フォト
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月27日 (水)

“私暇なんで” 五目漁師のリーダー考

五目漁師のオマタにちょっとした事故があって
手漕ぎボートのあの硬いベンチに一日座っているのが辛いので
ボート漕ぎは少し(たったの23週間ほどだが)休まざるを得ない。

で、やることもなく部屋の中でリールを空回ししながら
PEの先っちょに付けているリーダーについて思いを巡らした。

Cas187356s_2


数十年以上前、
新素材と言われるPEラインがまだなかったころには
当然のことながらラインはナイロン、
今の五目漁師のような五目釣りなら4号か5号くらいを使っていた。

PEラインが店頭に現れた時には値段が高くて手が出なかった。

初めて使った時の感想は
なんじゃこれは、ふにゃふにゃで扱いにくく
面倒なラインだと思ったことを覚えている。

今ではNSや巻きこぼし釣りなど一部の釣りを除いては
当然のことのようにこの細くて強くて伸びないPEラインを使う。

エギングやタイラバ、ライトジギングなどは
寧ろこのPEありきで成り立っているといっても過言ではないだろう。

五目漁師はエギングには0.8号、
タイラバとジギングでは1号を使っているが
0.4号や0.6号を使う釣り師もいる。

細くなればなるほど海水の抵抗が小さくなり、
伸びも小さいPEの特性とも相まって
魚の動きが直に手元に伝わってくる。

その分ラインの強力限界は当然小さくなる。

細いがためにビンビン、ピクピクと感じやすいが、
相反してラインブレークの心配は大きくなる。

このシビアな選択をドキドキ感じながら大物と対峙する。
これが正にルアー釣りの醍醐味であろう。

そして、この極細PEを利用するにあたってなくてはならない相棒が
PEの先っちょに結ばれるリーダーだ。

Cas187350s


リールのスプールに巻き込んだPE
リーダーを通してルアー(エギ、タイラバ、ジグなど)に繋がることになるが
悩ましいのはリーダー(フロロカーボンやナイロン)の号数と長さだ。

いろいろやってみた結果、
五目漁師の釣りでは今のところは
エギングでは2.5号または3号フロロカーボン、1.3
(ティップランでは同2.5m)、
タイラバやジギングでは4号フロロカーボン、6mにしている。

エギングの場合にはエギを思いっきりキャスティングすることがある。
もちろん摩擦系のノットなら
ノット部分をリールに巻き込んだままでも
キャスティングできないことはないが
何となく気持ちが良くないし
ノット部分がガイドと当たることによって
軽いエギの飛びが悪くなるのも気になる。

1.3m以内にしておけば
リーダ部分は穂先ガイドから垂らしたままで
なんとかキャスティングができる。

アオリイカならせいぜい(釣ったことはないが)2kg
2.5号で十分だし、

タイラバやジギングにしても4号もあれば
最後は手繰り、玉網どりの難関が待つビシ釣りと違って
最後の最後まで竿の弾力が生かせるルアー釣りなら
(釣ったことはないが)1mクラスのブリでも
時間をかけてあげられるであろう。

Dsxp183807sこれは82cm、やせ型


リーダーの役割は
第一義的には極細PEの海底の根などによる擦り切れ防止であるが
6mも長さをとっておけば他にも色々といいことがある。

タイラバやジギング竿は長くてもせいぜい2.5mまで、
ルアーを巻き取った時にはリーダ部分まで
スプール内にラインが収まっている。

更に、2本繋ぎの竿をガイドにラインを通したままで
2本にバラした状態でボート内や車の中に放り込んだとしても
PEは依然としてスプール内に収まっているために
PEがボートのガンネルに挟まったり、
車内の鋭角部分に触れて傷ついたり切れたりしてしまう
(何度かこの手の失敗はあったが)こともなく一安心だ。

Dsxp173442s

Dsxp173444s




これは九州のタイラバ大物釣り師飛竜丸さんから聞いたことであるが
これくらい長さをとっておけば
大物が最後にひと暴れする玉網どりの際にも
スプール内にPEを巻き取ってしまっているので
ラインの中で一番弱いPEとリーダのノット部分を気にすることもなく
リーダの強力限界ギリギリで大物と勝負ができる。

他にもある。

ふにょふにょで扱いにくいPEのボート内での絡み防止、
派手な色に興味を示すフグやウスバハギ、タチウオなどによる
PEの噛み切られ防止、

Dsxp173462sPEと戯れるのがお好きなウスバハギ



更に面白いことに
ラインを巻き上げていると、途中から
ラインがガイドを滑る音がズーズーからスースーに、
そして巻き取りの感触もスムースに変わる。

視力の衰えが激しい五目漁師にとってこれはありがたい。

ラインが見分けられなくても、よそ見をしていても
ラインの終端部が近づいたことがこれで分かるために
間違ってルアーを先端ガイドにガツンと当ててしまうことも防げるし、
そろそろ大物の姿が見えてくることもわかる。

まだあるかもしれないが
極細PEにとってリーダーは正に様さまの相棒といえる。

さて、先日釣った真鯛のカマの塩焼き

Cas187323s

ポワレ・ビネガソース

Cas187310s

アラ煮

Cas187320s




うーん、こんな時に限っていい天気が続きますね。
今年はまた暑くなりそうです。
今のうちに出ておきたいのですが。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2018年6月15日 (金)

リベンジはならなかったが

 

 

 

 

昨日(614日)は伊東に釣行。

性格がねちっこい五目漁師は
先にバラした大物が気になって仕方がない。

週末は天気が悪そうだし、
来週は野暮用があって海には出られないので
この日が最後のチャンス。

狙いはあいつとタチウオ。
今回はタチウオ用にジギングの準備もバッチリ。

漕ぎ出ると東寄りの風なので予想通り
チャップチャップと波がありこれでは遠くには行けない。

 

1dsxp183843s

 


先ず正面沖に出てジギングでタチウオを狙うことにする。

風の方向が悪く
ボートが沖から岸に向かって流されるために
あっという間にシャクってみたいポイントを横切ってしまう。

仕方がないのでパラシュートアンカーを入れる。

ただこれを入れると
こまめに漕ぎ上ったり
流しのコースを変えたりできなくなってしまい
五目漁師がタイラバやジギングの肝だと思っている
コース取りの自由度が全くもって奪われてしまう。

やばいと思いながらも左右にさえボートが振れないので
そのまま流して行くと
案の定、根に捕まってしまった。

早々にPEの高切れは仕方ないとしても
リーダーをなくしてしまったのは痛い。

まだ始まったばかりなので
ここでジギングを諦めるわけにもいかず
風の中でラインを組み直す。

先日のタチウオはたまたまだったのだろうか、
結局10時までやってフグと小さいカサゴが一尾だけに終わる。

 

2dsxp183845s

 

 

 

3dsxp183849s

 


そろそろ波が収まってきたのでマリンタウン沖を目指す。

オヤジさんから沖に出る手前にも根があるはずだよ
と聞いていたので
今日は浅い方から順に攻めることにする。

水深3035m、
前回はこの辺りでイトヨリが良く掛かったので
今日はどうだろうかと先ずはタイラバから始める。

その3漕ぎ目か4漕ぎ目くらいだったろうか、
タイラバを回収していると
中層よりももっと上の方で
ゴソゴソ、ビクビク・・・

― タイラバのアタリは面白い。―
最初のアタリでおおよその大きさがわかる餌釣りと違って
最初は大きさに関わらずもぞもぞから始まる。
スカートをひっぱってみたりめくってみたりして
様子を覗っている間が長く続く場合もある。
おやおや? と注目していると
ガクガク、グインと重みが乗ってくると同時に
大物であればドラグがジリジリと出ていく。
つまり、大物だとわかるのは一呼吸おいてからだ。

これはその大物に間違いない。
一気に、しかもどこまでもドラグは逆回転するばかり。
しばらくして時計を見ると1055分。
えらく元気だ。

最初の10分は負けっぱなし、
その後は少し巻いたかと思うとまた出ていくの繰り返しで、
なかなか残り25m切りの緑のラインが見えてこない。

そうこうしている内に回りの景色を見ると
ボートが結構流され、
もういつものアジポイントまで戻ってきているではないか。

ここは-30mに根があるので結構やばいぞ、
恐る恐るドラグを少し締めやっと弱りかけてきた魚の姿を見る。

でかい、80cm弱といったところであろうか。(11時20分)

 

4dsxp183851s

 


先日の福浦では同サイズのブリを
無理やりクーラーボックスに押し込んだため身が痛んでしまい
1/4ほどは廃棄してしまった。

それでも2人なのでたんまりと食べさせていただいた。
お腹は一杯なので今回は放流しようと
船べりの玉網に入れたままで念のためにオヤジさんに連絡すると、
ブログの釣果写真を撮りたいので是非待って帰ってよとの返事。
魚も貰っていただけることになったので
一旦は浜まで戻り受け取ってもらう。

十分に楽しませてくれたが
今日の狙いはあくまでもマダイとタチウオ。
さあ、再出発だ。

今度は寄り道をせずに
沖の根の沖側(-53m)まで一気に漕ぎ、
先ずは前回タチウオが掛かった場所でジギングを始める。

しかし魚の雰囲気は全く感じられず
30分ほどでタイラバに替える。

今度は根の沖側-55mに出てタイラバを落としていくと
着底と同時にかすかなアタリを感じる。

来たかな、来てそうだ、まだまだ、まだ乗ってはいないぞ。
(もやもやっとした感じ)
逃げたかな?

するとググイーン
ガッツンガッツン
来たっ!
これはマダイに間違いない。しかもでかそうだ。

ドラグを一回に出す長さも短いし
青物と違って56分もするとこちらのペースになってくる。

ただ首振りの一回一回のショックは青物よりも
固く、がつがつとしているので
ハリス切れの心配はこちらの方が大きく感じる。

やがて白い魚体がひらひらと真下に見えてくる。
でかいぞ!
あっさりと玉網には入ってくれる。
ひえー、やった。 70cmはありそうだ。

 

5dsxp183862s

 


まだ時間はある、
青物もこの真鯛も十分に楽しませてはくれたが
今思い出しても奴のあの圧倒的な強さにはかなわない。

いよいよ奴を掛けた-60
(なだらかに深くなっているので
-50mから-60mまでは500m余りも漕がないといけない。)
に漕ぎ出しタイラバを丹念に流して行く。

残念ながら奴に再会することはなかったが
このころから急に潮が早くなりラインが斜めになり始め
アタリが頻発する。

まるで餌釣りの時合いと同じように
タイラバを落とせば必ずアタリがあり
ホウボウやイトヨリが掛かってくる。

 

Dsxp183867s

 

Dsxp183871s

 

Dsxp183877s

 


そろそろ沖上がりの時間だ。
未練がましくタイラバを点々とを落としながら戻っていくと
途中で怪しげな魚影が魚探に映る。

ひょっとしてと慌ててタイラバを落とすと
丁度魚影の深さで直ぐにアタリがある。

掛かった。
正にタチウオの引きだ。

しかし直ぐにハリスを切られてしまう。

何を間違ったのかまだジギング竿が出たままだったのに、
タイラバを入れてしまったのが失敗のもと。
しかし、もう時間切れだ。

で今日の釣果は途中で陸揚げしたワラサ
(オーシャンの釣果ブログには85cm6.1kgとあるが痩せている。
検寸間違いかもしれない)。)

 

Photo(オーシャン釣具のブログより転載)

 


と後半のこれ。

 

Cas187287s(真鯛70cm丁度、4.4kg




(料理写真の貼り付けを忘れていた。)

釣った日刺身はホウボウの薄造りハナダイとカサゴ

 

Cas187291s


イトヨリの煮つけ

 

Cimg7301s

 




因みに、オヤジさんに受け取っていただいた
魚は浜に戻った時点で既に捌いて一部は食されていたようです。
オヤジさんの話では脂の乗りが今一つであまり美味しくなかったそうです。
先日福浦で釣ったブリもそうでした。
やっぱり旬は冬ですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

2018年6月10日 (日)

残念、無念、悔しい!!!

昨日(6月9日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

福浦の中深場でアカムツを狙う考えもあったが
慎重にならざるを得ない天気予報がころころ変わる。

最終的には前日の夜から雨が降り始め
朝には止む予報になったが、
朝の早い(4時)福浦ではまだ降っている最中だ。

雨の中を行くのも嫌だな。

で結局、伊東に電話しオヤジさんと釣り物の相談をする。
さて困った、何を釣ろうかな。

というかカイワリの第一候補に変わりはないが
五目漁師の天敵サバ対策が問題だ。

とりあえずカイワリ狙いから初めて、
小サバが釣れたら泳がせでヒラメ狙い、
だめならマリンタウン沖に出てタイラバ、
ボートが流れなければ余ったコマセを使って
あそこで一度餌釣りもやってみよう。

それが駄目なら更に沖に出てオニカサゴかな。

竿も仕掛けも取り揃えて7時前に岸払いする。

1dsxp183823s


天気予報は偉い。
あれほど降った雨はすっかり止んで青空が広がる。

大きな川が近くにない伊東ではあるがさすがに水は濁っている。

2dsxp183824s


既に多くのボートが出ているので
一番沖側にアンカリングする。

3dsxp183825s


先ずはサバが釣れる、
またサバ、そしてカイワリも。

隣のボート屋さんの情報ではカイワリは朝が良いと聞いている。

続いて小サバも釣れたので早速泳がせも始める。

ただ余りにも小サバが小さい
(変な言い方だな、10cmくらい)ので
Lサイズのヒラメ針と太い仕掛けをを背負わすと
直ぐに弱ってしまう。

結局、10時前にカイワリもヒラメも諦めて
マリンタウンの沖に出てタイラバに切り替えることにする。

ポイントに着いて一投目、
ボートにまだ勢いがあるままでタイラバを落としたために
どんどんとラインが斜めに出ていく。

すると、そのフォールの最中で穂先がガタガタしだす。
この野郎、ここもサバか!
腹立たしく思いながらぞんざいに巻き上げてくる。
このサバ野郎よく引くぞ。
こんな野郎にラインを切られてたまるものか
と少し慎重になる。

覗き込むが水が濁っているのでなかなか見えてこない。
いきなりほぼ水面に見えたのはタチだ!

