« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月27日 (土)

朝マヅメと夕マヅメ、そして赤い獲物

最近は頻度が減ったが、
五目漁師はokkakefujiというハンネで
たまに富士山の写真撮影に行く。

若い頃には山にもよく登ったが
どちらかというと海人間。
山よりも海。

しかし、
直ぐに(波を見ただけでも)船酔いしてしまうヨメサンと一緒に
ボート釣りをするわけにもいかず、
これなら一緒にできると始めたのが
富士山撮影であった。

この時期の釣りはいわゆるシーズンオフであるが
富士山の方は雪景色や富士五湖の結氷などもあって
季節なりにいい写真が撮れる。

人気の紅富士や
鏡に映るような逆さ富士もこの時期が良い。

いずれにしても撮影時刻として
日の出と日没は外せない。

これは釣りでいえば正に朝マヅメ夕マヅメだ。

ボート釣りは暗がりではできないが
富士山撮影は東の空が白んでくる頃にはスタンバイしているので
釣り以上に早く現地に到着する必要がある。

今の時期なら5時、夏場なら3時過ぎには
三脚を立てて日の出を待つ。

“私暇なんで” の今でこそありえなくなったが
勤めていたころは
土曜日が富士山撮影で日曜日が釣り(あるいはその逆)
というのもたまにあった。

こんな時には二日続けて
徹夜に近いお出掛けパターンになってしまう。

春は桜、秋は紅葉、
そしてその他にも季節の花々といった撮りものがあるので
朝マヅメと夕マヅメの間も結構撮影で時間がつぶせるが
冬は困ったことに昼間の撮りものが見当たらない。
仕方がないので道の駅をぶらついたり
富士山の周りの雲の行方を心配したりしながら
車中で時間をつぶすことになる。

当然のことながら朝マヅメの朝焼けは
富士山の西側から、
夕マヅメの夕焼けは富士山の東側から撮ることになるので
朝夕では富士山を挟んで西側から東側に移動する。

これは少し前になるが先日(116日)
西側の精進湖畔で撮った朝マヅメの写真。

1dsn188825ss1月16日06:51 by gomoku-ryoushi

2ims186159ass1月16日07:07 by yomesan

残念ながらあまり赤くならなかった。
釣りのやった感でいえば
大津で小アジがツ抜けたくらいかな。

こちらはその後東側に移動し
山中湖畔で撮った夕マヅメの写真。

3dsn188961ss1月16日16:58 by gomoku-ryoushi

4ims186250ass1月16日17:00 by yomesan

こちらの方は久々の焼けで釣りのやった感でいえば
伊東でカイワリのツ抜けくらいには相当する。


さて、先日の伊東釣行の同じく赤い獲物の料理写真の残り。

外気温が低いのでクーラーボックスで氷詰めにしていた
オニカサゴとホウボウを3日目に料理する。

ここはやはり素材の美味さが生きるしゃぶしゃぶにしてみた。

5cas185736s左がホウボウ、右がオニカサゴ


普段は我が家では人気のホウボウであるが
こうして比べられのは可哀そうな気がしてしまう。

しゃぶしゃぶの後はつけ湯に
更にオニカサゴとホウボウのアラでとった出汁を加えて

6cas185751s

雑炊に

7cas185756s

4
日目の昼はとっておきのオニカマを焼いて
お茶漬けに添える。

8cimg5765s

これは我が家の18番。

そして最後の最後はオニカサゴならではの
ヒレ酒で締める。

9cimg5769s

これで完食。

次はと言いたいところであるが
こう寒くてはなかなか出掛ける気がしてこない。
頭の中はぽかぽか陽気の下で釣っている姿ばかりだ。




明日で野暮用件が一つ終わります。
釣りの方はもう少し時間が掛かりそうです。
その前に撮影旅行もいいかなと考えています。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

意外な赤い魚三昧

昨日(121日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

とうとう真冬の海になってしまったのだろうか。
(いや、まだかな。伊東の水温は15.3度だった。)

右を見ても左を見てもいい話は聞こえてこない。
それでも釣りには行ってみたい。
どうしよう、何をしよう。

そうだ、どうせ釣れないなら普段やらない釣りをやってみよう。

実は五目漁師は来週末にあるイベントの準備で今は結構忙しい。
本来なら釣りはもとより
釣った魚などを捌いている場合じゃないのでは
と焦ってもいるので
釣れなきゃ釣れないでそれも良し。

伊東で一番似合わない釣り、結果が出ない釣り、
それは多分流し釣りだな。

伊東を案内する時にはいつも
“伊東に行くならカイワッリ♬” と唄って聞かせる
(嘘、しわがれ声の五目漁師がそんなことをするわけがない)。 

沖に出て流せば
たまにはオニカサゴやアマダイが釣れないことはないが
狙って釣るようなもんじゃないですよ。
と言ってきた。

もちろん自身もカイワリをやっていて
あまりにも釣れないから飽きてしまって沖を流すことはあっても
腕まくりしてやったことはない。

今回は集中してその沖流しをやってみよう。

で、念入りに仕掛けを準備する。

Cias185716s写真帰宅後撮影。
結局、使ったのはアマダイ仕掛けとタイラバ錘の胴付き仕掛けだけだったが。


アマダイ用には定番の1.8m/2本針吹き流し仕掛け、
タイラバを錘代わりに使う6本針胴付き仕掛け、
サバタンとオキアミを交互に付けるオニアマ仕掛け、
念のためにフラッシャーを使ったホウボウ仕掛け、
オニ専用の仕掛け、
それに普通にタイラバも準備する。

エサは取りあえずオキアミでスタートしよう。
いつもは憎々し気に放り投げているのに
こんな時に限ってサバタンの手持ちがない。
アフォくさくてわざわざ買う気はしないので
オニをやる時には釣った魚をその場で捌くつもりだ。

五目漁師は手漕ぎボートによるタイラバやアマダイの流し釣りは
ボートを上手く流してくれる風が全てだと思っている。

前日の風予報を見て土曜日だった予定を
本日、日曜日に変更しただけあって絶好のコンディションだ。

Dsxp183634s

この風なら沖に出ても大丈夫そうだ。

マリンタウンの沖のポイント(水深5054m)に着くと
先ずは場が新鮮な内にタイラバから始める。

すると一投目マジックで掛かってきたのは可愛らしいホウボウ。

Dsxp183635s

しかしあとが続かない。
直ぐにアマダイ仕掛けに切り替えると
しばらくしてクンと小さなアタリで上がってきたのは正に狙ったアマダイ。

Dsxp183639s

やった!いるじゃないですか。アマダイさん。

狙った通りの魚が釣れると小さくてもうれしいし、
でかいのがいるかもと気合も入る。

その後はポツリポツリとアマダイとホウボウが交代ごうたいに釣れてくる。

一向にサイズが大きくならないので少し沖に出て
ゆっくりゆっくりと元の方向に流れて戻ってくる時だった。

もぞもぞっとしたアタリに大きく竿を煽ると
ゴンゴンと竿を叩くような乱暴な引き。

なんだろう。アマダイではなさそうだ。
まさかデカフグ!?

沖流しは何が来るかわからない、
しかもでかいのが掛かると上がるまでに
23分もあれやこれやと妄想が続く。

そして覗き込む海中にやがて赤い点がうっすらと見えてくる
おやおやなんだろう?

アマダイ同様最後は観念して大きな口を開いたまま浮かび上がる。
妄想が現実になる瞬間だ。

Dsxp183642s

やった。立派なオニカサゴ(34cm)だ。
よくもこんな小さい針(チヌ4号)がすっぽ抜けずに掛かってくれたもんだ。


昨日は川奈のfさんからオニカサゴで、

Image1

伊東のyさんからはマハタで

2018012012520000s

“ミッションコンプリート” 
の写メが入ったので、
お返しをしようとスマホを取り出したが
波あり眼鏡なしではこの数文字が書けない。
時間がもったいないので断念する。

その後は相変わらず小アマダイとホウボウが掛かる中で
やっとそれなりのアマダイ(32cm)も釣れてくる。

Dsxp183651s

しかし、アタリがあったのも昼まで。
昼を過ぎると無風、潮流も皆無になり
ボートはピタッと止まったままで動かなくなってしまう。

これでは投げ入れた仕掛けが
たまたま彼らの頭にでも命中しない限り
底でじっとして動かいない行動範囲の狭い根魚は狙えない。

ボートに勢いをつけて斜め流しをやってみたり、
片手漕ぎをやってみたりするがうまくいかない。
やっぱりスワンの足漕ぎボートが欲しい。

結局、昼からは胴付き仕掛けで一尾釣れただけで
今日の釣果はこれ。

Cas185661s

伊東の流し釣り、
期待していなかっただけによく釣れた方だと思う。


ホウボウとアマダイの釣った日刺身+ホウボウの薄造り、

Cas185671s

本日はアマダイの蕪蒸し、

Cas185689s

アマダイとホウボウの海鮮丼

Cas185712sうーん、さすがの白身魚もこれは合わない。
残念ながら五目漁師の好みではなかった。



さて明日はメインのオニカサゴ、どうするかな。




釣れないと思っていた伊東の流し釣り、
結果的には冬場のメッカ福浦以上でした。
オキトラギスやレンコダイなどの雑魚がほとんど掛からないのもいいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

今度もアマダイ一直線

昨日(113日)は福浦(エトーボート)に釣行。

あれだけTVの天気予報で
寒波、寒波、
寒いぞ、寒いぞ
と煽られるとさすがにひるんでしまい、
少し寒さが和らぐ週初めにしようかとも考えたが
結局来てしまった。

1dsxp183626s

いつものことではあるが
今回も早朝こそは手がかじかむ冷たさで
片手をポケットで温めながら左手と右手で交互に竿を握っていたが、
それも日が昇ってしまえば解消し
漕げば直ぐに汗ばんでくる。

五目漁師は毎年厳冬の北海道で写真撮影を楽しんでいるので
重ね着の仕方、ホカロンの貼り方や貼る場所など
寒さ対策にはちょっぴり自信(五目流ノウハウ)がある。

さて、今回もどうせ狙っても釣れない魚には期待せず
ターゲットはアマダイ一直線だ。

ただ、前回のがあまりにも小さかったので
今回は少し型を揃えたい。
と言っても情報が少ない福浦では
何か作戦があるわけではなく
前回とポイントをあてずっぽで変えてみるくらいだ。

西寄りの穏やかな風が磯に沿って三ツ石側に
ゆっくりとボートを流してくれるので
何度か流して深さを探るには丁度良い。

以前よりも手前に移動している刺し網を目標に
ソーセージブイの沖辺りから流し始めると
すぐにアタリ。

2dsxp183628snef

上がってきたのはやっぱりこのサイズだ。

アマダイはアタリも引きも独特だ。

ほとんどのアタリはヌタッとしたもたれたようなアタリ。
このアタリでは大きさは殆ど判断できない。
大きさがわかるのは竿を煽って合わせた直後の引きだ。

しかし巻き始めるとこの引きも直ぐになくなってしまい、
おやバラしたかな?
いや付いているかな?

おそらくこの時にはあの流線型の頭を上に向けて
引かれるがままに身を任せているのであろう。
至って水の抵抗は小さい。

かと思えば、何度かゴンゴンと穂先に強い引きが伝わってくる。
このゴンゴンが
私はアマダイですよ、
大きさはこれくらいですよと正確に伝えてくれる。

ゴンゴンの3度目か4度目は水面に浮かぶ少し前。

この後は巻き取りスピードよりも速いくらいのスピードで
ぽっかりと水面に浮かぶ。

掛かりどころによってはこの浮力が災いして
最後にバラスことになるので
テンションを保ったまま引き上げるに限る。

しかし、こんなアタリも2匹まででぱたりと止まってしまった。

アマダイ一直線といいつつ
今日は川奈に行かなくなってからとんと使わなくなった
半年以上も前の冷凍サバタンを始末しようと持ってきたので
ソーセージブイの近くでオニカサゴを狙ってみる。

ポイントが狭いので結果を出すのに時間は要しない。
結局、ここではカサゴが1匹のみに終わり、
再びアマダイ釣りに向かう。

今度は流しのポイントを石切り場前に移動して
同じように順に深さを探っていく。

やはりアタリはないが今日は嬉しいことに
レンコダイ他の外道の猛攻が鳴りを潜めいるので
アマダイだけを頭に浮かべながら誘いを入れていく。

水深60m前後、7080m、90mと探っていくが
なかなか奴らの居場所がわからない。

アタリが活発になったのは
12時ではなく11時に聞こえてくる福浦名物の時報の少し前だった。

時合いのせいなのか
ポイントが当たったのかはわからないが
刺し網手前の6570mでアタリが頻発する。

急げ急げもう時間がない。

このころには風向きが沖から岸に向かう風に変っているので、
ターゲット深度を横切っては漕ぎ登りを繰り返す。

それにしても相変わらず型が小粒だ。
この時合ならと思い
数が揃ったところで沖に出ることも考えたが
(沖に出れば型がよくなるという約束もないので)
時計をみて断念。

で今日の釣果はこれ。

3cas185588sアマダイ2330cm×13、他にカサゴなどの外道少々


アマダイは姿も引き具合も
そして刺身の食感も独特。昆布締めも我が家の定番。

Cas185600s

見栄えはおいても
なんともお上品な口当たりの酒蒸し。

Cas185609s

バター風味にサッパリ感の大根おろしがよく合う和風ムニエル、

Cas185623s_2

今日は外道の小物が実に少なかった。
トラギス、ウッカリカサゴ、アヤメカサゴ、レンコダイ、蛸が
なんと一尾ずつ。
これにアマダイを加えて小魚の天ぷら6点盛り。

Cas185631s

五目漁師の釣り三昧のアマダイ三昧

Cas185647s



いよいよ冬の海に突入でしょうか。
福浦の水温も15度弱まで下がりました。
少し休むのも良し、
釣れないのを承知で小物がいない海で大物を相手にするのも良し
いずれにしても早々と心は春先の海で妄想ですね。

 本日もポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

寂しい五目漁師の幕開け

昨日(1月4日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

釣れても釣れなくても初釣りは新年の挨拶を兼ねて
いつもお世話になるオーシャン釣具と決めていた。

この寒さ(のイメージ)ではお客さんも少なく
オヤジさんもここ数日の海の様子は
よくわからないとおっしゃる。

フグがいなくなり
アタリがあればマダイとも聞いているので
今回の狙いはその鯛とヒラメ。

活きアジを3匹買って行く。

1dsxp183609s

マダイなら砂地の正面沖、
ヒラメなら根があるマリンタウン側のアジポイントが良さそうなので
先ずはアジポインに行き、早速泳がせを始める。

反対舷側では手持ち竿でアジでも来ないかなと
2.5m吹き流し仕掛けを出してみるものの
底から+10mくらいまでは活発なエサ取りで釣りにならない。

エサ取りがいるくらいならヒラメにもいて欲しいが
泳がせには反応がない。

結局、1時間ほどで諦めて正面沖に移動する。


やはり泳がせ仕掛けを入れながら
手持ちの仕掛けは6mの五目仕掛けに替えて
せっせとコマセると、

何だろう?
こちらの方も底から+10m辺りまで魚影が流れ始める。
しかし、先ほどとは逆で全く付けエサ餌には反応しない。
まるでごみでも流れているようだ。

少し遅れてやってきたオーシャンのオヤジさんも含めて
今日は5杯のボートが海域に浮かんでいるが
どのボートも釣れている様子は全くない。

2dsxp183613s

それでも前半は五目漁師にはよくアタリがあった方だと思う。
一日、仕掛けを垂らしっ放しにしてみたり、
シャクリ上げてみたりしたが、
アタリの回数はたったの4回。

あまりにも少ないので全てを覚えている。

1回目、
釣り始めて2時間半ほどもたったころに最初のアタリ。
引き具合からカイワリかなと思ったが意外にも中サバ。

2回目、
今度は力強いアタリに合わすと
時々穂先を海面に引き込む結構な引き具合、
上がってきたのはハナダイ(33cm)、

3dsxp183615s_2

3回目は
おやっ、久し振りにアタリかな?
に慌てて合わせを入れると何かが掛かったようだ。
上がってきたのは不意を突いたようなアマダイ。

4dsxp183617s

そして4回目、
クッとしたアタリ、そこそこ抵抗している。
何だろう?
透き通った海中を覗き込みながら茶色の魚影に
久しぶりのムシガレイかなと思ったが外れ。
なんと、長年伊東で釣りはやっているものの
沖のこのポイントでは恐らく初めてのカワハギ。

Canvas

ただ、餌を頻繁に盗られる様子はなかったので
底に群れているわけではなく
たまたま流れてきてボーっとしている内に
自慢の旗竿がハリスに絡まったようだ。

この魚が釣れたのが11時半。
以後沖上がりまで4時間はアタリどころか
一度も餌がなくなることさえなかった。


一方、ヒラメが駄目でも、
せめてマトウダイでもと期待した泳がせの方はと言えば、

最初の1尾目は冷たい水の中をよく泳いでくれたが、
さすがに朝から2時半まで泳ぎっぱなしではお疲れの様子、
たまに死んだ真似をするようになったので
ご苦労さんとリリース。

新しいアジに入れ替えようとして
ボートから垂らしていたバッカンを上げると
上蓋のチャックが開いたままになっており
既に1尾は逃走。

まあいいやお年玉だ。

折角のチャンスだったのにどんくさくも残った一尾を
針に掛けてさあ行ってこい、
ドボン!

ところが心機一転するために
仕掛けも入れ替えたのがあだになり
フックの掛け忘れで40号の錘に引かれて
海底に向かって真っ逆さま。さようなら。

なんとどんくさいことか。
しかもアジ君にとっても助かる見込みはなく
申し訳ないことをしてしまった。

で、なんとか釣った日刺身分は確保したので、
娘家族に入れ替わりで昨日から来ている
息子家族との夜の団欒のあてに。

Cas185518s

さて、寂しい初釣りになってしまった。
沖上がり後、コーヒーを頂きながら
オヤジさんとしばしの談笑。
いや、真面目な反省会、いや慰め会。

水温は今日も16度あった。
まだ真冬の水温ではないので
マダイもカイワリもアジもいてもよいはず。
潮も悪くはなかった。
行きつくところはまだ真冬のどん詰まりではないはず。
まだ釣れるはず。

オヤジさん明日も出たそうにしていらっしゃったが、
どうされただろうか。


本日の釣果はさておき、
五目漁師としてはここ数年来伊東の目標にしている
30cm超えのカイワリを今年こそはあげてみたい。
毎年1尾か2尾はあがっているので
そんなに無理難題ではなさそうだ。

もう一つ期待がある。
東伊豆では釣れないとされてきたタチウオ。

一昨年は、たまたま目の前で
エンジン艇に乗ったがジギンガーが釣るのを見、
昨年は自身も狙って1尾だけだったが釣りあげることができた。
他のお客さんも1尾ずつだが釣っている。

海は少しずつ変わっているが
釣り師の意識以上に魚種の入れ替えは
ダイナミックなように思える。

五目漁師が伊東に通い始めた数年前には
湾内に遊漁船まで入ってきて賑わったマルイカ釣りは
今は記憶の一コマになってしまった。

底を這わせば決まって釣れたムシガレイの姿も今はない。

そして昨年はとうとうあのサバ野郎の姿も少しなりを潜め、
代わりに小型のシイラが群れた。

今年はタッチー君が群れを成すことを期待したい。




先ほどオーシャン釣具の釣果ブログをチェックしたところ
やっと更新がありました。
小ぶりの真鯛、それに泳がせに丁度よいアジが釣れています。
これが群れだすと面白いのですが。

今年もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »