フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ | トップページ | 一番楽しいのは前日 »

2021年6月 9日 (水)

落とせば何かが掛かる中深場釣りのイメージが変わった



昨日(6月8日)は網代(亮知丸)に釣行。

1dsxp216175s

ボート乗り場の際で
荷物の積み下ろしができるので
死に物狂いだったあの福浦の急登は
既に遠き良き思い出になってしまった。
2img00391s

3img00385s
懐かしい福浦の急登

キンメが連で上がったとか。
40cm超えのアカムツが上がったと聞くと
その気になって仕掛け作りに励み、
天気予報で日和も厳選して
今日の釣りになった。

中深場の釣りと言えば
仕掛けの往復に時間が掛かるものの、
仕掛けが着底すれば
数10秒後には何かが食ってくる。
滅多に空で上げてくることはない
というのが五目漁師のイメージ。
決して退屈はしない。

そのイメージが今回は残念ながら
変ってしまった。


今回もエンジン艇をお借りして
いつもの赤根崎沖(行程7分)に向かう。

エンジンを止めて艇の行き足がなくなると
無風、波なしでまるで湖面のようだ。

ところが120号の錘を着けて
仕掛けを落としてくと
結構道糸が斜めになる。

しかも魚探の航跡表示では
それよりも速いと思われるスピードで
どんどんと熱海側にボートが流れている。

少なくとも上潮は相当に速いために
1、2投ごとに元の場所に戻るか、
ついでに場所替えをする。

アタリは頻繁にあるものの
今や五目漁師の釣りでは
赤根崎沖名物になったシロムツ
(型は良く22~23cm)が多く、
4dsxp216177s

たまに、小型のクロムツやユメカサゴ。
5dsxp216179s

6dsxp216180s

今日は何としてでも朝の早いうちに
キンメを仕留めておきたい。

カヤック釣り師や沖釣りに詳しい方々から頂いた
アドバイスを思い出しながら
あの手この手でやってみるが
それらしきアタリはない。

何しろ当ては
ここで最近釣れたことがあるとか、
誰かが釣ったことがあるという
数少ない情報のみで
所詮まぐれ期待の釣りだけに
頭の中では来てくれ来てくれと祈り続ける。

しかし9時44分の干潮時刻を前に
8時半にピタッと潮が止まってしまうと
アタリは全くなくなってしまう。

アタリを見逃がし、
上げてくると掛かっていることも多かった
シロムツでさえ釣れなくなってしまう。

8時半以降、沖上がりの2時過ぎまで
信じられないほどの海中の静けさ。

福浦でもここでも
こんな経験はなかったほどの静けさ。

餌のサバタンと
それに抱き合わせたホタルイカが
そのままついて上がってくる。

こんな状況がずっと続く。

水深200~250mにして
120号の錘で
道糸がほぼ垂直に垂れるほどの潮のなさでは
釣れる気がしない。
7dsxp216183s
(10時35分)

8dsxp216185s
(12時49分)


今日は最後まで
中深場で粘り通す積りであったので
途中で岸側に戻って
ジギングやタイラバに浮気することはなかったが
あまりにも悪すぎた。

最後の最後に、やっとアタリ。
しかも5本針胴付きキンメ仕掛けを
底から10m上げたキンメ棚での強烈な引き。

キンメが2つ、3つと
追い食いしているのだろうか。

グイングインと穂先がお辞儀する。
いよいよだ、何の疑いもなく
キンメ一直線で巻き上げてきたのに、
見えてきたのはサバ。

全くサバらしくなく、
キンメの引きそのもの
(実は福浦で1尾しか釣ったことがない)
だったのに見えてきたのはサバ。

この野郎、次回の餌にしてやる。

で、落とせば何か釣れる中深場釣りのイメージが
変わった今日の寂しい釣果はこれ。
9cas215334s


昔は醤油の国日本に生まれて良かった
と思っていたが、
最近はワサビ醤油だけでは多くは食べられない。

そこで3種のカルパッチョにしてみた。
この方がそれぞれ味に変化があってよい。

クロムツの炙りたたき。
10cas215353s

ユメカサゴの和風カルパッチョ。
11cas215349s

シロムツキウイソース
12cas215344s
キウイもアボガドも盛りすぎてしまい
見栄えは悪いが美味しい

残ったシロムツは天日干しに。
Cas215357s

シロムツは釣れ過ぎるし
サイズがこれ以上は期待できそうにないので
釣りの興味としては今一つだが、食味は良い。

サバタン用に待ち帰ったのはマサバだったが、
捌くと身の色が結構白っぽく
脂がのっていそうなので
急遽竜田揚げと味噌煮にしてみる。
13cas215348s

14cas215340s

味噌煮の方はなんとか行けるが
竜田揚げは美味くはない。

お口直しのおまけは、
前回のメダイの甘酢あんかけとポワレ。
15cas215329s

16cas215323s




期待した中深場の釣りでしたが
ここまで静かなのは初めてでした。

この日は中潮、干潮9時44分、満潮16時37分でした。
潮流が潮汐だけで決まるなら
このような日はマーキングして避けますが
開けた外海での海流は潮汐の寄与が小さいだけに難しいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« いろいろ | トップページ | 一番楽しいのは前日 »

コメント

こんにちは
中深場の釣りでも潮が動かなければ釣りにならず
この時期は難しいですね
以前釣船では1月から3月一杯深場釣り
その後は単発でシマガツオやメダイ
秋後半から南房総で夜のキンメダイ
そんな釣りでしたね
また深場釣りを止めた時を思い出すと
サバが中層で掛かってしまい、釣りにならなかった日が続いたことです
一番下の引き出しには
今でもフラッシャーの山ですね

趣味人さん、こんばんは。

開けた海域では潮汐からは潮流が判断できず
仕掛けを落としてみるまでわからないですね。
また周期性もなくこの日は8時半以降はずっと止まったままでした。

餌にしようと思っていたサバも釣れずに焦ったほどでした。
他の船ではサバくらいは釣りたかったとの声さえあったようです。

ここまで極端になると
何が、魚の食いっ気を支配しているのかよくわからないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろいろ | トップページ | 一番楽しいのは前日 »