フォト
無料ブログはココログ

« 小さいアマダイ拒否作戦大成功 | トップページ | 道東にて »

2018年2月19日 (月)

レスキュー艇がないので、自力で帰還してください(芋焼酎)

 

 

 

 

昨日(218日)は福浦(エトーボート)に釣行。

底もの釣り師Aさんと一度行きましょう
と良からぬ相談をしていた。

余程の天気(静穏無風)の日に限って行くことでチャンス待ちであったが
意外と早くそんな日がやってきた。

残念ながら私をけしかけた
(というのは嘘で
もともと五目漁師の今年中にやってみたいことの一つであったが)
肝心のAさんはこの日は都合が悪いらしく
先ずは五目漁師が単独行で様子見をすることにした。

ボート乗り場には早く着きすぎたので
湾内のたまり場で浮かびながらゆっくりと準備をする。
(エンジン艇は夜間航行をするときには
船の両舷と進行方向を確認できる両色灯という
赤と緑のランプを付けることになっている。
手漕ぎボートや2馬力艇には決まりはないが
暗がり航行が危険なことに変わりはない。)

 

1dsxp183676s

 



早朝にしては少しざわつく北東寄りの風を感じながら
-70mポイントに差し掛かると
おっ、yさんだ。
今日は朝一イカをやると聞いていたが
この場所ならどうやらアマダイ狙いのようだ。

この辺りは結構海底がフラットなのでなかなか深くならないが
続いて-100mに差し掛かると
なんと芋焼酎さんではないか。

既に周りには手漕ぎボートなどはいないこんな沖で、
さてはまたホタルイカで今度はブリでも狙っているのかな。

そういう五目漁師が振り向く先には
はるか沖にいくつかの遊漁船が見える。
おそらく今日はあの辺りまで行くんだろうな。

しかし意外にも目指すポイントはそれよりもずっと手前であった。
着いたかな。

 

2dsxp183680s

 



早速、アカムツ狙いの定番だという
サバタンにホタルイカの内臓部とゲソだけを抱き合わせた
餌を付けた胴付き仕掛けを落とす。

さあ行け!
水深は22030m程度、錘は100号、
この日のために新調した電動リールには3PE300mを巻いているが、
着底までの約3分間でボートが流れるために
どんどんと余分に道糸を消耗してしまう。

片手で竿を支えながら
もう一方の腕でへたくそながらも微速後進漕ぎは必須だ。

なんとか着底させたものの
300mのラインをほとんど使い切ってしまい
リールのドラムが丸出しになったために
直ぐに巻き上げにかかる。

ウイーン、電動リールがうるさい。

すると半ばほど巻き上げたところで
ククッと穂先に当たりを感じる。

あれ何か掛かっていたのかな?
いや、どうせ途中で掛かったサバだろう。
やっぱりな。

 

3dsxp183681s福浦では珍しいマサバ



初めての深場で、
おろしたての電動リールの獲物がサバでは悲し過ぎる。

指跡がつくほどおもいっきり握りしめて投げ捨てようとしたが、
前回も今回もスーパーで買ったサバを餌に使っていることを思い出し
クーラーボックスに投げ入れる。

次は-200mまで戻って仕掛けを投入する。
今度は余裕の底どりからゆっくり竿を立てたり
元に戻したりしながら誘いを入れる。
この間も微速後進漕ぎが忙しい。

しばらくすると確かなアタリ。
巻き上げの途中でも穂先が時々振動するので
何かついているようだ。
なんだろう?

まだお会いしたことはないが五目漁師が嫌いそうな
ヌメヌメのドンコとかクロシビカマスだったらどうしよう
とドキドキしてくる。

おやっ、水面下に見えてきたのはクロムツではないか(小さいが)。

 

4dsxp183685s

 



やったね、クロムツが釣れたことよりも
これならここでアカムツが来ても不思議ではないなと
ファイトが湧いてくる。

ボートが流されると漕ぎ戻りのついでに
新しいポイントに少し場所を変えるが
エサ取りが多いアマダイ釣りの癖で
23分もアタリがないとすぐに仕掛けを上げたくなってしまう。

しかし、これでは魚探と兼用している電池(5Ah)
直ぐに底をついてしまいそうだ。

試しに一度手巻きで仕掛け回収してみようと
ぐりぐりと巻き始めたがこれはたまらない、
100mを越えたところでとうとうギブアップ。

電動リールなんてくそくらえと普段から言っていたのに
素晴らしい機械ではないか。
あらためてふふーん(電池が欲しいな)とリールをながめ直す。

それまでの山立てに頼った釣りから
魚探を使い始めた時もそうであったが
今後の深場(100m100号以上)の釣りでは
手放せなくなってしまうに違いない。

そして、今度はゴツゴツとしっかりとしたアタリがあったが
掛からなかったようだ。

ネットで調べてみると
アカムツ釣りはアタリをとらずに聞き合せるように
掛かったかどうかを確かめる・・・とあったが、
PEといえど道糸が流れの中でどうしても弛んでしまうこんな深場で
アタリをとってみても仕方がないというのはよくわかる。

エサを食った魚が掛かってくれるのを待つだけだ。

再びゴツゴツ、聞き合せると
おおっ、今度は掛かっていそうだ。

巻き上げる途中でも何度かググっと穂先に反応があり
魚がついていることは確認できる。

あがってきたのは良い型のクロムツ(35cm)。

 

5dsxp183687s

 



その後、ますますアカムツへの期待が高まる中で
電池切れを心配しながら何度か仕掛けを落とす。

風の変わり目だろうか無風の状態がしばらく続き
深場釣りが楽しめたが

 

6dsxp183691

 



やがて逆転した南東の風あがってきた。
岸に戻してくれる風なので心配はないが
ボートが流れ出すと釣りにならないので本日はここまでで退散する。

で、本日の釣果はこれ。

 

7cas185993s

 



釣った日刺身は初めてのクロムツとメバル。

 

8cas186008s

 



小型(25cm)のクロムツとアラは煮つけに。

 

9cas186012s

 

10cas186017s

 

 

 




手漕ぎボートの深場釣り。うまくいくかどうかは風次第ですね。
五目漁師は20年近くも風が相手のディンギーに乗っていました。
多少なりとも風を読むことはできますし
己の手漕ぎの限界は心得ている積りです。
だから大丈夫と言っているわけではありませんが、
そもそも手漕ぎボート釣りは魚も良く釣れますが、
口には出さずとも冒険心をそそられるという面に
魅力を感じている釣り師も(勿論私も含めて)多いのではないでしょうか。

場所を特定できる写真なども特に伏せたりはしていませんが
少し遠いですから少なくとも安易な構えで行くのは止めた方が良いと思います。

本日もポチッとよろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

« 小さいアマダイ拒否作戦大成功 | トップページ | 道東にて »

<!ー020福浦釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
脂がのってうまそうなクロムツ、うらやましいでーす。

>さてはまたホタルイカで今度はブリでも狙っているのかな。

ぎくっ、ばれましたか。
ホタルイカも試してみましたが、全然空振りでした。
残念無念。

それにして、あんな沖でお会いするとは思いませんでした。(笑)

こんばんは!

良からぬ相談を仕掛けたのに行けなかったAPです(^_^;)
クロムツ(@_@)!
流石です\(^o^)/
やはり、行きたかっと自宅で密かに家内の誕生日を恨めしく思いつつ、同時に五目さんほどのキャリアでも「少し遠いですから少なくとも安易な構えで行くのは止めた方が良いと思います。」と言わしめるポイントに家内に救われたかも知れないと複雑な思いです(..)

用心しすぎてビビりな位がちょうど良いボート釣り、冒険心と限界点を見切る力を試されますね。

五目漁師さん

福浦中深場手漕ぎ遠征お疲れ様でした。

赤いのは運悪く釣れなかったようですが、
これまた美味い黒いのが釣れるのがわかって良かったですね。
私も去年暮れに超凪の日に散歩がてらに単独で行って、
スロジギをチョコっとやりましたが、
手巻きで200mオーバーは辛いですね。10本で挫折しました(笑)

凪限定としても福浦手漕ぎ中深場の一番のリスクはオール破損です。
私が次回そこに行くことがあるとすれば、予備のオールを持参すると思います。
マイオールをじっちゃんにキープしてもらって(笑)

それでは、また。

お疲れ様でした。

私一応イカやりましたよ(笑)。
魚の反応のあった定置周りで。
この魚にイカが着いてるんでは?と思いましたが、全くかすりもしませんでした。

ついでにCポイントも底トントンで試しましたが、何の反応もなかったです。
小カサゴすらいなかったです(笑)。

しかし福浦は楽しいでっす。
景色は良いし、アタリは多いし。
今回はムシガレイが嬉しかったですね。
伊勢町で釣る予定のマコガレイと食べ比べしてみようと思います(笑)。

お疲れ様でした

中深場釣りは魅力のある釣りですね
何が付いているのかクジ運の楽しみにも似ています
私も一時期釣船でしたが嵌った時もありました
また深場の中層でも色々な魚が釣れる事もあり
面白い場所です
私も凪の時や潮流によっては沖へ出る事もありますが
最近は危険な釣り人が気になります
安易にレスキューを頼む人が多くなりました
船外機のトラブルも目にしますね
貸す側にも問題があり怖さを知っている事で
私は借りません
生涯手漕ぎですね
また良いボートを見るとその店が好きになります
昨年の葉山、遠山ボートなど良い店です
曳船も無いのが逆に安心感を覚えますね
今回のブログの中で
最後に書かれている事が一番ですね
釣り会もそんな勉強の場所にしたかったです


芋焼酎さん、こんにちは。
お疲れさんでした。

この時期は浅いポイントでは釣れないですから
どうしても深場志向になりますね。

それに考えてみれば冬の方が春や秋に比べると風は穏やか
夏のあの暑さでは漕げませんし
沖に出るなら今がチャンスかもしれません。

めったやたらに行ける場所ではないですが
アカムツを一度は釣ってみたいと思っています。

APさん、こんにちは。
一緒に行けずに残念でした。

私がこの日行ったのは結構広いポイントのほんの一部分です。
今回たまたまクロムツが釣れましたが、
凸凹が激しいですから毎回様相は変わると思います。

風予報の精査(特に全体的な風向)、現地での風の変化には特に注意が必要ですね。
福浦の場合は皆さんがおっしゃるようにボートのチェックは大前提ですが。

想像以上に風の影響が大きく、
浅場でなら丁度良い風でも200mでは致命傷になることを感じました。

flex-pさん、こんにちは。

そうでした、flex-pさんが仲間内では先駆者でした。

あそこでジギング、シーズン中にやれば底も中層も面白そうです。
底はボートで一かき1mの凸凹具合ですから
底どり不要、流れても良しの中層狙いが良いかもしれませんね。

この日借りたボートは素晴らしく普通のボートでした。
ナンバーをメモしてきましたので大丈夫ですが
オールは変わってしまいますので要注意ですね。

機会があればご一緒させて下さい。

腰痛持ちさん、こんにちは。

お疲れさんでした。

ははっ、イカは一日を棒に振るくらいの覚悟を決めてやらないと
いくら腰痛さんといえどもチビッとじゃ駄目なんじゃないでしょうか。

今の時期、アタリがあれだけ頻繁にあるのは本当に福浦くらいですね。
ムシガレイ再来となれば腰痛さんの独壇場でしょうが
処分しきれずに日干しにしていた頃が懐かしいです。

しかし、この日も相変わらずの釣りっぷりでしたね。
またアマダイの熟魚が少なくなります。

趣味人たけさん、こんにちは。

200mは私にとっては初めての深さでした。
単に釣れる魚が変わるだけではなく、
手漕ぎボートによる深場釣りの難しさがわかりました。

普段は我々とは縁のない深場に潜む魚を釣り上げるのは
神秘的な楽しみですね。
私はニョロ系やヌル系とはお付き合いしかねますので
それが心配でしたが
この日は幸いにして掛かってきませんでした。

安全第一というのは簡単ですが
その中で自然と対峙し欲求を満たすにはどうすればよいかを
シビアに方策する。
これがなんでもでかんでも自分でやる手漕ぎの魅力ですね。

遠山ボートにはいいシーズンになれば一度行ってみたいと思っています。

お疲れ様です!私が居た場所とは少し違うとこに居ましたので、
時間に余裕もなくこの日は声掛けは控えさせて頂きました(;^ω^)
クロムツゲットおめでとうございます!
ムツ系の魚が釣れるときはある程度底潮動いてる時なので
アカムツチャンスきっとありますよ♪
今は糸400m無いとちょっとアカムツは厳しいかもです。
少し深いとこに居ますので。

薄いクラドが入り始めてますのでもうちょいしたら少し浅めにアカムツ上がってくると思います。

すーさん、こんばんは。

いらっしゃったのですね。
回りに見えていたのは黄色のボートだけだったように思いますが。

もう少し深いところでやってみたかったのですが道糸が足らず断念でした。
2号400mに巻き直そうかと思っています。

何度かいいアタリがあったのですがなかなか掛からないもんですね。
合わせ方もボートの漕ぎ方もいつもとは違うやり方をマスターしないと
難しいと感じました。

五目漁師さん、ついに電動リール買われたんですね。
PE3号300mは僕のシーボーグとまったく同じです。
外房でイカ釣りができますね。
それにしても手漕ぎで水深200mオーバーですか。
一気に水深が深くなる相模湾とはいえ、その体力に脱帽です。
外房で水深200mとなるとほぼ5海里ですからね~。10馬力ぐらいないと行けません(笑)
クロムツいいですね。アカムツも時間の問題ではないでしょうか。
館山湾もそうですが、やっぱり冬は中深場が安定しているんでしょうね。
僕は青物祭りが始まるまでもう少しの我慢です。

ぐっちゃん、こんにちは。

福浦は岸から500mも漕げば7,80mもありどん深なんですよ。
岸側は岩場や岸壁が切り立ち景色もいいです。
こんな景色ですから魚種も多く魚影も濃い、
自宅からも近く、ボート代も安いし最高のボート釣りポイントなんですが
ボートの整備がとにかく悪く皆さん心配しながら釣るか
二度とこない人もいるんですよ。

人気(にんき)がありながら人気(ひとけ)がない。
いいバランスがとれているのかもしれません。

私もアカムツは時間の問題だとは思っています。
ぐっちゃんのデカマサとどっちが先になりますかね。

師匠こんちわ(*^ω^*)

見逃してました…
ついに電動リールを導入ですか!
師匠のことなので手巻きでいって欲しかったw
春の訪れを感じさせる三寒四温パターンに入り始めましたが
なんだかんだと攻略していってしまうのでしょうね。
去年?の泳がせ仕掛け改造に続いて楽しみなシリーズになりそうです。
僕はヘタレなので40メートルもあれば電動です( ̄∀ ̄)

ガルさん、こんばんは。

自分では巻けると思っていたのですが
300mからいい加減巻いてカウンターみたらまだ200m、降参ですね。

すーさんの真似はできません。

アカムツゲットするまでは天気を選びながら通ってみるつもりです。
もう1か月もすればそろそろデカアオリも始まりますかね。
お互いに忙しくなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レスキュー艇がないので、自力で帰還してください(芋焼酎):

« 小さいアマダイ拒否作戦大成功 | トップページ | 道東にて »