« 海のせい、魚のせいにしなくてよかった | トップページ | 赤い魚集合 »

2019年6月21日 (金)

大台のせのプレゼントと福浦釣行

     

昨日(620日)は福浦に釣行。

(さて、今回も貧果だったので、
前書きでひっぱらないと誌面が持たないぞ。)

五目漁師は先日の誕生日で
とうとう大台にのってしまった。

釣行や富士山撮影行などを中心に
月平均で1500km近くも走り回っているのに
この年齢からは車には若葉マーク
いや違った、高齢者の
もみじマークの貼り付けが推奨されている。

今さら借金もできないのに
うん千万円も溜め込んでおかないと
年金だけではまともに暮らせないらしい。

魚の名前は喉元まで出てきても
あれあれ! で誰かに言ってもらわないと
もはや永久に口には出てこない。

・・・などなど、

身をもってその年齢を感じる日々ではある。

じゃーん、(その大台のせを祝って)
娘がこんなものを送ってくれた。
Cas19a0298s

五目漁師は量は飲めないが酒は大好き。
毎日夕食時と寝る前の2回は殆ど欠かさずに飲む。

お湯で割ったつもりの焼酎を
実は入れ忘れていたことに
飲み終わったあとで気づいたり、

焼酎と間違って酒でお湯を割っても
今日のお湯割りはなかなか美味いぞ!
と気づかなかったり、

ノンアルビールであることを忘れてしまうと
何となく顔面がほてってくるくらいなので
酒やビールの銘柄などはどうでもよい。

強いて言えばコニャックやスコッチの
洋酒には少しは厳しいかも。

このワインは何れも
ボルドーの金賞受賞品とのことだが、
さて五目漁師にわかるかな?

じゃーん
ヨメサンが大変大変と騒ぎながら
階段を駆け上がってきたので何かと思ったら、
生んで初めて息子から宅急便が届いたので
地震が近いよ! であった。

中身はなんとも意外な甚平。
Cas19a0320s

昔、ダイビングをしている頃に
ジンベイザメに会いたいと思ったことはあったが
甚平を着てみたいと思ったことはない。

早速、お礼のメールを入れたら、
いい加減に爺さんらしい格好をしたら?
とのことであった。

じゃーん
やはり大台は一区切りという意識を
持ってもらったのかどうかはわからないが、
これも珍しい。

最近、時々釣りに誘う弟から
ボートで使うといいよ、とこんなものを送ってきた。
Cas19a0304s

卵を尻の下に敷いても割れない、と
そのソフトさを謳っているクッション。

五目漁師よりもヨメサンが興味を持って
早速卵を持って来た。
生卵では怖いのでわざわざゆで卵にしたらしい。

しかも自分ではやらずに
五目漁師に先にやらせる。

割れないのを確かめた後で次は自分でも。

五目漁師のとんがり尻で割れなかったものが
ヨメサンの余裕の尻で割れるわけがない。

実は、ゆで卵は2つあったが
尻に敷いた方は
夕方のラーメンの私の方に入れたらしい。

じゃーん
オーシャン釣具のオヤジさんからはこんなものを。
(五目漁師の誕生日などご存じがないはずなので
勝手に大台のプレゼントということにしておこう)。
Cas19a0318s

珍しいパステルブラウンの4号ハリス、
なんと200m巻き。

鯛釣りにはこれ!
というオヤジさんのお墨付き。

4号ハリスはタイラバやジギングの
リーダーとしても利用するので
一番減りが早いハリス。

早速、マダイ仕掛けとリーダーの付け替えに
使わせていただいた。

じゃーん
ガルさんとは誕生日が一日違いらしい。
で覚えていてくれたのだろうか、こんなものを。
Cas19a0315s

ただ巻きで真鯛が狙えるという
60グラムのメタルジグ(フックは五目漁師作)。

なので、これで鯛を釣ってお返しにしよう。

そして、最後のじゃーんはこれ。
Cimg0329s

釣具のキャスティングに行ったついでに
中古の掘り出し物を見つけたので
大台のせの記念にと自分に言い聞かせて
衝動買い。

ダイワのリーディング73M200

中古とは言え、
持ち手部分にこそ少し使用感があるものの
本体部分は全く潮を被った痕跡や
かすり傷一つない。

恐らく昔、店頭の見本にでも使っていたものが
(平塚店の)新装開店の際に
倉庫から引きずり出されたのであろう。

最新のリーディングから
3世代ほど昔のものであるが
寧ろ今のものよりもこちらの方が
五目漁師の好みに合っている。

どれだけ軽くなったのか知らないが、
これ以降のリーディングは
穂先部分のガイドがAGS仕様に変り、
長さも少し短くなっている。

竿作りも最近はやることがないのか
余計なお世話ばかり。

最近の五目漁師はコマセ釣りの時でさえ
タイラバやジギングの準備をすることが
多くなったので
持っていく竿が多くなってしまう。

この竿なら1本あれば
カイワリくらいならコマセ釣りもできるし
タイラバにもスロージギングにも
利用できてしまう。

というのが1振り、2振り、
次に錘をぶら下げて
またゆらゆらと1振り、2振り、
そして額から汗しながらジクジク考えて
衝動買い(?)してしまった理由。

(おっと、少し引っ張り過ぎたかな。
本文のスペースがなくなってしまう。)

福浦は

日の出=岸払いの時刻、今日も早い。
5時前にはもう海上に浮かんでいる。
Dsxp194641s

Canvas

しかし、どうしたことだろう。
前回はいたるところでベイト反応が見られたのに
今回は静まり返っている。

いつもの通り定置周りのジギングから始めるが
無反応。

ただ、水面下にはカンパチ
(いや、ショゴのショゴのまたショゴのショゴ)が
群れているので、隙を見てジグを落とさないと
直ぐにこんな風に掛かってしまう。
Dsxp194645s

続いてエビ餌付きのタイラバに切り替えるが
辛うじてカサゴがタイラバに掛かる。
Dsxp194648s

そして、ここでガルさんからのプレゼントに
入魂すべく、再びジギングに切り替える。

しばらくすると 来たーっ!

結構きつめに締めていたドラグが
ジッ、ジッと短いが出るので
もう少し大きいかとも思ったが38cmのハナダイ。
Dsxp194651s


なんとか入魂はできた。

前回、型の良いウッカリンが
入れ食いだった-100mまで行ってみたが
今回はここでも無反応。

結局、今日の貧果はこれ。
Cas19a0324s

因みに、定置周りで頑張っていたボートは
カサゴやオニの大漁だった。

周りにいる魚という魚は全部捕ってしまう
あの底引き漁師のyさん
(失礼、五目漁師が勝手に言っているだけです)が
福浦の沖には今魚が居ません、
とおっしゃっていたが
アマダイの姿なども確かに見られなくなっている。

釣った日はヨメサンがお出かけだったので
料理は翌日にまわして
ハナダイのチリソースあえ、
Cas19a0337s

カサゴのジャガイモ衣焼き。
Cas19a0346s




ボート屋の釣果ブログによると

伊東で久しぶりにカイワリの大漁がありました。
しかし、群れ変わりして極端に小さくなってしまったようです。

前にも書きましたが小アジと違って小カイワリは
フライや南蛮漬けには今一つです。
少し様子見ですかね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 海のせい、魚のせいにしなくてよかった | トップページ | 赤い魚集合 »

コメント

師匠こんちわ^_^

素晴らしい数々のプレゼント( ◠‿◠ )
釣りのギネス記録で最高齢アングラーを探してたら76歳でヨットで世界一周しつつ食糧難でインド洋でマグロ釣りながらとありました。
パワフルですねぇ(笑)
師匠も同じ毛色なので手頃なところで
福浦の階段登り最高齢を目指して下さい

投稿: ガル | 2019年6月22日 (土) 09時54分

ガルさん、こんにちは。

世界一周とマグロ、
真鶴半島の風裏でアマダイではだいぶスケールが違いますね。

あの坂は、じっちゃんが確か80越で既にギネス級ですから
諦めます。

それよりも、なんとかあのジグで真鯛です。
錨フックではその前に地球を釣ってしまいそうですので
シングルフックに替えます。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月22日 (土) 11時56分

こんばんは!
古来稀なり!!
生きているだけですごいのに、富士山の撮影に釣りにと…パワフルさにいつも驚かされます。

今回の釣果も十分過ぎますね。
ジャ~ンと買ったリーディング、見たいです。
改造して、自分好み竿を作る参考にしたいです。

誕生日プレゼント、何が良いかと色々考えましたが、私以上に何でも持っている方に物は不要と考えました。

私が、できること…釣りに誘うこと、坂を物持って登ること。

釣り談義や情報交換を続けて、友達ど居させて貰うこと。

これからも宜しくお願い申し上げ上げます。

投稿: AP | 2019年6月22日 (土) 23時11分

APさん、おはようございます。

申し訳ありませんが、もう少し生かせて下さい。

この竿、いい竿ですが、APさんがご所望の竿には程遠いですから
ご覧になっても何の参考にもならないと思います。

穂先径0.8mm、自重105g、推奨錘負荷20-60号ですから
普段のアジ、カイワリ、アマダイ・・・それにタイラバ、スロージギングに
これ1本で通せそうです。

人に助けてもらって(いますが)まで釣りをする前に
荷物は軽く、釣果はほどほど(嘘)に、坂道はスキップで
をモットーに頑張りますので今後ともよろしくお願いします。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月23日 (日) 08時39分

こんばんは🎵
お疲れ様でした。

今年に入ってから、福浦は本当につれなくなりました。

きっと福浦漁協のyさんが、根刮ぎ取ってしまったんでしょ(笑)。

今一番確実なのは大津のアジですが、これも在庫がいっぱいになってしまったので、次はやっと始まった
カンネコのアカムツかな?

ショゴのショゴがショゴ位になったら、福浦も有りです(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2019年6月23日 (日) 20時24分

腰痛持ちさん、こんばんは。

しまった!
この調子ではショゴのショゴのまたショゴのショゴも
根こそぎやられてしまいそうですね。

天気の良い平日行ならどこでもお付き合いさせていただきますよ。
ただアカムツは3号300mか2号400mまでしか手持ちがありませんから
無理そうですね。
メダイ、シマアジならOKですよ。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月23日 (日) 22時26分

おはようございます。

おめでとうございます!
大鯛に乗られた?
あ、大台ですね。
釣り人焼けしていらっしゃる以外はそうは見えませんが、サバを読んでいませんか?あ、これは本来の意味とは逆ですね。無理矢理過ぎました。

ハナダイ始め美味しい魚をしっかりゲットされていらっしゃいますね、鬼などの大漁も魅力的な状況ですね。

投稿: まっく | 2019年6月24日 (月) 07時50分

まっくさん、こんばんは。

共通の趣味のおかげで年齢の隔たりなく
一緒に浮かんだり、お話させていただいたりで
ありがたいことだと思っています。

今年は今のところ大物に見放されています。
もうそろそろガツンと来ても良さそうな気はしているのですが
どうなんでしょうかね。
ベイト反応も今一つですし、
厄介なクラドも赤潮もたよりないのはいいのですが
その分潮に活気がない気がしています。

投稿: 五目漁師 | 2019年6月24日 (月) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海のせい、魚のせいにしなくてよかった | トップページ | 赤い魚集合 »