フォト
無料ブログはココログ

« 超絶完ボで始まれば今後の釣りが気楽 | トップページ | 中深場の釣り »

2021年1月11日 (月)

キターッ! 約4000円

 

 

0canvas
最近は滅多に電話などしないので
いつもは通話料は300円程度



また、緊急事態宣言がでた。
昨年の春に比べると
かなり内容は限定的なようだが、
捉え方は人それぞれ。

あの時には手漕ぎボート釣りは
3密には無縁と自分では納得して
出かけたこともあったが
県境を越える時に
“今は来ないで下さい”
の電光掲示板が目に入ると
気持ちの良いものではなかった。

今度はまだ(多分)
そこまでには至っていないと思うが
この寒い折に嫌われるところに
わざわざ出かけるほどでもないと考えている。

数字的には
我が神奈川の県内移動であれば
お互いにうつしっこ、
宣言の対象になっている
13県以外の県外への移動であれば
うつしに行きますよ的な立場になるが
誰がうつそうが、誰にうつされようが
実質的に感染が広がることに違いはない。

それに、この状況下では他人に
とやかく言われる方が面倒そうなので
ここは少し辛抱しようと思っている。

さて、釣りに行かない=釣りブログがストップ
ということになってしまうと
五目漁師の脳みそのスポンジ化は
どんどんと進んでしまいそうなので
たわいないことでも書くことにしよう。

で、これは先の大津釣行でやってしまった
うかつ者同士(五目漁師とその弟)のお話。

話は飛ぶが
昔、運転免許証の更新講習で、事故は
一瞬、双方の頭に血が上った時に起こる。
どちらかが冷静であれば避けられることが多い
と聞いてなるほどと珍しく感心したことがある。

これはスマホの電話代も
どちらかが常識的であれば
(システムの悪さで)不本意な料金を
ぶんだくられなくて済むが
そうでなければ結構危ないというお話。
1cas214368s

やれやれ今日は小アジばかりっだった・・・

釣り終わって
前後に駐車した同行者(ボートは別)の弟と
お互いに車のフロントドアサイドに立って
話をしていると、車の中からも
弟の声がやまびこのように聞こえてくる。

どうやら座席シートに置かれた
スマホからのようだ。
スマホを手に取ってみてみると
通話中になっている。

弟の声がスマホを通して
半開きのドア越しに聞こえていた。

沖上がりする前に
そろそろ戻ろうと連絡し合った電話が
切られずに
つながったままになっていたようだ。

その場は慌てて切ったが
自宅に帰ってから気になったので
履歴をチェックしてみる見ると
50分程つながっていたことになっている。

勿論、双方ともかけホなどは契約していないので
使った分(いや、つながっていた時間分)だけ
料金は取られてしまう。

待てよ、この電話どっちがかけたのだろう。
ドキドキしながら調べてみると
どうやら五目漁師は着信になっている。

うしし、弟には残念でした
支払いをお楽しみにとラインで連絡する。

すると1時間ほどして弟からラインが入る。

確かに、あれはこっちからだったよ!
ただ、調べてみたんだけど、
その時間ほど前に兄貴から着信があって
これは100分の通話記録が残っているよ、
うしし。
2canvas_20210111134901

ひえっ!

とこんなお話。

五目漁師はもう5年以上も
スマホを使っていながら
どうやら今までに電話の受話器
(といっても赤い受話器の絵)は
自分では置いたことがないことに気付いた。
3cas214374s

というか受話器を置く操作をしないと
電話が切れないことなど考えたこともなかった。

いつも相手側が切ってくれるのに
まかせていたということになる。

今回は相手が悪かった。
弟も同じく電話は切らないうかつな人だった。

どう釣れてる?
いや小さいアジばかり。
そう、頑張って!

普通ならここでどちらかがガシャン。

時間になり、戻る前には、
そろそろ戻るよ!
わかった。

普通ならここでどちらかがガシャン。

めでたしめでたし、
これで双方が無言の通話は終了する。

それがうかつ者同士の電話になると
たったこれだけの会話に
合わせて多分67千円の通話料金を
盗られることにになってしまったようだ。

昔の電話機なら話した後に
双方共に受話器を転がしておくなど
あり得ないが
スマホは会話の終了と共に
ポケットに入れてしまったが最後、
下手をすると電池切れまで
通話状態が続いてしまうこともあるので
皆さんもお気を付けて!

(なお、あとで弟が調べてくれた。
アンドロイドでは設定→便利機能→通信設定→
電源ボタンで通話を終了にしておくと液晶画面を消すための

電源ボタンのワンクリックで通話が切断されることがわかったが
どうやらこれはデフォルトではOFFになっているようだ)
*21.01.12 12:36 (  )内を修正
修正前の自動でスリープモードに入り切れるは誤りでした。

 

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村  

« 超絶完ボで始まれば今後の釣りが気楽 | トップページ | 中深場の釣り »

コメント

おはようございます。

じつは私はスマホデビューが一昨年、まだまる2年にしかなりませんが、お互いに切断しない人同士だとそうなりますし、お互い慌てている時などにそうなりますね。

自動切断機能がある機種もあるのですね。自分のものにも付いているか確認してみます!

まっくさん、こんにちは。

スノボーで仲間と連絡後、手はかじかんでいるし、手袋はしているし、
急いでいるしでそのままポケットに入れてしまうとやってしまいますから
お気を付け下さい。

なお、設定の仕方ですが本文の末尾を具体的に書き直しましたので
参考にして下さい。
最初に書いていましたが自動でスリープモードに入っても切れず、
電源ボタンのワンクリック(液晶を消灯)で切れます。

おはようございます
私も切断の仕方が判らず、というか、電話終了時に画面は消えていて
切断されているのかわからず、いつも画面を戻して確認するという面倒さです
今回の記事を読みなんとなく了解です
今回のコロナ規制、言いたいことは山ほどありますが
昨日銀座まで買い物に行き、この人混みの中
クーラーボックスを引きずっての釣行は辛いかな
山歩きも地元の人の目が気になり、暫くは待機です
ボート釣りは従妹次第ですね

趣味人たけさん、こんにちは。

ハイテク関連の新しいシステムや機器に対しては
文句を言いたいことはたくさんありますが
あまり言うとこれだから(昔基準の)お年寄りは・・と言われるのが落ちですから
ここまでですね。
(全くもって年寄りには優しくない。チェッ!です。)

コロナは現状では誰が何をしたってあっちを立てればこっちが立たずで
悪いのは人ではなくコロナ野郎。
1年たっても未だ先が見えてこないのが厄介ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超絶完ボで始まれば今後の釣りが気楽 | トップページ | 中深場の釣り »