« 今日はきっぱりとマダイ狙い(福浦釣行) | トップページ | 辛子ハタ子 »

2016年10月 3日 (月)

妄想もここまできてしまった五目漁師

 

昨日(10月2日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

釣具店の釣果情報によると、
先日、伊東では泳がせ釣りでブリ(80cm6.5kg)があがっている。
また同じ日にブログにコメントをくれる方から
10分間の格闘の末に竿を折ってしまいPEを切られて逃した。
(魚の姿は見ていないが)との話も聞いている。

一方、東伊豆では釣れないと聞いていたタチウオなのに
前回五目漁師の目の前で
動力船のジギンガーが掛けて驚いている様子を
しっかりと見届けており
恐らくオーシャン釣具では初めてになるこの魚をあげてみたい。

今日の狙いは本気半分、冗談半分のブリと
37のタチウオ。

五目漁師にとっては釣ってよし、
しかし持ち帰るには1尾のカイワリの方がよしのブリ。

実は本日、隣の川奈で釣ることになっているガルさんの
カイワリと交換の約束までしている。

ブリが釣れれば交換の品とはいえ
尻尾を切るのは嫌だから
一旦、浜にあがって釣具店に預かってもらおう。

タチウオはくるっと巻けばクーラーボックスに入るな。

妄想もここまできてしまった五目漁師は
十分に夢を食って生きていける。

と言っても、非現実の前に
今日のオカズの確保は必須だ。

前回、カイワリよりも美味い
と自宅では評価が高かったマアジを狙いに
先ずはマリンタウン側のアジポイントに向かう。

Dsxp162732s

やる気満々の五目漁師が
真っ先にやるのは玉網のセット。
続けて泳がせ用の竿をセットして
途中で買ってきた泳がせ用のアジを投入する。

ブリが掛かるのを待って
次にやおらウイリー仕掛けを落とす。
すると25cm30cmの美味しそうなマアジが
ポツリポツリと上がってくる。

Dsxp162741s

しばらくすると泳がせ竿がなんとなくお辞儀をしている。
状況が変わらないので様子をみてみようと巻き始めると重い。

どうやら大嫌いな蛇系の魚にやられたようだ。

海面を覗きつつドキドキしながら巻き上げてくると
なんと見えてきたのアオリイカ。

あわてて右手にイメージしていたハサミを玉網に持ち替えて
海面に突っ込んだ途端にさようなら。

なんだ、わかっていればやりようもあったのに、
とやられたアジのご冥福を祈りながら残念がる。

Dsxp162733s

アジは相変わらずポツリポツリと釣れ続く。
こんな魚や、ベラやコダイも。

Dsxp162739s

そんな中、シャクリの途端に強烈なアタリ。
キタッ! と思った瞬間からドラグは出っぱなしで
一度も引き止めることができないままにバラシ。

あげてくるとアジ狙いの3号ハリスウイリー仕掛けが
エダスの根っこ部分で切れている。

どうせくるなら8号の泳がせに来てよ!
そのために泳がせているんだから・・・

(あれはきっとカイワリに変わるブリだったに違いない、
ガルさん釣っているかな?
左手側には川奈の目の前にある手石島が見える。
何れにしても居るぞ・・・・)

しばらくすると おや?
また泳がせ竿がお辞儀している。

はは~ん、またアオリイカだな。
もうわかっている。
今度は仕留めてやる。

最初からハサミではなく玉網を船べりに準備して
ゆっくりゆっくりと巻き上げてあげてくる。

五目漁師の作戦は十分食わせれば
アジの背びれに掛けている錨針が外れるので
こいつに掛けてやろうとの魂胆だ。

じりじりと巻き上げていたその時、
突然グイーンと穂先が海面に突っ込む。
その瞬間、何を思ったのかヒラメだ!
と五目漁師の意思に背いて左腕がシャクリを入れてしまう。

さようなら、アオリイカ君。
会いたかったのに。
着々と成功に近づいていたのに。

アオリイカのジェット噴射にまたしてもやられた。
見事な食いっぷり。

Dsxp162745s

続いては大アジの手元バラシなど、
今日は折角のチャンスをものにできない。

トラブルも多かった。
ボートがあまりにも風、潮に流されることがなく
一箇所に留まっているものだから
知らぬ内に真下に漂っているアンカーロープに
3度も仕掛けを絡めてしまい、
ボート上で宙ぶらりんになった重いアンカーを支えながら
一人あがくこと3度。

こんな時にはPEの細さにほとほと嫌気がさしてしまう。
おかげでPEの高切れ(切り)が2度。

途中、カイワリを求めて正面沖のポイントに移動してみるも
こちらでは常連のイトヨリやマルアジがあがってくるのみ。
直ぐに、元のマリンタウン側に戻る。

さて、時計を見ると長年の経験にもかかわらず
しょうもないトラブル処理に這いずり回っていたせいか、
そんなに釣っていた感覚がないのにもう正午になる。

クーラーボックスの中を覗くとオカズ分はゲットしたし、
ケチ臭く3匹しか買わなかった泳がせアジももうなくなってしまった。

ブリ妄想はここまでにして、
そろそろタチウオをやってみよう。

2度とこの釣りに戻らぬように、
まだバケツに半分以上も余っているアミコマセを
エイヤーっと思い切って放ってバケツを洗ってしまう。

前回、タチウオが釣りあがるのを目の前にしたのは
ここら辺であったろうか? 水深は44m

Dsxp162748s

タチウオ用のバーブレス4本イカリ針をつけたジグを落としては
中層辺りまでシャリ上げるが、魚探には何も見えないし、
結構沖の潮は速く一投毎にボートを漕がされる。

30分もするとコマセを捨ててしまったことが悔やまれる。
そうだ、太いハリスに替えて
コマセ釣りでブリを狙う手もあったかなとか・・・

結局、午後からの3時間半、
タチウオ妄想はいつの間にか消え去り
後悔の釣りになってしまった。

で、今日の釣果はオカズ分のこれ。

Cas168948s

ハタと一緒に釣った日刺し身のアジが美味い。

Cas168964s

ビールで枯れ枯れになった喉を潤した後は
梅干しで彩りをつけたタタキとナメロウを
あつあつのご飯にのせながらいただく。

食べごろサイズのアジは唐揚げが定番。

Cas168973s



伊東の釣りがやっと面白くなってきました。
カイワリも日によって期待はできますし、
アジ、イトヨリに楽しみのお客はワラサにカンパチ、
狙えばアオリイカも、それにヒラメもそろそろですかね。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 今日はきっぱりとマダイ狙い(福浦釣行) | トップページ | 辛子ハタ子 »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

う~ん、いわゆる「アブハチ取らず」の釣りになってしまったようですね?
私も前日の福浦で、同じようなことをやってしまいました(笑)。

アマダイを狙って少し取れたので、マダイを狙ってみれば時合が過ぎてエソばかり。
ならばとオニを狙ってみれば、最後の最後にやっとカンコ。
終日サバに遊ばれてしまいました。

こんなことなら、一番アタリの多かったアマダイで通せばよかったかな?と。
良くあることです(笑)。

次回伊東に行くときは、終日マダイとカイワリを狙ってみます。
情報、ありがとうございました。

投稿: 腰痛持ち | 2016年10月 3日 (月) 15時34分

悪戦苦闘した様子が解ります。
しかし、複数の対象魚に多くの種類の道具とさらに餌、
それに応じて船上で臨機応変に対象魚に対応する。
釣果は2の次として、その努力には脱帽です。
一言でいうと実にマメですね。

私は相変わらず、脇目も振らず、1魚種だけを追い、
一日中同じポイントで釣ってます。

何時だったか、五目漁師さんの真似を少しやって見ようと思い、
カワハギと鯵の2魚種を狙い、沖にでました。
でも、鯵の竿に注意するとカワハギが気になり、やはりだめでした。
結局二兎を追うもの、、、となりました。

投稿: 釣吉 | 2016年10月 3日 (月) 19時16分

五目漁師さん、こんばんは。

前日はカイワリ数釣り、次の日はバッタリと、最近の伊東は釣果が安定しないですね。
今年はサバグーフー野郎も大人しめなのは良いのですが、カイワリまで大人しくなってますね。やはり海が変です。

ところで、アジ釣りでしたらデカイ、安い、美味い、近いの福浦でしょう。
伊東のアジも美味いですがトータルコスパは福浦に軍配が上がります。

とは言え、五目漁師さんの場合はオプションの大物狙いが必須でしょうから、
やはり伊東になるのでしょうね。
チビカイワリは味も今ひとつですので、
良型のカイワリが回ってきたら狙ってみたいとは思います。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2016年10月 3日 (月) 21時15分

腰痛持ちさん、こんばんは。

いいんですよ、目的がブリと太刀魚でしたから。
と未だに妄想が続いています。

この日は、サバもソーダも大したことはなく海は良かったのですが
トラブルは自分のヘタクソさでしたね。
狭いボートの中で四苦八苦、実際はPEを切っただけではすまないほど大変でした。

伊東は面白くなってきました。
今はあのお粗末な海底からは想像がつかないほど色んな魚が集まってきているようです。

ただ、オヤジさんも言っていましたが、マダイに関しては寂しいと。
カイワリは例年ですと今からが春先以上の本格シーズンですから
腰痛さんの次回の伊東は期待できると思います。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 3日 (月) 21時56分

こんばんわ
ちょっと少し前、従弟に週末の土曜日は観音崎だ、と
言ったばかりですが
今回のブログを読み、
伊東も良いなーと思った次第です
ブリ、アオリイカ、太刀魚、カイワリ
涎が出そうですね
観音崎は、今日初めてのようにイナダが釣れたばかりです
他のボート店を見てもパァッとしないので
尚更、伊東が・・・五目漁師さんが・・・目立ちますね
それからちょっと気になるのは
写真を見て思ったのですが
糸の巻癖が気になります

投稿: 趣味人たけ | 2016年10月 3日 (月) 22時07分

釣吉さん、こんばんは。

結果的には手返しが悪くなるし、釣りの醍醐味であるアタリもとれなくなるので
私は基本的には何本かの竿を持っていっても一時に出すのは一本です。
ただ、泳がせのときだけはどうしても2本出しになってしまいます。

この時のトラブルも一つはそれが原因でした。
アンカーロープに2本の竿の道糸とソーダが絡まり四苦八苦でした。

手漕ぎボートは皆さん結構欲張りにあれやこれやとやっています。
これからのシーズンはますます迷いのシーズン、
竿が増えるシーズンになりますね。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 3日 (月) 22時17分

flex-pさん、こんばんは。

カイワリは元々一週間と続かず来たり去ったりの気まぐれな魚ですが
今の調子は前触れという感じでしょうか。
確かに小型が多く、数もサイズもまだまだな感じですね。

おっしゃる通り、流し釣りがメインで
エサ代もボート代も駐車場代もガス代も弁当代も安い福浦に比べると
伊東は2倍近く費用が掛かります。

ただ、この時も感じましたがアンカリングして釣る釣りは
寧ろ当たり前ですがなんとも平和でいいですね。
それに夏場はいいですがこれからのシーズンは
あまりにも時間が短いのが福浦の難点です。

flex-pさんや芋さんの実績で、福浦のコマセ釣りも面白くなってきました。
これからのシーズンは大物も期待できそうですし楽しみですね。
駄目ならアマダイという逃げ道があるのは福浦の強みです。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 3日 (月) 22時43分

趣味人たけさん、こんばんは。

私は逆にいよいよ観音崎かなと思っているところです。
たけさんなら、伊東よりも是非川奈を経験してもらいたいですね。
少し遠いですが多分本来なら病みつきになるボート釣り場に間違いなしです。
釣って釣れない魚はなし、地形もすこぶる多彩で面白いですよ。

ははっ、気が付かれましたか、さすがですね。
実は写真を見て私も何じゃこのハリスはと思っていたところです。
最近はこの手の餌釣りは3号ハリスばかりですが
この写真は順序は違いますが大物に切られた後で、
数年も使っていなかった仕掛けを慌てて出して使いました。
そのせいですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 3日 (月) 22時55分

こんばんは。オイラも川奈に浮かんでました。
ミノカサゴ、噂に聴くところによると水っぽい身なので水抜きすれば美味い魚と聴きます。
唐揚げやバター焼き
味噌汁に入れて出汁がよくでて美味とのことです。
美食家のオイラ(船上で、ちょいちょい釣れた魚をまるかじりしてるのは内緒)としては、ミノカサゴは一度、食したい魚なのですが釣れません。

釣果写真に入ってませんが、まさかのリリースですか?
御一報いただければ、川奈からの帰り道に伊東で沖あがりを待ちカイワリでも、甘鯛でも交換させて頂いたのに残念です(´ω`)

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年10月 3日 (月) 23時29分

五目漁師さんこんばんは。
大きめ?のアジを骨だけにするアオリイカ、この季節にもう大きなサイズがいるんですね。
2日、僕も外房で浮かびましたが、大潮なのに潮が流れず、濁りも残っていて大苦戦でした。
ただ、春に比べ格段にベイトが増えているように思いますし、
状況さえ整えば、と思っています。
ところで妄想ですが、おいらは毎回妄想とともに釣行していますよ。
20kgのヒラマサが釣れたらどうしよう、どうやって持ち帰ろう、
やっぱりクーラーが小さすぎるかな、自撮り写真に入りきらないかも…、なんて。
釣り人から妄想がなくなったら、釣りの楽しみが半減するような気がするんですが、いかがですか?

投稿: ぐっちゃん | 2016年10月 4日 (火) 01時27分

甲斐の荒熊さん、おはようございます。

川奈はお疲れさんでした。
ミノカサゴ、その川奈ではびっくりするほど大きいのが釣れますよ。
私も40cm弱を何度か釣りました。
カサゴと同じだろうと思い最初に唐揚げにして食べてみましたが
おっしゃる通り水っぽくてあまり美味しくはなかったです。
以来、持ち帰りません。

水抜きって? 塩をする、日干しにするなどでしょうか?

次回はアマダイと交換しましょう。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 4日 (火) 08時37分

ぐっちゃん、おはようございます。

アオリイカは必ず最初にアジの脳天に噛みつきます。
今回は長くおいたままでしたので引きちぎられたみたいです。
一杯目は姿まで確認しましたが、大きさは600g程度だったと思います。

当たり前ですが、目標魚が大きいほど妄想オンリーに近づきますね。
私など40cmでも手にぶら下げると尻尾が切れてしまいます。
そろそろ買うならどんな自撮り棒でどんな顔をして撮ろうかな、
着替えは必要かな? とか心配しています。(妄想)

確かに、妄想と現実の狭間を埋めようとして釣りがありますね。
いきなり妄想を超えしまったりすることがありますが
そんな場合は更に妄想が広がります。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 4日 (火) 08時54分

こんにちは。

伊東、おっしゃるようにあまり変化のある海底ではないのに、不思議といろいろな魚がいます。
特に五目漁師さんのブログには多種多彩な魚が登場するのでますます不思議です。

ブリもイカも釣れる仕掛けが必要ですねー。
まあ、そういう変な仕掛けでやると、だいたい両方とも釣れないのが落ちだったりしますが。(笑)

秋のアオリイカ、釣りたいなー。

投稿: 芋焼酎 | 2016年10月 4日 (火) 13時38分

芋焼酎さん、こんばんは。

数年前に川奈で泳がせ中にヤリイカを掛けたことがありましたが
その時も泳がせの孫針(イカリ針)に掛けました。
今回もあんなに強くシャクらずにアジを追わすようにすれば
掛けるチャンスはあったと思ってます。

何かいい方法を考えてみて下さい。
フリーなイカリ針を別途ぶら下げてもいいのですが
ブリの食いが悪くなるかもしれません。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 4日 (火) 22時05分

五目師匠こんにちわ(*^_^*)

ブログ書いてたら途中でエラーで消えてなくなり意気消沈w

川奈、思い描いた餅通りにはなりませんでしたが
釣果ファーストでは無い僕としては満足な釣りでした♪

最近困っているのが、巨匠達の釣り談義で
自分も出来る!やれるはず!とその気になって
やってみたはいいが…ってな具合です(笑)
今回は師匠の退路を断つを真似てコマセを捨てて
巻き巻き1本勝負を展開しましたが…(^◇^;)
失敗だらけですが、こうしてドンドン深みにはまっていくんでしょね

伊東、久しく行ってませんがマアジと聞くと…
次は伊東か川奈かはたまた大津か…
この刻が意外と楽しい僕です。

投稿: ガル | 2016年10月 5日 (水) 09時17分

ガルさん、こんにちは。

amebaブログではよくその手の話をよく聞きます。
私のココログではそのそうなことはありませんが
私の場合はワードに下書きしてから貼り付けるようにしています。

タイラバでしたか。
大物がいるはずですが残念でしたね。
魚探で航跡を残しながら基本は巻き巻き+漕ぎ漕ぎで
潜んでいる大物が掛かってきますから懲りずにやってみて下さい。
タイラバですからボでも気にはならないでしょう。

そういう私も退路を断って多分いないタチウオ狙いでしたが
残ったのはコマセを捨ててしまった後悔だけでした。

まだまだ、チャンスは今からですね。

伊東のアジは釣れて当たり前の大津のアジとは違って
一尾一尾がうれしいですよ。
釣りってそんなものではないでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 5日 (水) 11時41分

伊東でジギングもなかなか楽しそうですね(#^.^#)
本格的にやってみると大物釣れそうですね!!

イカも次はシャクリ釣りとティップランで狙うのもいいかもですね( *´艸`)

投稿: すーさん | 2016年10月 5日 (水) 14時07分

すーさん、こんばんは。

今回、泳がせでアオリイカがいることはわかりました。
見えてきたのは500、600g程度だったと思います。
エリアが狭いですが機会があればティップランでもやってみようかなと思っています。

ちょい出しするには中錘がついたエギシャクリは面倒ですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月 5日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/64292930

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想もここまできてしまった五目漁師:

« 今日はきっぱりとマダイ狙い(福浦釣行) | トップページ | 辛子ハタ子 »