フォト
無料ブログはココログ

« これで晴れて釣りに行ける | トップページ | フグだけが元気な寂しい海中 »

2021年10月19日 (火)

悶々とした日々が続く

 

 

贅沢な悩みではあるが、365日連休であるがゆえになかなか釣りに行けないこともある。

勤めのある方々なら普通は週末、あるいは仕事が休みの日と釣行日は決まっている。
つまり日取りで悩むことはない。
その日の天気があいにく悪ければ止めるしかないし、五目漁師の回りには雨、あられ、ヤリが降ろうとも海に出られるなら何があってもとにかく週末は釣りという強者もいらっしゃる。

しかし、五目漁師には明日が駄目(お気に入りの天気ではない)なら明後日がある、
明後日が駄目なら明々後日がある。

結果、そんな調子でうかうかしていると
今回のようにもう前回から2週間が過ぎてしまった。
その上、天気予報の限りでは今後も数日はお気に入りの天気はなさそうだ。

今年になって通い始めた網代の中深場の釣りは更に厳しい。
沖に出られるエンジン艇は人気があり週末は3か月も前からほぼ予約で一杯になっている。

平日行の五目漁師はなんとか数日前でもポツリポツリと空いている日があったが、
好シーズンに入ってからは平日と言えどもどんどん予約で埋められていき五目漁師のように天気優先で3日以内の予報がお気に入りの天気になることを確認してからなんて悠長なことを言っていると平日たりとも予約できる日は稀になっている。

ただ、釣りはあくまでも楽しいことが前提、天気優先の釣行は今まで通りにしておこう。

今回は先日の金曜日(15日)が平日の随一の釣り日和であったが、
この日はこちらもやはり結果が天気に大きく左右される富士山の撮影に行ってきた。

富士山撮影行可否の条件も釣行の条件と同様に結構厳しい。
最近では良い撮影ポイントは週末には三脚を立てる場所も見つからないほどカメラマンで混雑することが多いのでやはり五目漁師は平日行に限ることにしている。

そして天気の条件がなかなか厳しい。
富士山は典型的な山の天気。
周囲がそれなりに晴れていても肝心の富士山が姿を見せてくれないことはざらにある。
気難しい富士山の最低でも頂上は見えて欲しい。
かといって、ただ青空一色、ドピーカンで一糸まとわぬ素っ裸になってしまわれても良い写真にはならない。
ひと筋でもよい、スケスケの薄い雲でもよいので色っぽくまとって欲しい。

一方、釣りと違って風にはあまり注文は付けない。
あればあったで冬季などは山頂に雪煙が舞うし
Dsc073236s
1月パインズパーク
 

無風だと湖面の逆さ富士もまた良い。
Ims157323s
7月山中湖


そんな状況の中で、今回は数年前から撮りたかったにもかかわらず釣りとのタイミングや天気とのタイミングが合わず遅れ遅れになっていたコキアの撮影行を優先した。
Dsn213783ss
 10月15日河口湖大石公園

天気良し、雲も先ず先ずは良し。
肝心のコキアの色づきはやや早目(桜で言うなら8~9分咲き)ではあったがなんとか撮ることができた。

たまたまではあったが少し場所を移動してダイヤモンド富士の一歩手前の様子も撮れた。
Ims219310as
10月15日パノラマ台

今回は日の出撮りは諦めたが、それでも5時過ぎには自宅を出発、午前中のコキア撮影の後は夕方の日没を待ったので帰宅は9時前。
帰宅後は釣り魚料理の代わりに写真の整理(今回は少なかったが約200枚)があるのでこれはこれで結構大変な作業になる。

さて、次回は中深場をやってみたいと道具を揃えて待っていたが先に書いたように五目漁師のようなおっとり刀ではいつまでたってもエンジン艇の予約はできそうにない。
もう少し寒くなって艇の空きが出るのを待つしかなさそうだ。

一方、伊東はフグまみれとはいえ、たまに出るカイワリの型がやや良くなりつつある。
沖のルアーに逃げながら時合待ちのコマセ釣りもいいかも知れないと考えている。




記事を書いている間にもなんとか21日(木)あたりには出られそうになってきました。

伊東の予定なので、狙い魚などについても明日はオヤジさんとも相談してみます。
久しぶりにワクワクです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

« これで晴れて釣りに行ける | トップページ | フグだけが元気な寂しい海中 »

コメント

こんばんは。

どれも良い写真ですね。
特にコキアの写真は好きですね。ふんわりしたコキアのフォルムと色合い、雲のかかり方が富士山を引き立てるのでしょうか。とても印象的です。

私も明日どうしようかなと迷ったのですが、午前中の風が強すぎるので諦めました。木曜日は良さそうなのですね。良いことを伺いました。一考の余地がありそうです。

まっくさん、おはようございます。

この日しか釣りも、富士山撮りもありませんでしたが、毎年時期になると気になっていた後者に賭けやっと撮れました。

秋のいいシーズンに入ってからなかなか良い天気がありませんね。

皆さんフグに10回近く、あるいはそれ以上仕掛けを切られても頑張って続けられますが
私は3,4回が限度ですので、明日も沖流しになりそうです。

このところ姿が見えなくなったマダイが欲しいところです。

おはようございます
コロナ過でボート釣りの状況は変わりましたね
天気予報を見てからではどこも一杯で
行ける場所は限られてきます
平日なら何とか2~3日前でも予約は出来ますが
少ない釣り日和では平日でも混み合いますね
そんなことで葉山や油壷は様子見です
山も似たようなものですね
何処を歩いても富士山が見える場所は人も多く
観光ルートは避けています
今回の写真を見て
シャッターチャンスの難しさが判りますね
流れる雲、刻々と変わる空の明るさ
ラストのダイヤモンド富士が良いですね
すすきのバックの黒さと共に見入ってしまいますね
写真でしか表せない一枚ですね

趣味人たけさん、こんにちは。

せめて3、4日前の予報がもう少し当たればよいのですが
秋の空は特に変わりやすいですから前日予報くらいしかあてにはならないですね。

網代の方は、もう少しすれば寒くなってお客も減るでしょうからチャンスありとみています。

富士山の撮影はおっしゃる通りタイミングというか機会待ちです。
朝の9時前にはコキアの写真を撮り終えて、後は日没の4時過ぎまでただ待つだけでした。
釣れるかもしれないと、釣りながら待つ釣りの方が楽ですね。

ダイヤの写真は残念ながらヨメサンが撮ったものです。
横で並んで撮っていてもちょっとしたことで違う作品になりますね。

素晴らしい写真!
釣り以外にも趣味があると風予報の時に持て余さず、後から眺めて楽しめるので羨ましい限りです(*^^*)

ところで、網代で船外機を借りられないならば、多賀ボートに行かれてはいかがですか?
確か5馬力の船外機があったはずです。
朝5時くらいからやっていたと思います。
初心者お断りの店なので、お客も限られると思います。

APさん、こんばんは。

デジタルカメラの普及で、釣り(手漕ぎボート)やたけさんの様な絵と違って写真はとっつきやすいことから、暇を持て余すお年寄りの格好の趣味になりえるようですね。
富士山周辺は凄い数のカメラマンですよ。

人気の亮知丸のエンジン艇(25馬力)ですが、近々もう1艇増やすとも聞いていますので少し予約が取りやすくなるのではと期待しています。

今日は伊東でしたが不発に終わりました。
沖の流し釣りも場所によってはフグフグフグで大変です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これで晴れて釣りに行ける | トップページ | フグだけが元気な寂しい海中 »