« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月22日 (金)

タイラバボウズも嬉しい釣り

 

 

昨日(1121日)は伊東に釣行。

数日前のお客さんのヒラメの釣果に魅せられ
あまり日をあけずに再び伊東釣行になった。

午前中にヒラメを狙って、
その後はやはりタイラバが外せない。

(これは内緒であるが)
実はこの前日には
オーシャン釣具のオヤジさん自らも
同じポイントに漕ぎ出られたが
あいにく泳がせ用の小あじが釣れずに
完ボに終わっている。

五目漁師はアジがいるからヒラメがいる、
アジがいなけりゃヒラメは居ない
と思いつつも心配になって
途中で泳がせ用のアジを買って行く。
1dsxp195034s

やっと秋らしく少し寒さを感じるようにはなってきたが
水温はまだ20℃あり、
手を入れるとお湯のようだ。

ポイントに着くと、
アジが手元にあるので
直ぐに泳がせ仕掛けを入れる。

一方で、コマセ釣りを始めるや
掛かってきたのは、
なんと、1200円もはたいて買ってきた
あの小アジではないか。
2dsxp195042s

釣具店の水槽で泳いでいたアジよりも
この海の環境に慣れたアジの方が
元気に泳いでくれるはずなので
せいぜいこちらのアジ(マルアジ)を
使ってやろうではないか。

丁度時合いの様だ、
コマセ釣りの方にはアジに混ざって
イナダ(48cm)やチャリコが釣れて来る。
4dsxp195043s

再びいい引きはまたイナダ。
3dsxp195036s

まだまだ釣れそうな気配がするが
イナダはこれ以上釣っても後が困るだけなので
大物期待でロングハリス4号1本針に替える。

そんな中で、チラ見の泳がせ竿が
ズボッと海面に突っ込んだので
慌てて竿掛けから外し聞き合せたがすっぽ抜け。

既に十分な重量感があったので
掛かったと思ったが どうやら
生き餌を咥え込んでいただけだったようだ。
残念!

ここで、オヤジさんから電話が入る。

どう、釣れてる?

イナダが来ましたよ。

アジは?

折角買ってきたのに
ここで丁度良いサイズが釣れますよ。
来ませんか。

昨日の今日で疲れているけど
アジが釣れるなら行きたいね。
考えてみるよ。

この“アジが釣れる”が
オヤジさん出陣の決めに手なったようだ。

4050分後にはオヤジさんがやって来る。
5dsxp195046s

直ぐに小アジが釣れて泳がせをスタートする。

しばらくすると来たよ!

見ると竿が逆Uの字に曲がっている。

後ろからで魚体はみえないが
取り込み時にはヒラメ特有の大暴れで
バシャバシャ音と共に
激しく水しぶきが上がっている。
どうやら大物の様だ(63cm)。

いいな。
五目漁師には朝の一発以降
泳がせにアタリはなく
イナダが3本とチャリコで
11時にはコマセがなくなる。

実は、最初からの予定とはいえ、
先ほどから早く沖に出てタイラバをやりたくて
気もそぞろだった。

今日は大物が来そうな気がするから
ここで粘ってみるよ
とおっしゃるオヤジさんを後に
五目漁師は沖に出る。

ただ、出たはよいが風も潮もない。
スカスカ感のタイラバで
あのフグさえ遊んでくれない。

-45m-55mを約3時間漕ぎ回ってみたが
結局一度のアタリもなく時間切れになってしまった。

浜に戻りがてらオヤジさんの様子を見に行くと、
丁度大物との格闘が始まったところだった。

今掛かったよ。
ワラサだと思うけど結構大きそう。
どんどんドラグが出ちゃうよ。

穂先がグイングインと勢いよくお辞儀するが
ヒラメの時よりも曲がりが少ないのは
青物の証拠だ。

さすがに落ち着いた竿さばきだ。
片方の腕で大物を操り、
もう片方の腕で邪魔になる別の竿から垂れている
仕掛けを巻き上げたり
ボート内を整理しながら格闘が続く。
6dsxp195049s_20191123074901
 
10号の泳がせ仕掛けなので
ハリス切れの心配はないが
掛かりが浅く口切れしたりすることや、
最後の難関はアンカーロープへの巻き付きだよ
とおっしゃる中で
少し巻き上げたと思うとまた出される。

もう20分くらいはたったであろうか。
一瞬、心配していたアンカーロープに
巻き付いてしまったかという懸念もあったが
それは重くて魚が動かないがための
感覚であったようだ。

今日は澄み潮なので
もうそろそろ見えるころなのに
なかなか見えてこない。

7m、覗き込む、
でっか! 
やっとおやじさんには姿が見えた。

その数10秒後、
五目漁師の目前に真っ黒な丸い背中が
ヴォッコ! と姿を現す。

ブリ(102cm)だ。

何回かのトライで無事にネットイン。
7dsxp195065s

おめでとう!

で、オヤジさんの釣果。
Dsc_0981a

始めに上げた63cmのヒラメでさえ小さく見えてしまう。

で、五目漁師の釣果。
Cas19a1454a

最近はもっぱらいただく方に回っている。
3尾いたイナダの内2尾はオヤジさんに貰って頂いた。

このヒラメはありがたい。
あくる日には息子家族が遊びにやって来たので
自慢げにヒラメ三昧を馳走する。

ヒラメ、イナダ、タイの刺身盛り。
Cas19a1461s

和風カルパッチョ。
Cas19a1503s

上にのせたのはえんがわ。

にぎり。
Cas19a1500s

から揚げレモンソース。
Cas19a1481s

ハーブマリネ焼き。
Cas19a1487s


鯛の塩焼き。
Cas19a1473s

イナダの香味揚げ炒め。
Cas19a1492s

 

 

見物している私の方はバレるなよ、バレるなよと
ヒヤヒヤ、ドキドキでしたが

ご本人は終始余裕の釣りでした。
無事に玉網に入った時には思わず万歳でした。
感動のある釣り、楽しいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2019年11月17日 (日)

気まぐれなカイワリに唖然

 

 

昨日(1116日)は
伊東(オーシャン釣具)に釣行。

伊東ではこのところカイワリが絶好調だ。
良型を含み数10匹単位で釣れている。

カイワリフリークがこんなチャンスを
見逃すはずがない。
yさん、aさん、
そしてお隣のボート屋からはfさん、
仲間が勢ぞろいして
今なら釣れて当たり前のカイワリを狙う。
1dsxp195002a

へそ曲がりの五目漁師は、
カイワリばかりでは仕方がないので
午前中は
例によってタイラバでマダイやハタを狙い、
昼から手堅くおかず分を釣ることにしている。

今日は天気も良し、海上は賑わっている。
2dsxp195006a

ただ、一抹の不安は
一昨日まで釣れに釣れたカイワリが
釣りの前日にはピタッと止まってしまったことだ。
さてどうなることか。

五目漁師は沖に向かって
右側のポイントに漕ぎ出しつつ
途中気になるところでタイラバを落とすと
直ぐにホウボウが掛かってくる。
3dsxp195009a

やがて前回ハタが釣れたポイント、
-35m~-40mに入る。

時々ベイト反応(多分アジの群れ)を見つけると
ハタ狙いのタイラバを落とすが
そんなうまくいくわけがない。
今日はお留守の様だ。

少しずつ北(マリンタウン側)に向かって
移動を始めるが、
風がないために
空を切るような巻き巻きになってしまい
釣れる気がしない。

こんな時にはボートに勢いをつけながら
タイラバを落としていくが
わずかながらも
進行方向から吹いてくる風なので
その効果も直ぐに帳消しになってしまう。

移動の途中で宇佐美側からやって来られた
足漕ぎカヌーのMさんに会う。

既に、ショゴやホウボウを釣ったとのこと。

ポイントを自在に漕ぎ回る
足漕ぎカヌーが羨ましい。

颯爽と沖に向かって漕いで行かれたMさんからは
のち程50cm超えのマダイ
(計測結果で62cmあったそうな)を釣りましたよ
と連絡が入る。

お会いして話していると、面白いことに
タイラバで始めた釣りがこの時点では
双方ともジギングになっていることが分かった。

フグの奴に狙われると、
たちまちタイラバが
こんな風に丸裸にされてしまうからだ。
4dsxp195011a

この調子では
ひらひら部分がいくらあっても足りない。

慣れてくると微妙に
フグのアタックを感じるようになるので、
ネクタイやスカートに齧りつく隙を与えずに
早巻きすると相手も焦ってしまうのか
こんな風に掛けることもできる。
5dsxp195014a

このフグめ、
掛かったフックを外そうとすると
驚いたことに別の針が既に口元に掛かっている。
Canvas_20191117224101

チモトにハリスが残っていないところを見ると
結び目のすっぽ抜けだったのだろうか?

