フォト
無料ブログはココログ

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月16日 (日)

ヒラメリベンジならず



昨日(1月15日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

前回は正月用の魚にと泳がせオンリーでヒラメを狙った。
釣るには釣ったし、早速やって来た娘家族に振舞ったところ絶賛完食だったが釣り師の気持としては今一つサイズ不足だった。

で、もう一度泳がせオンリーと行きたいところだが、他に試したいことがあるので昼からはコマセ釣りを予定している。

今朝は恐らく五目漁師の今シーズンの釣行日としては一番の冷えこみだろう。
自宅を出たところで外気温は‐1℃。
茅ケ崎で氷点下になることは結構珍しいのでぐっちゃん風にメータパネルの温度表示を撮ってみたがうまく撮れない。
1img_20220115_045533s

それでも現地に着いた頃には2℃まであがっている。
 
0dsxp226624s

今日は、内ももと腰、胸に合計4枚のホカロンを張ってきたが漕ぎ始めると直ぐにそのありがたみを忘れ、逆に上着は脱ぎたいほどに暖かくなってくる。
汗をかいてしまうと後が厄介なのでゆっくりゆっくり海中を覗きながら漕ぐ。

根に集まる目ぼしいベイト反応を見つけると、そこで一旦ボートを止めそこからしばらく流して航跡を確認した後に、2度目は航跡を辿ってその延長線上に逆側に漕いでから流しに入ると、ピタッとベイトの真上を流すことができる。
この方法は、正確にアンカリング点を決める時も同じで、GPS魚探の便利な利用方として重宝している。

体はホッカホカだが次第に指がかじかんでくる。
かといって、厚い手袋をしていると魚の乗りと根掛かりの区別も付け辛く目感度だけでやっていると(アジの)1尾目はこんな風に失敗。
2dsxp226626s

うーー、手が冷たい。
特に竿を握っている方の指先が冷たいので左右交互に持ち替えながらアタリを待つ。

(アジの)2匹目は小型のマトウダイ。40cm)
3dsxp226627s

勢いのある青物やヒラメを掛けると不思議と食われたアジがどこにいったのか見つからないことが多いが、マトウダイの場合は常にこんな風にアジが残っている。
マトウダイも美味しい魚、恐らくヒラメの上を行くフィッシュイータだけのことはあり異様なまでに吻がでかい。
この吻が大部分を占める頭部と、今なら多分肝がパンパンに詰まった腹部を切り離してしまうと残る身の部分は半分くらいになってしまう。
可食部の多いヒラメとは逆をいく魚なのでどうせならもっとでかいのが欲しいと思っているとまた来た。
4dsxp226632s  

サイズアップはならず同じようなサイズだ。

今度も例によってアジは残ったまま、しかもまだ元気そうなので丁寧に外してもう一度泳いでもらうことにする。
一度恐怖を思い知ったアジを泳がせたのがいけなかったのかどうかは分からないがこの後はピタッとアタリが止まってしまう。

ヒラメが潜んでいそうなベイト反応はあるんだがなぁぁと思いながら諦めて、ここから一気にマリンタウン手前のアジポイントまで戻ることにする。

今日は正面沖にカイワリや真鯛釣りの常連さんが揃っているので途中で様子をお伺いすると、フグもいるにはいるが特にサバが多く調子は良くないようだ。

五目漁師は元気なアジに付け替え今はアジのいないアジポイント周辺を流すがアタリがないままにとうとう12時前になってしまう。
最初の予定通りここからはコマセ釣りに切り替えるが、先ほど聞いた正面の調子が良くなさそうなのでもう少し沖側に出てアンカーを入れる。

海底は静まり返っているがコマセを出すと直ぐに賑やかになってくる。
先日自作した樹脂パイプを使った中通し天秤は強度的に心配があるとも聞いているので今日はじっくりと試したい。

その意味ではサバでもフグでもなんでもよいから来いと思っていると最初に来たのはイトヨリ。
例にもれず今年は本イトヨリだ。

その後は期待通りサバサバサバ。
忙しくて現場写真を撮り忘れてしまったが天秤は強度的にも少なくとも短期的(元々フグ対策用なので、ここでは長期使用による疲労による折れや、紫外線による強度の劣化などは考えていない。)には問題はなさそうだ。
5cas226775s
現場で写真を取り忘れたのでサバを10数匹、キダイやカイワリを釣った後で自宅撮影したもの

ただ、中通しという特異なタイプだけに多少今までの天秤とは扱いが違い戸惑うこともある。
通常なら道糸を巻き上げ天秤を握るとそこでサバを引き寄せることができるが、中通しがゆえに天秤を握っただけでは逆にサバは解放されたと勘違いしてスルスルッと出て行ってしまう。
大慌てを食らい仕掛けとリーダの繋ぎ目のサルカンをつまみ直すことが何度かあったが、慣れてしまえばアタリに対する敏感さとバラシの少ない天秤として使えそうだ。

サバの合間をかいくぐり正面沖ではあまり姿を見たことがないキダイ、それにカイワリも1尾だけゲットして今日の釣果はこれ。
6cas226757s


マトウダイとカイワリの刺身、昆布締め(マトウダイ)。
7cas226765s

マトウダイの中華蒸し
8cas226771s

 


フグが年を越してしまった。

サバが早々に出てしまった。
今年はどんな海になりますかね。
変化するのはあたり前だと思っていますが、悪いことばかりではなくいいこともあって欲しいです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2022年1月13日 (木)

海岸散歩用に新車を買った



とうとう海岸散歩用に新車を手に入れた。
嬉しい。

しかもマニュアル6段シフト車だ。
暗くなると自動で前照灯がつくオートライト機能や座席高さの調節もスムースにできる。

フロンと部には大きな買い物用のかごが付いているが、この格好良さは確実にママチャリを越えている。
たまに富士山撮影のために海岸に向かう時にはカメラや三脚を積むためにこのカゴは必須になる。
1img_20220112_162511-002s

昔、夕方の富士山を撮ろうとして自宅(茅ヶ崎)を出て134号線を鎌倉の稲村ケ崎(約12km)に向かって全速で漕いでいたところ、それなりのウエアーに身を固めて軽快に前をいくロードバイカーに追いついてしまったことがある。
こちらは日没に間に合わそうと汗みどろで必死に漕いでいるもののヨメサンから借りたママチャリ。
気分良さげにスマートに漕いでいるお兄さんを追い越すのは何となく気が引け(心の中で早く行けよ!と思いながら)仕方なくついていったが、これなら遠慮せずに追い越せそうだ。
2dsn106084s
その時に撮った写真ではないが稲村ケ崎の夕焼け

これは年末に買った時の自宅前での記念撮影。
3cias216468s_20220114000901

いよいよ年頃(?)のヨメサンが最近は買い物でちょっとした坂道を登るのが辛いというので電動自転車に乗り替えた。
実は、ずっとずっと五目漁師の自転車は数年ごとに乗り替えるヨメサンのおさがりであったがためにずっとずっとママチャリだった。
今回、たまたま2人が乗っていた自転車の具合が同時に悪くなってしまったので幸運にもおさがりなしの新車に相成った。

五目漁師は昔20歳の思い出にと約2週間かけて西日本を一周したことがあるが、恐らくシフト付きの自転車はそれ以来のこと。
嬉しいので自宅の前でカチカチとギアチェンしながら試し乗りをしてみたが、ヨメサンの電動自転車とやらにも興味がある。

そこで、ちょっと借りて乗ってみたところ、これがびっくり。
まるでプリウスにでも乗った(乗ったことはないが)ような感じで漕ぎ出しはスーッと出てその後もペダルにトルクが掛かると足の力が抜けて軽くなる魔法の様な乗り心地だ。

太もも筋肉モリモリのロードバイカーが皆これに乗り替える日も近いな、ウシシと密かに思っている。

ヨメサンの電動自転車は雨予報が出た時には前日から大事そうにカバーをかけているが、五目漁師の方はもちろん吹きさらしの外置き。
今日は折角なので、さび付かない内に乗ることが目的で海岸にやって来た。

海はこんな感じ。
サーファーもちらほら。
4dsn224000s

5dsn224001s

そして、今は太陽が富士山からは遠く離れて伊豆半島の山々の一番南側に沈む時期なので元より期待していなかったがこんな感じ。6dsn224017s

話は変わるが、釣り道具から始まって、アマゾンをサーフィンしているといつの間にか分野外の思いもかけていなかったものを買ってしまう。
で、本日のお買い物はこれ。
7cas226751s

天秤用の樹脂パイプを曲げるのにドライヤーを使っていたが今一つ温度が足りないので買ってみた。
なにかと便利そうだし、安いヒートガン。
仕掛け作りの収縮チューブは今までは沸騰したお湯につけていたがそんな時にもこれが役に立ちそうだ。

また話は飛ぶが、これは先日のアカムツの煮付け。
8cas226735s

とろける美味さが感動ものだったのでまた釣りたい。



週末の天気が良くなってきました。
前回は釣れたものの少し小型でしたので午前中は大型ヒラメ期待の泳がせ、昼からは少し試したいことがあるのでコマセ釣りの予定です。
今回は寧ろサバやフグは歓迎です。
合間にカイワリも来てくれればOKです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2022年1月 6日 (木)

渋々の中でアカムツ



昨日(1月5日)は網代(亮知丸)に釣行。

もちろん今年初めての中深場釣り。
正月なのでめでたそうなアカムツやキンメダイが欲しい。

今日はブログにコメントを下さるまっくさんもご一緒。
亮知丸の25馬力エンジン艇は人気があり週末は3か月も前から既に混みあっている。
沖に出るために天気最優先で数日前になってからでないと予約を入れない五目漁師は平日行に限られてしまう。
と言っても空いている日はぽつりぽつりとしかなく、やっと双方の都合と天気(予報)それに艇の空きが合い本日になった。

早朝は強風だった昨日からのウネリが残り海面が騒々しいが、風良し、天気良しの中、時々バウを叩かれ(まっくさんは)スプレーを浴びながらゆっくりと沖に出る。

ポイントに着くと先ずは仕掛けを入れずに一流しし艇の流れる方向を見定める。
常に船長の操船でポイント周りを釣る遊漁船と違って、エンジンを切って船長も釣るので流しのライン設定は釣果の決め手になる。

先ず、まっくさんにアタリ(?)があったようだが不発。
1dsxp226596s

続いて五目漁師にもアタリがあり少し煽った後に巻き上げにかかる。
これこれ、穂先がキコキコ、グイーンと叩かれお辞儀する中で獲物を想像しながら巻き上げるこの数分間が中深場釣りのおもしろさ。

かけた時の"何か付いたようだ" から次第に穂先の動きが激しくなり、期待が膨らんでくる。
何だろう?
リールのモーター音が止まりリーダーを手繰る。

えっ、赤いぞっ! 
1投目からまさかのアカムツに慌ててタモどりしようとしたがタモがどこかに引っかかり手元に来ない。
焦る気持ちよりも先に腕が動いてごぼう抜き。
2dsxp226592s

獲物を手にするとホタ針は刺さらずに口内の固い部分に引っかかっていただけのことに気付く。
危ない危ない。

昨年春からここで中深場釣りを始めてから常に一番のターゲットはアカムツであったがサイズ的には一番のようだ。
見ていたまっくさんにも気合が入る。

そして2投目。
仕掛けが着底するやまた直ぐにアタリ。
巻き上げるにつれて今度も穂先の動きが激しくなってくる。

何だろう? えっ、また赤い! 

いやいや、驚いた。
福浦での中深場釣りも含めて今までに何度かアカムツは釣っているが1日に2尾の釣果は初めて。
3img_20220105_083842s

しかも五目漁師が今までに釣ってきたものに比べるとサイズが良い。

この後も次はサメ、次はクロムツ・・・
4dsxp226601s

といった具合に結構あったアタリが急に遠ざかる。
風は弱く艇の方向が定まらない中で潮流が強いために斜めになった双方のラインが時々絡み合う。
物干し竿の様な硬い竿でしかも手巻きのまっくさんも気合は入っているが苦戦が続く。

5dsxp226604s

10時以降は珍しいほどの渋々の中で午後になって少し熱海側にポイント変える。

アタリを求めて一旦5、6m仕掛けを巻き上げた後に1m程度毎に待ちを入れながら落としていき再び着底させた時だった。
久しぶりに微妙なアタリ。
聞き合せるとどうやら魚は乗っているようなので巻き上げを開始する。

まだ少し残っているウネリによる動きとは別のキッコンキッコンとした動きが穂先に加わる。
何か付いているな。
やがって上がってきたのは本日1番の3尾目のアカムツ。
6dsxp226606s

どうしたことだろう、いつもの様にシロムツやクロムツが頻繁に来るわけではなく渋々なのに偶にあたればアカムツという幸運。
しかも、またまたグッサイズ。(34cm)。

ただこの後が続くわけではない。
打つ手なしで、まっくさんにどっちに行く? と少し意地悪な問いかけをしながらもう一度朝のポイントに戻って最後の2流しに入る。7dsxp226610s

少し先に終わった五目漁師が片付けに入る中、粘ったまっくさんが最後の最後にシロムツの2点掛け。
120号の錘では穂先が平然と海面と平行を保ったままのあの硬竿と手巻きリールで結局、数的には五目漁師よりも多いほどの釣果があり、まっくさんにも楽しんでいただけたようで良かった良かった。
8dsxp226618s

上がった後にアカムツを1尾差し上げようとしたがきっぱりと断られた。
仕掛けや竿を見直して再挑戦される気迫を感じた。

で、五目漁師の本日の釣果はこれ。
9cas226689s

いつもと違ってシロムツが少ない。
釣り方をべた底主体に変えてみた。
これが効果的だったかどうかは分からないがアカムツ>クロムツ=シロムツは嬉しい。
そういえば、今日初めて中深場でサメを釣った。
これも共通した効果(?)かもしれない。

で、西湘バイパスの工事渋滞で自宅に戻るのが遅くなってしまったので捌くのはあくる日に。

久しぶりに雪が積もったので捌く前にもう一度記念撮影。
Cas226699s

昔、田舎でおふくろが正月用のブリを庭の雪の中に埋めて保存していたのを思い出す。

赤、白、黒のムツ刺身三昧、にぎりとアカムツの味噌汁。
Cas226702s

Cas226712s

Cas226720s




浅場では何も釣れなくなってしまう真冬の海。
中深場がどうなるかが一番の楽しみでしたが、冬の逃げ場を見つけた感じです。

この日の午前9時から西湘バイパスの石橋-小田原間が工事のため通行止めになりました。
帰りは平日なら10数分で通過できる真鶴道路(無料区間)に2時間弱も要しました。
レンタカーのまっくさんは網代を4時前に出て(途中40分ほどお茶しましたが)都内のレンタカーのお店に着いたのは返却時間ギリギリの夜9時だったそうです。
この工事、当面続きますので東伊豆方面の釣りは別の道を使うなどしないと、しばらく厳しくなりそうです。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2022年1月 3日 (月)

伊東で初釣り

昨日(1月2日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。
22年の初釣りになる。

年末の納竿行で正月用の魚が欲しかったが悪天候で行けず、今日はその時の計画をそっくりそのままにお正月魚を狙う。

となればめでたさでは何といっても大真鯛、美味さではヒラメかハタといったところであろうか。
この時期、真鯛は難しそうなので泳がせで旬のヒラメ、駄目でも伊東ならハタが救ってくれそうだ。

今日はまっくさん、まっくの連れの釣るTさん、腰痛さん、さびきさん、aさん、i、さんと知り合いも多い。
1dsxp226577s

更に海上ではカヤックのMBLさんとミーティングし、挨拶がてらお互いに2匹目の真鯛とヒラメを交換することになっている。

正月なのでついついはずんでしまった7匹の活きアジを持っていつものようにエリアの南端から北端に向かってポイントを流して行く。

今日は珍しくベイト反応があちこちで見られるが、風がやや強く錘30号(水深40m弱)では仕掛けが結構斜めってしまう。
泳がせアジを守るために捨て糸を長め(1.2m)にしているが油断していると根掛かりでそっくり仕掛けを盗られてしまう。
怖いので少し仕掛けを浮かせながら流していると今年の初アタリ。

クン、クンクン。
たまにグンもあるがなかなかグイーンにならない。
何だろう? 少し道糸を送り気味にしたり逆に誘い上げたりしているとやっと穂先に重みが乗ってくる。

一シャクリ入れながら巻き上げにかかるがどうやらフグのようだ。
なんだ、もう殆どいなくなったと聞いているのに初掛かりがフグかっ!
諦め加減で覗き込むタイミングも少し遅かったためか見えたのは水面下の魚体ではなく既に水面に顔を出しかけた口先。

あっ!ヒラメ、ヒラメ!
慌ててタモ入れする。良かった~!
2dsxp226580s

伊東のヒラメにしては少し小型(46cm)ではあるがこれで一安心。

まだ時間も泳がせアジもたっぷりあるのでこの分なら2匹目も狙えそう。
(2匹目がもっと大きい場合にはこの小さい方をMBLさんの真鯛と交換しよう。ウシシ。)

こちらに向かってくる際に気になるポイントがあったので少し戻って流しにかかる。

ベイト反応のあるポイントを通り過ぎた辺りだった。
おや? また根掛かったかなと思いながら竿を立てると生命反応。

魚だっ! 先ほどと違って強烈な引き。
よし来たぞ、ヒラメだヒラメだ!
少し緩めではあったが上層ではドラグも引き出される勢い。
覗き込むと白い魚体が光る。
おやっ、青物だろうか? 

上がってきたのはクソーー、この野郎。
3dsxp226586s

しばらくは呆然としたまま上げる気にもならない。

待てよ、HEPPOさんが釣ったという大エソと勝負できるかもしれない。
とりあえず上げて長靴で踏んづけながら静かになるのを待って長さを計る。
4dsxp226590s

60cmチョイといったところだ。
引き上げた途端に縮んでしまったのかHEPPOさんの70cm超には程遠い。
持って帰って正月の祝儀相場で値段が跳ね上がっている蒲鉾にしようかとも考えたがお帰りいただく。

先のヒラメも今度のエソも錨針を飲み込んでしまっているので仕掛けは切ってしまうしかない。
更に、根掛かりやサルカンを道糸に掛け忘れたままで放り投げたりのアフォもあったりで、この時点で5本持って来た仕掛けが最後の1本になってしまった。
こんなことも珍しい。
ここからは険しい根回りを避けながら前回泳がせでハタを掛けたアジポイントやマリンタウン前を流す。

途中で会ったまっくさんも腰痛さんも今日は皆さんいい釣りをされているようだ。

既に60cm超えの真鯛をジギングで上げられた余裕のまっくの連れの釣るTさんとしばらく話ながら沖からカヤックで戻って来られるMBLさんを待つ。

いつもおすそ分けされている五目漁師は今回も差し出す獲物がない。
相手が既にマダイを2匹釣っておられたらどうしよう。
虎の子のヒラメはさすがに出せないしと心配していたが、OK、OK、助かった。
最近の絶不調を初釣りで払拭したいと仰っていたが今のところ果たされていないようだ。
(MBLさんと言えば五目漁師がルアー釣りでは色々と教えて頂いているタイラバとジギングの両刀使いで特に真鯛やハタには強いお方。その方が今日は何故か始めはカワハギ狙いで失敗されたようで、実はこの後きっちりとジギングでハタを2匹上げられたそうだ)

五目漁師もアタリがあったのは1日でヒラメとあの騙し大エソの2回だけ。
自宅には孫どもが来ているので珍しく少し早上がりする。

で、今日の釣果は寂しいながらも一応目的は果たしたのでOKとしよう。
5cas226666a

そして素晴らしいまっくの連れの釣るTさんの釣果
63
真鯛は63cm
(オーシャン釣具の釣りブログよりコピー&ペースト)

 腰痛さんの釣果。
72
フグ、サバから逃れて珍しいところでカイワリの釣果を上げられのはさすがとしか言いようがない。
(オーシャン釣具の釣果ブログよりコピー&ペースト)

五目漁師は一足先に戻ったので渋滞もなく自宅に到着。
早速、ヒラメを姿造りと子供たちには天ぷらに。
Cas226676a

Cas226680a
(カボスはaさんからの頂き物)



初釣り、なんとか目標は達成できました。警戒していたからか思っていたほど寒くはなく寧ろぽかぽか気分で楽しめました。
海面水温は15.6℃でお湯の様でした。

次回は網代の中深場を予定しています。
真冬の中深場がどんな感じになるのか楽しみです。 

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

2022年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます



2022

あらためて本年もよろしくお願いします。

今年でブログを始めて丁度10年になります。
リアルでかつ軽快なユーチューブや写真を中心としたインスタグラムなどが流行る中ですが、この歳で今更飛び跳ねるのも難しく、今後も釣りの自分記録として本ブログは地味に続けていきたいと思っています。

昨年は予定していた年末の釣行が強風のために流れてしまいとうとう〆の納竿行はできませんでした。

期待していた秋のシーズンは結局、フグに始まりフグに終わってしまいました。
一昨年、あれだけ賑やかだった伊東の根回りは全く振るわず、毎年変わる海の状況をまざまざと思い知らされました。
状況が変わるなら当然のことながら自分の釣りも変わらねばと考えています。
昨年から準備はしていましたが今年は中深場でのジギングにも挑戦してみようと思っています。

昨晩は久しぶりにやって来た娘家族と賑やかな大晦日になりました。
納竿釣行が怪しげでしたので念のために冷凍保存していたオオモンハタのめでたい風蕪蒸しを年越しそばと一緒にいただきました。Cas216656s



明日(1月2日)は伊東を予定しています。
フグは(多分)やっと鳴りを潜めてきたようですが、お正月用の魚を泳がせ釣り一本で狙ってみるつもりです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »