« 超絶完ボもまた清々し | トップページ | 大台のせのプレゼントと福浦釣行 »

2019年6月14日 (金)

海のせい、魚のせいにしなくてよかった

 

昨日(613日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

サバが現れてからしばらく
他の釣り場に避難していたが
久しぶりの伊東。
Dsxp194625s

ボート店の釣果情報によると
あの極大サイズのカイワリは殆ど姿を消して、
逆に10cm台前半の極小世代に
群れが入れ替わったようだ。

今日は弟、
Dsxp194630s

それにブログにコメントを下さるまっくさんと
Dsxp194628s

そのお友達も一緒で
賑やかな釣りになりそうだ。

五目漁師は
サバで賑やかににさえならなければよいがと
心配しながら
先ずはサバの動向視察のために
いつもの2.5m吹き流し仕掛けを入れる。

とりあえず今のところは大丈夫そうだ。

そこで、前回比較的カイワリに調子がよかった
ロングハリス入れる。

いつもは4号のハリスを使っているが
今日はあの夢に出てきた
釣れないカイワリ釣るために
2号ハリスで準備してきた。

 

付けエサの動きをより自然に見せてみよう

という魂胆である。

 

そこに居るのに釣れないカイワリを

なんとかしようと、いろいろやってみたが

もうこれくらいの知恵しか浮かばない。

 

 

- さて、ここで話は飛ぶ。 -

 

やがて来るに決まっているサバの猛攻を前に

釣り始めたはよいが、
真冬でさえもこうではなかったと思うほどの
無反応な海。

竿をしゃくろうが、ハリスを細くしようが
餌がなくなることすらない。

・・・結果、
(少なくとも五目漁師周囲の)皆さんは
完ボに近かった。

釣れないのは海のせい、魚のせい。

シーズン真っ只中のサバさえも釣れない
異様に無反応な海。

これでは最初から期待がない分、
真冬の海の方がまだましだ。
どうしようもない。

と書き飽きたボ記事を
また書くことに悩んでいたが、
念のために
隣のボート店の本日の釣果を確認して
びっくりする。

なんとカイワリが小型ながら数釣れしているし
マダイもイトヨリも釣れている。

確か我々の直ぐ近くで
一足先に出て釣っていたあのボートだ。

海のせい、魚のせいにしなくてよかった。

少なくとも五目漁師周辺の釣果は
弟がイトヨリ×2

実は、前回釣ったサバが意外に美味かったので
今日は家族の依頼もあり
2匹だけは持ち帰ることにしていたらしい。

嬉しくも、お安いご用だったはずのそのサバ様は
なんと1匹も釣れなかったと呆れた様子。

そして、まっくさんは
でっぷりと太ってはいたが、やっとサバが1尾、

お仲間は完ボ、

五目漁師は沖上がり際のマルアジが1尾
かろうじて完ボ逃れ。
Dsxp194638s

(もう3時、仕方がないから前回に引き続き
完ボネタにでもしようと
氷オンリーの冷え冷え写真を撮った直後だった)
Dsxp194636s

どうせ30cm超えのサバが
邪魔をするに決まっている。

40cmの大カマスを泳がせる
オオモリボートの真似をして
そいつを泳がせてやろうと
特別に作ったムツ針20号のワイヤー仕掛けも
持って来たのに、
釣れて当たり前のサバが釣れない。
Cas19a0310s

仕方なく、アジポイントで
やっと確保したトラギスを泳がせたが不発。

昼過ぎには釣り場周辺に
うっすらと赤潮が流れ着く。
Dsxp194634s

これも釣れない理由にと写真も撮ったが
釣った釣り師がいる限り釣れない理由にはならないだろう。

冬の海と違って魚探の画面は賑やかだった。
次々にいろんな魚影が現れる。
コマセを振り出すと
どっと魚が寄ってくる姿も見える。

正に、例の夢のシーンを思い出す。

うーむ、それにしてもこれほどまでに
歴然と釣果に差に出るとは、
うーむ、うーむ・・・どうしよう。

で、唯一釣れたマルアジ。
Cas19a0281s

普段は刺身にすることはないが
オヤジさんが
先日釣ったアジは脂がのって美味しかったよ! 
とおっしゃるので、
取りあえず、釣った日刺身に。
Cas19a0293s 

これが確かに美味い。

釣った日刺身にもかかわらず
脂が回っているので
身がねっとりとしていて甘い。

そのタタキをご飯にのせて
美味しいと口にする辛口のヨメサンに言わすと
美味しいがアジの味がしない、だった。

うーむ、これも、うーむだ。

 

 

実は、最後の最後にアタリがありました。
残念ながら針外れしましたが、
この時やったシャクリが
一つヒントになりそうな気がしています。

カイワリ釣りと言えばいつも人の3倍は釣られた
マジシャンMさんを思い出します。

伊東ならこんな日は即、癒しの温泉銭湯です。
最近は少しぬるくなり入りやすくなりました。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 超絶完ボもまた清々し | トップページ | 大台のせのプレゼントと福浦釣行 »

コメント

こんばんは!
サビキやウィリーも駄目ですか?
お手上げですね。

次はどちらへ?

私は、週末天気が悪くてお手上げです。
土曜日、日曜日に暇です。
包丁でも研ぎますかね。

投稿: AP | 2019年6月14日 (金) 18時10分

私も土日暇です。
昼から妄想を膨らませて悦に入ろうと思います。
仕掛けは溜まりすぎてさすがにもう作れません。

投稿: flex-p | 2019年6月14日 (金) 21時25分

APさん、こんばんは。

釣っている人がいますから、お手上げというか
へたくそなだけでしょう。

私は釣れる釣れないは魚次第、釣りそのものに上手い、下手があるとは
余り思わない方ですが。
カイワリ釣りは難しいですね。

次は福浦ですかね。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月14日 (金) 22時01分

flex-pさん、こんばんは。

天の神様の素晴らしい狙い撃ちですね。

仕掛けは何故か古くなると使う気がしなくなってしまいますので
どんどん増えていきます。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月14日 (金) 22時07分

iOSです。こんばんは。

サバでも全くいなくなってしまうと寂しいですね。脂が乗って美味しい個体もありますし、何より大ヒラメの活き餌になります(^_^)

魚探に反応があったなら正夢の状況だったかも知れませんね。その状況でも多数釣った方がいたということは工夫の余地があると思いました。

伊東の釣りが面白くなってきました(^_^)

それではまた。

投稿: iOS | 2019年6月15日 (土) 20時02分

iOSさん、こんばんは。

魚探の反応は色んな形でありました。

今日はあらためて夢動画を見ましたが正にあのような感じでした。
餌ではなかなか食わせるのが難しいのではと思ってます。

サバの猛攻は大したことはありませんから
いろいろやってみられるのではないでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月15日 (土) 23時44分

おはようございます。

先日はお誘いいただきありがとうございました。釣れない中を工夫するのもまた一興です。まぁ最後は奇しくも同じ判断、コマセの爆まきで五目漁師さんが丸アジ、私がチャリコでしめられたのは結果として正解が得られたのかと。残り時間があればまた追加があったかもしれないのが残念です。

釣ったサバですが結果食べませんでした。腹を割いてびっくりしたのですが、胃袋が丸々サニービシのようなサイズになってコマセがびっちり詰まってました。卵も抱えていたので腹ボテでしたが脂身はさっぱりなく餌用にあいなりました。次はこのサバでカサゴ釣りですね!

投稿: まっく | 2019年6月17日 (月) 09時21分

まっくさん、こんばんは。

酷い日でした。

しかし、サバがそういう状態っだったということはカイワリやハナダイだけではなく
サバにも翻弄されていたということですね。

コマセドバ撒きで釣果が上がるのは自分でも他の人の釣りでも何度か確認していますが
あれじゃ撒き餌がいくらあっても足りません
やっぱりスマートに釣りたいですね。

何れにしてもカイワリが極端に小さくなりました
しばらく様子見ですね。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月17日 (月) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超絶完ボもまた清々し | トップページ | 大台のせのプレゼントと福浦釣行 »