だとしたら逃がした釣り師は
大物を逃がしたと歯ぎしりしたのかもしれない。

フグでしたよ。 ご安心ください。

なんとか、まともな真鯛かハタが欲しい。
再びジグからタイラバに戻して
巻き巻きをしていると、
今日一番の掛かりだ。

よしっ!

これで今日のタイラバも格好が付いたぞ、
と勝ち誇こりながら
ドラグが引き出される中を巻き上げてくると、
なんだ、
予想もしていなかったデカエソではないか。
7dsxp195028a

体長は60cmもあるだろうか。

がっくりしている中でちょっとした事件が起こる。

ボート内に取り込んで長靴でエソを挟みながら
口元に掛かったフックを外そうとした時だった。

突然暴れ出したデカエソが頭を振った瞬間に
掛かっていなかったもう一つのフックが
五目漁師の親指にグツッ! と掛かる。

返しまで入ってしまったので
簡単には抜けそうにない。

痛みをこらえながら
どうしようと考えている時だった。

デカエソがここでもうひと暴れした瞬間
痛テテ!

肉を切られてしまったが針が抜けた。

しかし、どうしよう血が止まらない。
気の弱い五目漁師は一瞬動転してしまったが、
ボートのスノコに点々と滴る血の殆どは
デカエソの血だとわかり一安心。

こんな時のためにとタックルボックスには
常に小型のニッパーとカットバンを潜めているが
ニッパーは使わずに済んだ。

さて、まともな獲物がないままに
もう12時を過ぎてしまった。

カイワリ組の調子はあれだけの期待に反して
絶不調のようだ。

aさんの情報によると、現時点で
3人合わせてカイワリは1尾とのこと。

ただ、タイラバの調子も悪いので
取りあえず予定通り
コマセ釣りに切り替えることにする。

やがてカイワリポイントに到着すると
多くのボートが集まっているが
シーンと静まり返り
葬式会場のような雰囲気だ。

3名の中では唯一、
カイワリを早めに諦めて
ロングハリスに切り替えたyさんに
マダイ(42cm)が来たらしいが、
fさんがカイワリ1
aさんはこれだけです
と今も目の前でソーダと戯れていらっしゃる。

途中参加の五目漁師は
コマセが十分にあるので、
普段は開けないビシかごの下窓を開放して
ビシテン釣法の要領で
ロングハリスをゆっくりと引き上げていく。

皆さんフグに四苦八苦と聞いていたが
ロングハリスのせいかフグもエサ取りもいない。

結局、仕掛けの回収時に
ソーダを一尾釣っただけで見切りをつけて
再びタイラバに戻ることにする。

残り時間は少なかったが
ここでやっとアマダイ(34cm)が掛かってくれる。
8dsxp195030a

で、今日の釣果はこれ。
9cas19a1416a
アマダイ34cm、ホウボウ36cm、他

なんとかおかず分はゲットしたものの
土産確定で
今晩は漬け丼と決めていたカイワリはなし。

気まぐれなカイワリに皆さん唖然!

さて、次の日になってしまったが、
アマダイはホイル焼きに、
Cas19a1439a

ホウボウは最近お気に入りの和風カルパッチョ、
Cas19a1435a
中央はaさんから頂いたカボス

同じくホウボウと玉ねぎのスープ
Cas19a1444a



結局この日カイワリ狙いは全滅だったようです。
ただ、一杯だけ離れて別のポイントで泳がせをやったボートが
ヒラメ3尾にワラサ。
こんな時にカイワリに惑わされずに信じてヒラメ狙い。
素晴らしい釣りですね。
五目漁師はこれに惑わされて次回は泳がせをやりそうです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村  

| | コメント (10)

2019年11月14日 (木)

久し振りの中深場釣り

 

 

昨日(1113日)は
福浦(エトーボート)に釣行。

今回は以前からタイミング
(それぞれの都合と天気)が合えば
一緒に行きましょう
と声を掛け合っていたAPさんを
前泊の茅ヶ崎でピックアップする。

福浦の朝は相変わらず早い。
5時半には既に海上に浮かび
準備万端整えて明るくなるのを待つ。

闇の中を外に漕ぎ出すのは非常に危険だ。
昼間でさえ前方の視界が悪い動力船が
運悪く丸太に当たるようなものだ。

今日は風と波の様子次第では
沖の中深場に出てアカムツを狙う。
Dsxp194993s

少し風があるが
予報では少なくとも収まる方向になっているので
これくらいなら行ってみない手はない。
APさんと相談して沖出しする。

ポイントに着き、,
水深180mからスタートするが
ボートは
かけ下がりの沖に向かって流されるために
一流し毎に漕ぎ戻る。

直ぐにクロムツが2連で掛かって来たので
調子は上々と思っていたが、
後はハリス切られや途中バラシが続く、
それに小さいユメカサゴが多い。

ユメカサゴであろうが何カサゴであろうが
魚が掛かってしまうと
仕掛けを上げないわけにはいかない。

水深+αで300mも道糸が出ていると
仕掛けを入れて、釣って、引き上げて、
元の場所に漕ぎ戻るまでに
2030分は要する。

計算すると
6時から11時まで5時間やったとしても
投入回数はせいぜい1015回。

小型のユメカサゴなどを
相手にしている場合ではない。

後半に入った頃だった、
更に沖に出て
豆粒の様になったAPさんから電話が入る。

五目さんアカムツが釣れました。
40cm位ありそうです。

やったね。

前回もそうだった。
APさんが比較的良い型のアカムツを
始めてこのポイントで釣って見せてくれた。

お陰で、
本当に居るのか居ないのかの
迷いが吹っ切れて
その後、確かな期待を持って釣りができた。

その時は、結局APさんが釣ったのよりも
2回りも小さいのが
なんとか1尾釣れただけに終わったが
一つ前の記事でも書いた通り、
手漕ぎボートの流し釣りは
正にターゲットを見つけ出す釣り。

APさんは、
自称底釣り師を標榜されるだけに
(最近はもっぱら
アジ釣りに専念とお見掛けしていたが)
この深い海でさえも
アカムツの居場所を
嗅ぎつけてしまう臭覚には驚かされる。

むむー、もう少し深いところの方が
良さそうとわかってはいるが、
GPSの航跡を見ていると
これ以上沖に出るのは
色んな意味で億劫になってしまう。

仕方なく同じ程度の深さの範囲内で
目ぼしい地形を探しながら
流して行くがまたもやクロムツ、
Dsxp194994s

そしてシロムツ。
Dsxp194997s

止まっていた潮が再び流れ出したので期待するも
11時半には沖上がりとなる。

これは海岸でお披露目のAPさんの釣果。
1573733658464s

なんと型の良いアカムツ(40cm37cm)
揃っている。
ユメカサゴも五目漁師のよりも型が良い。

そして、こちらは五目漁師の釣果。
Cas19a1372s

おやっ?
真ん中にアカムツが!

残念ながらクロムツが釣れなかったAPさんが
どうしてもクロムツを食してみたい
とおっしゃるので
仕方なく交換に応じさせていただいた。

AP
さん、ありがとうございました。
釣果に花を・・いやこれで
頑張って漕ぎ出た中深場釣りの釣果として
正しい見栄えになりました。


さて、
今回はいつも以上に食の楽しみが大きい。
事情があって、
釣った日は捌くだけで料理はなかったが、

次の日の昼食に
アカムツの塩焼きから始まる。
Cas19a1377s

驚いたことに、焼いている最中に
グリルの中でボッ!と聞こえたので覗いてみると
なんと中で炎が上がっている。
慌てて息を吹きかけて消し止めたが、
その後もジュリジュリと脂が滴り落ちる。

以前にも書いたことがあるが、
美味い不味いは人それぞれの好みなので
あまり言わないことにしているが、
こいつは凄い。
脂でとろとろの身は明らかに
他の魚とは食味が違う。

柔らか! とか
口の中でとろける甘味! とか
TVの食い物番組で定番の
安物臭い表現は嫌いだが
それを言うならこれを食ってからにしてね!
と言いたくなってくる。
APさんにあらためて感謝)。

そして、アカムツの刺身と炙り、
Cas19a1390s

アカムツの握り、
Cas19a1395s

クロムツの煮付け、
Cas19a1411s

シロムツの塩焼き、
Cas19a1405s

ユメカサゴの唐揚げ。
Cas19a1401s

やはりアカムツの塩焼きが別次元で美味しかった。



秋シーズンの真っただ中、
あれも釣りたい、これも釣りたい、
あれもやりたい、これもやりたいと焦っています。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2019年11月11日 (月)

タイラバの魅力

 

 

これは先日115日、伊東での釣果。
 
Cas19a1276s
アマダイ(47cm)、ハタ(43cm)、マダイ(40cm)他。

隅っこのカイワリ以外は
すべてタイラバの釣果である。

釣りに限ったことではないが、
五目漁師の遊びの根底にあるものは
自分で何ができるか、
自分でやらなければ意味がない。
自分で決めて、自分でやってみる。

うまくいけばもちろん嬉しいが、
うまくいってもいかなくてもまた試行錯誤する。

遊びの楽しさは正にこれに尽きる。

そんな釣りが比較的容易にできるのが
手漕ぎボートの魅力だと思っている。

最近は気の向くままに出掛けようとすると、
ついついタイラバ釣行になってしまう。

コマセ釣りはビシ棚を中心に
その周りにいる魚を呼び集めて釣る釣り

他方、流し釣りやタイラバそれにジギングは
あの広い海の中で魚を見つける釣り
ではないだろうか。

コマセ釣りでは、周りの魚はもちろん、
コマセが流れて行けばそれを辿って
遠くの方からも色んな魚が集まってきてくれる
(逆もあるが)。

四方八方から魚が集まってくるので、
これを平面の釣り、
あるいはやや立体的な釣りということにすれば、

青物がターゲットのジギングは
彼らの通り道で待ち構えるいわば線の釣り、
相手が神出鬼没の回遊魚だけに
寧ろ深さ方向にはコマセ釣りよりも幅広く探る、

そして行動範囲が狭いマダイやハタ、
海底にへばりついたままで
殆ど動くことがない根魚を狙うタイラバや
流し釣りは
正に点の釣りということができよう。

点の釣りでは、
彼らの目の前にタイラバをドスンと落とすか、
あるいは餌を漂わせることができるかどうかが
良い釣果が得られるかどうかの分かれ目になる。

目の前とはどれくらいの距離であろうか、
五目漁師の感覚では
マダイなら10数メートル、
底に穴を掘って住処にするアマダイや
カサゴなど根魚に至っては
せいぜい数メートル程度ではないだろうか。

広い海上から
このピンポイントを探し求めることこそが
タイラバの釣りであると思う。

コマセワークやシャクリ技などのテクニックを
必要とせず、ただ巻くだけのタイラバは
睡魔との戦い、
とても我慢など出来ない
とおっしゃる釣り師は多い。

釣りそのもののテクニックとしては
正にただ巻くだけ、
魚からの応答があった時も
下手に合わせたり、
掛けに行ったりしない方が良い。

おっしゃる通りただ巻いているだけだと
眠くなるのはよくわかる。

むやみやたらとタイラバを落とし、
只々宝くじに当たるのを待つようなタイラバ
もあるかもしれないが、

自分がやったことに
効果があったのかどうかは別として
宝物を見つけ出すタイラバの方が
面白いに決まっている。

自分で魚の居るエリアに見当をつけ、
魚がいる深さに見当をつけ、
底の様子を魚探で見渡しながら、
更に潮流や風と相談し
ボートを止めたり、逆に勢いをつけたり、
時には回転させたりしながら
ターゲットの目前に
ピンポイントでタイラバを落とす。

睡魔なんてとんでもない。

どこにいる!
どうして掛かってこない!
さあどうだ!
次はかかってくるはずだ・・・
と一投一投緊張とワクワクが続く。

正直コマセ釣りに比べると
一日がずっと短く感じる。

今や、五目漁師にとってはタイラバこそが
冒頭の
自分で決めて、自分でやってみる楽しみを
一番よく満たしてくれる釣りになっている。

五目漁師のタイラバは
九州のタイラバ釣り師飛竜丸さんから
すすめられて始まった。

都会のすれた魚が
そんな鉄のかたまりで釣れるとは思えません、
と乗り気ではなかったが、

一度騙されたと思って
流し釣りの錘代わりにでも使ってみて下さい
と、ある日、自作の飛竜タイラバが自宅に届いた。

そこまでしていただいて使わないわけにはいかず
川奈で使ってみたのが始めだった。

遊漁船の船長は
お客に釣ってもらうというミッションがあるので
ポイントに入れるかどうかは死活問題であり、
楽しんでいる場合ではないとは思うが、

五目漁師に言わせれば
釣りの中で一番面白い
魚を見つけるという楽しみを
船頭に任せてしまうなんてなんともったいない。

釣りの面白さの半分以上を
持っていかれるように感じている。

タイラバにはもう一つ魅力がある。

総じて大物が釣れる、
もう少し大きくなってから釣れて欲しい
小型の魚が掛かってくるのは
付ける餌にもよるが
流し釣りやコマセ釣りに比べるとうんと少ない。

五目漁師は今回の47cmを含め
40cm超えのアマダイを今までに5尾釣っている。

その内、4尾がタイラバの釣果であることからも
大物にフィルタリングがかかる
釣りであることは明らかだ。

更に、これは好き好きではあるが
我が家が好む魚が良く釣れるのも
タイラバの魅力だ。

で、順不同で今回の釣魚を使った
3日分の料理を並べてみた。

先ずはマダイを中心に
ハタ、アマダイ、カイワリの刺身。
Cas19a1295a

そして、アマダイと言えば昆布締め、
それにハタもマダイも昆布締めはよく合うので
一層のことならと昆布締め大特集。
勿論、刺身とは別の日に。
Cas19a1325a

ハナダイの煮付けは失敗。
Cas19a1297a

煮すぎて、醤油がチョコレート状になってしまった。

ハタの中華風蒸し、
Cas19a1310a

同じくハタのゴマ焼き梅風味。
Cas19a1331a

風邪で少し元気のないヨメサンが
これは美味いと言ったので調子に乗って
次の日に今度はアマダイのゴマ焼き梅風味。
Cas19a1359a

どんどん消費しないとなかなか魚が減ってこない。

ホウボウは青じそをたっぷりとトッピングして
和風カルパッチョに。
Cas19a1339a

マダイは市販のドレッシングを使ってサラダ風に。
Cas19a1346a

うーー、これ何だったっけ、忘れてしまった。
Cas19a1348a

アマダイのようだが。

そして、ハタのうま汁煮、
Cas19a1367a

ハタとアマダイと真鯛のカマ焼き比べ。
Cas19a1313a

今回はアマダイに軍配が上がった。

 

 

 

カイワリばかり、アジばかりも飽きてしまいます。
コマセ釣りと違って色んな魚が釣れるのもいいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2019年11月 5日 (火)

残念でなりません

 

 

明日(115日)の釣行の準備をしている最中に
仲間から訃報メールが入った。

怪我で入院と聞いていたのに
そんなにひどかったとは知らなかった。

優しくて、面倒見が良くて、
しかもあんなに元気だったのに。

大津や観音崎の手漕ぎボート釣り師なら
一度や二度ならず
お世話になっている方は多いはず。

東伊豆がメインではあるが
もちろん、五目漁師もその一人。

思えば、伊東や福浦を中心に
細々とボート釣りをしていた五目漁師を
初めて東京湾側で釣りをする今や仲間の皆さんに
紹介してくれたのは大さんだった。

仲間と共に
こんなに楽しいフィッシングライフが今あるのは
正にこの方のお陰だ。

何もわからない初めての観音崎に挑んだ時に
幸運にも大さんと一緒になった。

案内をお願いすると、
私について来たらいいですよ! と快い返事。

そして、ポイントに着くと
アンカリングは大変だから後ろに繋ぎましょう
と五目漁師のアンカーロープをとってくれた上に
潮上で、五目さん釣ってね!
とコマセをせっせと撒いていただいたことも
思い出す。

まだまだ若かったのに残念でならない。
ご冥福をお祈り致します。




(今回は釣りの記事は省略します。
釣果についてはオーシャン釣具のブログに掲載されていますので
興味のある方はご覧ください)

 

| | コメント (2)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »