« むー残念、この筍にはやっぱり鯛が欲しかった | トップページ | 釣れる内に釣っておきたい »

2018年4月15日 (日)

気まぐれカイワリにリベンジならず

昨日(414日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

先日、伊東ではタイラバ中心の釣りではあったが
完ボを食らったばかり。

この週末は大荒れの予報で
リベンジ釣行の期待はしていなかったが
土曜日の天気予報がどんどんと良くなってくる。

五目漁師の感覚では
手漕ぎボート乗り場の中で海に出られる確率では
12位を争う伊東や福浦でさえ
巡り合わせが悪いと予報とにらめっこしながら
釣り日和を待ち焦がれる日が続いてしまう。

出られる日には出ておかないと、
しかも今は結構カイワリが好釣だし、
明日は仲間も伊東だし、
と気持ちを整理しながら予約の電話を入れる。

(気持ちの整理? 大げさだな、
と思われるかもしれないが、
気が狂うほど行きたくてもいやがおうにも
釣りは土日(か休日)と決まっている大方の釣り師と違って
365日連休の五目漁師にとって釣行日を決めるに当たっては
結構、自己管理が必要になる)

当初はカイワリをやりながらヒラメの泳がせ釣りを考えていたが
前日夕方の最新情報でカイワリが良く釣れていることから
手持ちでカイワリ、置竿でマダイ狙いに切り替える。

仲間が集まった岸払いの際には
皆さん今日は最低でもカイワリ20枚だからね
のオヤジさんの掛け声でボートを押し出される。

Dsxp183747s


yさん、芋焼酎さん、五目漁師、そして少し遅れてaさん。
特に示し合わせたわけではないが
カイワリやハナダイの調子がいいことと、
本日おそらく唯一にボートが出られるボート乗り場であることから
俺も私もと仲間が集まった。

しかし、意気揚々と漕ぎ出て様々に釣り始めたものの
次第に雲行きは怪しくなってくる。

釣れないなあ、エサ取りもいないよ、
私は餌だけは盗られていますよホレホレ
aさんが空になった針を見せてくれる、
だったら釣らなくっちゃと五目漁師・・・

東京湾側の大津や観音崎の釣り師には想像ができないと思うが
今日は紛れもなく大潮、
にも関わらず潮の流れは全くない。

試しにコマセを一つかみ海面にばら撒いてみると
その場で塊が少しずつ広がりながら
ゆっくりと真下に沈んで行く。

知らない間にアンカーロープが
ボートの下に弛んでいることすらあるので
気をつけていないと仕掛けを掛けて
一瞬大物と間違ってしまう始末だ。

海の様子(潮流や水温など)は好釣があった前日から
そんな大きくは変わっていないはずなのに
カイワリ野郎(いや様)の気まぐれさにはついていけない。

アジポイントでアジを釣って
ヒラメの泳がせ釣りを目論んだyさんも
昼前には今日は駄目です、
潮もボートも流れまシェンと正面沖の我々に合流し
ボートを並べてカイワリ釣り合戦に参戦。

Dsxp183750s左から芋焼酎さん、yさん、aさんの面々


合戦と言っても皆それぞれに
一人相撲のコマセ合戦の様相。

カイワリはおろかエサ取りにすら相手にしてもらえない
期待大外れの中で
五目漁師は未だに完ボ、
aさん、芋焼酎さんがカイワリ12
といった悲惨な釣りになっている。

このころから予報通り南寄りの風が入り始め
海面はやや荒れ模様、
空は時折霧雨模様になってくる。

先ほどまでのまったりムードが
皆真剣モードに切り替わる。

オヤジさんが言うには
カイワリは少し風が吹いたり、
小雨が降ったりの時の方がいいような気がするよ、らしい。

ぴったりではないか、
今がその時ではないか!

この海上の様子は-40mのカイワリにも
陽の光の入り方などからわかっているはずで
ちょっと食ってやろうかと気分を変えてくれるかもしれない。

五目漁師は手持ちの2.5mの吹き流し仕掛けに
釣れない時の迷いモードで
時に優しく、時に激しくシャクリを入れる。

そして、微妙なアタリに合わせを入れると
やっと来た。

Dsxp183749s


これが本日最初のカイワリ君。型は良い(27cm)。
同時に置き竿の方にもアタリがあるがこちらはバラシ。

すわっ時合いですよ!
と隣の芋さんにも声を掛けるが、
どうやらこれでお終い。

その後も小さい群れがさっと誰かの竿下にやって来たかと思うと
単発でお終いという状況が最後まで続いた。

で、今日の釣果はこれ。

Cas186585sカイワリ27cm、他


渋かったの一言。
しかし、22cm24cmが中心で型が良いので良しとしよう。

釣った日刺身は一番大きい1尾を捌く。

Cas186591s


味の好みは人それぞれなので
(不味い釣れサバ以外には)
極力味の評価は避けることにしている五目漁師も
明らかに他の魚とは一線を画する
カイワリの滑らかな舌触りと上質の甘さにはうなってしまう。

同じくカイワリのムニエル ゴマドレッシング。

Cas186602s


黒ゴマをすりすりして特性ソースに大量に混ぜ込んでみたが
スリスリ不足でいくら好きとは言え胡麻だらけになってしまった。

 


何度もやられて重々承知している積りでも
前日釣れると今日もと期待してしまいますが本当に気まぐれです。
というか理由はあるんでしょうがわかっていないだけですね。
わかってしまえば釣りなどしなくなりますよね。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« むー残念、この筍にはやっぱり鯛が欲しかった | トップページ | 釣れる内に釣っておきたい »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

良型カイワリが8枚!
十分な釣果と思います。
美味しそうですね(^q^)
刺身とムニエルが大好きな私としては羨ましい限りです。
オキアミとサビキ、ウィリーは、どれが釣れるのかしら?
他の皆様の釣果と手返しが気になるところです。
ハナダイやソコイトユリが混ざらないのも珍しいですね?

さて、次回はどちらに?

私も次の週末あたりから復帰です。
今年最後のマコガレイと最初のマゴチ狙いを皮算しております(笑)!

投稿: AP | 2018年4月15日 (日) 14時57分

こんにちは♪

お疲れ様でした~!
高級魚のカイワリが8枚も釣れれば十分でっせ。
親父さんのおっしゃるように、20枚も釣ったら価値が下がってしまいます(笑)。

今年の伊東のカイワリは脂も十分に乗って美味しいですね?
型も良いし、、、。

今年はボートで30cmを超えるチャンスです。
ぜひ五目さんより先に釣りたいと思いまっす!(笑)

投稿: 腰痛持ち | 2018年4月15日 (日) 16時18分

こんばんは。
美味しそうなカイワリがもう少しでつ抜け、私も十分な釣果だと思います。
皆さんお揃いでポイントの狭い伊東ならではの和気あいあいな釣りいいですね。

土曜日観音崎も予報が急に良くなり行ってきましたが返り討ちにあいました。
家族に食わせる魚がありません(泣)

投稿: buru | 2018年4月15日 (日) 19時18分

今晩は。
先日はいろいろとどうもありがとうございました。
大変感謝です。

そうそうそう、そうなのよ。
もーカイワリ、「単発」というところが全然納得いかん。
カイワリ、群れで集団行動・団体行動が好きな魚なんじゃないのかなあ~?
一匹釣れたらそこには群れがいる。
続けてドンドン釣れる・・・とは全くならなかった。
なんでだろ~?

シャクって釣れたり、置き竿で釣れたり。
バラシが多かったり(五目漁師さんと腰痛持ちさん)、バラシはほとんどなかった(わたくしと、ananさん)りと、釣れるパターンもみんなバラバラ。
ふーむ、カイワリ、たかがアジ釣りと思ったら難易度、高い魚ような低いような、謎の魚です。

投稿: 芋焼酎 | 2018年4月15日 (日) 19時49分

APさん、こんばんは。

型が本当によいのがうれしいです。
私の経験上からもこれだけ揃うのは初めての気がします。

他の人の釣果は芋焼酎さんがブログで書いてくれていますが
こんな時にはシャクリがどうの、手返しがどうのよりも
運よく自分のところに来てくれるかどうかだけだと思います。

同様に餌がベストではないでしょうか。
私の場合は釣れない時の疑似餌は不安になってきます。

次回はタイラバでマダイでしょうかね。

投稿: 五目漁師 | 2018年4月15日 (日) 20時56分

腰痛持ちさん、こんばんは。

お疲れさんでした。
最近はアジポイントで釣る人がなく様子がわからなかったですが
不調だったようですね。
そろそろアジが回ってきてもよい頃だとは思うのですが。

毎年30cm超が1尾は出ていますね。
私も一度だけこれはやったねというサイズを手元でバラしているんですよ。
今の調子が続けが今年は期待できそうです。
さて、どっちが先でしょうか、
自慢話もしたい、いや聞きたいかな、
でまたセブンイレブンのコーヒと唐揚げ棒でも賭けますか。

投稿: 五目漁師 | 2018年4月15日 (日) 21時11分

buruさん、こんばんは。

今のカイワリ、サイズもいいですし、良質のしっとり脂でいいですよ。
伊東なら電車行でもハンディはありませんし久しぶりにいかがでしょうか。

実は観音崎や大津の予報も前々日くらいまではチェックしていたのですが
昼からの風で諦めていました。
出られたのですね。

そろそろタイラバでマダイが狙えるのではと予定しているところです。

投稿: 五目漁師 | 2018年4月15日 (日) 21時19分

芋焼酎さん、こんばんは。

お疲れさんでした。
前日の釣果を見ているだけにまさかこんな釣りになるとは思ってませんでした。
オヤジさんの20なんてと思っていたのですが。

数は少なかったですが一匹一匹がよく引きますから楽しいですね。

芋焼酎さんの側に出していた2.7mの長竿は
マダイやヒラメの泳がせをやる時に使う竿なんですよ。

この時は6mのロングハリスでマダイ狙いように出していました。

投稿: 五目漁師 | 2018年4月15日 (日) 21時33分

五目漁師さん、お疲れ様でした。

カイワリ、いいですね〜
伊東といえばカイワリ。カイワリといえば伊東ですよね。
何故ただの砂地にカイワリが回ってくるのか?
まったくもって不思議です。
カイワリ釣り行きたいなー
型も今は良さそうですし、何しろ美味そうです。
そしてあの引き。

うん、これは行くしかないですね。行ってきます(笑)

それでは、また。

投稿: flex-p | 2018年4月16日 (月) 06時11分

flex-pさん、こんにちは。

型もいいですし、脂のりのりで本当に美味しいですよ。
今時、片貝の希少種イサキに勝るのは伊東のカイワリくらいでしょう。

私はカイワリの引きを楽しむためにクッションゴムを長めにするくらいです。
するとビクビクがグイーングイーンに変り
このサイズと相まってますます楽しくなりますよ。

もう少し群れが大きくなると
flex-pさんお得意のウイリーシャクリが炸裂ですね。

行ってきますって、まさか今頃海の上じゃないでしょうね。

投稿: 五目漁師 | 2018年4月16日 (月) 13時38分

こんにちは、カイワリリベンジお疲れ様でございます。良い型も混じっていらっしゃるし厳しいコンディションでも結果を出されていらっしゃるのは凄いなぁと感心を通り越して尊敬してしまいます。私もまた近いうちにリベンジ(最初に行った以降は全てりリベンジになりますが)に参ります。

投稿: まっく | 2018年4月16日 (月) 14時29分

お疲れ様でした

型の良いカイワリ
これならこの量でも良いですね

2年前油壷でカイワリ2匹釣っただけでも嬉しかったです
その時従弟は6匹だったかなー
その後も何度か、そのポイントに入りましたが
二度と釣れません

しかし今年はちょっと期待しています
長井のシマアジ、葉山でアマダイが釣れ
油壺でカイワリと期待しています

今週末久しぶりに釣りへ行けそうですが
何処へ行くか思案中です

投稿: 趣味人たけ | 2018年4月16日 (月) 16時33分

まっくさん、こんばんは。

この日は午前中は完ボでどうなることかと思いました。
ところが上がってオヤジさんの話を聞いてみると
午前中からぼちぼち釣ったボートもあったそうです。

群れが小さいんでしょうね。
たまたま自分のボートの下に来てくれないと釣れないようです。
来ても単発ですし。
急激な水温変化の影響かもしれません。

これから、サバが出るまでの勝負ですね。
まっくさんのリベンジ行を楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2018年4月16日 (月) 19時05分

趣味人たけさん、こんばんは。

昨年のカイワリはさっぱりでもう駄目になったのかと心配していましたが
戻ってきましたね。
しかも型ぞろいで引きが楽しいです。

あとはサバがいつ出てくるかですね。

今週はお天気的には金曜日あたりが良さそうです。
そろそろ観音崎はどうでしょうかね。

投稿: 五目漁師 | 2018年4月16日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/66612767

この記事へのトラックバック一覧です: 気まぐれカイワリにリベンジならず:

« むー残念、この筍にはやっぱり鯛が欲しかった | トップページ | 釣れる内に釣っておきたい »