« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

タイラバ降参

昨日(1028日)は福浦(エトーボート)に釣行。

Dsxp184127s


今日は特に申し合わせたわけではないが
仲間のyさん、aさん、fさんと五目漁師が
福浦に集結することになった。

更に、カヤックのMさん達とも
海上でお会いできそうだ。

福浦には3軒の貸しボート屋さんがあるが
あいにくどのボート屋さんにもブログなどによる
釣果の情報発信がなく、
釣り師的な海の状況がなかなかつかみにくい。

今更ではないが、
ボート屋さん同士の関係が良くないと
なんとなくお客間のコミニュケーションもほとんどなく
今日も結構な人が海に出ていたのに
どこで何が釣れたのか、釣れなかったのか
殆ど興味津々のなぞのままに終わってしまう。

五目漁師が唯一福浦の情報として
チェックしているのは
小田原周辺の日々の定置網の漁獲を載せた
このブログ(小田原市場公式ブログ)。

我々の釣りにとって
どれくらいの参考になるのかどうかはわからないが
例えば、今回の釣りの前日にチェックした情報では
よその網がカマスやアジ主体に対して
福浦の網だけはイナダ350kgとある。

ほほー、福浦にはどうやらイナダが回っているらしい

だとするとワラサやカンパチも期待できるかも
となる。

ただ、残念なことに
この時期福浦で一番人気のあるアマダイが
こんな網に入ることはないし、
一本釣りのマダイや根魚の釣れっぷりが
どうかなどに関しては参考にならない。

さて、いつもながら
自分の釣果が振るわなかった時には
写真も書くこともないので
どうしても字数かせぎの前置きが長くなってしまう。

で、本日は少しでも福浦の釣り情報として
お役に立てればと五目漁師の貧家
(いつもはひんに続いてくだものと入力し、貧果に変換しているが、
間違って、いや間違ってはいないが
ごもくりょうしのひんかと続けるとこうなる。
なかなかうまい変換だ)


で、こんなことはどうでもよいが
要するに五目漁師の貧果情報だけでは
“福浦は釣れない” となってしまうので
敢えて仲間の釣果と合わせて
比較してみることにする。

先ずは、五目漁師の貧果。

Cas188463s


先の定置網水揚げ情報を参考にして
朝一は定置網回りで実直にジギングでイナダを狙う。

しかし、
意に反して大アジが一尾のみで終わってしまった。

その後、少しだけエギングをやった後は
高浦方面でジギングカンパチ、その後は
ずっとタイラバでマダイを狙い続けた結果がこれ。

これはfさんの釣果。

Image1


fさんも五目漁師と同じく
朝一はジギングでイナダ狙い。

そして見事2本のイナダを揚げた後は
石切り場前の-20m-25m付近でアキイカ狙い。

ここでも、きっちり4杯のアオリイカを掛けて
その後はジギングでカンパチ狙い。

どうやらこちらの方は振るわず
いつもの食い逃げ、いや颯爽たる早上がりだった。

続いてyさんの釣果。

Dsc_0073s

他にもアマダイの嫁入りが2尾とのこと



yさんは、オキアミ餌で
定置網沖-60m-80mを石切り場前辺りまで
流されていたように思う。

今日は魚の活性が低かったと言いつつ
素晴らしい釣果だ。

ここ2年ほどは
新子(1213cm)のアマダイが多くなり
五目漁師もアマダイ狙いからは遠ざかっているが
今年は本来の型が揃っている。

ただ、このお方
自他ともに認めるアマダイ釣りの名手なので
我もと真似てもこうは行かないかもしれない。

そして、今年初めての福浦とおっしゃっていたaさんは
さすがに最初のころは釣れないと苦労されていたが
終わってみるとアマダイは型揃いの3尾他だった。

一方、三っ石経由で
真鶴側からカヤックを漕いでやって来られたMさんは
恐らくジギング一本だったと思うが、
最終的に30cm37cmのハタを3
他に高浦の三つ石側で
大物をバラしたと悔しがられていた。

とこんな具合であった。

どうやら朝マヅメの一時を除いては
ジギングの青物狙いは不調。

マダイ狙いのタイラバは絶不調。

尤も、ジギングやタイラバは
元々一日やって一発来たら成功
そうでなければボは覚悟の釣りなので
これだけでどうのこうのとは言えないが、
オキアミのアマダイ狙いは福浦ならではの
好調といったところであろうか。

それに、fさんのアオリイカも光る。

“釣れた” コールで五目漁師も後を追ったが
へたくそには釣れず、

これもうまさを差し引かないと
誰でも言うわけにはいかなそうだ。

ということで福浦の釣果情報として
少しは役に立ったであろうか。

で、五目漁師の貧家では
せめて薬味を豪勢にと
唯一釣れたオオアジを
オイスターソースを使ったサワーソースかけに。

Cas188470s


これ、わかるかな?

アジがでか過ぎて、
一番大きなフライパンでも姿のままでは
ムニエルができないために
真ん中で真っ二つに切ってムニエルし
薬味で繋ぎ目を隠している。

そして、貧果の悔しさを噛みしめ
次に飛躍するためにも
寂しいハタの釣った日刺身。

Cas188476s






追記

そうそう、福浦は沖あがりが昼過ぎと早いために
夜明けとともにボートを出してくれる。

釣り師にとって
朝マヅメを釣らせてくれるのは大変ありがたいことで
他のボート屋さんにはない利点だと思っている。

ただ、最近はこれがエスカレートして
暗闇の中を沖に向かって出ていくボートが次々に!

以前にも書いたことがあるが
暗闇の中を走る(または操業する)ことができる船は
特別の許可を受けて
前後左右から自船が居ることが知れる
設備(両色灯など)を付けている。

近づいてくる船には
車のように明るい前照灯が備わっているわけではないので
自分の居場所を知らせて安全を確保している。

手漕ぎボートや2馬力艇だからといっても
見えないものは見えない。

もし他の船が向かってくれば逃げればよい
なんてことを考えているとしたらそれは間違い。

スピードの違いからすれば止まっているに等しいし、
まして竿を出していたりしたらもうじたばたするしかない。

危ないですね。

こんなことで関係者から一言いわれて
折角の早朝出廷(もちろん明るくなってから)が
禁止などにならねばいいがと
暗闇の湾内で浮かびながら心配していた。

 


鯛はどこに行ったのでしょうか。
それこそ情報が欲しいですね。
yさんやaさんの釣果を拝見し
この型ならアマダイも面白そうと思っています。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

満を持しての釣りだったが風と波には勝てず

昨日(1022日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

このところ北寄りの風が強く
浮かぼうにも浮かべない日々が続く。

あんな釣りも、こんな釣りも、
今度はこうやって、ああやってと思いが募るばかり。

お天道様も意地が悪すぎる。
外気はどんどんと冷えてしまい、
もうTシャツの釣りから
一気に防寒着が必要な釣りになってしまったではないか。

確か昨年も秋がなかったような記憶がある。

早朝の外気温は14℃、
海水面はまだ23度以上もあるため
手を入れるとさすが伊東の海、
これなら手に付いたコマセを洗い落としながら
腕湯が楽しめる。

今日の釣りは欲張りだぞ。
マリンタウンの沖まで出かけて
先ずジギングでカンパチ、
久し振りに沖を流してオキアミでアマダイ、
そしてサバタンでオニカサゴ、
時間があればタイラバでマダイも狙ってみよう 
と当初は考えていた。

ところが、前日にオヤジさんに予約の電話を入れると、
あまりいい話ではないんだけど、
実は昨日そのポイントに
船外機で行った人がいるんだけどね、
フグの猛攻でさー、2時間ほどで逃げ帰ってきちゃったよ。

一心に海に出たい思いが募る妄想の中に
フグの登場なんてあるわけがないが、
考えてみればなるほど、あいつがいるんだった。

だったらこの釣りを加えよう。
朝一にアジポイントで
比較的フグの猛攻が避けやすい泳がせ釣りをやって
最初にヒラメで釣果の保証をとっておくことにしよう。

なんて、釣り師の釣果は釣りが始まるまでは
一方的に膨らむばかりだ。

少し波風が気になるが、
予定通り先ずはアジポイントのアジ釣りから始める。

Dscf4106s


直ぐに釣れるはずの一尾目を泳がせるために
もう2.7mの泳がせ用の竿の準備も終わっている。

しかしどうしたことだろう、
魚探で覗く限り海底は静まり返っている。

いつもなら魚種はわからないにしても
この漁礁周りを探せば結構魚が流れているのに。

コマセを入れれば寄って来るかも 
と元よりここでの釣りは1時間程度と決めているので
2kgのコマセを大判振る舞いするが
一向に魚は見えてこない。

苦労してたまたま一尾釣れたとしても
こんな貧乏そうな海にヒラメはいないわな!

心の中で悪態をついてさっさとヒラメ竿をしまって
早々にマリンタウン沖を目指す。

ところが、しかし、一体なんじゃこれは。

Dscf4110s


“私暇なんで” の五目漁師、
日々天気予報とにらめっこし、
オヤジさんには予報と実際に目の前にする
釣り場の波風との違いまでも確かめた上での
満を持したお出かけ
(いや、もうこれ以上は待てないという気持ちが
心の隅に潜んでいたのかもしれない)
だったにも関わらずこの風と波、それにウネリでは
これ以上沖には出られない。

どうしてくれるんだ!

海上が落ち着くまで岸寄りの釣り
(と言っても-40m近辺)で
我慢して待つことにするが
この時点でメインの狙いであったオニカサゴと
アマダイ釣りは諦める。

-30mラインまで流されては
またペッタンペッタンと船体を波に叩かれながら
駄目だぁ駄目だぁ、なんてこったぁ
と一漕ぎ毎に打ちひしがれながら
また-40mラインまで戻り、
ただ巻きジギングを繰り返す。

道糸が斜めるので根掛かりさせても困るし、と思いながら
値が張るタングステンのジグから
本体は青系のラメ模様、
ダブルのアシストフックには
キラキラのフラッシャーが付いた
ド派手なジグに替えた時だった。

グイーン。

本日初めての大きな手ごたえ。

このリールは小物のコマセ釣りにも利用するために
PE1.5号、リーダー5号を使っているので
時折ドラグを出されるものの余裕の巻き上げ。

上がってきたのは、
五目漁師が食味的には一番好きなハタ
(アオハタ43cm)、
でっぷりと太っている。

Dscf4114s


ヒエー、これで一安心だ。

オヤジさんからはいつもと同じなら
沖の風は昼までには静かになるよと聞いていたが
一向にその気配はない。

それにしても今日は伊東名物のイトヨリも掛からないし、
ホウボウも掛からない。
それに心配していた噂のフグのフもない。

魚が居ないのか居ても食う気がないのか、
こうなったらもう一尾ハタが欲しいが
もう攻めるポイントもなくなってしまった。

シーズン中には
岸からワラサが狙えるポイントがあると聞いているので
近くのテトラ周りに近づこうとするが
こんな時には
あまり岸寄りは不規則な波や風が立つので
返って危ない。

仕方なく最初のハタが掛かった辺りを中心に
魚探の航跡ができるだけ重ならないように
漕ぎ回っているとやっとアタリ。

先のに比べると重量感はないが
どうやらまたハタのようだ。

あがってきたのは、再びアオハタ(32cm)。

Dscf4120s


さて、とうとう2時半になってしまった。
沖を見ると、このころにはうねりは残っているものの
やっと海面が落ち着いてきたようだ。

しかし、今さらもう遅い。

適宜めぼしそうなところでジグをただ巻きしながら
半分追い風の中を帰る。

で今日の釣果はこれ。

Cas188412s32cmと43cmのアオハタであるが、
長さの違い以上にボリューム感の違いに驚かされる。


狙ったヒラメもアマダイもオニカサゴもマダイもいない、
というか狙いの釣りをすることができなかったが
思いがけず良型のハタが釣れたので良しとしよう。

おや? いつの間にか小アジがいるぞ。

実は、朝方殆ど使わなかったコマセと付けエサ。
どうせならボート乗りに場に近い
地元の魚に大きくなって欲しいので
帰路のアジポイントでばら撒こうと寄ってみた。

すると朝方は皆無だった漁礁の上に
真っ黒な魚影が流れているではないか。

これはきっとアジに違いない。

時計を見ると320分。
時間はないが釣り師としてはこんな絵を見ると
お試しでいいから竿を出してみたい。

朝に使ったまま仕舞わずに置いていたアジ釣り仕掛けを
急いで放り込むと案の定入れ食いだ。

うーん残念、正に泳がせサイズの小アジではないか。
あと1時間欲しかった。

アンカーを入れて、また引き上げる間はないので
流れながらの釣り。

直ぐに通り過ぎるポイントに何度か漕ぎ戻りながら
なんとかおかず分を釣って
遅刻気味で帰る。

いつも最後になり
浜でオヤジさんを待たせてしまうので
今日は早目の予定であったのに申し訳ない。

さて、釣った日は正におかず狙いで釣った
小アジのタタキ丼が美味い。

Cas188416s


次の日(本日)はハタのしゃぶしゃぶ、

Cas188430s

Cas188433s

もちろん、その後はアラでとった出汁を加えて雑炊。

Cas188445s


小アジの骨せんべいと端魚の唐揚げ。

Cas188441s

 


海水温は23.4度でした。
うだる暑さも通り過ぎ海中は一番賑やかになるころですが
どうしたんでしょうかね。
海上の荒れ模様とは相反してシーンと静まり返っているようでした。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

私暇なんでピッカピカ

一昨日は久しぶりに仲間と遊漁船の釣りを予定していたが
強い北風に流されてしまった。

ならば、いつもの手漕ぎでと
本日は伊東を予定したが
これも風で✖。
そして明日もまだ無理そう。

沖合では強い北寄りの風が吹き続いているために
ちょっとした風向きの変化で
岸辺にも風のおこぼれが入ってくるが
月曜日辺りは少しは安定しそうだ。

そんなこんなで、私暇なんで

こんな機会にと包丁をピッカピカ(ではないかな?)に、

Cas188253s


リールもピッカピカ
しかも水深表示の校正もやった。

Cas188397s


まだ釣りに行けない今日は駄目押しで
車を内側も外側もピッカピカに。

Cas188391s


そうそう、今から近くの温泉銭湯で
やっぱり今日の風では出られなかったfさんと
湯に浸かり
体もピッカピカにした後で残念会をやることになっている。
さて、そろそろチャリで出かけよう。

月曜日出られますように!

 

この風、参りますね。
もし出られれば
久しぶりに沖を流してオニカサゴとアマダイを狙う予定です。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

釣り賭博は貧果同士の引き分けに終わる

昨日(106日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

1dsxp184092s


毎週のように台風がやって来るが
関東の今週末は大丈夫そうだ。

今日はaさんとfさんも伊東ということで
楽しい釣りになりそうだ。

隣のボート屋さんから一足早く岸払いされたfさん。
今日は正面沖でカイワリ狙いの予定と聞いていたが
そのポイントの近くに自衛隊の船が停泊しているので
行先を五目漁師の行先と同じアジポイントに変更されたらしい。

アジポイントで朝の挨拶がてら調子をお聞きすると、
既にアジやカンパチが釣れ、
魚の活性が良いとのことで五目漁師も力が入る。

早速、竿を出すと
直ぐに泳がせサイズの小アジが釣れる。

今日はこのアジを釣りながら泳がせで
先週逃がした大物に期待する。

先週はドラグを引き出され根に潜られて失敗しているので
今回は十分に締めこんで
底から2mで竿を竿掛けに掛けて待つ。

アジの方は初めのころは入れ食いモードであったが
次第に魚探の魚影が薄くなると正直に釣れなくなってくる。

近くのfさんは相変わらず調子がよさそうだ。
アジの他に型の良い平ソーダ、カンパチ、アイゴ(放流)と忙しそう。

何故こんなに釣れっぷりが違うのだろうか?

カンパチが釣れたのを見て
慌てて3号ハリスを4号に替えていたが
それをまた3号に戻してみたり、

ウイリーを餌仕掛けに替えてみたり、

ビシの下穴を開けてシャクリを変えてみたり、

棚を広く探ってみたり
(調子に乗ってあまり上までシャクリ続けると
必ずソーダが掛かってくる)

といろいろやってみるがどれもこれもうまくいかない。

何度かアンカーも入れ直してみたが
やがて風、潮が変わり吸い付かれるように
fさんのボートに寄っていく。

ポイントが狭いので致し方ないが、
最後にはfさんのボートのスターン舫わせていただき

Dsxp184096bs


これで位置取り的には安泰かと思ったが
釣れないものは釣れない。

fさんは既にクーラボックスに入りきらないほどの釣果を上げられ
颯爽と12時前後には早上がりされてしまう。

Image1fさんの釣果


釣りが上手なお方は去るタイミングも実にうまい。
帰られた後、昼からは潮が悪くなったせいか
五目漁師のそばに残った魚は

2dsxp184103s

3dsxp184102s



ベラ、サクラダイ、イラ、シラコダイ(もちろん、全て放流)
などわけのわからな魚ばかりで、
アジもお客様のカンパチもどこへ行ったやら。

泳がせの方は3匹は(恐らく)逃走、
4匹目は真下に弛んでいた自分のアンカーロープに絡めてしまい
ハリス切れで
結局アタリらしきアタリは一度もないままに終わってしまった。

あんなカンパチがいるなら
もう少し上を泳がせてみる手もあったはず
と後で気が付くへたな釣り師の知恵を地で行く五目漁師。

で、今日の釣果はこれ。

4cas188305s


なんとも致し方ない釣りに終わってしまったが
実は今日は3人で釣り賭博をやっていた。

負けた方が
この後行く伊東の温泉銭湯代金(250万円)を
支払うことになっている。

いらっしゃれば文句なしの勝ちであったfさんは
早上がり遁走されたので対象外であるが、
aさんの釣果が気になる。

釣り最中に飛び交うメールで大体の状況はわかっていたものの
貧果同士の微妙な差が気になる。

これはaさんの釣果。

Photo

(オーシャン釣具の釣果ブログより転載)



最初の約束で
カイワリはマアジ3尾に匹敵する
と決めているのでどうだろうか?

実は、aさん釣ったマアジをマルアジと勘違いされて
20尾くらいは放流されたらしい。
(マルアジかマアジかくらいは自分で見分けてよね。)
ということで、本日の勝負は引き分。

釣った日刺身はアジとソウダカツオ。

Cas188311s


気分的なものなのか、
先週は美味いと思って食ったアジが今日はそんなに美味しくない。

次の日にはソウダカツオのたたき。

Cas188314s





アジポイントで釣れるカンパチ、正面沖で釣れるマアジ、
どちらも珍しいです。
カイワリのシーズンでもありますが今のところ型が小さいことを思えば
別の魚狙いもありだと思います。
今年は特に海の変化が大きいようにも思えます。
あと約2か月、どこで何を釣るか作戦を立てながらの釣りになりますね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »