フォト
無料ブログはココログ

« レスキュー艇がないので、自力で帰還してください(芋焼酎) | トップページ | 釣れない想定はないが釣れ過ぎる想定はしておこう »

2018年3月 1日 (木)

道東にて

 

 

 

 

五目漁師は225日から道東にきている。

今回は一週間なので荷物は最小限におさえる。11この他に、機内持ち込みのキャリーバックとリュック、それにカメラバック



現地では小型のレンタカーを借り、
211

 

毎年のことなので安さ、便利さ最優先で住み慣れたホテルに泊まる。310

 

根室のコテージの窓からあのタンチョウがこんなに身近にみられる



北海道だからといって、
特に美味い海鮮料理やラーメンを探して食ったりはしない。
ビールも毎晩缶ビール一本程度でさっさと寝てしまう。

朝は早く、昼間も時間がもったいないので
大概は車の移動時間内にパンで済ませる。43

 

夫婦して大好きなセイコマートのしっとり豆パン



そして、これが我々が釧路で一番よくいく高級レストラン。

 

52

 

さて、中国人旅行者の爆買いは一段落したと聞くが
行く先々の撮影ポイントでの爆撮振りは凄まじい。

バスから降りてくるやポイントを埋め尽くす人数にも、
目の前の仲間にどうしてあんなに大声を発するのかわからない
おしゃべりにも、
私などが拝むことすらできない機関砲のようなカメラが放つ
高速連写のシャッター音にも
圧倒されてしまう。

 

12

 

小さくなりながら撮ったいくつかの写真は
いつもと同じでかわり映えしない。

 

6

 

8

 

9

 

 

 

 

 

人のせいにするわけではないが
今回はなかなかお気に入りの写真が撮れない。

今日は夜明け前に羅臼港を出て日の出をバックに
流氷上のオオワシやオジロワシを撮影するツアーを予約していたが
折からの天候悪化の予報に脅かされて
退路を絶たれる前に釧路まで戻らなければと、キャンセルしてしまった。

 

4

 

わかりにくいが水平線に見える白い線が流氷の端



正に別の意味で退路を断ってしまい
ホテルの窓から覗く心配したほど荒れてもなさそうな雪景色が恨めしい。

 

5

 


さて、3日に帰った後はまた釣れない釣りをどうするか悩ましい。

本日もポチッとよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

« レスキュー艇がないので、自力で帰還してください(芋焼酎) | トップページ | 釣れない想定はないが釣れ過ぎる想定はしておこう »

<!ー330立ち寄り、旅行、お出かけー>」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
無事に帰ってきて下さることを祈ります。
今日辺りから道東中心に大雪、暴風、高潮になります。
空港には早めに移動するか、嵐がおさまってから移動下さいませm(__)m

五目漁師さんこんにちは。
いま、まさに道東は大荒れ爆弾低気圧の真っ只中ですね。
関東では気温が上がって春一番が吹き荒れました。
北海道の冬の荒れた天気は命の危険もありますから、慣れているとはいえ十分注意してください。
戻ってこられたら、春の穏やかな海が出迎えてくれるのではないでしょうか。
甘いかな?

APさん、おこんばんは。

心配していただきありがとうございます。

前回の暴風雪でJAF経由で除雪車に救出される羽目になった経験を生かして
今回は安全サイドをとりましたのでノートラブルでした。

先ほど写真のバックアップがやっと終わりましたが
なんと本日分だけで二人で5000枚以上も撮っていました。
帰宅後は整理が大変で釣りには当面行けそうにありません。
(なんてことはありませんが)

ぐっちゃん、こんばんは。

そうなんですよ。
前半は最高の撮影日和が続き喜んでいたのですが
ここにきてやられてしまいました。
以前、暴風雪を甘くみて失敗していますので
今回は私としては珍しいほど用心深かく行動しました。

明日はこちらも一気に暖かくなりそうです。
海の方は一気にというわけにはいきませんが、
日差しが強くなれば元気が出てきますね。

お疲れ様でした

天候が気になっていましたが
それ程でなくて良かったですね

しかし、写真撮影の人の多さに驚きです

以前先輩に誘われ、カメラに嵌った時もありましたが
海の夕日が好きな先輩と行く先々で
同じようでした

その頃に先輩は網走へ流氷撮影
今も飲む度にその時の話が出ます
赤い流氷で賞を頂き、一番良かった頃でしたね
二十数年前の事でしたが
カメラマンは先輩一人だったようでした

次、どんな写真が出てくるのか楽しみです

趣味人たけさん、こんばんは。

ニュースを見ていると結構酷かったようですが
前に一度やられた経験から早めに安全サイドに動いたのが良かったようです。

絵を描いたり掘ったりするのと違って写真はシャッターを押すだけ
極端に言えば上手い人の横で撮ればすぐに同じ写真でも撮れてしまいます。
暇になった、でもやることがない。
写真でもやってみようか的にどんどんカメラマンが増えています。
富士山の撮影ポイントなど昔は土日だけでしたが今は平日も大混雑です。
その点海の上は混雑といってもたかが知れていますから
釣りはいいですね。

お疲れ様でした!

無事にお帰りになったようで、一安心です。
もう一人北海道に行った方がいますが、こちらはちと心配ですね?(笑)

私も写真が好きですが、今は仕事の一部ですので趣味にはなりません。
イラストも仕事の一部ですので、好きな水彩画も定年後の楽しみにとってあります。

今は釣りだけが楽しみですが、定年後はあまり行かなくなるような気がしてます。
いつでも行けるとなるとかえって行かなくなるんじゃないかと?(笑)

腰痛持ちさん、こんばんは。

もうお一人の方、最後の日まで取りあえずご無事だったことは確認しておりますが
そもそも何のためにあんなところに雪中行軍されたのかは未だに確認できていません。

暇になれば、あまり行かなくなるかもって?
腰痛さんのは意思というよりも病気、つまり腰痛さん=釣りですから
余程の注射でも打たない限りそんな簡単に治るものではないと思います。

その頃に私がもし健在でしたら一緒に平日行を楽しみましょう。
シマアジでもアカムツでもちっちゃいアマダイでもお付き合いしますよ。

五目師匠おはようございます^_^

ワシさん…(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
毎年密かに楽しみにしてる隠れファンですが
見れない僕より行けなかった師匠の方が悲しみは上ですね
来年をまた楽しみにしています∩^ω^∩
いずれ子供が大きくなったら自分で見に行くのもありかも?
そんな新たな目的が出来ちゃいました(笑)
北海道はガリンコ号に乗りたくて3年連続行って
3年連続で欠航という憂目に遭っているほど相性悪いですがw
海の方は春に向かってますが、切り替わりのこの時期は毎年荒れ放題
今年で師匠に背中を蹴飛ばされてから早いもので6年目のシーズンです
今年はどんな年になるのか少々楽しみにしてます(*≧∀≦*)
師匠も今年は何を始めるのか楽しみにしております

ガルさん、こんにちは。

ワシさん、期待していた羅臼では撮れませんでしたが
根室ではいつも通り2人合わせて2500枚近くも撮ってるんですよ。
ただ根室のオオワシはどちらかというと緩い餌付けに近く
現場を知っていると所謂やらせ風なのであまり好きではありません。
(まあ羅臼も似たり寄ったりですが)

全部見るのが大変ですが、いいのが撮れておれば紹介させていただきますね。

丁度いい加減の流氷と天気に恵まれないと流氷船観光も難しいですね。
でも一回乗れば十二分です。

帰宅後荒れ模様が続きましたが明日はやっと出られそうです。
今週は良さげな天気も何度かありそうですので
伊東と福浦の深場を流してみる予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東にて:

« レスキュー艇がないので、自力で帰還してください(芋焼酎) | トップページ | 釣れない想定はないが釣れ過ぎる想定はしておこう »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29