フォト
無料ブログはココログ

« 一番楽しいのは前日 | トップページ | 深海のルビーか幻の魚か »

2021年6月19日 (土)

PEラインの信頼性(品質)を考える



昔に比べるとPEラインは随分と安くなった。
今では日本製でも100m巻きが
1000円そこそこで買える商品も
少なくはない。

エギングやタイラバ、ライトジギングなら
普通は150~200mもあれば十分なので
市販品はせいぜい
300m巻き程度までのものが多い。

しかし、五目漁師が最近やる
中深場の釣りとなると
最低でも500mは巻いておきたい。

こうなると
海外製(輸入品)になることが多いが、
嬉しいことに長いし安いしで
500m巻き1500円程度のものさえある。

これらの中には強度を保つために
同じ号数の他のものに比べて
少し太めのものとか、
色落ちが激しいものもあるようだが
1号以下の細いラインを使う
タイラバやスロージギングでは
やはり強度が一番気になる。

五目漁師の場合には
中深場の釣りでさえ1.5号なので
同様のことが言える。

先日の中深場釣りで一向にアタリがないために
フーラフーラと暇つぶしがてら
ゆっくりと誘いをかけている時だった。

突然120号の錘を支えている穂先が
跳ね上がった。

何っ?
不意のライン切れだ。

上げてみると
出ていたライン300mほどの
中間あたりで切れていた。

コマセ釣りでもフグやウスバハギに
ビシに近いところや
逆に海面に近いところを
プチンとやられることはたまにあるが
中深場のしかも真ん中あたりを
切っていく??? 
それはないだろう。

多分、犯人はライン自身だと思っている。

中深場(水深200~300m)の釣りでは
最低でも500mは巻いておきたい。

安くなったとはいえ
国産品なら4000円近くはするために
先の安い輸入品を使うことが多い。

しかしこれを機に
あまり気にしていなかったPEラインの
信頼性とは何たるやと考えてみた。

例えばスーパーでパックや箱入りの
イチゴやサクランボを買ったとしよう。
(五目漁師は果物が大好きなので
たまに箱買いすることもある)

特価で安かったので買ったよ!
自宅に持ち帰り食べ始めると
たまに傷んでいるものが見つかる。

安かったから仕方ないね。
とブツブツ言いながら
傷んだものはいくつか捨てたが
腹いっぱい食ったので文句は言わない。

これが500mのラインだったらどうだろう。

プチッ!

ラインの何100mかと
結構お高い120号の錘と
ヨリトリリングとはさようなら、
おまけに魚を掛けて巻き上げの途中なら
それこそ買えば
1尾がラインよりもお高いかもしれない
アカムツまで逃してしまうことになる。
リール側に残った中途半端なラインも
多分新しいものと交換になるだろう。

つまり傷んだものだけを
捨てればよいイチゴと違って
500mの中で
1cmでも、いや1mmでも不良があれば
不良か所だけでなく
500m全部がこの瞬間に無駄になってしまう
しかも他のものも巻き添えにして。

イチゴで言うなら、
もし1つでも傷んでいたら
ワンパック、あるいはひと箱全部を
捨ててしまうのと同じことだ。

そうであれば
いくら特価でも買わないわな。

ラインの品質とは
こんなものではないだろうか。

実は、この時のラインは
2度目の使用だったが8本撚り1.5号、
500m巻きだった。

8本撚りを使うのは初めてで、
撚りが細かいだけに
目で見ても指にそらせてみても
まるでプラスチックのようにツルツルで
一見素晴らしいと思った。

ただ、リサイクラーを使って
リールに巻き取る中で
10m毎の色分けが一か所だったが
6m辺りで別の色に変わったり、
何か所か粒状の塊が付着しているような
部分があるのには気付いていたが
リールにはカウンターが付いているし
大物を釣るわけではないので
強度に影響がなければ、
安いんだから仕方がないと見過ごしていた。

しかし、現場で痛い目にあったので
自宅に戻ってから
リール側に残ったラインを
ゆっくりとリサイクラーで巻き取りながら
調べて行くと
1cas215408s

2cas215411s

写真のように毛羽だった部分とか
ざらついた部分が何か所か見つかった。

これがもし強度に影響しているとすると
この内の一か所のために
ラインの全てが何の価値もなくなってしまう。

と考えれば正に安物買いの銭失い、
アカムツ失いだろう。

そこで、今回はmade in Japan
YGKの4本撚り、
1.5号、600mを奮発した。
3cas215367s


今まで使ってきたPEに比べると
PEにしてピンと張りがあり扱いやすそうだ。

ただ、残念ながら
先の8本撚りに比べると少し太いようで
予定していた600mを
巻くことはできなかったが
果たしてどんなものなのか
先ずは使ってみよう。
4cas215419s

さて、ついでになるが、
PEの巻き直しの機会に
五目漁師の唯一の電動リール、
シマノFM-800の清掃と注油をしてみようと
初めてカバーを開けてみた。
5cas215414s

中深場の釣りでしか使わないが
買ってから3、4年にはなるので
相当汚れているだろうと
手ぐすね引いて開けたところ
この通りまだピッカピカ。

結局、何もせずに慌てて元に戻した。


当たり前ですがライン(道糸用)は
長ければ長いほど要注意ですね。
長い長いラインの中でたった一か所不具合があれば
残りの部分がいくら立派でもそれでおしまいです。
フックやスイベルなどは100個単位とか
50個単位のものを買うことがよくありますが、
こういったものと違って
ラインには特別の信頼性が要求されますね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 一番楽しいのは前日 | トップページ | 深海のルビーか幻の魚か »

コメント

五目漁師さん、こんばんは。
PEラインってナイロンやフロロと違って細いほど高価ですよね。
1号の細糸でもアンカリングで来てしまうほど強度が高いくせに、
わずかな根ズレであっけなく切れてしまうあたりは両面性がありますよね。
以前はYGKの8本撚りばかり使っていましたが、今は少し安いSeagarのX8を愛用しています。
安価な海外製のPEは使った事がありませんが、特に細いラインの場合には信用置けませんね。
触ってみて凸凹があるともう使う気になりませんし、そんなラインがけっこうあります。
アジングやメバリングだと0.3号とかを使いますから、さらに拘りますね。
ところで初期の強度よりも、僕は耐久性に興味があるのですが、
PEの寿命ってどのくらいなんでしょう。
五目漁師さんはどのくらいで巻きなおしますか?
主戦で使うリールと、予備のほとんど使わないリールやスプールでも異なるでしょうが、
やはり高価なだけにできるだけ寿命が長いラインを使いたいところです。

細いLINEで軽い錘とライトなタックル…魚の当たりや引味を楽しむには理解できます。
ただ、勝負する相手は魚以外の潮や障害物、時には自分の仕掛けや船底、竿のガイドまで敵に回るとなると、タックル見直そうかと悩むことも最近はあります。
特に300m超えてくると、5分以上巻き上げにかかるのでモーターが熱くなり、しばらく電動リールが使えなくなることもあるようです。
何を主眼に釣りをするかで、選択は難しくなりますね。
あちらを立てれば、こちらが立たず…悩ましいです^^;

ぐっちゃん、こんばんは。

ぐっちゃんはヒラマサからアジまで
サイスのダイナミックレンジが広いだけにPEラインに期待するものも
変わってきますね。

私は1号のラインでさえボートのあっちこっちに触れさせるのは嫌ですので
リーダーは6mとって必ずリールに巻き込むようにしていますが
0.3号じゃガイドとの擦れだけでも寿命が短くなりそうですね。

2号、3号になると反転も含めて2、3年も使うことがありますが
1号クラスになると寿命よりも先に高切れなどで短くなってしまい
結果的には半年とか1年以内にお払い箱になるケースが多いです。

中深場をやるようになってからは記事に書いた通り
完璧なラインの必要性をひしひしと感じています。

APさん、こんばんは。

遊漁船ですと一番の勝負はお隣さんとの絡み
それに船長の操船次第では船底にも入ってしまいますし
確かに引っ張り強度以前の問題に対する勝負強さも必要になりますね。

高々150号の錘とせいぜい1kg程度のターゲットなのに
中深場の釣りでは中型のリールを使って4号とか5号のラインを使うのも普通のようです。
ラインが太い→重たい錘→リールに負担
という一面もあったりして
太いラインは諸悪の根源だと思っていますが
乗り合いですと仕方がない部分もあるんでしょうね。

明日は迷ったのですが網代に出掛けることにしました。

こんばんは。

PEラインは細くて強い。
理想に近いラインですよね。

一本一本の断面を見ると更に細い糸になっているように見えるのですが切った結果構造的にあのようになるのか、それとも実際更に細い糸が束にされそれが編み込まれているのでしょうか。

PEラインを構成している糸がより細くて多く編み上げ方がより程強い。という事なのでしょうか。メーカーによっても強度は違いますからね。反面で根ズレに弱くなり寿命が短くなり、根ズにも弱くなり高価になる。

すいません!
送信してしまいました。

気になったことは何かと申しますと、4本〜12本編りまでありますが価格、強度、耐久性、経年劣化の度合い等良く分からないのですよね。買う時に結果なんとなく購入してしまいます。

何か参考にされているサイト等はありますか。

まっくさん、こんばんは。

私もよくわかりませんが綿のような細いポリエチレンの繊維(原糸)を束ねたものを
4本とか8本で編み込んでいるのではないでしょうか。
昔は各メーカのホームページにPEの詳しい記事がありましたが
今は商品カタログだけになってしまいましたね。

4本撚りよりも8本撚りの方が密度が高くなるからでしょうか
同じ太さで強くなりますが、擦れで編み込みが切れる時には
一本が細い8本撚りの方が不利になるとも言われていますね。

そんな微妙なことよりも表面のつるつる感や張りなどの感触で
選べばよいと思いますが、長いラインを使う時には今回の記事のように
あたり前ですが一点の不良個所もないことが大事ですね。
ないのが当たり前と思っていたのですが廉価品には
結構傷物が多いことがわかりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一番楽しいのは前日 | トップページ | 深海のルビーか幻の魚か »