアクションさせるには大きな動きが必要としゃくっていると、腕だけじゃなく肩や背中にもずっしり来ます。
これで2mクラスのサメでも掛けたら、あがってくるまでに失神するかもしれませんね。
両軸リールはパワーがありますがひと巻きが短いので、スピニングに比べると巻き上げるのに気が遠くなるのではと思います。
それにしてもアカムツがディープジギングで釣れるんですね。
 
クラドってすごいですね。海の色が変わってしまうレベルなんですね。
そういえば外房にも湧くことがあったように思います。
待望のGWがやって来ますが、どうにも天候や海況が…。
知床半島の観光船じゃありませんが、無理して事故を起こしてはシャレになりませんしね。
最近湖での釣りが多いために、海って年中荒れてるよねーなんて勝手に思っています。海に比べたら湖は平和です。

ぐっちゃん、おはようございます。

自宅で竿先に300gのジグをぶら下げてみても全く問題はなかったのですが
出ていく道糸に掛かる抵抗のせでしょうか、あんなに重たいとは思いませんでした。
竿の仕様が水深のパラメータになっている理由がわかりました。

ぐっちゃんの太い腕と比べるわけにはいきませんが、ワカサギ釣りで不要になった
筋肉をお借りしたいです。

我慢した甲斐があって唯一の釣果がアカムツというラッキーなパターンでしたが
餌釣りと違ってやはり小物からは避けられる傾向は感じますので
これからアラやメダイなどの大物が楽しみです。

春先になるとこのクラドに続いて赤潮ですね。
昨年はこれらがありませんでしたが豊饒の海の証とも言われていますので嬉しい辛抱なのかもしれません。

連休中は、釣り仲間とのお泊り予定がある他は基本自宅でおとなしくしています。

こんにちは。

すごい!
いきなり本命ゲットですね!!
短い時間の中深場釣りのようでしたからゆっくりやれる時の釣果が楽しみですね。

シロムツはかからないのですね。アカムツピンポイント狙いだとジギングの方が良いのでしょうか。

浅場に行っても基本的にタックルはそのままでジグを軽くするだけで良いのでしょうかね。ルアー釣りのお手軽さも魅力です。

ひたすらリールを巻くのは確かに辛いですが、私は黙々と作業するのも結果が(たまに)付いてくるので、楽しいから嫌ではありません。でもバラしの原因にもなっているかと思います。

お料理の写真と説明も拝見しましたが、最早素人の料理ではない域に入りつつありますね。イタリアンレストランのメニュー写真みたいです。

まっくさん、こんにちは。

この歳にして、正にビギナーズラックでした。
おっしゃる通り、今はこれを機にもう少しまともな日にやってみたいと思っています。

日が日だけだったので、ジギングによってシロムツが掛かって来なかったのかどうかは分かりませんが、常識的に小型の魚の掛かりは少なくなり、でかい魚が眼を付けてくれるのではと期待しています。

浅場に行った時には竿は替えました。
ここで使った中深場用の竿は穂先に強い弾力を持たせるためにゴチゴチに硬いので柔らかい竿に替えています。
やってみて分かったのですが、あの深場で柔らかい竿を使うと竿の煽りくらいでは殆どジグは動かないかもしれません。リールによる巻き上げの併用が必要でしょうね。

近々亮知丸が実質3艇体制になると聞きました。
そうなると、平日はかなり行きやすくなると思いますので、またよろしくお願いします。

おはようございます
海の状況が悪くても、結果を出すのは流石です
最後のハタは意地の一匹で
これがあるから続けられますね
今、釣り船もかなりルアー釣りが増えています
東北でもアイナメやソイ、メバル、ヒラメと
定番の青物も含めて多くなりましたね
ルアー釣りは釣り方で一番面白い釣りと想いますが
只、無理をすると
腱鞘炎や、私の場合テニス病に
気を付けて楽しんでください

趣味人たけさん、こんにちは。

餌釣りの餌はオキアミ、サバタンと限られていますが
ルアーは魚種や大きさ、深さ、潮の状況・・・によって選択肢が多いです。
色んな魚がよく釣れるのも当たり前の様な気がしています。

後片付けも簡単、臭いも残りませんし、小魚が揃うこともありませんので捌くのも楽です。
多種多様のルアーがあっても道糸へのセットは簡単、仕掛けが多種多様の餌釣りとはこれも差異があります。
今から釣りを始める人はルアーでしょうね。
(私も数年前だったら決してこんな風には言いませんでしたが)

エギングでもそうでしたが確かに腕や手首への負担は大きいですね。

五目漁師さんこんにちは!
ディープジギングいい感じですね。

お写真みて気になっているのですが、お使いのリールはシマノの名機オシアジガーですか?

ディープジギングに使うリールは大きいイメージがあったので気になってしまいました。(自分も持っていますと言いだいだけです)

まっくの連れの釣るTさん、こんにちは。

クラド糞でケチがつきましたが、オシアジガーの1500HGです。
2000番と迷いましたが、これでも1.2号を600m巻いていますので
400、500mでアコウでも狙わない限り十分です。

あと、最新のジガーは邪魔にしかならないフォールレバーが付いているので敬遠しました。
(もし、Tさんのがそれなら失礼! 感想をお聞かせください。)

機会があったら中深場の方も是非お付き合いください。

五目漁師さんこんにちは。
自分のも全く同じ1500HGです。
5年くらい前に青物ジギング用に買いました。
最近はSLJばかりでしたので使っていませんでしたが、五目漁師さんの新ジャンル中深場ジギングで使えるのですね。

中深場用に竿を用意しますので是非ご一緒させて下さい。

マックの連れの釣るTさん、こんにちは。

そうでしたか、レベルワインダーがありませんし、ハンドルが長めですから300gのジグでも比較的軽く巻けます。
中深場の釣りにはぴったりだと思います。

記事にも何度か書いていますが土日はボートの空がありません。
平日行のチャンスがありましたらご連絡下さい。
近々3艇体制になるようですので平日であれば予約ができると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 網代のこの1年と今後 | トップページ | 伊東釣行と温泉付き釣り談義会 »