« ドラセナ・マッサンゲアナの花が咲く | トップページ | 連休中はおとなしく竿の手入れ »

2019年4月29日 (月)

エビ餌でなんとか超絶完ボを逃れる

 

昨日(428日)は福浦(エトーボート)に釣行。

途中で氷が手に入りにくい福浦や大津に行く時には
自宅の冷蔵庫で作った氷ブロックを持っていく。

自宅を出て10分ほど走ったところで
その氷を
上り口の床に置いてきてしまったことに気付く。

まだ4時前だ。
このまま放っておくとヨメサンが起きてきたころには
玄関が水浸しになっているし、
もう何度も再冷凍を繰り返しているテンヤ用の
エビが解けてくると悪臭も酷いだろうと思い、
仕方なくUターンする。

予定よりも30分も遅くなってしまった。
世の中は連休2日目、
へたをすると、もうまともなボートがないのでは
と心配したが
思っていたほどお客さんは多くなく余裕だった。

今日はタイラバとジギングで真鯛を狙う。

福浦でこんなに陽が高い岸払いは珍しい。
1dsxp194489s

いつもなら日の出の写真を撮りながら
定置周りで、
先ずは
青物狙いのジギングをやってから沖に出るが、
今日は一直線で沖の-80m近傍を目指す。

福浦は、
あれは凄かったよ、
(両腕を目いっぱい広げて)
こんなんだったよ! とか、

クーラーが一杯だったよ! とか

勢いまかせのじっちゃん情報の他には
釣果情報がほとんどないために
今どこで何が釣れているのか知るすべがない。

それなりのポイントを押さえておけば、
年がら年中釣れるアマダイやカサゴ類、
カワハギなどならまだしも、

青物や真鯛については
その時々のポイントを直感で探るか、
わからないなりにやたらと広く探るかしかない。

今日の五目漁師は、
どちらかといえば後者の探り方で
-60-100mを西に東にと流すことにする。

ボートが程よく流れてくれるので流しやすい。

ベイト反応を見つけると
時々タイラバ竿からジギング竿に持ち替えるが
メインはタイラバ。

しかし、どこをどう流しても一切アタリがない。
コツンとも言わない。

時々少し眠くなってくるが、
気を取り戻しては
いつもの1漕ぎ3巻き巻きを繰り返す。

五目漁師はタイラバもジグも
色や形にはあまりこだわらない方であるが
ここまで相手にしてもらえないと
ため息まじりで暇にまかせて
スカートやネクタイのひらひら部分を変えてみる。

それでも何も来ない。

福浦は正午ではなく11時に村のチャイムが鳴る。
このチャイムを聞くと
釣りは、そろそろ終盤戦で釣果を整えにかかる。

数を増やすか、種類を増やすか、小物で遊ぶか、
一打逆転の大物狙いに切り替えるか・・・

今日の五目漁師はタイラバとジギングなので
選択肢は限られているが、まだ超絶完ボ状態。

このまま真鯛を狙い続けるか、
今朝わざわざ引き返して持ってきた
テンヤ用のエビを使った釣りに切り替えるかを
迷いながら更に1時間を流す。

とうとう12時になってしまった。
まだ、超絶完ボが続いている。

ここでやっと作戦を変更する。
海上は至って静かなので、
ロープを避けながら定置周りを狙って
せめておかずをゲットしよう。

そこでタイラバの上部にテンヤ用のエビをぶら下げて
定置周りに向かう。

さすがに餌を付けると反応がよい。

先ずは、見えてきた時にはソゲのソゲかなと思った
大型のムシガレイ(34cm)。

次に小型のウッカリン。
こんな魚でもエビの頭をしっかりと狙ってくる。
そして頭部がなくなるとアタリが遠のく。

いよいよ時間もないし、
エビも最後になってしまったので
少し場所を移動して最後の仕掛けを落とす。

コツコツと思いっきりの悪い獲物を
誘いあげて掛けると、
やっとそれらしき引きの魚だ。

カサゴかな、ハタかな? オニだと嬉しいが。

結局、ウッカリカサゴ(33cm)で
辛うじてボを逃れる。
2dsxp194492s

で、今日のボ逃れ釣果はこれ。
3cas199989s

ウッカリカサゴの釣った日刺身は
正に新鮮さを食す感じ。
4cas190006s

ムシガレイは唐揚げ甘酢あんかけに。
5cas190014s

さて、いつもはタイラバのスカート部を
途中で変えたりしないのに
あまりにもの反応のなさに
今日は何度か変えてみた。

自宅に戻ると廃棄する仕掛けから切り取った
サルカンや使えそうな針類も流しに水を溜めて
塩抜きした後に乾燥させるが、
今日はスカート類が多いのでガラスに並べて干す。
Cas190025s
これだけ交換してみたものの
渋い日のルアーは結局餌には及ばず。



福浦や真鶴の遊漁船はどうやらマルイカを追いかけているようです。
今度はアオリイカもセットにイカ狙いも面白そうです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« ドラセナ・マッサンゲアナの花が咲く | トップページ | 連休中はおとなしく竿の手入れ »

コメント

こんばんは!

うっかりと普通のカサゴの味の違いがあまり分からないのは先般お話いたしましたが、美味いのは存じているつもりです。良い型ですね。

話はそれますが最近知り合いから東京湾のシーバスに誘われます。船代が高いのが懸念の最大の理由。1万5000円くらいするのですがちゃんと釣れる所に連れて行ってくれるのだとか。釣れない人は釣れない、それなりに技術もいると言うのです。冬の頃は一束釣りもあるらしいのですがどうも気乗りしません。

考えてみると釣れる所に連れて行かれて釣れる一束より今回の五目漁師さんが上げたうっかりの方に価値を感じてしまうからなんでしょうね。大漁はもちろん大歓迎なんですが、何というか天のお恵みみたいな要素があって、良い時に釣りに来たぞというところから始まり多少なりとも自分も頑張って得られた結果、くらいでないと嬉しくないというか、、、人それぞれの楽しみ方があるものですが『自分で釣った』と言いたいのだと改めて思いました。なんだか上手く表現できませんが釣りは面白いですねぇ。^_^

投稿: まっく | 2019年4月30日 (火) 00時42分

まっくさん、おはようございます。

魚の先生がうっかり間違ったくらいですから多分味に大きな違いはないと思います。
それよりも持ち帰り方や食べるタイミングによる食味の違いの方が大きいのではないでしょうか。
カサゴは30cm超がやっとですが、ウッカリは結構大きいのが釣れますね。

シーバス釣りはやったことがありませんが、
大津で釣れるシーバスは大きいですし、味も良いようですよ。

やはり釣れるだけじゃ面白くないですね。
私の場合は釣りは、準備(作戦を練る)して、釣って(勝負する)、食す(お楽しみ)までの
プロセスに一々時間を掛けるものだと思っています。
遊漁船は頭飛び、中飛びと割り切って乗られたらどうでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2019年4月30日 (火) 09時14分

お疲れ様でした。

そう言えば、まだ今年はウッカリを釣ってませんね。
アヤメとオニは釣ってます。何故でしょう?(笑)

定置網沖の80m辺りに3種のカサゴが釣れるポイントがありますが、今年はそこも不調です。

砲弾ブイ近辺も今年は良くないですし、やはり今年の福浦はおかしいですね。

私は今度は定置網の右側を攻めてみます(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2019年4月30日 (火) 16時47分

腰痛持ちさん、こんばんは。

浅場のゴロタ石辺り狙うとカサゴが多いですが
定置近辺は私の場合はウッカリばかりです。

餌で定置網周りを狙うとこの手の魚はかなり濃いと感じました。

昔、アンカリングができたころは寧ろ定置右側の
-35m辺りが面白かったですよ。
イサキ、ハナダイ、シマダイ、カワハギなどです。

連休の後半は天気も回復しそうですら
もう一度伊東の駄目押しか、福浦のウッカリ狙いか
どちらでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2019年4月30日 (火) 17時51分

なるほど、28日の私の予定を聞かれたのは、このためでしたか!
連休にわざわざ出かけることは五目漁師さんはないと思って油断してました(^o^;)

う〜ん、結果だけ自分と比較すると金田湾と福浦のどちらを選択しても余り満足の行く結果にはなりませんでしたかね〜(^^ゞ?
定置網の右側も、前回にCさんがくまなく探ったそうですがデカイ鬼やうっかりカサゴ、カワハギは居なかったそうです。
ゴロタもしかりです。

釣果求めるならアカムツやキンメなどの深場底物の方が試しがいがあるかも?

また、計画と電気予想をしないと行けませんね。

投稿: AP | 2019年4月30日 (火) 21時57分

APさん、こんばんは。

土日でも、連休でも朝は問題ありません。
問題は帰りですが昼までの福浦なら問題ありません。
(天気優先で土日の伊東などもありですよ、東京湾側は勘弁ですが)

この日は私は駄目でしたが、アマダイ狙いの人たちはどうっだたのでしょうかね。
じっちゃんに聞いても、今日は見なかったからわからないよ でした。
唯一の情報源がこれですから困ったもんです。

そうですね、深場、暑くなるまでにもう一度行きたいですね。

投稿: 五目漁師 | 2019年4月30日 (火) 23時48分

平成最後はうっかりカサゴで締めでしょうか?
エビで反応があるだけマシですよ。
僕もテンヤ釣りをパイロットにすることがあります。
エビを使っても何も釣れない時は、さすがにきっぱりと諦めることができます。
とは言え、例年ならベストシーズンのスタート時期なんですよね。
今年のテーマは移動して魚が居るところまで行く、と考えています。
移動が吉か粘りが吉か、その時になってみないとわかりませんけど。

投稿: ぐっちゃん | 2019年5月 1日 (水) 00時06分

おはようございます。

福浦、最近朝が遠くなってしまいましたが魚影が薄いのでしょうか?
定置周りを毎日大挙してボートが底物釣りをしてるので底魚自体が少なくなったのかもですね。
福浦は秋のジギングとイカがメインとなりそうです。
私は明日は観音崎の川の流れに揉まれてきます。
そして5日に親子4人でアジ釣りでやたら長いGWはおしまいです。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2019年5月 1日 (水) 05時38分

ぐっちゃん、おはようございます。

そういえば、平成最後の釣りでしたね。
うっかりしていました。

タイラバ+オキアミでは小物大集合になってしまいますので
フィルタリング効果を期待して一つテンヤ用の大きなエビを使っていますが
やはりアタリは頻発しますし、頭だけ齧られたりの小魚も対象に入ってしまい
中途半端な釣りになってしまいますね。

餌釣りと違って私のルアー釣りりもぐっちゃんの移動とは意味もスケールも違いますが
魚を待つ釣りではなくこちらから捉えにいく釣りです。
この方が魚に会えるチャンスは多いと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2019年5月 1日 (水) 08時20分

flex-pさん、おはようございます。

大津や伊東は養殖場化してますが
福浦はポツリポツリとオキアミが底を這うだけですから
餌になるほどでもなく
底ものは捕ればいなくなるんでしょうね、特にオニなどは。

アマダイなどは今シーズンは型も揃い良かったと思いますので
どん深の福浦ならでの釣りはやはり面白いですよ。

根回りは寧ろ荒れてしまって何もいないようですので
私は本来なら何もいないはずの野っ原を散歩中の魚を狙うようにしています。

投稿: 五目漁師 | 2019年5月 1日 (水) 08時34分

おはようございます
やはりと言うか、何か魚の活性は良くないですね
館山に来て気付いたのが
緯度35度ラインに
館山と伊東が並び向き合っています
館山の漁師と挨拶するたび
釣れないなーが最初に出てきますね
福浦で釣れれば館山でも釣れそうな気がします
連休オーナーさんが頑張っているので
付き合って仕事ですが
連休後には戻ってボート釣り予定です

投稿: 趣味人たけ | 2019年5月 1日 (水) 08時48分

趣味人たけさん、こんにちは。

魚がいないのか、いても潮が悪くて食ってこないのか
とにかく釣れた情報も釣れないという情報もないので
よくわかりません。

時期的にはそろそろのはずなので再度狙ってみたいです。

根回りでもなんでもない広いエリアですから
先ずは、この時期にいそうな深さを知りたいですね。

観音崎も確か昨年はゴールデンウィーク辺りに
乗っ込みの大漁があったと記憶していますので
楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2019年5月 1日 (水) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラセナ・マッサンゲアナの花が咲く | トップページ | 連休中はおとなしく竿の手入れ »