フォト
無料ブログはココログ

« どっちが先か?! | トップページ | 豪華“しゃぶしゃぶ味比べ”ならず »

2018年11月20日 (火)

カイワリに続いてアマダイも型揃い

 

 

 

 

昨日(1119日)は福浦に釣行。


Dsxp184156s_2

 



2
3日前に舞鶴と尼崎への帰省から戻ってきた。
帰省中は現金なもので
自分が釣りに行かないとなったら
全く海の天気など興味がなかったが
戻ってきて久しぶりに天気予報をながめていた。

すると雨模様だった福浦の予報が
前日の夕方になってくもりマークに変ったので
急遽じっちゃんに電話を入れる。

これは決して予約の電話にはならないが、
平日行なので
行ってみると一人の可能性もあり、
もしお迎えがない場合には
電話で叩き起こしますよ
という宣言のようなつもりだ。

結果、駐車場に真っ暗闇の
5時過ぎに到着すると
更に早い先客がいらっしゃったようで、
電話をすると
じっちゃんは既に作業中だった浜から
駆けつけてくれた。

それにしても福浦の朝は早い。
この時期の5時はいくらなんでも早すぎる。

さて、福浦と言えばアマダイ。
なのに、一昨年あたりから
新子の10数cmサイズが多く混じるようになり
アマダイ狙いからは遠のいていたが、
仲間のyさんやaさんが
今シーズンに入って良型を揃えていらっしゃる。

ということで、久し振りにアマダイを
狙ってみることにする。

と言いつつも、
福浦だけでなせる早朝の時合いは
ジギングでマダイ、
それに青物も1尾くらいなら欲しい。

海上で夜明けを待って沖に漕ぎ出し
定置網回りでジギングを始める。

マダイやヒラメを期待しつつ
底近くではスロー、もしくはただ巻き、
中層以降はスローよりも少し早めの
ワンピッチジャークで巻き上げてくるが
反応はない。

うまくしたもので
定置網のロープが及ぶ範囲内には
結構なベイト反応があるが
小心者の五目漁師は
朝一早々にリーダーもろとも持っていかれると
意気消沈の度合いが大きいために
危険範囲には近づかないことにしている。

その結果かどうかはわからないが
一度のアタリすらないままに
ジギングは1時間半程で終了し
続いて、少し沖に出て
アマダイの流し釣りを始める。

やはり餌釣りは違う。
早々にアタリがあり
少し小ぶりだがアマダイがあがってくる。

 

Dsxp184158s

 


潮の流れは殆ど感じないが
風は岸沿いに対して斜め沖(熱海方面)に
ボートを流してくれるので
-65mから-80mを探りながら
南北方向に場所も探れる
というなかなか良い感じだ。

そんな中で
いきなり穂先が海面に突っ込む強いアタリ。

なんだろう、
これだけの引きはアマダイではなさそうだ。
どうやら警戒したサバでもなさそうだ。

とにかく顔が見たいので慎重にあげてくる。

見えたのはイナダ。

 

Dsxp184164s

 


少し、いや
かなりがっかり。

とは言え
先ほどまでジギングで狙っていた
魚の一つではないか、
かなり痩せ気味に見えるが一尾ならいいか。

オキアミ餌のアマダイ仕掛けに
カンパチが掛かったり、
ヒラメが掛かったりすることはよくあるが、
さきほどまでジギングで
シャクシャクと狙って釣れなかった魚が
こんな風に殆ど同じ場所で
アマダイの仕掛けに掛かってくると、
分かった風な釣り師の狙いって
一体何?
と苦笑いしてしまう。

青物が釣れると静かなアマダイと違って
写真撮りの最中もバタバタと暴れるし、
血抜き処理も面倒だし
ボート内が急に騒々しくなってしまったが、

やれやれ、また元のアマダイ釣りに戻る。

その後は、ポツリポツリではあるが
最初の一尾を除いては期待通り
278cmの型揃いで申し分ない。

 

Dsxp184162s

 


残念なことにアマダイが
連続ヒットするコロニーは見つけられなかったが
数もそれなりに釣った(はずだ)。

仕掛けを落とすにも上げるにも
時間がかかる深場で
仕掛けの着底と同時に食ってくる
厄介なオキトラギスの部類も今日は
ほとんど掛からなかった。

あれだけ煩かったレンコダイの幼魚に至っては
一度も顔を見なかった。

すっかり福浦の海底は(今のところ良い方に)
変わってしまったようだ。

で、今日の釣果はこれ。

 

Cas188578s

 


あれっ?!

釣った大物がクーラーボックスの中で
小さくなってしまう話はよく聞くが、

釣ったはずの魚が
いなくなってしまうこともあるようだ。

今日は軽く12、3匹は釣ったつもりで
やや気をよくしていたのに
逃げられてしまった。

型揃いで一尾一尾が楽しませくれたてので
よく釣った気分になり
数え間違ったのだろうか。

で、釣った日刺身はアマダイと言えば
やっぱり昆布締めが美味い。

 

Cas188590s

 


締めるのに少し時間(2時間ほど)がかかるが
沖上がりが早い福浦なら
その日の夕食に昆布締めが間に合うのが良い。

五目漁師家の定番料理
バター風味のあっさりムニエル。

 

Cas188605s

 


白身魚ならアマダイはもとより
鯛もヒラメもハタも
この料理はよく合う。




自宅ではストーブを使い始めました。
500mlのペットボトルを4本も空にしたのが
つい最近のように思えますが
昨日は1本だけ持ち込んで
一度口につけただけでした。
水温は21度でした。
例年18度くらいまでは楽しめますが
各所の大物情報を聞くと焦りますね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

 


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

« どっちが先か?! | トップページ | 豪華“しゃぶしゃぶ味比べ”ならず »

<!ー020福浦釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
これぞ、ザ.福浦!!

これに憧れて福浦釣行が始まった訳ですが、今年は南風が強くて
あまりいけませんでした。

そろそろ行きたいですね。

ムツも狙いたいですしね。

お疲れ様でした。
新子は消えて良型中心。良いですね。

ところでアマダイ釣り。

最近はメインターゲットとしての対象から外れていました。
釣り方が非常に地味なのも理由なのかもしれません。
でも、思い出しました。

食ったらめちゃくちゃ美味いよね、と(笑)

と言うわけで、今週末はアオリ+アマか、
アオリ+カワハギ
で悩んでます。

それでは、また。

お疲れ様でした。

前回1匹だけ新子を釣りましたが、これだけ新子が居ないと、逆に来年以降が心配になります(笑)。

でもまあ、福浦はアタリが多くて本当に楽しいです。

釣れたイナダのお味は如何でしたか?
福浦のイナダは、結構脂の乗りが良いように思います。

APさん、こんばんは。

そうそう、皆さんに福浦を紹介させていただいた年までは
こんな感じでしたが、ここ2、3年は小型ばかりになっていました。
今年はアマダイの3段引きが面白いですよ。

アカムツ天気次第ですね。
別途連絡しあって予定しましょうか。

flex-pさん、こんばんは。

yさん達が地道に肥やして来られたおかげでしょうか
今年はこれだけ型が揃いますし、
何と言っても小物の邪魔が極端に少ないので面白いですよ。

アマダイかカワハギか
釣味的には深場のもたれアタリを察知して掛けるとグングンと来る
アマダイの方が好きですね。
食味は好き好きですからご家族にでも聞いてみてください。
意見が割れた場合には両方やるしかないでしょう。

腰痛持ちさん、こんばんは。

新子居ないわけではなく腰痛さんに狙われないように
どこかにかくまわれているんだと思いますよ。

これだけ釣れるなら
以前のように一度皆さんで一緒に詰め掛けても
面白そうですね。

イナダですが前回福浦で釣った個体が意外と美味しかったので
期待したのですが、今回は✖でした。
甘さもかといって新鮮さも感じられず
正直処分に困っています。
因みにアマダイは本日で完食しました。

おはようございます
風が冷たくなってきました
玄関にまだあるサンダルが嘘のように
あっと云う間に秋後半ですね
こうなると、気力が問題
釣りたい魚がいるかどうか、ですね
前回に続きアマダイも型が良さそうですね
私も同じように良い釣りの時
数を間違えたりします
型が良いと満足感からくる尺度ですかね
面白い釣りだったと想像できます
処で、ちょっと気になるのが
綺麗に並べられたアマダイの裾にいる魚
頑張って泳いでくれたので持ち帰ったのか
気になります

趣味人たけさん、こんにちは。

手漕ぎボート釣り、特に流し釣りはこれからの寒い季節には強いですね。
冬場は汗をかいてしまうと後で冷えた時に寒くなりますから
漕ぐ時には上着を脱いでゆっくり漕ぐようにしています。

