フォト
無料ブログはココログ

« 集活-その2(カイワリ自慢) | トップページ | 集活-その3(イカ自慢) »

2020年4月16日 (木)

まだまだ静かな福浦の海

 

 

414日は福浦(エトボート)に釣行。

どうしてこんなことになってしまったのだろうか。

珍しくもないが
コロナとは無縁のこんな空を見るだけでほっとする。
1dsxp205285as

今日の客は五目漁師が唯一だったが
5時前に駐車場まで迎えに来てくれて
あの坂道を私のために2往復。

80歳と70歳では
うつしても、うつされてもただでは済まない。

元々、長々と話し込む方ではないが
元気そうな笑顔が見られてよかった。

で、今日は記事も簡単に。

狙いはタイラバ真鯛であったが無風。
これでは
ガンつけた周りを広く探る流し釣りは
無理なので、
狙い一発のカサゴ釣りに変更する。

先ずは昨年オニカサゴを大釣りした
-100mに向かう。

底から20m棚にかけて
コマセ釣りでもやってみたくなるほど
魚影は濃いが
タイラバにもジグにもアタリはない。

実は、知った方から他の場所ではあるが
-100mでキンメやムツ、メダイが
釣れていると聞いたので
期待したがそうはいかなかった。

結局、1時間ほどで諦めて
定置回りに移動してタイラバを落とすと
直ぐにアタリ。

いつもは普通のカサゴかウッカリンが多いのに
掛かってくるのはもっと深場に多い
アヤメカサゴ(27cm他)
ばかりだ。

そしてこれもここでは珍しい良型のアオハタ。
(39cm)
2dsxp205272s

やはりいつもとは違う。

しかし、アタリは直ぐに止まってしまう。
釣れたのは8時頃までだった。

11時頃になって
やっと南の風が少し吹き始めたので-
70
m前後を流すが
2度ほどコツンがあったのみで
12時に沖上がり。

で、今日の釣果はこれ。
3cas202528s

掛かった時のスリル感はないが
食べて美味しいハタと赤い魚。

そのハタとカサゴの釣った日刺身。
4cas202543s

庭の木の芽が採りごろなので
残りのカサゴは煮つけに。
5cas202553s

次の日はハタの握り。
6cas202563s




春の出足が遅いのか、タイラバが嫌われているのか、

狙いの魚ではないのでいいのですが、
いるはずのホウボウもイトヨリもアマダイも遊んでくれないですね。
水温は16.7℃でした。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 集活-その2(カイワリ自慢) | トップページ | 集活-その3(イカ自慢) »

<!ー020福浦釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

 青空の海の風景 いいね~^^
コロナの影響で船宿が休業の所もあるし
他県ナンバーの車を煙たがる雰囲気があるので
埼玉の山奥からは行き辛くなりましたよ
釣った魚がたべたいなぁ・・・

マリン・ブルーさん、こんにちは。

先日も福浦から帰り、逆方向(下田方面)は
他県ナンバーの車の行列でしたよ。
自宅でじっとしているのも苦しくなってきて
海の景色でも見ながらのドライブでしょうか。
ガソリンも安くなっていますしね。

多くの車が運転席も助手席も二人マスクで
夫婦間もカップル間も信頼よりもコロナの怖さが勝ってるようです。

自宅待機要請や店舗の休業が相次ぐ半面、公園や海岸が大賑わいだったりして、
なんだかちぐはぐな日本列島という感じでしたが、
ここに来て本格的な自粛ムードがついに勝ってきた感じがします。
いくら3蜜とは無縁なボート遊びと言えど、世間の風当たりに負けてボート屋が休業したり、
普段使っているゲレンデが封鎖されては、釣り師は手も足も出ません。
千葉県では海水浴場や港の堤防が次々閉鎖されています。
人と接してしまうほどの大賑わいな釣り場なら、それもわからなくもありませんが…。
マスクは防御に関してはさほど意味がなく、自分が感染している場合に人に感染させないのが最大のメリットですが、
ほとんど人がいない散歩道や不人気な公園で、しっかりマスクしている人が多いのは、
「マスクしていないと他人に睨まれる」というような先入観の成せる業でしょう。
スーパーなどの屋内ではマスクをして、人が少ない屋外はマスク無しで良いと思うのですけど。
それにしてもいつまでこの状態が続くのか…。
感染を後ろ倒しにしている今の日本の戦略では、
最低1年、下手をしたら2~3年はこのままかもしれないと思ってしまいます。
平日も休日も家にいて、変なストレスが徐々に溜まるのはなんだか嫌ですよね。
そんな時こそ、3蜜と無縁のミニボート釣りが最高なんですけど、難しい世の中です。

おはようございます
毎年釣りをしていて思うのですが
この時期が魚に取ってのゴールデンウイークのような気がします
この後一潮ごとに変わってくると思いますが
このコロナウイルスには参りました
海も山もいつでも行けるように準備をしていましたが
観音崎駐車場閉鎖や奥多摩日原街道通行禁止、これは昨年から続いていますが
また、一人では電車の為、クーラー引きずっては難しく
八方ふさがりですね
とりあえず5月連休明けを期待したいです

こんにちは。

五目漁師さんの更に遡ること数日前、アマダイほぼ一択での釣行に参りましたが散々でした。朝一番は定置網周りでジグをやりましたが未熟者ゆえお魚さんの反応は得られませんでした。勝手に仇を取っていただいた気分になっております。

私もボート釣りだし最小限の接触ならば濃厚接触とはならないだろうと思っておりましたが、昨日鹿児島の五島列島で出た新型コロナ感染者は何と、釣船に同船していた方が感染源の可能性が高いとのこと。乗る前の待合中や釣行時に悪天候で船室に入ったりした際の感染ではないかと思いたいのですが詳細はわかりません。全く大変な世の中になりました。しかし釣りは娯楽で必要なものではないからと釣り人が釣りをしなかったらそれを生業にされている方はどうなるのでしょうか。何か対策はないものでしょうかね。

ぐっちゃん、こんにちは。

この場合はどうの、あの場合はこうのとそれぞれの判断に任せずに
ある意味、有無を言わせずこうしろというわかりやすい状況にしてしまったのが
この宣言ということなのでしょうね。
さすがに仕方ないという感じになってしまいます。

ただ、この状態での長期戦はあり得ないですから、
その覚悟をするにあたってはもう一段階、区分の整理をする必要があるのでしょうね。
毎月訳の分からない10万円支給するわけにはいかないですからね。

私が知るボート屋さんや駐車場も
いよいよ休業や閉鎖が始まったようです。

今日はこの雨で良かったと思ってみたり、鬱陶しく暗い気分になったりで
気持が動揺していますが、静かにすれば済む私でさえこれですから
会社勤めやお店をやっているほとんどの方たちの心配は
こんなもんじゃないですよね。

まさか釣りブログのコメント欄がこんなふうになるとは思ってもいませんでした。

趣味人たけさん、こんにちは。

1月、2月は平年に比べると水温が2度近くも高く
これは釣り師にとっては面白い年になるかなと思っていたのですが
3月、4月に入って帳尻が合ってきたようです。
おっしゃる通り本格的に活気づくのは5月待ちになりそうです。

参りましたね。
ここまで来ると3密に無縁だからとも言えず
実質はともかくとして周囲の眼も気になってしまいます。
今年は待つものが平和だったいつもと違ってしまいました。

まっくさん、こんにちは。

カサゴとはいえ、時合いには敏感なようで
私の場合はたまたま沖から戻ったタイミングが良かったようです。
直ぐに釣れなくなりました。

実質的には完璧と言えるほど感染機会がない手漕ぎと違って
遊漁船は危ないですね。
ただ、残念ながら、機会があるとかないとかの判断で決められる状況ではなくなってきていますね。
ナンバープレートを隠して走るわけにもいかず
すれ違う度に一々説明するわけにもいかず、
ここは一旦は静かにしようかなと思っています。

良いアオハタですね。
「80歳と70歳では
うつしても、うつされてもただでは済まない。」

そこまで思っていても釣りに行ってしまう。
気持ちは分かりますが、手を上げて賛成することは、流石に出来ない状況と思います。
濃厚接触には陽性者が触ったものに触る可能性も含まれるかと思います。

自分が陽性で無いと言い切れる自信は私には無いので自重してます。
あと、2週間で感染者数が下がるか?
非常事態宣言の効果が出るかで、長引くか分かりますね?

酸素吸入器を付けている方の乗る車に乗るは、暫くは我慢したいと思います。

APさん、こんばんは。

難しい世の中になりましたね。
緊急事態宣言下外出自粛要請が出る中で
私も含め皆さん如何に行動すべきがそれぞれの状況の中で
悩んでいると思います。
私など静かにさえすれば仕事が止まるわけでも収入が減るわけでもなく
恵まれた環境にあると思っています。
先が見えないだけに次第に気落ちに余裕もなくなってきますし
世の中がこれ以上がたがたしない内に何とか終息に向かうことを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 集活-その2(カイワリ自慢) | トップページ | 集活-その3(イカ自慢) »