フォト
無料ブログはココログ

« サバ逃れの真鯛リベンジなるか | トップページ | 中深場でも1投目マジックはあり »

2021年5月19日 (水)

五目漁師の富士山撮影とあれやこれや

釣りのように昔からやっていたわけではないが
画素数が多い
(当時はそれでも500~600万画素程度の)
本格的な一眼レフデジタルカメラが普及し始めて
プロのカメラマンと同様に
フィルム代や現像代を気にせずに
数打ちゃ当たると
バチバチ撮れるようになってからは
毎週のようにヨメサンと一緒に
富士山撮影に通った。

多い日には1日に数100枚以上も撮った写真を
整理して”Okkakefuji“というタイトルの
ホームページで紹介していた。
1dsc095667s
高ボッチから

2dsn18a5180as

レンゲ畑と新幹線

3ims090324s
山中湖

4img062818s
横浜から

うまく撮れた写真はフォトコンテストに応募し
何度か入賞し賞品や賞金をゲットしたこともある

釣りのブログを始めてからは
こちらの方が少しずつ忙しくなってしまった
ことと、
デジタルカメラの普及とともに
カメラマンも急増し
富士山周辺が
あまりにも賑やかになってしまったことに
嫌気もさしてしまう。

更に追い打ちをかけるようにこのコロナ禍で
とうとう富士山に近づかなくなってしまい、
ここ2年間ほど
ホームページの更新も止まってしまった。

先日久しぶりに出掛けて
桜を撮ったまでは良かったが
5dsn213297s

さてホームページを更新しようと
パソコンに向かてみたものの、
元々複雑だった更新手順を
すっかり忘れてしまっており
一筋縄ではいかないことが分かった。

情けないがよくこんなホームページが
自分で作れたもんだと感心することしきり。

結局トップページを
ホームページビルダーで開いたところで
先に進むのはよいが失敗すると
元に戻せなくなるかもしれない
という心配もあり、
あれやこれやと思い出しながらやるのに
躊躇いもありで
ギブアップしてしまった。

しかし、このままでは
折角撮った写真の整理場所が
なくなってしまい、
これはこれで悩ましい。

そこで、今後は更新が簡単な
ブログに移行することにして
Amebaブログのアカウントをとり
4月18日から
Okkakefujiブログを始めた。

しかし、いざ始めてみると
ブログはやはりブログ、
日々の更新があってこそ成り立つし、
逆に
整理した写真のアルバム代わりになるような
懐の深さに欠けることもわかり、
悩んだ末に決心して
もう一度ホームページに戻ることにした。

もう既に始まっているが
今後はボケまっしぐらで
益々ややこしいことには
手がつかなくなることは承知しているので
先ずはノートを準備し
更新のステップを一々記録しながら
3晩かけてやっと最新版への更新を終了した。

このホームページ、
かっては、Yahoo のトップページで
紹介されたこともあり
その時には1日に10万を超える
アクセスもあったが、
普段は200アクセス/日程度であった。

更新が止まってしまった今では
0という日が殆どになっている。

日本中の、いや世界中の誰もが
アクセスできるのに
誰一人として見に来ない。
これはこれで奇跡かもしれない。

誰も見に来ないホームページなど
公開しておいても仕方がないが
釣りブログと同様に
自分メモとして、そしてアルバムとして
今後も続けることにした。

富士山の他に
冬の北海道で撮りだめた写真も沢山あるので
今後はタイトルとは合わないが
タンチョウやオオワシのアルバムとしても
活用していきたいと考えている。
6ims195057ts
鶴居村

7dsn199779s
鶴居村

9ims197728ts

鶴居村

Ims139490as
菊池牧場

8dsn196815ts
風連湖

Ims193882s
風連湖

因みに、この“五目漁師の釣り三昧”は
かっては
1日に1000アクセス程度以上あったが
こちらの方も最近は低迷気味で
今は600~700アクセス程度に減っている。

始めてからもう10年近くにもなると
次第にマンネリ化して
新鮮味も面白味もないのは分かっているが
正に老朽化、時の流れというもので
今更進歩もなければ
別の人とバトンタッチすることもできない
一個人がやっている限り
新陳代謝は難しく致し方ないことだと
思っている。

釣りブログは自分メモに違いはないが、
釣行記事をネタに
同じような釣りを楽しむ方たちとの
コミュニケーションの場とも思っているので
応援がてらコメントを下さる方がある限りは
続けていこうと思っている。

勿論、
本人の釣りが続く限りということになるが。



コロナがはびこって以来、

富士山には行かなくなりました。
毎年1、2回行っていた北海道にも
行っていません。
釣りは大丈夫だろうと思い、続けていますが
これも油断をするとやばいのは承知の上です。

コロナ禍脱出の決め手がよそから譲ってもらう
ワクチンとは情けないですね。
もう少し日本はできる国だと思っていたのですが。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« サバ逃れの真鯛リベンジなるか | トップページ | 中深場でも1投目マジックはあり »

コメント

こんにちは
一瞬で決めてしまう処が写真の素晴らしさですね
しかし、そうシャッターチャンスはあるはずもなく
経験と、瞬時の閃き、カメラの設定、全て当てはまらないと
チャンスを逃し、中々撮れるものでもないですね
最近山歩きもしていても、天候や、イメージと違う自然の状況などで
空振りばかりです
仕方なくイメージを膨らませ、頭の中で合成し
絵にしてますが、やはり自然の持つ力強さには及びません
写真と同じく、根気よく出会いを探さなくてはと
週末も出かける予定
ワクチンは今日接種ですが
たまたま根気のあった家内だからとれた事
日本はアマゾンの奥地と変わりませんね

趣味人たけさん、こんにちは。

確かにシャッターチャンスですが富士山の場合は殆ど景色が止まっていますから
その場に居るかどうかだけですね。
構図やピントの合わせどころ明るさなどに多少個性は出ますが
絵と違うのは、三脚を2人並べてカメラの設定や構図を合わすと
全く同じ写真が撮れてしまうところです。

ダイヤモンド富士の時などはカメラマンが1か所に密集して我こそはと撮っていますが
実は皆、寸分たがわない写真になっているはずです。
密集を避けて誰かが代表して撮って配ればよいのにと思ってしまうほどですよ。

ワクチン早々に予約できてよかったですね。
茅ヶ崎は今日から申し込みなのでやってみようと思っていましたが
たけさんのこのコメントで思い出したところです。

 冬の北海道の写真をみて そうだ五目漁師さんは毎冬出掛けられ素敵な写真を
撮っていたんだっけなぁと思いだしました
コロナで行けなかったのですよね 2年目ともなると忘れてしまいましたわ ^^;

ホームページビルダーね~ 挑戦して見事に撃破されました
それで Infoseekアルバムを始めて有料になりヤフーブログ そして廃止になり今のブログに
ヤフーブログはいい経験が出来たし仲間が出来て楽しかった~^^
五目漁師さんほどじゃないけど訪問者数も多く励みになったし
あるワードで検索すると 某企業の次に私のブログがあったのは驚きましたね
色々あってブログの継続を悩んでいた時に廃止になったので いいタイミングで今のブログになり
訪問者数 0人でも日記のつもりで楽しく出来ています

話しがそれてしまいましたが早くまた旅行が出来るといいですね
それで私も旅行した気分を味わいたいです

マリン・ブルーさん、こんばんは。

そうなんですよ。特に今の北海道を見ていたら
きっと気を使うばかりで楽しい旅行ができるとは思えないですね。
鳥や動物たちは何となく静かになったことに気付いているんでしょうかね。

そう言えば、yahooにはお互いに参りましたね。
私のホームページはソースが手元にありましたので
新しいサーバーに転送し直すだけでよかったですが
ブログはサーバーからデータの引き取りがあるだけに
面倒だったのではないでしょうか。

ホームページからブログに
今は更にフェイスブック、そしてインスタグラム
どんどん単純かつ明快で見栄え重視。
血が付いた魚の写真や土が付いた野菜の写真では
ついて行けなくなりましたね。

老化ですかぁ…
僕から見ればボートひっくり返して落水させてもまだまだ大丈夫そうにしか見えませんが…(笑)
都合のいい時に老人にならずにまだまだ趣味を全うしてください(o^^o)
僕の方もお気軽に行けたボート屋がなくなってしまい、鯵が美味しいところは駐車場所にも困る始末になり、タイも鯵が狙える流れる海も素人お断りな文面でビビって行けなくなってすっかりボートに乗らなくなったなぁ…と思ってますが網代の五目船頭船なるものを見つけたのでそのうち乗りたいなと思ってますのでまだまだ元気で居てください

おはようございます。

良い写真ばかりですね。
私も以前に少しだかじりましたが、後で見ても肉眼で見た方が良かった。つまり下手なんで段々とやらなくなってしまいましたね。

肉眼で見るものと、写真は全く違う物だと思いますがそれはそれで良いのだと思います。逆に写真なのに伝わってくる空気の感じや音等が出てくるのが良い写真の凄いところだと思うのです。

そもそも花より団子の性格なので向いてないのでしょうね。^_^a

ガルさん、こんにちは。

ノー天気な釣りとボート漕ぎのお陰で
頭部を除いた上半身お化けです。
下半身は完全に停止及び衰弱していますので落とされると這い上がれないと思います。

五目船長はお腹を出しての船上居眠りは禁止ですが、
土産にサバを釣っていただくようなことは決してしませんのでご安心ください。

まっくさん、こんにちは。

まっくさんの写真に対する考え方になるほどなるほどと感心させられます。
おっしゃるような写真を撮りたいと思います。

変な話ですが
構図やチャンスなど技術的な部分は現場で決まってしまいますが
デジタルになり、寧ろ気持ちの方は後である程度補うことや
入れ替えができますね。

まっくさんの美味しそうな写真一度拝見させてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サバ逃れの真鯛リベンジなるか | トップページ | 中深場でも1投目マジックはあり »