アマダイも鯛と同じように3段引きしますから
これくらいのサイズになると結構面白いです。

一尾見える小魚はヒメコダイです。
アマダイと生息域や遊泳棚が同じなので
この魚が釣れるところにはアマダイがいると言われています。

今回は逆で、アマダイが釣れるところではヒメコダイも釣れる
になってしまいましたが。
20cmくらいにしかならない小型の魚ですが
天ぷらは絶品です。

こんにちは。

読んでいてにんまりとしてしまいました。
「あ〜っ、解りますそれ!」

狙いと違う物が釣れても良い物でだと苦笑いしてしまいますね。
「違うんだけどなぁ、、、でも、ありです」
と私は結果オーライで納得するしかありませんが。

80m下から巻き上げるのですから伊東の倍かかるのでお魚も2倍になった感覚になりますね。

まっくさん、こんばんは。

福浦は伊東と違って沖に向かうとどんどんと深くなります。
さてなんだろう思いながら深場から釣り上げるのは楽しいですよ。

まっくさんは今のところは伊東オンリーでしょうか?
たまには趣向を変えて福浦はいかがでしょうか
もし初めてでしたらご案内しますよ。

おはようございます。

アマダイが良くなってきましたね。

こちらは例年になく、マハタの40センチ以上のやつが釣れています。

キジハタやオオモンハタと勢力図が変わったようです。

そちらにも北上して釣れ出すかもです。

飛竜丸さん、こんにちは。

今年のアマダイはいいですよ。
回遊魚と違って好不調の波が小さいですから
今シーズンは楽しめそうです。

マハタ カモーン!
釣りものが少なくなる冬の海に
北上をお待ちしています。

おはようございます。

福浦には一、二度、オガタさんから出た事があります。
2馬力艇はどのようなものかと。
2人で乗るにはちょっと狭かったですね。
でも便利なんでたまには良いものかと。
ただ、私はあまり気にしませんでしたが、一緒に行った方々がどうも苦手があるようで、、、それ以来足を運んでおりません。

伊東に行くのはいくつか理由があり、電車で行くと始発で出ても開始が9時位になるので上がりが遅くても良く、交通費の関係で駅近なのでタクシー要らず、ボート代も比較的に親切なこともあり行っています。

と、ついつい疎遠になっておりますが、福浦ならレンタカーして下道で行っても苦にならないですし、コストも抑えられる上、更に帰りには平塚でロールケーキを買って洋食屋さんのゾロにも行けますから一度で何度も美味しいので是非お声がけください。

まっくさん、こんばんは。

福浦はどのボート屋さんも個性的ですから
慣れないとなかなか難しいですね。

ですが、その分は海の良さで十分取り戻せますよ。

エトーボートは真鶴の駅から電話すれば迎えに来てくれますので
まっくさんのように平日行だと電車行も問題ないと思います。

魚影濃い、近い、安い、コマセ要らない、
朝が早くて昼過ぎには終了・・と
落とせない手漕ぎボート釣り場です。

こんにちは。

エトーさんは駅まで迎えに来てくれるのですか!
親切ですねぇ、それは有難いことです。
でもご一緒できるのであればレンタカーで参ります。

確かに深場もボートで(誰でもできる訳ではないと思いますが)できるという点も面白いエリアだなぁ、と五目漁師さんのブログから関心は持っておりましたのでお誘いいただけてとても嬉しく思っておりますのでよろしくお願いします!

まっくさん、こんにちは。

夏場は一番電車でも遅いですが
冬になると電車でもハンディはないと思いますよ。

1月を過ぎて真冬の海になるとどこに行っても釣れませんが
福浦だけはアマダイがいるためにコンスタントに釣れます

さて、次回の釣りは(私には関係ありませんが)連休明けになりそうです。
伊東が不調のようですが流し釣りをやってみようと思っています。

こんにちは、五目漁師さん。

連休明けが、仕事上のお付き合いの球転がし大会なので参戦できないので残念ですがやはり私の場合は次回は12月頭の釣行になってしまいそうです。大会は千葉なので千葉は雨、真鶴は晴れだと大手を振って行けるのですけれど、本当に残念です。

まっくさん、こんばんは。

丁度今日は千葉に行っており今戻ってきたところです。

先日の釣り大会に続いて、今度は球転がし、
連休明けは天気も良さそうですから
存分に楽しんでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カイワリに続いてアマダイも型揃い:

« どっちが先か?! | トップページ | 豪華“しゃぶしゃぶ味比べ”ならず »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29