フォト
無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月25日 (土)

急遽中深場へ

 

 

昨日(724日)は福浦(エトーボート)に釣行。

貧果であろうが大漁であろうが釣りは釣り、
準備も後片付けもあるし、
釣った魚を捌いたり料理もある。

老体の疲れが癒え、
次の釣りへの妄想が絶好調に高まるまで
五目漁師の場合は
習慣的にも1週間くらいはかかる。

2日前に大津釣行。
やれやれ、あれは失敗だったなぁ。・・・
とまだまだ先日の釣りの思いにふけりながら
周囲の情報や釣果を見ても
なかなか次の釣りのイメージが湧いてこない。

そんな時にブログにコメントを下さる
足漕ぎカヌーのMさんから
明日は福浦でアカムツを狙ってみます
とメールが入る。

そうですか、頑張って下さい!
と返信した後に他人ごとではあるが
天気予報をチェックすると
なんとこれが素晴らしい。

文句なしの沖釣り日和だ。

そうだ、これがあった。
スイッチが入ってしまえば早い。

直ぐにMさんに
私も行きますよと連絡して
準備に取り掛かる。

乾かそうとしていた前回の道具が
雨の中で濡れているが
そのまま車に積み直す。

不足していた仕掛け類も準備し終えて
早朝(現地着4時)の福浦へGo
Dsxp205392s

夜明けとともに
予報通り無風の海面を
汗が出ない程度に
ギーコギーコと漕ぎ出る。

ポイントまで約30分。
沖に出てこれほど静かな日も珍しい。
Dsxp205398s

一投目は
潮の流れなどをチェックするお試し入れ。

今日は中潮、
海面は波も風もなく静かだが
ボートは結構南東方向に流されている。

仕掛けが着底すると
直ぐにコツンとあたったような、
気のせいのような。
取りあえずあげてみると
サバタンを齧られている。

ボートが流される方向、速さを見定めた上で
2投目はまだ解けていないホタルイカを
無理やり引き剥がして
サバタンに抱き合わせて本格投入する。

水深180m、錘120号でも
着底までに1分以上掛かってしまう。

ボートが風で流される時には
その間に道糸がどんどん斜めってしまうために
忙しくボートを漕がないといけないが
今日はそれが不要なので楽ちんこの上ない。

捨て糸の長さで決まる棚は1m
そこからゆっくりと竿を煽ると、
今度は確かなアタリ。

元々シマノのFM800には
PE3号を300m巻いていたが、
PE2号を400m
そして今はPE1.5号を500m
細くしてきたために
アタリ感度も随分とよくなったような気がする。

巻き上げには45分も掛かってしまうが
途中穂先がピクピク、魚が更に抗うと
リールがウイーンウイーンと
頑張り音を発する。

なんだろう、大きさは? 色は?
上がってくるまでのこの長い時間こそが
中深場釣りのワクワクタイムだ。

その結果がこれ。
Dsxp205393s

長雨で濁っている海中に
赤い魚影が見えた時には
早々に狙いのアカムツかとも思ったが
キンメダイ(29cm)だった。

3投目もアタリはあったが掛からず。

そしてここで、
真鶴半島の福浦とは反対側から
三つ石経由でカヌーでやって来られる
Mさんからの電話だ。

途中、ジギングで道草を食った
(既にハタが釣れている)が
こちらに向かっているそうな。

今キンメが上がったところです。
絶好のコンディションですよ、
と五目漁師。

しかし、絶好は正にここまでだった。

少しアタリが遠のいた中で
竿を煽ろうとした時だった。
フッ! と穂先が軽くなる。??? 

やられた!
スミヤキかフグにでもやられたのだろうか。

軽くなった抜け殻の道糸を空しく巻き取る。
果たしてどこで切られたのかが心配だったが
どうやら
PEの長さはあまり変わっていないようだ。
(自宅で調べたところリーダとPEの繋ぎ目の
直ぐ上で切られていた。)
被害は最小限で収まったが
Mさんにいただいた
ちょっとした小道具を使った
特殊仕掛けがなくなったのと
何故か結構高いヨリトリリング、
あの坂道が辛いので
2つしか持ってこなかった
120号の錘がなくなったのは痛い。

仕方がない、
リーダを5号フロロカーボンで結び直し
釣りを再開する。

丁度そんな時にMさんが
足漕ぎも軽やかにご到着。

しばらく情報交換しながら談笑の後、
五目漁師は180240m域を
Mさんは恐らく300mライン近くまで
流されていたようだが、
当初のアタリが嘘のようになくなってしまい
両者とも殆どといってよいほど
アタリから見放されてしまう。

潮は結構流れているようだし、
海上は静かだし
コンディションは悪くはないんだけどなぁ・・

途中の釣り具屋で聞いた話では
酷い長雨のために
今伊豆半島全体の浅場では
川から流れ込んだ泥が堆積して
磯釣りの餌になるガンガゼなどが
採れない状況らしい。

沖の中深場の釣りに
影響があるかどうかはわからないが、
海水が大いに濁っていることは確かだ。

アカムツは欲張りとしても、
今まではここに来ると
必ずや釣れていたクロムツも
今回はとうとうなかった。

で、今日の釣果はこれ。
Cas203051s
キンメダイ(29cm)、シロムツ(25cm)

それに小っちゃいユメカサゴ(?)、
おっと、
アカハタ(31cm)Mさんからの頂き物。
行き帰りの道草だけで
結構釣られていたハタの中から
お好きなものをどうぞと言われたので、
まだ釣ったことも食べたこともない
アカハタを遠慮なく頂いた。

ワサビと醤油で食べる刺身は
少し飽き気味なので
アカハタの半身をカルパッチョに、
Cas203072s

キンメダイはお決まりの煮付け、
Cas203066s

ユメカサゴは姿唐揚げに。
Cas203079s

そして次の日、
残したアカハタの半身をアクアパッツァに
Cas203087s

シロムツは1日冷蔵庫干しにして塩焼きに。
Cas203092s

 

狙ったアカムツは釣れませんでしたが、
深いところの魚はどれをとっても美味しいですね。
夏は暑くて無理ですからリベンジは秋になってしまいます。
アカムツ釣るぞっ!

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2020年7月22日 (水)

60匹で打ち止めって一体なんのこと?

 

 

昨日(721日)は大津に釣行。

梅雨明けはしていないものの
やっと天気予報が落ち着いてきた。

今日は兼ねてより大津に行くなら誘ってよ、
と言われていた弟と一緒だ。

元々、大津のアジは
身質がしっとりと滑らかで美味しいが、
今の時期はその脂がノリノリで甘さも増して
絶好調だ。

ただ、前回アタリが少ない中、
苦労して30匹を釣ったが、
結構
(捌いたり料理をする五目漁師にしてみれば)
消費には苦労した。

今回は、あの美味しいアジなら干物でもいいし
練り物にしておけば冷凍保存もできるので
目いっぱい釣ってきてもいいよと、ヨメサン。

わかった、
それでも上限は60匹くらいにしておこう。

時間が余った時のために当然のことながら
タイラバとジギングも準備する。
(ここまでは前日の話)

ガレ場に向かうと皆さんが集まっている。

さて、さっさと釣ってタイラバで大物を狙おう。
やっぱりマダイかタチウオがいいなぁ。

先ずは3m、4本針(先針のみ餌)の
ウイリー仕掛けで始めるが、無反応。

海底にはアジらしい反応があるんだがなぁ、
たまに釣れてくるのは
放流サイズのカサゴにフグ。

それにサバが釣れたところで
針数が多いと苦労するので
2.52本針仕掛けに換える。

9時半ころになって
弟にやっとアジが来たらしく、
こっちに向かって見せてくれる。

と、同時に五目漁師にも
初めてのそれらしきアタリ。
上がってきたのはオオアジだ。
Dsxp205386s

うーん、これか・・・。
あまりおいしくないクロアジではなさそうだが。

そろそろアジが回って来たかなと期待したものの
後は続かない。

途中、珍しく釣れた中サバは早速、泳がせたが
反応はなし。
Dsxp205389s

周りのボートは居眠りやチョイ場所移動、
行動範囲の広いエンジン艇は
どこへやら退出のようだ。

沖も大して釣れないのか
遊漁船も近くにやって来たが
あまり釣れている様子はない。

五目漁師もそろそろ場所移動したいが
実はひとつ足枷がある。

弟が携帯を忘れたと言っているので
お手軽に場所移動ができない。

転覆事故でもあった場合には
直ぐに玉網で掬える範囲で
何度かチョイ移動してみるものの効果はない。

もう昼を過ぎてしまったが、
なんとここまで弟はアジ1
五目漁師はデカアジ2とカサゴ1

昨晩は釣れ過ぎることばかりが気になって、
ネット上のアジを使ったレシピを検索しながら
フムフムと料理候補を挙げたり、
保存方法を考えたりに余念がなかった。

今頃はきっとヨメサンは
ツマ類を揃えてお待ちかねであろう。

午前中は釣れはしないものの
魚影はあったが、
このころになると海底も砂漠状態になって来た。

伊東のカイワリと同様に、ここのアジも
彼らにとって調子がいい時には
コマセは食っても決して針の付いた
餌やウイリーには飛びついてこないようだ。
(そうでなくっちゃ釣りは面白くないことは
サバやフグ野郎で証明済み)

ふんだんにばら撒かれたコマセで
腹いっぱいになったのか、

アジはさっさと
どこかに移動してしまったに違いない。

五目漁師はとうとうしびれをきらせて
弟に声を掛けて
一緒に場所移動することにした。

今日はどこかの小学校か中学校であろうかが
水泳(遠泳?)の訓練をやっているらしく
遠くからみていると
周囲を拡声器で声を掛ける船で固められて
赤クラゲが浮かんでいるように
集団で左右、前後にゆっくりと移動している。

流れもきついし、濁りもきつい。
どうせなら福浦や伊東の
素晴らしい海でやらせてあげたい。

ご苦労さんに思いながら
武山方面への移動も考えたが
そんな中を突っ切るわけにもいかず
岸側沿いに第2排水溝前を目指すことにした。

潮が北西方向に結構速いので
なかなか進まず
移動に30分以上もかかってしまう。

さすがに岸近くで根が多いせいか
コマセを撒く前から何かは分からないが
海底も中層も賑やかだ。

しばらくして、弟にアジ、続けて2連掛け。
五億漁師にもやっと
欲しかった中アジが掛かってくれる。
と言っても渋いには渋く
入れ食い状態というわけにはいかない。

残念だがもう時間も迫ってきているので
一体60匹って何のこと? 状態で沖上がり。

お楽しみのタイラバとジグは
タックルバッグの底から
出てくることはなかった。

で、今日の貧果はこれ。
Cas203013s

サバは5尾ほど釣ったが今回は全て放流。
弟は、後半の粘りでアジ11
(サバもお持ち帰り)。

貴重なアジは
大アジとカサゴの釣った日刺身とマリネに。
Cas203020s

Cas203032s

次の日にアジの酢締め寿司。
Cas203049s


やれやれ、量的にはこれくらいが丁度よい。

 

いよいよ梅雨明けですかね。
今年はやっと寒さが緩んだ時期にコロナ
コロナ明けかと思ったらまたコロナ
梅雨が明けたところで真夏の海は暑さとの戦い。
この時期は釣り物探しに一苦労です。
何かいい釣り物はありませんかね。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

にほんブログ村

 

 

2020年7月14日 (火)

皆さんと違って五目漁師は忙しい

 

 

昨日(713日)は
伊東(オーシャン釣具)に釣行。

梅雨とはいえこうも雨が多いのは
一体どうなっているんだ!
とお天道様に文句を言いたくなってくる。

多いだけではない、
明明後日、いや明後日には
曇りかうまくいけば晴れ間も見えそうだ
との予報が時間と共に
どんどん傘マークに塗り替えられ、
“明日はまた一日中雨” になってしまう。

なんとか雨を止めたいという
気象庁の思いも結果的には
裏切られっぱなしではないかと
気をまわしてしまうほどだ。

低気圧や普通の前線なら
何れ西から東に移動していく。

移動の速さの予測に多少の誤差はあっても
最近の予報技術は大したものだと感心している。

しかし、梅雨(停滞)前線の場合は
東西方向にはじっと留まって、
その場で南北に移動するだけなので
南北の移動位置が少し狂ってしまうと
天気ががらっと変わってしまう。

で、難しいのだろうな、
と日本列島の北側で
ゴロゴロと小さい低気圧が寄ってたかって
南側の太平洋高気圧と勝負している
天気図を見ながら
あてにならない予報にくぎ付けの五目漁師。

お仕事のある皆さんなら、
基本土日(または休日)の天気だけを
気にしておけばよい。

しかし、“私暇なんで” 
いつでも釣りに行ける五目漁師は
そんなわけにはいかず、
毎日毎日、毎時毎時
休みなく予報をチェックしている。
忙しい!

今度こそはと信じていた予報が
またまた、前日になって
昼から雨に変ってしまった。

雨が嫌いな五目漁師ももう我慢ができない。
カッパ持参で出ることにする。

当初は面倒なコマセ釣りは止めて
タイラバとジギングンで
沖流しだけにしようと考えていたが、
前日の釣果からカイワリも期待できるよ
とのオヤジさんのアドバイスで
少しだけカイワリも狙ってみることにする。

予報通りいつ雨が来てもおかしくない空模様。
Dsxp205369s

先ずは、
カイワリ狙いのコマセ釣りからスタートする。

すると、久しぶりの一投目マジックで
マハタの幼魚。
Dsxp205371s

幸先良しと思ったものの、
次からはデカサバ。

始末が悪いことに、風も潮流もないために
ボートの下に漂っているアンカーロープに
巻きついてしまう。

5連荘のデカサバダッシュで
30分足らずで諦めて沖に向かう。

-42m、魚探に映った魚影が気になり
早速タイラバを落とす。

すると、その2回目のリトリーブだった。
手持ちの竿がいきなりガツン!
とボートのガンネル部に叩きつけられ、
一瞬ジジッとドラグが回転したが掛からず。

オーッ、何だったのだろう、びっくりした。

今日は期待できるぞと思ったが、
結果的には、
大物らしきあたりはこれが最初で最後だった。

一体あれはなんだったんだろう、
余韻を残しながら-45mラインを
マリンタウン側に向かって
ジグザグに流して行く。

さすがにこの雨続きで
伊東にしては珍しく海水が濁っている。

最初は大丈夫かなと思っていた濁りの心配も
先の一発で吹き飛んでいるが、
それ以降アタリは殆どない。

最初に掛かったのはジグにイトヨリ。
Dsxp205373s

11時前になってやっとそれなりのアタリで
上がってきたのは久しぶりのオニカサゴ。
Dsxp205375s

やれやれこれで一安心。

実は、この前後からサバの猛攻が
この沖流しでも始まっている。

底でもサバ、中層でもサバ、
ルアーの回収まで気が気でない
サバサバの猛攻だ。

撒き餌もしていないのに
落とせばどこでもサバって、
一体どんだけ居るの?!!

で、これは、前記事のタンチョウの舞いに引き続き
伊東らしいサバの舞い♬
Dsxp205385s

Dsxp205384s


Dsxp205383s


Dsxp205382s 

ジグに掛かったサバの針外しは
テールのフックがイカリ針の場合には
特に気をつけないと自分の指を釣りかねない。

無事に外した後は
五目漁師流に憎しみを込めて
少しだけ懲らしめて帰してあげる。

今日はタイラバとジグを交互に入れているが
圧倒的にジグに掛かってくる方が多い。
特にサバは全てがジグ、
タイラバには一匹も掛かることがなかった。

昼前になると、無風、無潮流
(正確には海上のボートが流れる速さと
海底のルアーが流れる速さとの差がなくなる)
になってしまう。

これが手漕ぎボートの一番のタイラバネックで、
こうなるともう釣りにならない。

少し雨も降り始めてきたが、
コマセも殆ど使わずに余っているので
もう一度
正面沖でカイワリを狙ってみることにする。

すると、一投目マジックでカイワリの幼魚。
しかし、その後はどうしたことだろう、
これを最後にサバのアタリさえもなく
餌も全くなくならなくなってしまった。

しとしと雨、無風で
海面はフラットで波紋すらない。

いつもはもう少し、もう少しと
結局、沖上がりが最後になってしまう五目漁師も
こんな状況ではなんとなくファイトも湧かず
珍しく早あがりになってしまった。

で、今日の釣果はこれ。
Cas202981s


疲れたので、釣った日刺身は後回しにして、

本当に飽きもせずよくやるjなと思うパエリア。
Cas202989s

これ簡単で、飽きないうまさ。

あり合わせのものを使ったので、

サフランにパプリカにレモンと全て黄色で

見栄えは良くないが

小さい鯛が釣れた時のお薦め品だ。

 

そして、次の日にオニカサゴをメインにした刺身
Cas202994s 

イトヨリのエスニック蒸し
Cas203000s

オニカサゴのカマとムシガレイの唐揚げ
Cas203008s

 

ついでに、これは冷凍保存していた

真鯛のソテートマトソース
Cimg2976s

 

伊東の魚にとっても久しぶりの天からのご馳走
真鯛やハタが飛びついてくれるのではと
期待していましたが、元気なのはサバだけでした。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2020年7月 6日 (月)

釣りに行けないので

 

 

コロナが終わっていないのに今度は雨の猛威。
またもや九州が酷いことになっているが
負けずになんとか頑張って欲しい
としか言いようがない。

釣りに行けないくらいで
グチャグチャ言うんじゃないよ!
と自分に言い聞かせる五目漁師。

それにしてもよく降り、よく吹くもんだ。
今週いっぱいはずっとずっと
これでもかというほど雨と風が続く予報だ。

これだけ降り続くと海の様子も変わるだろうし
釣り場の情報も途絶えてしまうので
この後の釣り場の選定にも困ってしまうだろう。

コロナ禍で外出自粛、雨で自宅待機、
おかげ様で
普段からその内にやりたいと思っていた
撮り溜めた写真整理が随分と進んだ。

毎年冬になると行っていた北海道の撮影旅行も
今年はとうとう行けなかった。

行けば行ったで
2人で45000枚近くも撮影して帰るので
未整理写真は溜まる一方だったが、
これは正にコロナ効果だ。

折角整理したので
整理の中で生き残った写真を
さらっと眺め直してみることにした。

一度の旅行で5000枚もあれば
さらっとというわけにはいかないが、
今や500枚になってしまったから
それができる。


冬のタンチョウ撮影の中で
五目漁師が一番好きなタンチョウのダンス。
1ims195057ts 

2ims195051ts

タンゴの名曲でも流してやりたくなってくる。

冬場のタンチョウは
普段は塒から給餌場の間を
低空飛行するだけだが
この時は風が良かったせいで
頭上の青空を高く優雅に舞ってくれた。
3dsn199779s

3adsn19a0017s

いつもはあわや電線にひっかかりそうなのに
こんなに高く飛べるじゃないの。


冬の北海道を旅行するまでは
こんな写真が
素人に撮れるとは思ってもいなかったが
オオワシのこれも給餌場ではあるが餌の争奪戦
4dsn197436ts

羽を広げると2mを越えるオオワシの姿は
見ごたえがある。
5ims194219ts


雪の中、凍結した湖面を渡るエゾシカの群れ。
6ims193882s

鹿はこのように
小鹿連れの雌の群れと雄の群れが
別々に行動する。

そのころ雄はこんなところで戦っている。
7dsn196532ts

始めはびっくりしたが、ずっと見ていると
どうやら本気ではなさそうだ。


初めて撮ったエゾフクロウ。
1羽でなんだか寂しそう。
8ims196139s

次の日、折角父ちゃんが帰ってきたのに
むくれているご様子。
9dsn19a0293s


昨年は冬に引き続き9月にも出掛けた。

雪一色の冬と違って
北海道らしい広々とした色鮮やかな景色が綺麗
10dsn192041s

11dsn192209s 

12ims198702s 

13ims198870s_20200707090001


冬に見せてくれたあのタンチョウダンスは
求愛活動と言われているが、
めでたく求愛が実ると
通常2羽のひなが孵る。

しかし、他の動物に狙われたりするために
2羽が揃って無事に育つのは10%程度
と言われている。

そのひなが9月にはもうここまで育っている。
13ims198383s

この年の冬には
タンチョウダンスを脇で見物したり、
撮影には邪魔になるが
横から茶々を入れたりするところまでになる。

勿論、大空を舞う時も一緒だ
(3枚目の写真の右下のように)


カムチャッカやシベリア方面から飛来していた
オオワシはもちろんこの時期には居ない。


エゾジカは釧路湿原を駆け回るが
やっぱり父親不在は変わらない。
14ims198551s

そして、あの巣穴に行ってみると
フクロウは居ない。
15dsn191675s


冬になったらまた戻ってくるのだろうか?


さて、ついでに、料理の残り写真。

冷凍していた前々回の伊東の
真鯛ソテ-のバルサミコソース、
Cimg2952s

真鯛と焼き野菜のスープ煮、
Cimg2955s

大津の焼きサバ寿司。
Cas202957s

 

 

梅雨とはいえ、
ここまで隙間なしの雨も本当に珍しいですね。
次の釣りはいつになることやら、先が見えません。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »