フォト
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

集活-付録(自慢にならない自慢)

 

 

緊急非常事態宣言が解除されたものの、
県またぎの移動の自粛要請は残っている。

けじめという観点で理解はできるが
県またぎとそうでない移動の
感染に対する影響ってどうなの?

正しい移動、行動を保ちながらの
手漕ぎボート釣りは
またごうが、またごまいが
スーパーの買い物よりは
よほど危険は及ぼさないし
自らも安全だと思うんだがなぁ。

それに東伊豆のボート屋さんのお客って
ほとんどが県外じゃないの、
これじゃやっぱりお客は来ないよなぁ

と言い訳をしながら五目漁師も
外出自粛要請されたこの約2か月間
全く釣りに行っていないわけではない。

緊急事態宣言が解除された先日は
オヤジさんの顔も見たくなったし
県またぎになる伊東にも足を延ばした。

今は来ないでください!
終わったらまた来てください!
の看板を見ながらまたぐのは
先の言い訳をしながらとはいえ
気持ちの良いものではない。

コロナ禍のために一つだけ良いことがある。
さすがに釣行の記事は控えているので
行ったはいいが釣れなかったボ記事のために
時間を費やさなくてもよいことだ。

さて、そんなわけで(たけさん風)
前回で終わった集活記事のおまけ版として
自慢できない自慢話を
あれやこれやまとめてみた。

その1:自慢にならない大物バラシなど
逃がした魚は大きいということわざがある。
手に入れかけて逃がしたもの(魚)は
実際より大きく思って悔しがる
という意味で、
60cmであろうが70cmであろうが
いつも両手を広げて
これくらいはあったと表現する
釣り師的な乗りを揶揄しているようにも思える。

ただ、釣り師としての経験から
言わせてもらえば、
逃がしたから大きく思ってしまうのではなく、
本当に大きかったから逃られた
というのが正しいと思っている。
(うーん、これじゃことわざにはならないな)

大物を逃がした経験は
釣り師なら幾度となくあると思うが
皆さんどうだろうか。

伊東のあの時のあれはとか、
福浦のあの時のあいつはとか
五目漁師にも未だに忘れられない
大物逃がしの記憶がいくつかある。

まだ姿を見もしなかった魚なので
それこそ両手を広げて
これくらいはあっただろうと
言いたくなってくる。

しかし、中には姿は見ずとも
大物の証拠を残して逃げたやつもいる。

伊東で釣りを始めたころに
こんなことがあった。

来たーっ! フッ、やられた。
しばらくして、
また来たーっ! フッ、またやられた。

その時の2本の針がこれ。
1dscp125665ss
左2つが折られたチヌ針4号、ハリスはフロロカーボン4号。
右は折れていないチヌ針4

ガツンの直後に厳しい引き込みがあり、
あっという間に見事に折られてしまった。

早かったので青物だったのかマダイだったのか
それとも別の魚だったのか見当すらつかない。

大物を引き上げる中で
次第に針を延ばされることはよくあるが
立て続けに折られてしまったのは
これが最初で最後、というかこれ以降、
4号ハリスで仕掛けを作る時には
チヌ針4号に代えて
軸の太いカットグレ針の9号か10号を
使うことにしている。

別の時、
泳がせに大物(多分ヒラメだと思う)が
掛かったが竿掛けのトラブルで
合わせが遅れてしまったために
どうやらアジをずっぽりと
飲み込まれてしまった。

これも股股、いや違うまたまた
両手を広げたくなる大物であったが、
あと15mというところでバラし、
孫のイカリ針を切られて
ざらざらになった8号ハリスが上がってきた。
2dsxp162813s

余りの悔しさに
次から泳がせはワイヤーハリスで臨む。

そして後日、
仇をとったかの様に思ったときだった。

さあ、噛み切れるものなら切ってみろ!
と既に勝ち誇っていたが再度のバラシ。

今度はワイヤーをかしめている
スリーブ部のすっぽ抜けだ。
35canvas


46cas169865s

もうへたり込むしかなかった。

勿論、ワイロン#41s
(ワイヤーにビニールを被せたもの)は
今までにさんざん使ってきている。

こんなものが抜けるか!? と思いながら
自宅でいくつか作って試してみたところ
同程度の裸ワイヤー39/7に比べると
たまにビニールとワイヤーが剥離して
スッポ抜けてしまうことが分かった。
4acas202718s

以後はスリーブを単管のものから
ダルマスリーブ替えた上で
スリーブを2連にして締めるか、
少し硬めになるが裸ワイヤーを使うことにしている。

さて、大物と言えば魚だけではない。
五目漁師は今までに4本も釣り竿を釣っている。

その内の一本は自分が落とした竿を
直後に-40mの海底から釣り上げたもの。

落とした直後の竿なら
仕掛けや道糸が海中を漂っているために
直ぐに掛けにいけば比較的に簡単に
釣り上げることができる。

これは、伊東で釣り上げた別の竿。
5dsxp162523s

やはり海底近くを一部が漂っていたようだ。
なんとサバ、ビシ、そして道糸を手繰っていくと
竿という順序で上がってきた。
Dsxp162522s

生きたサバが付いていたので
落としてから時間はそんなにたっていないようだ。

オーシャンのオヤジさんにでも預けておこう
と記念写真を撮っていると
先ほどすれ違って挨拶を交わした
お兄さんのボートがやってきて、
今竿を釣られませんでしたか?と聞かれ、
無事に落とし主の元に戻る。

そして一番の大物はこれだ。
6splg140068s

先の竿と違ってこれはかなり長い間
海底に横たわっていたのであろう。

びっしりと細かい貝や泥が付き、
竿には違いないがもうごみ同然の姿だ。

海に戻そうと思ったが念のために
一部の貝を落として確認すると
微かにDAIWAの文字が読み取れる。
どうやらそれなりの竿のようだ。

自宅に持ち帰って
今度は興味津々もう少し貝を落としていくと
なんと正体はあの極鋭
(メタルトップ、AGS)ではないか。

ダイワの竿の中でも
一番高価な部類に入る竿
であることくらいは知っていたので
使えるかどうかは別として
取りあえず拾ったところに近い
釣り具屋さん2軒に連絡した。

落としてからかなり日がたっているので
落とし主が見つかるのはもう難しいだろうな
と思いながら一週間ほどかけて
ぴっかぴっかにする。
7dsn149069s

爪で一つ一つ付着した貝を落としたために
指先が痺れてしまった。

結局、その後落とし主は見つからず
何度か使わせていただいて今に至っている。
(時効はありませんので
持ち主が見つかればお返しします。
ご連絡を下さい。)

その2:自慢にならない小物 
さて、大物逃がしの記憶は忘れられないが、
こんな小物も確保している。
8pfx130175ss

78cm程度のカワハギを
ペンダントサイズというが
これは正にイアリングサイズ。

当時ご自宅で海水の水槽を持たれていた
のりべんさんか芋焼酎さんに差し上げれば
喜ばれるだろうなと思いつつ帰っていただく。

そしてこれは
マダイやカイワリの口の中に張り付いている
おなじみのあいつ(タイノエ)。
9dscp126329s

宿主にとってはキモかわゆい厄介者ではあるが
こいつのお陰でこの時には助かった魚がいる。

その3:自慢にならない珍魚 
今までに釣った珍しい魚なら先ずはこいつだ。
10img00140s

オニカサゴ狙いの川奈の流し釣りで
-70m辺りで釣った初めて見る魚。

その日は既におかず分くらいは釣っていたし
顔が怖かったのでリリースしようとしたが
取りあえず持ち帰って調べてみると、
どうやらヨロイイタチウオという魚らしい。

なるほど顔が怖いだけあって名前も怖い。

ところが滅多に市場に出回ることはない
超がつく高級魚ともあったので
顔のことは忘れて美味しくいただいた。
11cas131561s
さすがに姿釣りは遠慮したが

これは福浦で昨年釣ったエビスダイ。
12cas199177s

なんとまるでガラスのような鱗は
出刃包丁では全く歯が立たない。

仕方がないのでニッパーで一枚ずつ引き抜いた。
13cas199217s

これは針掛かりした後で
住処に逃げ込んだのであろうか。
大関の瓶に収まっていた川奈のタコ。
14130505_115659as

クーラーボックスを開けてびっくり。
15splg140281s

福浦で釣ったスミイカと一緒に入れていた
この黒い魚の正体はカワハギ。

釣るのは難しいが簡単に掬えてしまう
ウスバカハギ(失礼ウスバハギ)
16dsxp194920s

結構大きい(50cm弱)ので1尾掬えば十分と思って
コマセを少し巻いて船べりに寄ってきたところを
玉網で掬おうとしたら2尾も入ってしまった。

群れているのでいくらでも掬えるが
市場で売られると結構お高い魚。
17img01147ss

さて、この類の話はまだまだありそうだが
少し長くなってしまったのでここまでにしておこう。

そろそろ次回あたりから
釣りの記事に戻りたいと思っている。



さて、どこに行きますかね。
福浦のムギイカは調子が良くないようですし
伊東は先日ボを食らったし
久し振りに大津でアジから泳がせ
駄目ならタイラバというのも面白そうですね。

そうそうオオモリボートではヒラメが上がっていますが
駐車場が閉まったままでは無理ですね。

*本記事を書き終えた直後に1通のメールが、

記事にコメント下さる方が昨日福浦で73cmの真鯛を釣ったと。
五目漁師もあそこでやったんだけどなぁ。
もう一度福浦もありそうです。(5月31日10時56分追加)

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2020年5月15日 (金)

集活-その6(青物自慢)

   

 

コロナ騒ぎでおとなしくしている間に
もう夏の陽気になってしまった。

こんなはずではなかったが、
釣り記事の合間に挟もうと思って始めた集活も
いよいよ今回の青物自慢で
もうネタ切れになってしまう。

さて、手漕ぎボートの対象になる青物と言えば
ブリサイズを含んだワラサ、
カンパチ(ショゴ)、ヒラマサといったところだが
カンパチは
せいぜい40cm前後のシヨッコサイズ
1151020dscf2005s_20200515085401

2141010cas149346ss_20200515085401
30cmクラスなら数釣りしたことも

ヒラマサは昨年、エンジン艇で出た
五目漁師の故郷、舞鶴の沖合で
初めて小型のサイズを釣ったが
手漕ぎボートでは未だ釣ったことはない。
3dsxp194725as


我が家ではワラサは持ち帰っても
ヨメサンは食べないし、
五目漁師自身も刺身なら45切れで十分なので
決して狙って釣る魚ではない。

どちらかというと
泳がせによるヒラメ狙いや
タイラバによる真鯛狙いの外道として
釣れてしまう魚であるが、
掛かった時の走りっぷりは
ヒラメや真鯛の比ではない。

泳がせの場合には道糸、ハリス共に太い
PE3号又は4号、ハリス58号)ために
強引に(23分ほどで)巻き上げてしまうが
タイラバ(PE1号、リーダー4号)の場合には
そうはいかない。

川奈で
初めてタイラバで掛けた80cm超えの時は
慎重だったせいもあるが
恐らく40分程もかかったと覚えている。
4img_2798bb_20200515085401

同じく川奈の水深70mの底で掛けたワラサは
やっと上がった時には
ボートが流されたのかワラサに曳かれたのか
水深は40m弱になっていた。
160122dsxp162213as

福浦の80cm超えは遠くの方で海面に浮き
何度も何度もジャンプし、
これも手こずらせてくれた。
6dsxp183808s_20200515085401

伊東のマリンタウン沖で掛けた80cm超えは
周りに何もないので
安心して引きを楽しんでいる間に
ボートが曳かれて
なんとアジポイントまで流されていた。
7dsxp183850s_20200515085401 

力いっぱい巻いているようで
実はハリス切れがないように手加減している。
これが返って
腕をパンパンに疲れさせてしまう。

遊漁船で釣る(釣ったことはないが)
大物と違って
手漕ぎボートでは周囲にからむものがないので
存分に青物の引きと
切れてくれるなというスリルを
楽しむことができる。

今までに釣り上げた
ブリクラスを含むワラサの釣果を
表にまとめてみた。

年/月 場所 サイズ
(cm)
釣り方 写真
15/08 川奈 81 タイラバ 4a150831dsxp151825s
16/01 伊東 73 泳がせ 8adsxp162196s
16/01 川奈 72 タイラバ 9a160122cas165889s
16/04 伊東 62 泳がせ 10adsxp162320s
16/04 川奈 72 タイラバ 5dsxp162396s
17/11 大津 66 泳がせ 12adsxp173563s
18/05 福浦 83 タイラバ 6a180529cas187088s
18/06 伊東 85 タイラバ 7as
19/09 福浦 63 タイラバ 13a190925dsxp194869s
19/12 大津 64 泳がせ 14a191216dsxp195090s
19/12 大津 67 泳がせ 14a191216edsxp195093s




昨年は身辺で50cm超えのショゴの話を
何件か聞いた。

同じ青物でもカンパチなら
持ち帰ってなんとか消費できる魚なので
今年は是非狙ってみたい。
Cas14a0640ss_20200515110601
 

さて、暇にまかせて始めた集活であったが、
未整理のまま
大量にあった写真の整理はできたし、
元々自分記録で始めたブログ上で
釣果の整理もできたので
やってよかったと思っている。

こうして並べてみると
どれがどの時だったかは
記憶が定かではないが、
周りの景色、
獲物を早く確かめたいと
はやる気持ちの中で
ぼんやりとやがて見えてくる魚体の影、
そして玉網どりの瞬間など
あの時のシーンや手首や腕の感触が
断片的ではあるが蘇ってくる。




先の記事でも書きましたが、
五目漁師個人としては表現の仕方に違和感があるものの
来ないで下さいと懇願される中で出かけたところで
なにも楽しくはないので
県界をまたぐのはもう少し辛抱しようと思っていますが
福浦辺りに正しく出かけてみようと思っています。
マルイカでもやってみますかね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村  

2020年5月 7日 (木)

集活-その5(ヒラメ自慢)

 

 

緊急事態宣言が
5月末まで延長されることになった。

どうかうつさないで下さい! 
だったら納得できるが、

どうか来ないで下さい! 
には納得できない五目漁師。 

ただ、TVに顔出しの(他県)知事自らに
どうか来ないで下さい! 
とまでお願いされているのに、それを押して
わざわざ県外から行くほどのことでもない
と思っている。

で、気持ちよくホームの伊東で
釣りを楽しむためには
もう少し時間が掛かりそうだ。

おかげさまで、この間を利用して
長年放ったらかしにしていた
釣果や釣り魚料理の写真の整理はやったし、
1cas202636s

こびりついた汚れを落としたり
ベアリングを交換したりして
リールは見違えるように良くなったし、
2cas202592s


3cimg2648s

久しぶりに包丁も研いだ。
4cas202574s

タイラバは高価なラバー部を自作して
フグ野郎に狙われても
彼らにたらふく食わせてやれるだけの
量を準備中。
5cimg2653s

そこで、どんどんと続いてしまうが
今回は集活-その5(ヒラメ自慢)でも
やってみよう。

ソゲと呼ばれる小振りのヒラメは
福浦のアマダイ釣りなどで
間違って何度か釣っていたが
5adscp126509s

ヒラメ狙いと称して
泳がせ釣りでヒラメを釣ったのは
どうやらこれが最初だった様だ。
6121021dscp126092s

この時の狙いは元々はアジ。
結局、それなりのアジは釣れなかったが
サビキで次々に釣れる小アジ釣りが面白くて
止められなくなってしまい、
その傍らで出した泳がせ竿に
ヒラメが掛かってくれた。

以来、味を占めて
泳がせ釣りを本格的に始めるが
なんとこの後は3連続バラシ。

今でも忘れられないのは大津でのバラシ。

初めて目の前にする大物ヒラメで
うろたえてしまい
玉網の枠にまたいで乗せてしまった
ヒラメに跳ねられ、
上着が濡れるほどの水しぶきを掛けられた上に
捕り逃がしてしまった。

その後も途中バラシの(多分)ヒラメ、
更に、一旦は見えたヒラメをバラしてしまう。
(バラした時の写真が欲しいが、
そんなのあるはずがないはなぁ)

しかし、今度は

151228日、
7151228dscf2151s

翌年13日、
8160103dsxp162172s

19
9160109dsxp162192s

と釣行毎に3連続でヒラメを釣った。

最近はご無沙汰しているが
ヒラメの釣果を表にしてみた。


年/月 場所 サイズ
(cm)
釣り方 写真
12/10 川奈 46 泳がせ釣り 10121021dscp126102s_20200507221001
15/12 伊東 62 泳がせ釣り 11151228cas155576s_20200507221001
16/01 伊東 50 泳がせ釣り 12160103cas165723s_20200507221101
16/01 伊東 47 泳がせ釣り 13160109img00824s_20200507221001
16/04 伊東 49 泳がせ釣り 14cas166634s_20200507221101
16/07 伊東 67 泳がせ釣り 15160701cas167440s_20200507221101
16/11 伊東 53 泳がせ釣り 16161104cas169547s_20200507221001
17/06 葉山 45 泳がせ釣り 17170615cas173033s_20200507221001


泳がせ釣りにはなんと言っても
嬉しい外道がつきものだ。

特に、多いのはマトウダイ、
それにハタやワラサ、マゴチもある。

ヒラメ(腹側の白)、
ワラサ(發)、
真鯛(中)を
一気にそろえる釣りを
大三元の役満釣りと称するらしいが、
こんなこともあった。

13160109img00824s

14cas166634s 

何れもマダイがチャリコなので
残念ながら小三元といったところであろうか。

体形からすると
もっと引きが強くてもよいと思うが
ヒラメの引きはそんなに強くはない。

しかし、水際での暴れようは油断ができない。

真鯛も、そしてワラサでさえも
最後はおとなしくなってしまうが
ヒラメは水際でここ一番の元気を発揮する。

海面から船べりまでが高く
しかも玉網取りをを手伝ってもらう
遊漁船とは違って
手繰りながらの玉網どりは
最後の難関だ。

先の3連続バラシを大いに反省し
ヒラメの泳がせ釣りについて
五目漁師なりにまとめてみたことがある。

今から、手漕ぎボートで
ヒラメを釣ろうと考えている釣り師には
参考にしていただければと思っている。

 

今日は多くの県で緊急事態宣言が解除されたようですね。
そろそろ3密を避けて(密着しようもありませんが)
魚の顔が見たいのと、新鮮な刺身を食べたくなってきました。
待機している間に季節も良くなってきましたし
タイラバでヒラメでも狙ってみたいです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »