フォト
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月24日 (火)

やっぱり

昨日(723日)は大津(石田丸)に釣行。

以前から大津に行ってみたいと言っていた
都内の端っこに住む弟を誘う。

五目漁師とは4歳違いで
デザイン関係の仕事をしているが
自由業は止めるきっかけをつかむのが難しそうだ。

何だかんだと結局、
よぼよぼになるまで働き続けるような気がしている。

ただ、365日連休とは言わないまでも
なんとか平日行の都合くらいはつくようになったらしい。

昔から、一人で行くと釣れないが
五目漁師と一緒に行くと決まって大漁。
一方、五目漁師は貧果に終わるというジンクスがある。

さて、今日はどうなることやら。

このところの暑さは除いたとして、
申し分のない釣り日和。
(暇人同士がそんな日を選んだのだから当たり前ではあるが)

大津での狙いと言えば先ずはアジ。

夏場は調子が良いと言われる
排水口沿いの浅いところは好きではないので
一番沖のガレ場方面を目指す。

海苔棚がないこの時期、
途方に暮れるアジのアタリポイント探すために
弟をガレ場まで案内した後、
五目漁師は富士山根に戻る。

どちらかで釣れれば
互いに連絡し合い一緒に釣る魂胆だ。

20分後に五目漁師にやっとアタリがあり、
それから23匹釣れたところで電話を入れる。

向こうは今のところ餌もなくならないというので
こちらにやって来る。

1dsxp183945s


その後は入れ食いになったり、
一休みしたりではあったが
223cm前後のアジが順調に釣れ続く。

五目漁師は
ウイーリー吹き流し3本針(後半は餌2本針)を手持ちに
反対舷側でヒラメ狙いの泳がせ、

弟は餌の胴付き仕掛けでアジ専門。

2dsxp183950s

3dsxp183942s大津のサバは美味しいと聞くので試しに2尾を持ち帰る


こいつのために一張らの釣り専用上着が赤玉模様に

4dsxp183947s返り血だ、悪いことはできない


暑さのせいか泳がせアジは直ぐに弱ってしまう

5dsxp183952s


朝方は山電機沖の岸側に所狭しと遊漁船が集まっている。

大きな船で港を出て、そこか!
もうすこし能も期待もある釣りができないの
と言いたくなってくる。

それでも、自分もアジ釣りの後にでもやってみたい
と準備してきたボートの隅に置いたジギング竿が気になる。

アジはそれなりに釣ったし、
せっせとコマセを使い果たして
12時過ぎにはなくなってしまったので
弟を置いて船の居なくなった山田電機沖に移動する。

しかし、遊漁船団にかっさらわれたのか反応はない。
しかもこのころから南西の風があがってきたので
そろそろ引き上げようかと思った間際に
やっと小型のタチウオが掛かる。

6dsxp183954s


昨年、数を釣ったのは確か9月だったが
型はもう少し良かった(80cm前後)ように覚えている。
これでは食べるところがない。

いつも制限時間一杯の五目漁師としては珍しく
少し早めの上がり。

で、本日の釣果はこれ。

7cas187575sアジ2422cm28



帰宅後弟に電話で確認すると
なんと50尾超えだったらしい。

やっぱり。

釣った日刺身はタタキのてんこ盛り。

8cas187582s


別にも作り置きしてあるので残ったのと合わせて、
ヨメサンはタタキ丼

9cas187598s


五目漁師は出汁茶漬けにする。

10cas187602s


ふっかふかのフライと骨せんべい(唐揚げ)。

11cas187593s


やはり真夏の大津のアジは絶品だ。

今日もペットボトル(500㏄)を4本飲み干したが
まだ喉の渇きが癒えない。
いつもなら途中で飲み忘れてしまい、食いに走ってしまうのに
ビールの旨いこと。

2日目は昼にマサバの味噌煮

12cas187606s_2

油壷、福浦、伊東のサバとは確かに違う。
これなら12尾は持ち帰ってもよい。




昼にサバがいけることを確認したので
夕飯は焼きサバ寿司にしてみる。

13cas187621s


太刀魚の塩焼き

14cas187610s


アジのゴマ漬け

15cas187615s



さて、ペースダウン宣言したにも関わらず
10日ともたず出掛けてしまい、実は後悔している。

挑戦中の気象予報士の実技試験を8月末に控えているのに
釣りに行くと
準備、当日、後始末、料理にブログ書きで
丸々2日以上はとられてしまう。

学科試験免除のまたとないチャンスも今回が最後。

しかも日々進行するボケ度
(目の前にあるのに物探し、
しゃべるとあーうーばかりで言葉が出ない、
釣り具のカメヤで1050円の買い物をして1000円札を出し
50円のおつりを待ってレジのお姉さんとにらめっこ、
オキアミの尻尾に釣り針がなかなか命中しない、・・・)
から判断して
年齢的にはこれが最後かなと思っているので
この頑張りどころはペースダウンどころか
釣り禁にせねばと思っている。

さて、できるかな?



居れば誰でもどこでも釣れるアジと思っていたのに、
同じところでこれだけの差がつくとは驚きでした。
あいつ、へたくそなはずのに。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2018年7月15日 (日)

いろいろ欲張ってみたがボ

昨日(714日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

このところタイラバの調子がいいが
今回のお目当てはジギングで狙う
ドラゴンサイズかと思わせるほどのお化けタチウオ。

で、連休には娘家族がやって来るので
できれば鯛も欲しい。

さて、今日は久しぶりにPさんを茅ヶ崎駅でピックアップする。

1mp1227s


Pさんとはもう223年も前に、ミクロネシア連邦のポナペで
たまたまスキューバダイビングを
ご一緒させていただいたのが始めで、
以来国内のダイビングや釣りを楽しむ
もう旧知の仲と言ってもよいほど長いお付き合いになる。
(PさんのPは五目漁師が勝手につけたポナペのP)

もちろん五目漁師よりも一回り以上も若いが、
お子様にも奥様にも遊んでもらえなくなり
最近は一人でスキューバダイビング、スカイダイビング、
そして釣りと楽しんでいらっしゃる。

そのPさんは今日は正面沖で多分カイワリ狙い。

五目漁師は調子に乗ってまたマリンタウン沖に出る。

2dsxp183929s


実はここでもうおひと方にお会いできそうだ。
ブログにコメントを下さるMさん。

昨年あたりまでは福浦でよくお見掛けしたが
いつのまにかカヌーフィッシングでご活躍中。

今日はお化け太刀魚やハタが良く釣れるポイントを
教えていただくことになっている。

五目漁師が到着すると
沖で鯛狙いの最中であったが
しばし中断してタチウオ(が釣れた)ポイントを案内いただく。

既に早朝にゲットされた一尾を
クーラーボックスから取り出して見せていただく。

3


びっくりする五目漁師に
いやいや前回仲間が釣ったのはこんなもんじゃなかったですよと。

うーん、これが欲しい。
これが一尾釣れたら今日の釣りはOK
と気合を入れて直ぐにジギングを始める。

ポイントといってもここにたむろしているわけではなく、
ここで釣れたことがあるという程度で
もちろん回遊待ちになる。

その周りを魚探を凝視しながら
2人で2時間ほどやってみたが
Mさんに痛恨のバラシ(フックのケプラーを切られる)が一度あったのみで
残念ながらここはいったん終了。

今度は五目漁師が案内(というほどではないが)して
鯛、青物狙いに切り替える。

五目漁師は焼けるような暑さの中を手漕ぎで
いつもの1漕ぎ3フォール、
Mさんは足漕ぎで移動しながらの
スマート&ラクチンそうな釣り。

4dsxp183935s



-50
mから-65m位までを2人がかりで網羅したが
Mさんはアタリやバラシが数度、
五目漁師はお触りが数回で残念ながら釣果はなし。

水温は一気に28度まで上がっており
大物も動きが鈍かったのかな?

何れにしても、この先まだ上がりそうな水温の中、
今回のお化けタチウオのように
見たこともないどんな魚が現れるのか、
釣り師がこの暑さにどこまで耐えられるかどうかはわからないが
楽しみだ。

5dsxp183940s


で、五目漁師の本日の釣果はボ(*注釈参照)

Cas187506s


Mさんは明らかに五目漁師に比べるとアタリが多かったが、
どうも五目漁師が釣れたのを知って
そばに寄って行って興味津々応援するとバレることが多く(申し訳ない)、
悔しがられる姿は幾度となく拝見させていただいた。

それでもあのタチウオは立派だったし
ハナダイや珍しいトラフグ(多分)の釣果もあった。

一方、一日正面沖で粘ったPさん、
カイワリ以上に嬉しいコサバが釣れたタイミングで
間髪入れずに泳がせて50cmのヒラメはお見事。

岸に上がるとオヤジさんに今日は正面沖だったよ
と言われてしまった。
カイワリこそ不調であったが大物(多分真鯛)のバラシが
何件かあったようだ。

カイワリの活性が低い時にはハリスを細くしたい、
そんな時に限って大物が飛びついてくる。
これが釣りの面白いところ。

さて、今回はハナダイの次の日刺身。

Cas187512s


他に料理がないので先の真鯛の料理から。
鯛は料理の幅が広くてよい。

カマの塩焼き

Cas187453s


カマの唐揚げ

Cas187497s


アラの煮つけ

Cas187474s


カルパッチョは自家製のバジルソース

Cas187463s


チーズを使ったオリーブオイルとレモンのソース、

Cas187476s


ポトフー

Cas187482s


にんにくアンチョビソース

Cas187519s


そして、大量消費にはこれが良い、真夏のしゃぶしゃぶ。

Cas187525s


娘家族が連休に遊びにやって来たのでこれで完食。


*注釈:
五目漁師はボウズの程度を3段階に区分している。

[ボ]
お目当ての魚は釣れず、外道も貧弱であったがぎりおかずにはなる。
(よくある)

[完ボ]
何かは釣れたとしてもクーラーボックスに放り込む魚はなく
ボックス内は氷だけで冷えきっている。
(年に数回ではあるが調子が悪いと続くこともある)

[超絶完ボ]
魚とのコンタクトが一切なく打ちのめされ笑える釣り。
(こんなことが年に数回もあったらもう釣りはやめる)






さて、これで好釣の連鎖が切れました。
実は8月末に恒例のイベントがあり、こんなことでは駄目だと思っていたところです。
昨年は丁度このころに車がなくなり
否が応でも釣りからしばらく離れることができましたが、
今回もこれを機会にしばらく釣りはトーンダウンして
イベントのために頑張りたいとい思っています。
この暑さですからグッドタイミングです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2018年7月10日 (火)

宿題は持ち越したが

昨日(79日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

今回は前記事の通りヒラメ、マゴチをジギングで狙う。

という予定であったが
直近の様子を見るとカイワリの調子が良さそうだ。
折角だから朝少しだけカイワリをやってみよう。

というつもりであったが
前日の晩にMBLさんから
5本でまだ余る今までに見たことがないようなタチウオを
仲間が釣りましたとのコメントが入る。

よし決まった、
いつでも釣れるカイワリはやめて、
たぶん今しか釣れない、
いつ回ってくるかわからないタチウオに時間をとろう。

今日は天気予報では曇りのはずだったのに
見事に晴れわたり
朝から火のそばにいるような熱さだ。

1dsxp183880s


いきなり吹き出す汗をアクエリアスでカバーしながら
マリンタウン側に向かって漕ぐ。

防波堤沿いの-20m-30m辺りで
お約束のヒラメ、マゴチ狙いのジグを入れてみる。

そうそう、今日は魚探のトランスデューサーを固定する
専用の竿掛けを忘れてきてしまったので
結束バンドで旗のポールに結び付けているが
ボートが動き出すと天に向かって送受信してしまうので
漕ぎながらのベイトチェックなどはできない。

2dsxp183911sトラジュがぼけているのは隠しているわけではなく
単にレンズに水滴が付いているだけ




ベイト探しはindeed ♬♬
なんて呑気に口ずさんでいる場合ではない。

GPSの航跡だけが頼りで
しかもこんなところでジグでのヒラメもマゴチも実績はないし、
一応イメージトレーニングはしてきたものの
釣り方はわからないしで
全く釣れる気分になってこない。