そろそろ伊東で狙ってみようかとは考えていたが
まさか今ここでとは想像もしていなかったのでびっくり嬉しい。

4dsxp183829s


しかもでかいぞ。

Dsxp183830s指4本半といったところ


釣果写真は後回しにして
取りあえずクーラーボックスに押し込んで
慌てて掛かった場所に漕ぎ戻り群れに期待する。

しかし、いざ意識的に狙うとなると
タイラバでタチウオか・・・
どうしてよいのかわからない。

挙句の果てに同じようにボートに勢いをつけて
ドボンと落としてみたりするが
滑稽そのもので様にはならない。

ジグを持ってくるんだったと後悔しきり。

釣果写真の後は一通り根際をタイラバで探った後、
かねてからここで一度やってみたかったコマセ釣りをやってみる。

ここはアンカリングが禁止されているので
手漕ぎではボートが流れない時限定の釣りだ。

水深は約50m、周りには根が点在し、
いかにも釣れそうな雰囲気はあるが
たまに餌をとられる程度、

というか今日の五目漁師は
あれもやりたいこれもやりたいが先に立ち、
直ぐに釣れなければ不採用宣言。

おかげでボートの中は
仕掛けを付けたままの竿や餌が散乱し、
立て膝で小用をたす場所もみつからないほど。

結局、コマセ釣りも20分程でまた気が変わる。

今度はオキアミ流しで
久しぶりにアマダイ狙いをやってみる。

しかし、根回りを外して少し深めを流すと
必ずレンコダイが掛かってくる。

殆どが手のひらサイズであるが
たまにこんなのも掛かってくる。

Dsxp183836s


伊東や福浦で釣れるレンコダイとしては珍しいサイズ32cm

また直ぐに次の釣りに移りたくなるが、
間にタイラバを挟んでみると今度は本当にサバ

Dsxp183832s


そして、次ははオニ狙いにスイッチ。

こんな時のために釣ったサバをサバタンにしようと
一尾確保はしている。

そういえば今日は保安庁の船が朝から周りをうろうろしながら
離岸堤で釣っている釣り師を注意したりしている。

ボートの上でサバを捌くと殺人現場のように血だらけになるので
そんなタイミングで寄って来られると結構やばいかもしれない。

仕方がないのでサバは止めてレンコタンザクをつくる。
あわせて蛸ベイトを付けて目立たせる。

Dsxp183838s


これならまさかのレンコの共食いはないだろう。

このこと自体は大当たり。
レンコダイはさすがに来なくなったがオニのアタリもない。

やっぱりオニにはサバタンが良さそうだ。

これも直ぐに嫌になり、
ここはタイラバで大物狙いかな。
(どうやら、いろいろやらねばと思いつつ
気持ちはタイラバに向いているようだ)
で、再びタイラバに戻る。

オニ狙いだったので少し深い(60m程度)が
そのままタイラバを落としていく。

すると着底と同時にごそごそとアタリがある。
早速来たな。
掛かったかな、
まだごそごそやっているぞと思いながら巻き巻きを続けると
次の瞬間、
いきなりズボット穂先が引き込まれ
同時にジリジリとドラグが鳴り出す。

ウオー、止まらない。

先日福浦で83cmを上げたところなので
大物の感触は残っているが
それに比べるとまた一段とでかそうだ。

とにかく巻けない。
たまにドラグ音が止まっても
セメントの壁でも釣ったようにびくともしない。

長丁場になりそうなので時計を見る。
奴の疲れ具合を判断するためだ。

2mほど走られてはやっと数cm巻くといった攻防が続く。
グッグッ、おのれタフだな、
例によって周りには何も隠れる場所などないはずなので
ここは覚悟の根気であげるつもりだ。

既に15分がたっている。
未だに防戦一方の中でチャンスとみて
少し巻いた瞬間だった、
ふっと軽くなる。

やられた(しばし脱力)今もまだ悔しさが残る。

ドラグ性能を信じてこのリール
(シマノ・オシアコンクエスト)を使い始めてから
ライン切れによるバラシは初めてだ。

いつもドラグの出は1.5kgから2kg程度にセットしているので
PE1号、リーダー4号が魚に引かれて切れるはずはない。

もし切れるとすれば一番弱いのは
リーダーとPEのノット部分のはずだが
と思いながら巻き取ってくると、
リーダー(6m)の真ん中辺りで切られている。

どうやら掛かりどころが悪く
胸鰭か何かに巻き付いてしまったのであろうか
切れ端がパンチパーマのようにカールしている。

残念。そういえば前回の伊東でもあと10mでバラしている。

無念。青物だったらもう要らないからどうせ放流だったな
と思いっ切り慰めながら再び根回りでマダイ狙い。

最後は道々イトヨリを釣りながら戻る。

で、本日の釣果はこれ。

Cas187240s

タチウオ110cm、レンコダイ32cm



釣った日刺身はレンコダイとアマダイとカイワリの3点盛り。

Cas187249s


あくる日は
昆布締めにタチウオの炙り。

Cas187263s


アンチョビペーストとバターのソースをかけたタチウオのムニエル。

Cas187270s




伊東にもでかい魚がいるし、タチウオは釣れるし
面白くなってきました。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

2018年6月 4日 (月)

日常のいろいろ

一年に一度受診する健康診断で
五目漁師の体にアラームが出ている。

1cas187208s


メタボとか酒の飲みすぎとか
心を入れ替えて努力しさえすれば
取り返しがつくというような甘っちょろいものではない。

もともと五目漁師は上背がない(163cm)が
その低い背が更に低くなり
いよいよ大台を切りそうだという大問題。

爺さんになると小っちゃくなるのはわかっているが
まだ早すぎる。

いろいろ原因を考えてみると
どうやら犯人は福浦のあの坂道のような気がしてきた。

2cas187202s


左手には23本を束ねたその日使う予定のロッドと
ハサミやナイフ、それに天秤や竿掛けなど
濡れるものを入れたバケツと
用足し用の空のバケツの2段重ね、

左肩には仕掛けや魚探、リールやタイラバ、
飲み物や弁当を詰め込んだタックルボックス、

そして右手には最低でも2kの氷と餌などを入れた
クーラーボックス。

深場釣りの時など120号の錘が3本、
タイラバもジグも鉛の塊なので
数が揃えば軽いはずがない。

正に足枷を付けた奴隷状態で
あの坂道を降り登りする。

帰りは弁当はなくなり水も減ってはいるが、
幸いにして大漁の場合には
クーラーボックスには獲物の重みと
氷漬けにするための海水も加わり
場合によっては45kg以上も重たくなる。

しかも足元は安物のクロックス風スリッパを
キュッキュいわせながら
滑ってはならじと余計な力まで入ってしまう。

若い時のトレーニングでも
これだけ過酷な坂登りや階段上りはやった記憶がない。

重力に逆らって一歩一歩が
腰や膝関節のクッション材をぺちゃんこにしながら
坂道と階段を登っていく。

3img00391s(これは下り)

4img00385s 

まあ、いいか、
どこまでも小さくなるわけでもないだろうし。

いずれにしても今や縮む一方の五目漁師の身、チン長。

以前は上半身はボート漕ぎで足りているので良しとして
下半身はジョギングで筋力維持を図っていた。

しかし、これは膝や腰に負担が大きく
維持どころか消耗にしかならないと思い始め、
最近はプールで泳ぐことにしている。
重力が掛からない分老体には優しい感じがする。

1週間に2度、釣りに行かない日に
65歳以上は料金が安くなる(300円)市営プールで
2000m泳いで帰ってくる。

実はそのプールの近くに釣具のカメヤがあり
寄り道するのも楽しみの一つになっている。

で今日も寄り道してこんなものを買ってきた。

5cas187193s


先日福浦で釣ったブリは
海中から引き上げた途端に20cm近くも体長が縮んでしまった。

更に無理やり魚体を折って入れたことと氷漬けのせいで
クーラーボックスの中でもまた小さくなった。

エトーボートのじっちゃんのように
6kg弱の魚が一気に10kgに跳ね上がったりはしないにしても
五目漁師も含め釣り師には少なからず大物願望がある。

そこで水中で検寸するわけにはいかないまでも
せめてクーラーボックスの中で縮む前に検寸することにした。

120cmまでしか計れないが
五目漁師はニョロ系が大嫌いなので
ウツボやその他のヘビ類をボート内に入れるつもりはなく
これでなんとかこと足りるだろう。

最後に今日は一つ嬉しいことがあった。

今日は五目漁師の誕生日。

5acas187215s


しかし次の誕生日からは1ランク上の大台に乗ってしまうことを考えると
そんなものは嬉しいはずがない。

嬉しいのはこれ。

6cas187236_s


娘(長女)が結婚してからもう10年になるらしい。

今は勤めながら2人の子供もいるが
結婚式を北海道で挙げたこともあり
余市のニッカウヰスキー工場で
10年後に私に贈ってくれるウイスキーを仕込んでくれた。

7cas184548s

8cas184556s


そして今日が10年目を迎えた年の五目漁師の誕生日。
樽内で10年の月日を待って熟成され瓶詰された2本が
工場から届いた。



さて、前回釣ったぶりっ子は
無理やりクーラーボックスに押し込んだため
3枚におろしてみると
折り曲げられた部分が簾のように身割れしており
1/4近くは廃棄処分してしまった。

おかげでそろそろ完食も近い。

香味しょうゆがけ、

Cas187135s


カマの塩焼き、

Cas187141s


定番のブリ大根
(ブリの脂ののりが悪くあまりおいしくなかった。)

Cas187153s


変わり南蛮漬け、

Cas187162s


前回やったのがヨメサンに好評だったので
もう一度ニンニクアンチョビソース

Cas187169s





今週中には梅雨入りですかね。
その前に一度行っておきたかったのですが
釣りのターゲットが決まらずこんな記事になってしまいました。
うーん、サバは嫌だし、何かいい釣り物はありませんか。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »