フォト
無料ブログはココログ

« カイワリの青天釣りならず | トップページ | エビ餌でなんとか超絶完ボを逃れる »

2019年4月27日 (土)

ドラセナ・マッサンゲアナの花が咲く

 

茅ヶ崎に自宅を買ってからもう25年にもなる。

これはその時に知り合いからいただいた
祝い金で買った幸福の木。
Cas199987s

ひょろ長いが買った時は普通にこんな感じであった。
Yahoo
(写真はyahooショッピングから切り出させていただいた。)

一度枯れかけたので
ヨメサンが元気そうな枝を切り取って
土に刺しておいたところまた根づいたらしい。
Dscp126786s

以来ひょろひょろと天井に向かって伸び始めて
今の様になった。

葉っぱが立派なので、昔は釣魚を握った際に
ハランの代わりに使ったことがあるが、
Dscp126744s

リビングの片隅に置いてあるので
普段は余り存在を意識することはない。

ある日(4月8日)、ヨメサンがふと見るとこんなものが。
414cas199700s


408acas199672s

どうやら花のようだが、
つぼみの際には蜜がたまり茎を伝っている。

25年間この方見たことがなかったので、
えっ、こんなものに花が咲くの?
見つけた本人は、
何か悪いことが起こる前兆ではないかと
気持ち悪がり切ってしまおうとしたが、
念のためネットで調べてみた。

すると、あるある。
珍しいだけに、かえって珍しい珍しいと
驚きや感激の記事がいっぱい出てくる。

十数年に一度の奇跡とか、
購入して10年以上になるが
突然花を咲かせてくれましたとか、
そんな記事に反応して
30年部屋にあるが花はみたことがないとか、
ストレスを感じた時に咲くとかいろいろ出てくる。

特に不幸の前兆ではないようなので
安心したところで、
今更に少し幸福の木そのものについて調べてみた。

花言葉は花の名の通り“幸福”とか
“永遠の愛”、
“隠しきれない幸せ”(なんだこれは、
カイワリを大漁に釣った時のことだろうか)、

正式名称はドラセナ・マッサンゲアナ
(オッサンの毛穴ではない)、

原産地は熱帯アジアや熱帯アフリカで
五目漁師の自宅では最大2.4mにしかならないが
原産地では6mにもなるらしい。

稀に白い花を咲かせる。
花は夜に開き、強烈な甘い匂いを放ち
朝には一旦萎み、夜になるとまた開くとある。
(藤圭子の歌のようだ。 古っ!!)

ネット上では花より皆さん匂いが印象的らしく
落ち着いて眠れないほど強烈な匂いが
家中に充満するらしい。

面白くなってきたぞ。

つぼみから開花まで2週間くらいかかるらしいが、
楽しみに待つことにする。

414
414cas199700s

4月18日
418cas199804s

そして、つぼみを見つけてから13日目の夕方に
とうとう最初の一輪が開いているのを見つけた。
421cas199813a


421cas199816s

早速、背伸びして鼻を押し付けて匂ってみるが
まだ一輪なので微かに
さわやかないい匂いがするだけだ。

ついでに枝を伝う蜜をペロッとなめてみると
ほんの少しなのにこの甘み。
きっと外で咲くとアリや昆虫が
十数年かけて熟成された
濃厚な蜜に集まってくるのだろうな。

そして次の日の4月22日の夕方、
いよいよ本格的に咲き始める。
422cas199825s

4月23日朝
423cas199848s

説明にあった通り朝になるときっちりと閉じてしまい
匂いも完全に封印されてしまう。

指折り25年間の長きにわたって
日数を数えてきたのも不思議だが、
太陽の下で育つ自然界ならまだしも
夜も昼もない家の中で
朝夕の区別がどうしてつくのだろうか
自然の驚異を感じる。

開花して3日目、423日夕方に花はピークを迎える。
423cas199902s

423cas199901s

このころには確かにあのさわやかな匂いが
鼻を刺すほどにきつくはなってくるが
腐りかけたオキアミの臭いに慣れた
五目漁師にとっては
人の話から想像していたほどではない。

直下に空気清浄機を置いていたが、
ヨメサンはリビングから漏れ入る匂いにさえ
我慢しきれず眠れなかったらしく
次の夜からはリビングの外に出されてしまった。

今日427日には全体が茶色くなってきたので
切り落としてしまった。

いいものを見せてもらった。

で、話は変わって、
先日のカイワリ料理写真の余り。

姿造りに使った後のオニカサゴのアラ味噌汁、
Cas199915s

失敗のじゃがいも衣焼き、
Cas199933s

ムニエルゴマドレッシング、
Cas199965s

梅ネギたれかけ、
Cas199967s

ウマヅラとムシガレイの煮つけ。
Cas199937s



一旦鳴りを潜めたカイワリですが26日少し荒れ気味の日に
yさんがまた数も型も揃えました。
五目漁師の天敵サバもちらほらと釣れ始めたようですから
まだの人は伊東に急ぎましょう。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« カイワリの青天釣りならず | トップページ | エビ餌でなんとか超絶完ボを逃れる »

コメント

こんばんは。

不思議な花ですね。
何かの条件が合っての開花なのでしょうけれど、しんびてきですねぇ。カイワリが釣れる日、釣れない日の違いがはっきりとしないのと同じなのかもしれませんね。でもはっきりして欲しいてすが。

さて、まだ新しくアップされた方は拝見しておりませんがタイトルが怪しいですね。今から拝見いたします。

まっくさん、おはようございます。

カイワリ、シーズンインした後は比較的天気が良くない日
(雲空か小雨が降るくらいでチャプチャプと海上がせわしい)
が良いようですよ。
これは本当かどうかよくわかりませんが

もう少ししたらサバが大サバ、小サバ、中サバの順に、
その後はソーダが押し寄せてきます。
こいつらが来るまでがチャンスです。
これは本当です。

面白い!
夢でも花でも夜開くものには怪しい魅力がありますね(^^♪
蜜がそんなに甘いなら、私も舐めたいものですが、25年待つのは…(^o^;

カイワリ、梅との相性も良さそうですね?
試してみたいものです。

サバは邪魔しかしませんね。
美味いなら良いのですが、脂が少ないとガッカリしてしまいます。

ヒラソーダの方が遥かに美味い!
早くサバには去ってもらいたいです(笑)!

APさん、こんばんは。

20年に一度、一生かけて集めてももやっと涙ほどの蜜にしかなりません。
琥珀以上の値が付きますね。

テキーラの原料になるリュウゼツランなども50年に一度とか言われますが
昔南米にいた時には普通に見られました。
木そのものの数が多いからでしょうね。

最近サバを歓迎しない釣り師が増えてきました。
やっと同意が得られたようで嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カイワリの青天釣りならず | トップページ | エビ餌でなんとか超絶完ボを逃れる »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31