フォト
無料ブログはココログ

« 完食なかば | トップページ | 最近のお買い物 »

2018年5月 2日 (水)

これくらいの鯛じゃ完食スケジュールに変更なし

 

 

 

 

昨日(51日)は福浦(エトーボート)に釣行。

夏至が近づいてくるこの時期の福浦はとにかく朝が早い。
じっちゃんに電話を入れると
夜明けが早いから4時~5時に来てくださいとのこと。

沖上がり早い(12時半)福浦ではあるが
この時期ならよそのボート店に
釣り時間の長さでも引けをとらないし、
朝マヅメの時間帯にボート釣りができる
唯一の手漕ぎボート乗り場として魅力がある。

 

1dsxp183765s

 


さて、先のカイワリは早々に完食の目途がついたので
ちょっくら福浦に出掛けることにした。

早朝のマヅメはジギングで青物、
その後はタイラバでじっくりと
そろそろ浅場に上がってくる乗っ込み真鯛を狙う。

沖の定置網の左ソーセージブイから
ゆっくりと北東方向にボートが流れるので
釣り易いのはよいがさっぱりアタリはない。

わけはわかっていないが
グローピンク、グローゼブラ、橙と
いくつかジグを交換しながら、
スローテンポを主体に
-60mから-40m辺りまでを探ってみたが
結局一度もアタリはないままに1時間半ほどで
ジギングは終了する。

次は、竿をタイラバ用に持ち替えて
少しずつ湯河原高校前の根(旧名)の方向に流して行く。

根回りに着くとさすがにベイトらしき魚影が賑やかだ。

これはジギングだな。
未だ片付けていないジギング竿に慌てて持ち替えて
シャクリ始めるが
魚探の反応は賑やかなれど竿先への応答は皆無。

確か、昨年の今頃ヒラマサがこの根回りに入った
という情報で駆けつけたことがあったが
その時も何の反応もなしで敗退したことを思い出す。

そいえば、今日の遊漁船の多くが
反対側の黒崎沖辺りに集まっているところからみても
こちらの方は調子が良くないのかもしれない。

ここもアンカリングはできないので
根回りを行ったり来たりしながら
餌釣りをやっている他のボートは
大潮にも関わらず潮は流れていないし、
今日は食いが悪いといいながら
たまーに小アジを上げている程度。

五目漁師も小一時間で諦めて
もと来たコースを再び戻っていく。

定置網沿いには20m間隔くらいで
沖に向かって黒いブイが並んでいる。

沖を流してみても余りにも反応がないので
途中その禁断の黒ブイの間に入って
カサゴやアマダイの大物を狙ってみることにする。
(どこの定置網も余り近づくと注意されるのでそこは自己責任)

魚影は濃いが風や潮流がある時や方向が悪かったりすると
漕ぎながらの釣りになるので
両手を竿とリールから離せないタイラバやジギングでは
難しい釣りになる。

にも拘わらずここでも反応は一切なし。

時計を見るともう10時半になる。

シャクリと巻き巻きを始めてもう6時間近くになるが、
ここまで反応がないと
さすがに諦めムード、嫌にもなってくる。

再び70mラインを流していると
やっときた本日初めてのアタリはウッカリン。

 

Dsxp183767s

 


なるほどカサゴか・・・さてどうしよう?

この手のカサゴ、うまくいけばいい型のハタも期待できる
浅場に突っ込むか
初志貫徹で更にもう少し沖でマダイや青物に期待するか
どっちにしよう。

よし決めた!
と言いながら実はまだ迷いながら80mを越えた辺りで
一見意思は固く、しかし動作はだらだらと
タイラバを落としていく。

絶不調ではあるが、
いつもの3巻き1漕ぎの五目漁師のタイラバスタイルは
今日も徹底している。

その2投目だったろうか、
ビビビ、ゴリゴリ、ググッ

来てる来てる、慌てるなと言い聞かせながら
知らんぷりで巻き続けると
いきなりジジーッ、今度はドラグ音だ。

来た来た!
うん?
これはアタリの割には意外と大きそうだ。

ジジーガンガン、
本日初めてのそれらしき引き込み、
これを逃がしてなるものか。
直ぐに真鯛と確信する。

PE1号、リーダー4号だが、
これだけガンガンされると
ごり巻きできるほど頼もしいラインでもないし、
かといって遊ばすわけにもいかず、
入れず抜かずの力加減で80mでは
腕も肩も次第に疲れてくる。

見えてきた、よしっ鯛だ!
ひえーあがった。

 

Dsxp183770s

 

 

 

Dsxp183775s

 


70cm弱はあると思っていたのに、
血抜きと氷漬けで縮んでしまったのか
自宅に着いた頃には62cm。
(芋さん風の更なる虚言)

 

Cas186747a(釣果写真の貼り忘れのため貼り付け5月3日0時55分)



元々坊主上等で出駆けてきた釣り、良しとしよう。
思いがけない釣果も完食予定に変更を来すほどではない
何せ連休期間中は息子家族と娘家族が
入れ替わり立ち代わりの大所帯。
飽食気味のカイワリの合間に
丁度良い具合にマダイが舞い込んでくれた。

で、本日はつかの間の2人夕食。
釣った日刺身はマダイとカサゴ。

 

Cas186761s

 


へたくそな捌きで、いっぱい身がついたあら煮

 

Cas186759s

 


カマの塩焼き、

 

Cas186777s

 


そして白子の湯引き。

 

Cas186784s

 

 

 

 

 

 

 


鯛の婚姻色って汚いですね。水の中では綺麗に見えるんでしょうか。
味の方もメスの方がいいような気がします。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

« 完食なかば | トップページ | 最近のお買い物 »

<!ー020福浦釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

乗っ込みの雄ダイにしては意外に深いところにいましたね?
今頃なら石切り場前~小さい定置網沖の40~50mあたりかな?と思ってました。

ところで潮はまだ澄んでました?
今年は、いまだクラドにあたりません。
嬉しいような、寂しいような(笑)。

腰痛持ちさん、こんばんは。

一昨年は35~45mの根回りを探して、結局小さいのが1尾、
昨年73mの砂地でやっと乗っ込みの居場所を見つけました。
大津や観音崎と違って大物は深いところような気がしています。
だだっ広い砂地ですからよく目立つタイラバならではと思っています。

それで今年も砂地の深場に期待でした。

朝方の湾内は真水のような透明感、
沖に出るとそうでもなかったですよ。

クラドはもう今さら出ないでしょうね
警戒していただけに私は嬉しいです。
あとは赤潮ですね。

素晴らしい釣果!
西の五目漁師さん!
東のブルさん!
と言った感じでしょうか?
良いな~(^q^)
食べたい!!

APさん、こんばんは。

ブルさんのブログ見てきました
2日続けてとは凄いですね。

どうやら一斉に乗っ込みのシーズンインでしょうか
私もなんとかあの難しそうな観音崎で釣ってみたいです。

おはようございます
貴重な真鯛、おめでとうございます
記事を読むと、いつのまにか観音崎の海と重なります
この一匹で、観音崎の釣り師の足が
福浦へ向かいますね
これで大鯛を釣るなら観音崎、福浦
チャリコは葉山、油壷
しかし、我慢の釣りでしたね
この釣りは私には無理です
20分当りが無ければ移動して3時間釣れなければ上がります
また、タイラバにエビやイカを付けてしまいますね
カイワリ、真鯛と釣り
次の狙いは
楽しみです

おはようございます。

福浦でタイラバ流石の釣果ですね。

いるかいないかわからない場所に1日投げ続ける、以前はルアー釣りもやっていたのですが私にはらしんどい釣りに感じます。

これからしばらく福浦にタイラバ持参する人が増えるのではないでしょうか。

趣味人たけさん、おはようございます。

さすがに今日は駄目かなと思いましたが
ジギング竿とタイラバ竿しか持って出ていないので大丈夫です。

エギングと一緒で今日はこれしかない
最後の5分があれば十分 という気持ちで続けるしかないですね。

観音崎のマダイがまた大きな宿題になっています。
皆さん釣っていますのでますます大きくなります。

buruさん、おはようございます。

他に餌釣りの準備などしていたらそっちに逃げていたと思います。
タイラバやジギングのいいところは餌釣りのような自由度がないところでしょうか。

今までは根回りが中心でしたが、
今回はダイビング中に見かける広い砂地の上を泳ぎ去る真鯛をイメージしていました。

乗っ込み鯛ゲットお見事です。
特にすごいと思うのはやはりタイラバをひたすら続けての釣果ですね。
一瞬黒潮が差して上がりすぐ下がったままになっていた海水温もようやく上がってきました。
青物も活気付いてきますね。
これからジギングシーズンを迎えて楽しみが増えます。

それでは、また。

素晴らしいタイですね!狙いを澄ましたスナイパーの一撃、お見事です!!
オーシャンさんのブログに鯖の襲来が見受けられたので慌てて5月1日に予定を早めて行ってきましたが、時既に遅く更に腕前残念も相まってカイワリは0でした。何回かカイワリの当たりらしいものもあり、鯖が上がってきた際に唇が針に着いてきたのを見ると掛かってはくれていたのだと思います。仲間がカイワリを80gもあるジグで釣ったそうなので活性は良かったのかもしれないです。来週またリベンジに行こうかと思っております。

flex-pさん、こんばんは。

私に言わせればバーチカルジギングはシャクリの中に魚が入ってくるのを待つ釣り
タイラバは魚を探して迎えに行く釣り
忙しですよ。

仰る通り一旦上がった水温は元に戻って今度は本気で上がってきました。
この時は早朝は17℃、昼には18℃でした。
青物もそろそろ回ってきますね。

まっくさん、こんばんは。

同じ日に伊東でしたか。
残念ですがどうやらサバの勢いがついてきたようですね。
大サバから始まって、小サバ、中サバとウザイ季節になります。
大サバには効果がない時もありますが、
とりあえずはべた底を狙うことで避けられることもあります。

そろそろアジが回ってきてもよい頃ですから
サバサバでどうしようもない時には
マリンタウン側のアジポイントに移動するのも良いかもしれません。

リベンジ楽しみにしています。

あいかわらずすごいですね~。
カイワリ大漁かと思えば、大ダイ釣りですか。
どれもこれもうらやましすぎて目の毒ですな。

タイラバ、こんなでかいのも上がるんですねえ。
いやはや、驚きました。

芋焼酎さん、こんばんは。

最近思うのは、教育の行き届いていない魚の世界
騙すも似せるも、結局なんでもいいような気がします。

あの広い砂地の平原ですから先ずは目立つこと。
そういう意味でタイラバ有利ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これくらいの鯛じゃ完食スケジュールに変更なし:

« 完食なかば | トップページ | 最近のお買い物 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29