フォト
無料ブログはココログ

« カイワリはまずまずのスタート | トップページ | むー残念、この筍にはやっぱり鯛が欲しかった »

2018年4月 7日 (土)

サンショウの木の芽三昧

 

 

 

 

食った食った、あれだけのカイワリとハナダイを
老夫婦二人で4日間で完食した。

釣った日は、釣った日刺身や漬け丼などで
長らく遠ざかっていたカイワリの味を確かめるように頂いた。

今回のテーマは五目漁師が大好きなこれ。

 

Cas186383s

 


今しかできないサンショウの木の芽三昧をやってみよう。

使う前に手のひらに乗せてパチンと叩くと
春の香りが一層強くなり、
和風の料理(というほどでもないが)に添えると
ぱっと見も良くなる。

先ずはご飯ものから。

有り余るハナダイをふんだんに使った筍ご飯

 

Cas186465s

 


カイワリが俺も使ってと言ってきた(嘘)ので
天日干しのカイワリを焼いて酢飯に混ぜ込んだカイワリ飯。

 

Cas186495s_2

 


木の芽をカイワリとすし飯の間に挟み込んだ押し寿司

 

Cas186512s

 


余ったハナダイの切り身はお茶漬けに

 

Cas186519s

 


焼き物は
木の芽味噌で焼き上げたやはり天日干しのカイワリ
見栄えは少々グロイが
おとなしい白味噌と木の芽のマッチングは上々

 

Cas186445s

 


同じく開いた天日干しの焼きカイワリに
刻んだ木の芽を混ぜ込んだ白味噌を添える。

 

Cas186538s

 


煮物はハナダイとウマヅラハギ

 

Cas186526s

 


アラ煮もやってみたがこれは魚が小さいので
食べるところナッシングの失敗

 

Cas186524s

 


ハナダイのポワレ、
隠し味は木の芽を刻み入れたレモンソース。

 

Cas186497s

 


最後は木の芽の香りプンプンのハナダイのカルパッチョ。
Cas186461s_2

 


木の芽のおかげで早々に完食!

 

 

 

 

 

 

 



一体どうなってますかね、この連日連夜の荒れ模様。
これじゃなかなか次の目途が立ちませんが、
そろそろタイラバで乗っ込み真鯛を狙ってみたいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

« カイワリはまずまずのスタート | トップページ | むー残念、この筍にはやっぱり鯛が欲しかった »

<!ー270捌き、調理ー>」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
芳しきかな、春の季節感満載の料理の数々、素敵ですね(⌒‐⌒)
ついつい桜の花びらでも飾りたくなりますが、木の芽なら視覚、嗅覚、味覚と三重奏で春を味わえます。
押し寿司など透ける木の芽と口に運んだときの香りと味を想像すると悶絶してしまいます( 〃▽〃)
しかもハナダイやカイワリの甘みと脂を想像すると…目の毒ですね、これは(笑)!?

いつも、見事なお料理ですが今回は特にグッと来ました。

いつも料理は美味しそうだし盛り付けが素敵なうえに
木の芽が入ると彩が鮮やかになりますね
私も押し寿司の味わいを想像するだけで もう腹がなりそうです

先週末の荒れ模様は勘弁して欲しかったですね
滅多にない連休が取れる時に限ってシケてしまいガックリですよ

APさん、こんにちは。

木の芽は使いやすいですね。
ただ新芽が次々に出てくるのは2週間くらいでしょうか。

押し寿司が少し白っぽくなり透明感がないのはのせる前に酢を通したからです。
失敗でした。
実は少し凝っていて、手前3つ半は昆布締めを使っているんですよ。

マリン・ブルーさん、こにちは。

押しずし、市販の木枠に寿司飯を押し込んで魚をのせるだけですから
是非、お得意のキンメでやってみてください。
それこそ垂涎ものです。

シケが続きますね。
隙間を狙って昨日行ってきましたが撃沈でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンショウの木の芽三昧:

« カイワリはまずまずのスタート | トップページ | むー残念、この筍にはやっぱり鯛が欲しかった »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29