« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月19日 (日)

またまたやってしまった超絶完ボ

昨日(318日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

自分記録とはいえ、
釣りブログはやはり釣れないと成り立たない。

超絶完ボでは書くことなど超絶ない。
もうブログを閉鎖しようかとまで思ってしまう・・・


さて、どうせ釣れないなら泳がせ一本でヒラメでも狙ってみよう。
と、前日に準備をしつつ予約の電話を入れる。

五目漁師が知る限り
ボート屋さんご自身の釣り好き度においては
随一のオヤジさん。

お客の少ないチャンス日には
ご自身も結構頻繁に浮いていらっしゃるが
このところの調子は相変わらずよくないという。

それでも話していると
なんとか(お客には)釣ってもらいたい
との気持ちがありありと伺える。

で、明日は静かだから
北側沖のポイントまで足を延ばしてみたら!
との提案。

えっ、あそこは気になっていたのですが
少し遠いので遠慮していたんですが
行ってみてもいいですかね。

天気が良ければいいよ。

となると是非タイラバをやってみたい(アンカー禁止区域)。
そこで、そのポイントオンリーでタイラバも準備し、
活アジを5匹持って出る。

1_dsxp173063s

今日はわけがあって半分はfさんにお付き合い。
そのfさんは既に隣のボート屋さんから正面沖に出ている。

五目漁師は先ずはマリンタウン側-35mで泳がせを始める。

2_dsxp173075s


海はすっかり春めいてきた。
水温こそ先週と変わらず14.5℃前後であるが
時折魚探の画面一面に小魚(たぶんイワシ)の群れが流れる。

3_dsxp173072s(画面の水温表示はまだ定常値に達していないので無効。)


きっとこの下にはヒラメがうようよいるに違いない。

小心者の五目漁師はこんな画面を見てしまうと
狭いボートの上で不要に慌てて暴れてしまう。

最近は真後ろに置いた荷物に手が届かない。
右からだめなら左から、あれっ、届かない。
もう一度右から、また左からと・・・
この繰り返しを何度も高速にやる姿は
かなり滑稽に見えるに違いない。

腰も、首も、肩も回らないために
結局お尻を据えたままでは何もできない。

それにしても、魚探の画面とは裏腹にアタリの方はさっぱり。

最近はどうも根気に欠ける。
せめて11時まではここで頑張ってみようと決めていたのに
結局10時前には場所を正面沖に移動する。

そこでコマセ釣りのfさんに声を掛けてみると
調子が悪いと言いつつも良い型のハナダイが1尾、
それに今しがた大物をあと15mのところで
バラシてしまったと残念そうだ。

そろそろ2kのコマセがなくなったので
ジギングに移りますよとのお返事。

なんというか、五目漁師のねちっこい、往生際の悪い、
拘り深い釣りと違って
このセンスが素晴らしい。

早朝の時合いでさっさとコマセを使い切って
あとは最近絶好調のジギングを試すとおっしゃる。

伊東ではハードなジギングはあまり見かけることはないが、
ノリノリのfさんがやるとまた何かが起こりそうだ。

五目漁師の方は朝からずっと
無反応な竿先を見ているしかない手持無沙汰の泳がせ釣りに焦りを感じ
ここも30分で切り上げて
時間限定で昨日オヤジさんと話した北側のポイントまで
出かけることにする。

遠いといってもここからならゆっくりと漕いで
25分強程度で現着。

海底は結構広範囲に起伏に富み
面白そうなところではあるが
本日のところは残念ながら魚影は見あたらない。

尤も、狙いのタイなどはもともと魚探に映るわけではないので
期待をしつつ何度かタイラバを巻き巻きしてみるが反応はない。

今日のところは場所見というところでまあいいか。
目の前の活かしバッカンを見ながら
今日の目標はあくま泳がせヒラメだよと心に言い聞かせる。

少し南東方向から(帰りはやや向かい風になる)の風も吹いてきたので
また最初のポイント(マリンタウン側-35m)に戻り
泳がせを再開する。

しかし、アンカーを打って目ぼしそうなポイント狙ったかと思うと、
すぐに諦めて今度は周辺を漕ぎ流ししてみたり、
小移動を繰り返したりと
我ながらなんとも落ち着きがない。
(きっとこれが今の不調の要因だろうと理解はしている)

今までに川奈や福浦でも
コマセ釣りが不調な時期などには
ボ覚悟の泳がせ一本を何度かやったことはある。

狙ったヒラメではないにしても
マゴチがきたり、ハタが来たり、イカが来たりと何かしら釣れたり、
釣れなくてもアジの頭を齧られたとか、胴体をちぎられたとか、
釣りをしているという気分はあった。

しかし今日は魚との微々たるコンタクトすらなかった。
超絶完ボだ。

確か1時過ぎころにお先にと
fさんから電話をいただいた。

これは帰宅後メールでいただいたそのfさんの釣果。

Image1_23

伊東では珍しいスズキがジギングで上がった。

以前コマセ釣りで五目漁師もたまたま釣ったことはあるが
皆さんが狙わないので釣れないだけで
狙えばイワシの中にどうやらいるようだ。

伊東での新たな釣り、お見事としか言いようがない。

fさん、今から始まる観音崎のタイ釣りレースに是非参戦して下さい。
私もタイラバで頑張ってみます。

獲物がない日の夕食は外食が多かったが
最近はカレーライスが多い。

Cimg1405s


追加:本日(19日)オーシャン釣具のお客さんが71cmのヒラメを上げてますね。
    悔しいです。

 


昨年は少ないながらもこの時期にもうカイワリが釣れていました。
どうしたのでしょうか。やっぱり伊東はカイワリですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

渋い釣りが続く(伊東釣行)

昨日(311日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

(今回も釣れない釣行の記録で前置きが長くなりそうだ)

3月に入り寒さは和らいできたが、
まだまだ海水は冷たい(本日は14.5度)し、
どこの釣り場を見ても釣果は寒い。

伊東の釣果を見る限りマダイとヒラメが良さそうだ。
ただこの手の釣りは
コマセを見れば気が狂ったように
集団で突進してくる小魚と違って
わけの分かった釣り師か
たまたま運のよい釣り師にしか釣れない。

五目漁師は当然後者を期待して、
今日は手持ちでロングハリスのタイ仕掛け、
置き竿でヒラメ狙いの泳がせをやってみよう。

バッカンを新調したので
活きアジは途中で3尾だけ買っていく。

さて、こんな時期に海に出る輩など限られている。
申し合わせたわけではないが
今日もyさんと芋焼酎さんが一緒だ。

釣り〇〇3人衆のもうおひと方、fさんも
同じく伊東の予定であったが
fさんが行きつけの隣のボート屋さんでは
本日は海上が良くないとのことで現地に着くや否や
お断りされてUターン、
今頃は一足早く網代の海に浮かんでいらっしゃる。

ボート屋さんの判断についてとやかく言うつもりはないが、
目の前の同じ海に浮かべるかどうかの可否判断は
色んな思いが巡った上で
(いや、あまり巡らずに直観的かもしれないが)
ボート屋さんによって分かれてしまう。

立場の違う自分自身の判断も含めて
心の中であーやこーやと比べてみるのも面白い。

確かに北寄りの風で結構その波が立っているが、
予報では収まる方向なので五目漁師的には問題はなさそうだ。

1_dsxp173047s

ちゃっぷちゃっぷと煩い波の中を
先ずはヒラメの泳がせ主体でマリンタウン側に到着。

早速、泳がせを置き竿にして、
手持ち竿の方は最初はウイリーでアジなどを狙ってみるが、
何の反応もないのでロングハリスのマダイ仕掛けに変更する。

当然のことながら無反応、
コマセる、そしてしばらく放置する
を繰り返すが付けエサがなくなることもかじられることも皆無。

2時間ほど粘ってみたものの諦めて、
yさんや芋焼酎さんが浮かんでいる正面沖に移動する。

今日こそは! とマダイを狙う芋焼酎さん
(ご自身のブログからくるイメージと違って
前回も今回もあれっ?居眠りかとも思わせるほど身動き一つせず
ターゲットをマダイに絞り集中するお姿を見ていると
マダイ君来てやれやとついつい思ってしまう)、

2_dsxp173057s

その反対側の少し風下側で
やはりマダイと泳がせをやっているyさん。
あれっいない!

3_canvas

いたいた。

4_dsxp173055s

お二方に様子を聞くと、
yさんは1投目マジックでイトヨリが釣れた以降はさっぱり、
芋焼酎さんもなんの音沙汰もありましぇんと。

今日も駄目そうな予感はするが
一発ものは結果が全て。
マダイかヒラメのどちらか一方が来てくれればそれでよし
と気合を入れる。

マリンタウン側から引きずってきた一尾目のアジは
元気度チェックのために海上に浮かせた途端に
近くに浮かんでいたカモメにかっさらわれてしまう。

コンチクショウメと怒りながらも
錨針にかからなくって良かったと、
今は2尾目のアジを沈めて行くところだ。

錘の着底と同時にと棚どり(2mほど浮かせる)をしようとすると、
コツコツっと反応。

来たぞっと身構え
引き込みを待つがこれでおしまい。

上げてみるときれいにアジはかっさらわれている。
何だろう?
あのアタリはヒラメではなさそうだ。

そういえば上がった折に
珍しくフグにハリスを切られたという人がいたので
フグだったのかもしれない。

一方のロングハリス側はというと
相変わらず何も触ってくれない。

もう1時半になるというのにやっとイトヨリが1尾、
辛うじて餌がなくなったのは23度、
おまけに小さいイワシが掛かったのを知らずに放置して
ロングハリスを目茶目茶にされたのが2回。

それでも今日はこの釣りを我慢し続けて
起死回生に期待するか、
諦めて、とりあえず準備してきたタイラバで
一打逆転を狙うかを迷っていた。

そんな時に、
やはり今日は我慢すると仰っていたyさんがとうとう動いた。

沖に出てアマダイ狙いの流し釣りをやるらしい。

うーむ、五目漁師ももう我慢ができない。

このころにはすっかり静かになった海上を
-47mまで漕ぎ出し、
巻き巻きを始めると
早速小型のイトヨリが掛かってくる。

5_dsxp173061s

狙いは当然マダイとヒラメ。

先ほどまでの風はどうしたのか、
今は寧ろ少しは流されたいのに
ボートはほとんど流れてくれないので
3回くらい巻き上げる度に
ボートを漕いでポイントを移動する。

不思議なことにコマセ釣りよりも
こちらの方が頻繁にアタリがある。

しかも最近、五目漁師もタイラバに慣れてきたのかもしれない。
良いのか悪いのか、
コマセ釣り並みに小さい魚が掛かってくる。

結局、マダイもヒラメもものにすることができずに
今日の釣果はこれ。

6_cas171306s

因みに、yさんも沖の流し釣りで
なんとか帳尻を合わせようとしたがちょっと苦しいかな、

7yさんの釣果(オーシャン釣具のブログより拝借)


マダイ狙いで一日動かなかった芋焼酎さんは
イトヨリが1尾だったとのこと。

そして、ボート屋さんに断られて網代に飛び込んだfさんは
なんとアジの入れ食い(後半はジギング)だったらしい。

8_image1_13_002s

転んでもただでは起きない人ってこんな人のことを言うに違いない。

明日に残らない釣果、
これが熟練ならではの最高の釣果!


イトヨリの天ぷら丼

Cas171316s

とスープ。

Cas171325s_2





上がってみると同じ場所で2尾ヒラメを釣った釣り師もいました。
釣る人は釣りますね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

海に出ない日々のもろもろ

長らく釣りに行っていない。

先日、仲間から
最近お出掛けの様子がありませんが大丈夫ですか
との心配メールまでいただいた。

大丈夫、大丈夫、ピンピンしていますよ
と返事をしたものの、本当はガタガタだ。
(というのは大げさだが当たらずも遠からず)

週末にはボート漕ぎではなくこんなもの

1_image1

を久しぶりに走ってみたが
まるで鉄のわらじ(?)を履いて走っているような感じで
一向に前に進まない。

ポンポンと弾むように走ったのは大昔にしても
これはちょっとひど過ぎる。

しかも、正に気力の限界というのであろうか
もはや自分を追い込むことができない老体に
成り下がっていることに気づかされる。

既に折り返してきてすれ違う速いランナーからは
ハーハー、ゼーゼー、ヒーヒー
と苦しそうな息の音が聞こえてくるが
そこまで追い込めない五目漁師の息は
スースーと穏やなのが自分でもよくわかる。

余裕というよりも苦しむのが怖いのだ。

とりあえずは完走。


実は、週末に息子家族が遊びにやってきたのはいいが、
何を思ったのか我が息子(30数歳)が
月一で開催される月例湘南マラソンの
10km部門にエントリーしたという。

初めてなので案内がてら
五目漁師も久しぶりに5kmコースを走ってみたというわけだ。

本当は冒頭のガタガタというほどではなく
ほんのりと筋肉痛を覚える程度で済んだのはよかったが、
当然のことながら孫にはすっかりつかまってしまい、
自宅前でボールは蹴らされるは、
公園には引っ張り出されるはで
釣行どころではなかった。

2cas171118s今日は足で漕ぎ漕ぎ。 こんなボートがあると流し釣りにはいいのだが。

3cas171214sこのおじさんも行きたかった釣りに行けなかった腹いせだろうか
こんなところで・・・  うーん、楽しそう。

4cas171213sどうせやるならドラグを引き出すほどの大蛸を上げて欲しい。


前もって来ると言ってくれれば
それもダシにして獲物確保に出かけ、
しかも新鮮な魚をご馳走できたのに残念だ。

いつものことではあるが、
“孫は来てよし、帰ってよし”とはよく言ったものだ。

可愛くて、遊んでやりたくて、褒めてやりたくて楽しんだ3日間、
やかましくて、くっつかれて、やりたいことがやれなくて疲れ果てた
3日間であった。

この時期のお天気具合では
一度チャンスを逃すと次はなかなか巡ってこない。
今日は今日で年に一度の健康診断に出かけたりで
お天気的には、次回の釣行は週末になってしまう。

さて、着々と釣行の準備は進んでいる。

昨シーズン3つも流してしまった活かしバッカンを新調。

5cas171292s

今度は流れ止めのアイデアがあるのでもう大丈夫。(だと思う。)

最近、首も腰も回らず何度か別のボートに当たりそうになっている。
アマゾンでいいのが見つかったのでこれを確かめてみよう。

6cas171298s

吸盤でクーラーボックスに付けるバックミラー。

健康診断の帰りにぶらっとよった川崎の本屋で
釣りにはあまり関係なさそうだが
面白そうな2冊を見つけたので買ってきた。

7cas171294s




伊東でも先日、泳がせサイズのアジが釣れたようです。
このアジを釣りながら泳がせをやるか、
タイラバでヒラメを狙ってみるか迷っています。
久しぶりの釣り、楽しみです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »