フォト
無料ブログはココログ

« フグの葛藤釣り | トップページ | 寂しい五目漁師の幕開け »

2017年12月31日 (日)

今年の納竿×2

 

 

 

 

一昨昨日(1228日)は福浦(エトーボート)に釣行、
そして昨日(1230日)も福浦(エトーボート)に釣行。

28日は晩に釣り仲間との飲み会があるために
朝が早く、その分昼過ぎには沖上がりする福浦へ。

活きアジを買っていきヒラメ、ハタ狙いの泳がせを中心に
アマダイもちょこっとやってみたが見事に超絶完ボ。

つまらない2017年の納竿になってしまった。
(はずだった。)

実はこの時にあの地獄の坂道の上で車待ちをしながら
たまたまお話をさせていただいた方が
このブログに時々コメントを下さる
clairさんであったことを後で知った。

clairさんは
五目漁師がこの日、沖流しで釣れるのは
レンコダイやオキトラギスなどの外道ばかり、
アマダイは皆無だったあの海で
なんとアマダイを好釣されていた。
しかもタイラバで大物を逃がしている。

こうなれば納竿のやり直ししかない。
clairさんの記事を見た後、
直ぐにボート屋さんに予約の電話を入れて
今度はよそ見などせずにアマダイ一本で攻めてみよう。

待てよ、やっぱり逃げた大物が気になるので
朝一の時合いだけジギングをやってみよう。

 

Dsxp173600s

で、こんな朝日を拝みながらジグをシャクり始めるが
アタリは一向にない。

魚探の画面にいつものベイト反応が出ることもなく
8時過ぎには諦めて予定通りアマダイを狙うために
定置網の少し沖(水深6575m)に出る。

お正月にかけて娘家族もやってくるので
珍しく今日は釣って帰るからねと宣言して自宅を出てきた手前
最低でもおかず分は欲しい。

ボートを流し始めて直ぐに
アマダイ独特のもたれたようなアタリに合わすと
小気味よい三段引きで上がってきたのは
小型のアマダイ。

 

Dsxp173603s

ボートは定置網のブイの並びに対して
60度くらいの傾きでうまい具合に流れてくれるので
東側の角にあるソーセージブイから出ているロープの終端辺りを目指して
コース取りをする。

タイラバの流し釣りと違って
寧ろ一度釣れた航跡をたどるように流していくが
次も小型、その次は超小型・・・

最近、ここのアマダイは総じて小さくなってしまったが
なんとか型を揃えたい。

やっと本日のチャンピョンは29cm

 

Dsxp173606s

10
時を過ぎたころから風がやや強まってくる。
しかも目まぐるしく風向や風速が変わるために
なかなかボートが思った方向やスピードで流れてくれず
苦しい釣りになる。

-五目漁師は仕掛けや誘い方は二の次、
船頭が釣り場を決め適当に(往々にして下手くそに)
流してくれる船釣りと違って
手漕ぎボートの流し釣りは
魚がいるところに自らボートを流す。
これが全てだと思っている。-

コース取りは作戦次第であるが
流し速度は風が相手なだけに
速すぎたり遅すぎたり、止まったりするとお手上げになってしまう。

そんな中で型を求めてポイントや深さも色々探ってはみたが
外すとレンコダイやオキトラギスの外道が増えたり、
深場に行くとアタリがなくなってしまったりで
結局小型ばかりになってしまったが、
なんとか格好はつけることができた。

 

Cas175375sなんとか大きく撮れないかな?
アマダイ12尾、サイズ23cmを中心に最大
29cm
他にメバル、ヒメコダイなど。




さて、これで2017年の釣りはおしまい。

今年は結果的にはふがいない釣りが多かった。
自宅では釣る気があるのか!
とまで言われている。

確かに早朝から沖上がりまで
コマセまみれになって粘り通し、
釣れるものは拒まずの五目漁師流の釣りがややなりを潜め
よりターゲットを明確にした釣りに変わってきたような気はしている。

最近は皆々さんコマセに集まってらっしゃい的な釣りよりも
探し求めて迎え撃つ釣りが楽しくて、
放っておくと気持ちはついついタイラバやジギングに向くことが多い。

半面おかずさえ釣れない釣りも多くなり、
クーラーボックスの中だけを見ると
釣る気があるの!?
と言われてしまってもごもっとも。

本人的にはコマセ釣りの時以上に
タイラバやジギングでは集中しているし、
最後の最後までこの一投でなんとか帳尻を合わせたい
と粘り通す気持ちは変わっていない。

さて、来年はどんな釣りになるだろうか。
海の様子はどんどん変わっている。

従来の釣りに固執せずに
合わせながら自分の釣りをしたと思っている。





今年1年ありがとうございました。
多くの方々からコメントやアドバイスを頂き
おかげさまで共に楽しみ、情報共有が故にいい釣りができたと思ってます。

大晦日には毎年、今年は特に一年が早かったと思いますが、
明日から間髪入れずに新年が始まります。

喪中ですので年賀記事は控えますが
今後ともよろしくお願いします。

本日もポチッとよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

 

 

« フグの葛藤釣り | トップページ | 寂しい五目漁師の幕開け »

<!ー020福浦釣行ー>」カテゴリの記事

コメント

五目さん、こんにちは

毎回楽しませてくれる五目さんのブログは、普段の釣果が芳しくない僕のカンフル剤になってます^^

最後の釣り納めもピンク一色で流石ですね!

来年は少しだけでいいから五目さんにあやかれないかと思ってます(笑)

来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください!

五目さん、こんにちは!

エトーさんへ2度も通う五目さん気力体力充実してますね(笑)
五目さんの年になったら真似できるかな。

この釣果は流石、正月を飾る魚として華があって家族にも威張れるのでは。

来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を(^^♪

師匠こんばんわ(*^o^*)

あちゃーやっぱり28日行けば良かった
これで大津に続いて二回連続だ…(//∇//)
寒さが悪いのです…残念_| ̄|○

来年は何しようかなぁと思ってますが
またみなさんの釣り物見てパクりながらですかね…

来年も宜しくお願いします

ブライアンさん、こんばんは。

何をおっしゃるブライアンさん。
赤い魚ではチームブライアンはもう手の届かないところに行ってしまいました。
ピンクもよく似たものですからやればきっと同じでしょう。

毎年今年こそはと思いながらも
観音崎は敷居が高くて近寄りがたいです
でも来年こそはですね。
私は平日行が基本ですからなかなかお会いする機会がありませんが
是非手ほどきをよろしくお願いします。

buruさん、こんばんは。

私も普通は一度行けば最低でも一週間くらいはあけないと
ファイトが湧いてきませんよ。

この時は前々日の釣りがあまりにも酷かったところに
clairさんのブログが火をつけてくれました。

buruさんも手漕ぎだったり、船に乗ったりと忙しいですね。
来年もお互いにいい釣りができるように期待しましょう。
よろしくお願いします。

ガルさん、こんばんは。

いくつかコツはありますが、
夏と同じ格好して釣るわけではありませんから寒くはないですよ。

この日も持っていった上着は殆ど着ることがなく
寧ろ気をつけないと汗が出て冷えるのが一番心配でした。

平日行が可能なガルさんとは是非調整して一緒に釣りましょう。
来年もよろしくお願いします。

こんばんは!

先日は、お会いすることができ、嬉しかったです。現場では気づけず、直接ご挨拶することができなかったのが残念でしたが。。

リベンジでの釣りでは、本命をしっかり釣り上げることができたんですね、さすがです!
お子さんのご家族と、美味しいアマダイで楽しいお正月を過ごすことができそうですね(^ ^)。
私も、家族親戚とアマダイを堪能しました!

今年は、五目漁師さんとお会いすることができたのが、何より良い一年の締めとなりました!
来年は、また、どこかの釣り場でお会いしたいです。

clairさん、明けましておめでとうございます。

私の方はclairさんのブログの写真から
ひょっとしてという感じは受けていたのですが
もう少しお話がしたかったですね。

最近のアマダイ釣りはレンコダイばかりのイメージがあって
どうせだめだろうというのが先に立っていました。
現地でも釣れた話をお聞きはしていましたが
今回はclairさんのブログを見てのリベンジでした。

もう少し型が揃うといいのですが、あまり動く魚ではないと思いますので
どこかに世代の違うのがいるんでしょうね。

今年はカヤックで是非大物を上げて下さい。
楽しみにしています。

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

昨年、一度もお逢いできませんでしたが
しっかりと頭の中には、残っています
一緒に釣りをした気分にも

また追っかけ富士
諏訪湖の夜景は素晴らしいですね
雲が異様な生き物のように見え
静寂の中に動きが見えるようです

話しはそれてしまいましたが
この寒い時期、活性の無さそうな海での
アマダイは流石です

今年はまだ目標となる魚が掴みきれませんが
良い海を期待したいものです
今年もお互いに健康に気をつけ
若い者に負けずに釣りたいものですが
寒さに弱いのが!!!!

まぁー頑張りましょう

本年も宜しくお願いいたします!

ところで、同じ甘鯛狙いでの納竿でも、私と違ってキッチリ釣果を出してらっしゃる。
この辺がベテランの腕前というものですね(^^)?
羨ましい限りです。

サイズに関してはコロニーが若年層向けだったのですかね?
いったん当たると同じ水深の別のポイントでも当たる印象がありますがサイズは変わるのでしょうか?
今年の研究テーマにしたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

納竿旨く行きましたね。

アマダイのそろい踏みとはすばらしい。

仲間からもアマダイ情報が入ってきているのでここは同突きで次回狙ってみます。

鯛ラバは渋いので子鯵を釣って泳がせがいいみたいです。

厚着でしゃくると疲れますしね。

昨年1年間は激務でしたが、本社に戻ることになりました。

60歳を過ぎてからの働き方に迷っているところです。

趣味人たけさん、明けましておめでとうございます。

約束した観音崎の鯛は釣れないままで終わってしまいました。
最後の最後までチャンスは狙っていたのですが
天気や潮を気にしだすと福浦や伊東に比べると
1/5ほどのチャンスもありません。

この観音崎の鯛、伊東では30cmのカイワリ、福浦ではヒラマサ
目標はこんなところでしょうか。

多くの釣り場が閑散期に入っていく中、
今頃になって賑わう釣り場は福浦ですね。
ボート屋さんの状況が状況だけに先が見通せませんが
逆に今しかチャンスはありませんので今年は是非トライしてみられたらいかがでしょうか。
ご案内しますよ。

富士山の方は仲間のレベルが非常に高く置いてけぼりを食らっています。
やはりよそ見をせずに集中する人たちには勝てません。

初釣りをどこにしようか考えているところです。
今年もよろしくお願いします。

APさん、明けましておめでとうございます。

APさんの納竿は29日だったでしょうか。
その日でしたら荒熊さんが網代でしたからすれ違っていたかも。

私もこの二日前のアマダイは完ボでしたから
気持ちの持ち方だけでこれだけの差が出るということでしょうか。

数年前はもう少し型が良かったですから
はははっ、やはりAPさん達が摘み取ったせいでしょうかね。

今年もよろしくお願いします。
深場も楽しみにしていますよ。

飛竜丸さん、明けましておめでとうございます。

九州には存在しないほどの小型のアマダイですが
-70m前後から引き上げてくるだけにリリースはないですね。

昨年は随分と忙しそうでしたね。
本社に戻られるということは時間的に余裕ができるということでしょうか。
サラリーマンは社長にでもならない限りどこかに飛ばされますから仕方ないですね。

最近は定年延長とかよさげなことが言われていますが
歳食って仕事ができなくなったわけではないですから待遇は確保して欲しいですよね。

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

またいろんな釣り場で是非ご一緒いただけると嬉しいです。
(川のような観音崎だけはプロ釣師の領域なので修行中の自分には10年早いので遠慮しておきますが(笑))

さて、今年のボート釣りは数年年先を見据えた備えが必要です。
理由は手漕ぎゲレンデの縮小傾向が顕著なためです。

私が良くいくボート屋は、
・伊東・・・まだ10年は大丈夫でしょう(私の場合伊東釣具です。オーシャンはどうですかね?)
・大津・・・世代交代が機能しているので大丈夫
・網代・・・世代交代が機能しているので大丈夫
・川奈・・・微妙ですが、オーナーがまだ若い(?)のでそんなに心配ない?
・福浦・・・一子相伝を息子が拒否ってますから(私が良く使うエトー限定)、あと数年か?(五目さん、継いだらどうですか?)

つまり、一番ヤバいのはよく使う福浦エトーということになります。
深場・廉価・近い・魚種が豊富の四拍子揃ったボート釣り用ゲレンデを別に探すか、
若しくは船外機免許取得してこにょこにょするか、の選択に迫られています(笑)

というわけだ新年早々妄想全開ですが、
今年もよろしくお願いいたします。

flex-pさん、明けましておめでとうございます。

さすが、先を見据えた手漕ぎライフですね。
大事なことだと思いますが、私の場合は自分の歳を考えると
とにかくあと3年は持ちこたえてくれ! とこんな感じですね。
(3年も怪しそうですが)

真面目な話、なかなか商売としては難しいだけに新しいボート屋さんができない
というのが最大の問題ですね。
福浦の手前、江之浦辺りに気の利いたボート屋さんができるとかだとありがたいのですが。

無条件でどこかに自分の船を置けるとなったらやっぱり福浦を選ぶでしょうね
おっしゃる通りの4拍子の他に、
おそらく年間を通して海に出られる日が一番多いのも福浦ではないでしょうか。

明日はその福浦ですね、頑張って下さい。
私は初釣りをどこにするか迷っていますので楽しみにしています。

五目漁師さん、明けましておめでとうございます。
 
釣り納めをやり直すとは、なるほどその手がありましたか…。
それで見事にアマダイを数釣りするとは、できすぎじゃないですか?
 
持ち帰りが無いと「釣る気あるの?」ですか。厳しいですね。
我が家はクーラーボックスを車から降ろさないとホッとされます。
聞き取り調査?によると小ぶりな真鯛や根魚なら歓迎してくれそうなのですが、
デカモンゲットか無かの釣りが好きなんでどうしようもありません。
 
五目漁師さんがどんどん疑似餌釣りに傾斜してきているのはちょっと嬉しいです。
カイワリの数釣りとデカモンゲットの記事がバランス良く書かれることを期待しています。
 
本年もよろしくお願いいたします。
※今年こそ、外房ジギングご一緒しましょう!

ぐっちゃん、明けましておめでとうございます。

釣るつもりで釣らないと魚は釣れない。
ということをこの釣りで再確認しました。
あたり前ですが往々にして惰性、
釣れないのは魚がおかしいと思って釣っていると釣れないですね。

確かに青物は豪快な釣りには欠かせませんが
あがった後には直ぐにこれどうしようと悩んでしまいます。
青物ならカンパチ、マダイは50cmまでくらいがいいですね。

ルアー釣りに関しては、あんなものは・・・から
これは奥が深いぞ、うまくやれば餌よりも良く釣れる
そうでなければ素通りされるだけ
これは面白い に変わってきてます。

今年はお邪魔させていただきますので
是非よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の納竿×2:

« フグの葛藤釣り | トップページ | 寂しい五目漁師の幕開け »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29