フォト
無料ブログはココログ

« 久し振りにコマセ釣りも、だがしかし | トップページ | むしゃくしゃ解消のお出かけだったが »

2020年11月16日 (月)

こんな日もあろうな

 

 

昨日(1115日)は福浦に釣行。

五目漁師は
魚が欲しくて釣りをしているわけではない。

数日前、前日、前の晩(布団の中で)、
そして海上でも寝る、いや練る。

あれやこれやの作戦を繰り出して
魚との一対一の勝負。

相手は見たこともない海の中、
五目漁師は真剣勝負でも
相手にそんな気はないだろう。
ただ、相手も生き物である限り
痛みを感じないやつはいないし、
命を粗末にするやつはいない。

サバを除けば、
やはり餌に食いつくのも、
掛かった針から逃れようとするのも
真剣であり、勝負であるに違いない。

ここで得る充実こそが釣りで、
魚が欲しいだけならさっさと市場に行けばよい。
(カイワリやオニカサゴなどは手に入らないが
もともと存在すら知らなければ
問題にはならない)

ありゃ、なんでこんなくだらないことを・・・?

今日の釣りがあまりにもつまらなく
今もむしゃくしゃしている。

完ボでも超絶完ボでも
いつもなら悔しさはあるにしても
また次にお返ししようと
寧ろ次の釣りに向けたエネルギーになっている。

しかし、今日は違った。
魚が居ない。 全くいない。

今年に入ってからの福浦は貧果続きであるが
今日は酷かった勝負をしてもらえなかった。
その気配さえ感じられなかった。
Dsxp205758s

後付けになるが、いつもは感激する日の出すら
こんな日はこの通りくだらない。

はじめてクーラボックスの蓋を開け、
結果的に唯一の釣果になった
小さなホウボウを投げ入れたのは
これから7時間もたった沖上がりの寸前だった。
Dsxp205763s

海岸線の景観といい、水の色といい、
神秘の深さといい
あれだけのフィールドなのに
彼らは一体どこに行ってしまったのか。

とにかく魚がいない。
(五目漁師の主観的結果論)

唯一の釣果、小型のホウボウで
布団に入る前に一杯やる。
Cas203979s

(ここまで当日記録)


さて、ついでに23日前の写真になるが
先日伊東で釣ったカイワリのハーブソテー
Cas203951s

カイワリのごま煮
Cas203956s

カイワリを初めて煮つけにしてみた。
どちらかというと白身感のあるカイワリなら
煮付けも結構いける。

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 久し振りにコマセ釣りも、だがしかし | トップページ | むしゃくしゃ解消のお出かけだったが »

<!ー020福浦釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

五目漁師さんの2大ホームグラウンドの一つが福浦かと思っておりますが、厳しい状況が続いているようですね。

すいません、Postボタンに触れて送ってしまいました。^_^a

元々釣果情報が少なく、船宿の情報は常に「釣れてます」なので(釣れてなくても行く時は行くのでこれはこれで良いのかもしれませんけれど)狙いを絞りにくいのもあるのかもしれません。

「アレがアノ辺りで釣れている」という情報は広くて深い場所からかなり絞り込みをできるのでそういった意味では他のエリアとは難易度が違うフィールドだと思います。

仰る通り海の中で何が起きているのか判らないのでいつもいるところに居ない魚達はどこに行っているのでしょうね。行き先教えて欲しいものです。

お疲れさまでした、沖で ”なんて日だー” っと叫ばれている五目さんが想像できます。
私も所謂、秋のベストシーズンと言われる最近の釣果が酷く、
餌釣り同行者の釣果を分けてもらうようなコバンザメ状態が続いています。
定置網情報でも全体的に漁獲量は少ないものの、今だにカマスがいるようです。
カマスは我々が釣りをする比較的浅場に群れるので、
この状況が何かしら影響しているのかもしれませんね。
一方では、多少釣果が少ない方が有難く味わって魚をいただけるので(作業も楽ですし)、
それもアリかな!っと開き直っています。
そんな釣りが面白いですね。

五目漁師さん、こんにちは。
ありゃりゃ、どうしちゃったんでしょう。
前振りがやたら長いのでよっほど書く内容が無いのかと思いましたが、
その通りでした(笑)
ルアー、疑似餌で釣っていれば、ベストシーズンに無の海なんて当たり前ですよ。
釣れるならジギングロッドしか持ち込まない僕も、このところエビやらイカスッテやらを持ち込んで、
いろいろ保険をかけています。
シーズンオフなら丸ボウズ上等でも、ベストシーズンにボウズは辛いから…(爆)
こんな考えだから本命は釣れないんでしょうけど…。

まっくさん、こんばんは。

情報のない福浦、
皆さんがよくみていらっしゃるのは小田原漁港の各定置網からの水揚げ情報です。
最近では福浦の定置網でカンパチの水揚げがありました。
それで期待はしたのですが。

真鯛、ワラサ、カサゴ、ハタ・・実績のある場所なんですが
どれも姿が見えないです。
今日は伊東で流してみたのですが、やはり同じ感じでした。
先ず、イワシやイカナゴなどのベイトが不思議なほど見当たらないです。
まだまだ冬の海になるには早すぎますよね。

MBLさん、こんばんは。

はははっ、見られてしまいましたか。
お互いに不甲斐ないシーズンですね。

同じ完ボでも次はこうしよう、あれをやってみようと
繋がればいいのですが、そのようなアイデアが全く浮かばない状況です。

今のところ福浦の唯一の逃げ場は中深場でしょうかね。
あそこなら何とかしてくれるかもしれません。

ぐっちゃん、こんばんは。

書く内容以前の問題で、書く気さえしなかったのですが
実は今日伊東に行くことで、何とか気を持たせることができました。

やはり餌釣りと違って一発ドッスンのルアーは苦肉の策というか誤魔化しがきかないですね。

久し振りに餌釣りをやっていますがいつもの顔ぶれがありませんし、
今まで見たこともない巨大なフグが現れるなどこっちも変っています。
そう言えばタラやイカが獲れなくなった北海道は昔いなかったブリが
今では特産品になっているようですね。
釣りの世界も、昨年釣れたので今年もというわけにはいかないですよね。

おはようございます
絵を描き始めると夢中になり、あっという間に一週間が過ぎました
まだ半分も進みませんが、楽しみな絵です
そんなことで、伊東の釣りを見落としていました
武藤さんが釣った処まで見ていましたが、良い釣果でしたね
従妹と今週予定ですが、従妹の家から伊東は遠く
釣りへ行けないのが残念です
今一番良い場所ですね
福浦は釣り人が多そうですが、海の状況は気まぐれですね
何か観音崎にも似ています
狙った魚、ポイント、潮と
上手く当たれば大釣りでも、外れればオデコ
ワンチャンスの釣りではきついです
次の釣果楽しみにしています

趣味人たけさん、こんにちは。

凄い集中力は以前からお見受けしています。
私ものめり込む方ですが、時間が続かず
のめり込みながらも気晴らしが多いです。

コロナ禍がなければ一度時間を掛けて
伊東や福浦をご紹介したかったのですが
今年は果たせなかったですね。
ただ、待ちに待ったシーズンは残念ながらこの通りで今一つです。
今のところたけさんの好きな青物不在が大きいですね。

昨日は伊東でした。
同じような調子が続いていますがまだまだ水温が高いので
一波乱を期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久し振りにコマセ釣りも、だがしかし | トップページ | むしゃくしゃ解消のお出かけだったが »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29