直ぐに嫌になり沖のタチウオ狙いに切り替える。

3dsxp183921s今回のために新調した一番釣れそうな(?)ジグに
化け物対応でワイヤーも付けている




ここでもガンつけてボートを止め、
その後でやがて見えてくる海中が真っ白だと釣れる気がしなく
むやみやたらに場所移動を繰り返す。

そんな中で最初のアタリは
結構グイーングイーンと静かながらもよく引く。

ひょっとしてハタかなと期待しながら上げてきたのは
びっくりするほど大きなホウボウ。

しかしこれは船べりでバラシ。

いつものタイラバの調子で
一シャクリも入れなかったので
あの硬い上顎を針が貫通していなかったようだ。

それにしても困った。
偶に回遊してくるタチウオ狙いは
このままでは空を切るばかりだ。

ここはやっぱりポイントがそれなりにわかっている
真鯛狙いに切り替えよう。

水深50mから少しずつ
前々回逃がした奴の居場所(水深60m)に向かって
タイラバを落としていく。

魚のアタリはないが
このころからポツリポツリと雨がアタリ出す。

今日は一日曇りの予報だったので
これくらいは辛抱しよう。
(実はあがってからオヤジさんから
今朝の最新情報では雨有りに変わっていたよっと聞かされる)

しかし、ここで一発、雷!!

うーんまだ遠そうだが
もう一発来たら逃げ帰ろう。

結局この後はなかったが、
突然今度は岸の方から凄い音が聞こえてくる。
雨だ。

しかも普通の降り方ではない。

4dsxp183896s


五目漁師は若き学生時代に
自転車で2週間かけて西日本を一周したことがある。

九州の阿蘇などでは一日大雨の中を走ったことがあり、
この時以来、雨を我慢する一つの“こつ” を心得ている。

簡単なことだ。
今、自分はプールで泳いでいるんだと考えることにしている。
そして次に、“なんだこの水の少ないプールは!” 
と大声で文句を言う。

これで夏の雨なら苦にならなくなる。

それにしても、一向に止む気配がない。
ボートにも結構水が溜まって来たのでバケツで掻い出す。

“水洗いはできますが水の中に浸けることはやめて下さい”
と注意書きのあった本日おろしたてのリールの行く末が気になる。

タイラバは続けるが集中などできるわけがない。
もう1時間近くも降っている。
諦めていよいよ岸に向かって漕ぎ始めたころに
やっと小降りなる兆候が見え始める。

元々ポーズだけで帰る気などさらさらなかったが、
これで晴れて元の場所に戻って再びタイラバを始める。

5dsxp183907s

偶然か一雨降ったせいかはわからないが
コツコツとアタリが出始める。

結構、底潮が流れているようだ。
無風なのに適度にラインが斜めになる。

潮に引かれたり、
活性化した魚の波動が伝わってくるのであろうか、
こういう時にはタイラバの周辺が騒々しくなってくる。

そして、ついにキターッ!
強烈な引き込み。
しかし竿が耐えられず直ぐにバラシ。
(何故かドラグが目いっぱい締まっていた。)

そのアタリからものの10数分後に
再び長いモゾモゾ感がゴツゴツに変わる。

グイーン、こいつは鯛に違いない。

今度は調節し直したドラグが適当に魚の引きを逃がしてくれる。
ただ、首振りのショックはドラグでは逃がせないので
竿の曲がりで逃がすしかない。

でかいぞ。やったー。

Dsxp183899s


あの雨の中で帰らなかったので
オヤジさんが心配しているかもしれない。

ここで、消息報告のつもりで “釣れましたよ” と連絡を入れると、

(釣れて)良かったよかった、
まだ時間があるからもう一尾をあげて! 
と相変わらずの釣り好きだ。

まだ11時半を少し回ったところだ。
この分なら本当にもう一尾いけるかもしれない。

そして、わずかにその30分後、
奴の居場所を通り過ぎて水深は65m

また小さいアタリから辛抱して辛抱して引き込みを待つと、
キターッ。

これも鯛に違いない。
このころには一層に潮が速くなっており
鯛が浮かんだのは50mもボートの潮下側。

ぽっかり浮いたときには目を疑うほど大きく見えたが
上げてみると先ほどと同サイズだ。

Dsxp183916s


なんとかクーラーボックスに押し込む。
もう鯛はよい。

実は、先ほどオヤジさんと電話で話した時に
マゴチをやるなら浅場のどこどこでやってみてよ
と注文を受けているので、
ところどころでタチウオ狙いのジギングをやりながら
145mの浅場に向かう。

しかし、朝やったのと同様(釣り方がなっていないので)
気配が全く感じられない。

結局、直ぐに諦めて最後にいつもの正面沖に出て
再びタチウオジギングに切り替える。
1本でいいからなんとかその面構えが見たい。

そして約1時間、
音沙汰なしのままで残念だが沖上がり。

岸ではあれからどうだったと聞くオヤジさんに
2匹目来ましたよと言いながらクーラーボックスを開けると
この型で2尾揃えたのは初めてだよ、
3匹だともっと良かったんだけど惜しかったね、
とニコニコしながらこれでもかの突っ込み。

で、今日の釣果はこれ。

Cas187435s_2鯛は69cm67cm ザル径:60cm



期待したヒラメもマゴチもタチウオも釣れなかったので
宿題はそのまま持ち越すことになってしまった。

2尾の鯛を捌くのに2時間以上もかかってしまったので
夕食は簡単に鯛茶漬け。

Cas187447s

これはまだお湯をかける前





やっぱりお化けタチウオ釣らなきゃ、群れが変わる前にと焦っています。

本日もポチッとよろしくい願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2018年7月 6日 (金)

まだまだ取りこぼしが多い今年前半を振り返る

ギャーッとか言いながら
ヨメサンが階下で何やら大騒ぎしている。

これだ!

1cas187405s


釣魚料理を飾るつまづま。

2cias187409s


最近は肝心の魚がないので
昨日まではいつでもちぎってくれと言わんばかりに
青々としていたパセリがこの通り一晩で見事にやられてしまった。

犯虫はあれだけのものを
どこに収めてしまったのかわからないほどの
たいして大きくもない3匹の青虫だった。

さて、お股の傷も気にならなくなり、
ようやくボートも漕げそうになったと思ったら
この風に雨。

仕方がないので暇に任せて
今年前半の釣果写真を繰ってみた。

写真がなければすっかり忘れてしまっているが
赤いのも青いのも結構釣っている。

冬は定番の福浦アマダイ

3cas185588s1月13日


昨年から少し足を延ばした結果、
伊東では珍しいアマダイ混じりの赤い魚

4cas185661s1月21日


やはり福浦でも少し足を延ばした結果、
五目漁師としては初めてのクロムツやキンメ

5cas186342s3月23日


伊東のカイワリオープン戦は
ハナダイ混じりでそこそこ

6cas186413s

4月2日




そして釣れなくてもただでは帰らないこんな釣果もあった。

7cas186563s4月10日


これが今年のカイワリ最盛期、
例年になく型は良かった。

8cas186632s4月23日


このあたりからコマセ釣りがやや面倒になり
福浦、伊東でタイラバをメインにマダイを追う。

そして、釣れたのは

9dsxp183771s62cm 5月1日

10dsxp183808s83cm 5月29日 

11dsxp183850s

85cm 6月14日

12dsxp183862s

70cm 6月14日


こうして釣れた時だけの写真を見ると結構釣っているが
まだまだ妄想は先走りしている。

泳がせ用のアジが釣れないこともありヒラメがいない。

巻き巻きしながらいつも頭から離れないハタもいない。

そもそも福浦で足を延ばしたのはアカムツが目的であったのに
それもいない。

東伊豆では珍しいと言われるタチウオを
一度でいいから数を揃えたい。

13cas187237s

6月9日



それに何と言っても惨敗続きで手も足も出ない観音崎。

今年は一度も行かないままシーズンが終わってしまった
春のデカアオリ

など取りこぼしも多い。

で、こんなものも揃えた。

14cias187414s


決まってクラッチの具合が悪くなってしまうD社のリール
(本当のことだからはっきり言っても問題はないだろう)を
諦めてS社のリールを物色している中で
面白い新製品を見つけた。

当初の買い替え目的から趣旨が変わってしまったが
フォールレバーという試してみたい新機能が付いている。

一投目マジックを信じてポイント点々とする
五目漁師のタイラバやジギングにはぴったりの気がしている。





次は週明けですかね。
先ずはヒラメ、マゴチ、タチウオあたりを狙ってみます。

本日もポチッとよろしくお願ういします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »