« スペシャル五目釣り(福浦版) | トップページ | 今年もヒラメシーズンがやって来た(伊東釣行) »

2016年10月29日 (土)

ゲームに嵌ってしまった五目漁師(福浦釣行)

昨日(1028日)は福浦(エトーボート)に釣行。

当初は27日行を予定していたものの
風の様子があまり良くなかったために1日延期の昨日になった。

今回の狙いは
もちろん先のスペシャル五目釣り(福浦版)の実行。

マダイ、アオリイカ、アマダイ、青物、カワハギ、
これら五目を揃える。

竿や仕掛けなどはそもそも前日に釣行を予定していたために
ほぼ準備を終わっていたが、
真鶴や福浦の釣りに詳しいすーさんから
アオリイカや青物の最新情報やアドバイスをいただき、
エギングは中錘を付けたシャクリ釣りからティップランに変更、
エギやジグも急遽買い足した。

ジギング用に以前から欲しいと思っていたこんなリールも
グッドタイミングでお店に入荷していたのでゲット。

Cas169521s

このリール、値段の割に
金属フレームで、しかもベアリングを6つも使っており
以前から目を着けていた。

新品だから当たり前ではあるが気持ちよく回ってくれる。
D社のリールは少なくとも五目漁師が使ってきた廉価版に関しては
アタリが悪かったのであろうか、
回りも、クラッチの戻りも比較的早く駄目になることが多かったために
今回も期待はしていないが。)



さて、作戦通りに先ずはアオリイカから始める。

すーさんに教えて頂いたポイントに行く前に
出て直ぐの小定置網の先端でエギを落としてみると
直ぐにアオリが掛かってくれる。

Dsxp162827s

いきなり本日の難問突破だ。

今日は小ささ制限はしていないのでこれでもOKだが、
あまりにも小さいし調子も良さそうなので
予定通り北側のポイントにボートを進める。

水深30m辺りで23度エギを入れ直し
ぎこちないシャクリを入れようとすると
ティップに違和感を感じる。

慌てて掛けに行くとズン!

今度は結構型も良い。

Dsxp162829s

五目漁師のエギングは
専門に1日シャクっても23杯がいいところ。

これがどうしたことだ、素晴らしい。
まだ7時前だというのに、既に2杯。

本来なら、もちろんこのまま続けるところであるが
今日の目的は何と言っても五目達成。

アオリイカ爆釣よりも、
この瞬間にうまく行けば4目は行くかな?
の方に気持ちが動き、
直ぐにタイラバやジギングの準備をする。

Dsxp162835s

Dsxp162832s

同じ場所で23回ずつお試し釣りをやったところで、
ここならアマダイポイントも近い、
予定通り一番かたいアマダイをさっさと済ませておこう
と、ジグをアマダイ仕掛けに交換し沖に漕ぎ出す。

これが本日のドツボの始まりとはこの時には思いもしない。

4目?、5目? とこの後の楽しみに心浮き浮き♪♪、気持ちは高まる。
正に難関を早々に突破したアオリの煽り効果だ。

しかし、この10数分後には海底の異変を感じる。
アマダイは少し辛抱するにしても
いつものオキトラギスはどうした?
そして前回あれほど邪魔になったレンコダイはどこに行ったの?

五目漁師の福浦釣りの記憶にないほどの
無反応な流し釣りがその後延々と続く。

巻き上げるのに1分もかかる海底からあがって来るのは
齧られもしていない2つのオキアミ。

Dsxp162837s

餌がまともについてあがって来る流し釣りなんて
見たことも聞いたこともない。

9時、10時・・・未だに1目。

冗談にしても
1目なら“今年の釣りは終わリ”と宣言しているだけに
このままではヤバイぞ!

とりあえず100%確実なカワハギで2目を達成しておくしかないな。

普段の釣りでは考えられないが、
わざわざその1尾が欲しいがために
沖合の水深70mからボート屋の目の前の
定置網のスタート付近(-30m)まで戻ることにする。

一人でゲームに嵌ってしまった五目漁師。

運悪く左手側のオールの支点の金具が割れてしまい
ギッコギッコ、ゴットン、ギッコギッコ、ゴットン
とギッコちない漕ぎで汗だくになりながら・・
これもゲームにはつきものの難敵登場の一つと思い
(いやエトーのじっちゃんならではと)納得の漕ぎ。

カワハギも入れ食いと言うほどでもないので
小型であることは許し、
1尾釣ったところでまた沖に漕ぎ出てアマダイ流しを続行する。

ここでやっと魚信がありレンコダイ、
そしてしばらく時間をおいてオキトラギス。
(信じられないが、結局今日のアマダイ流しはこの2匹だけに終わる。)

もちろん、折角準備したタイラバも所々でやってみるが
どうしてアマダイが来ないんだろう?
ばかりが気になり巻き巻きに気持ちが入らず、
直ぐにアマダイに戻ってしまう始末。

11時ころから降り始めた冷たい雨も次第に本降りになり
最後は雨の中をギッコギッコ、ゴットンと沖を後にする。

やれやれ作戦成功? で
2目は当たり前”
の文字でゲームオーバー。
アフォくさ!

で今日の釣果。

Cas169526s

小さいカワハギは
1目なら今年の釣りは終了” を辛うじて避けてくれた貴重な1尾。

で、早速、釣った日刺し身

Cas169527s

とゲソなどのフリット

Cas169535s

食いきれないだろうと次に残した分も刺し身に追加して完食。




アオリイカが獲物の中で一番好きなヨメサンは
もっと釣れたのに と残念そうにしながらも
3目達成の際の“パチパチの拍手”。
もっと釣ってこ~いと嬉しい掛け声です。
好調が続く内に近々専門にやってみたいと思っています。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« スペシャル五目釣り(福浦版) | トップページ | 今年もヒラメシーズンがやって来た(伊東釣行) »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。久しぶりにボートが壊れましたね。
最近、故障が少ないのでオイラも油断してましたが、やはり要注意ですね。

せっかく、難易度高いアオリをクリアしたのに、残念ですね。
前回の福浦(カワハギ大漁の際)で、流し釣りでまるでオイラもダメでした。
ananさんが、もっと沖で大漁でしたので、棲息域が変わってしまったのですかね。

アオリをやめて、流す勇気、凄いです。
多分、オイラならアオリのアタリが遠退くまでやめれない気がします。

我が家も次女が、イカを釣ってこいとうるさいので、次回はアオリ狙いで行ってみたいと思いますが、伊東の鯛も気になる…。この時期は、本当に悩みますね。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年10月29日 (土) 13時25分

甲斐の荒熊さん、こんばんは。

どのボートも古いですからメンテしないとどんどんやられていきます。
ステンのオールの支点受け部分が真っ二つに割れてしまいましたが
穴に直接入れて漕げないことはなかったです。
以前でしたら電話すると代わりのボートを持ってきてくれたかもしれませんが
今はレスキューボートががありませんから無理ですね。

急にいなくなった魚は急に戻ってくると思い福浦のアマダイは心配していませんが
この日は本当に酷かったです。

アオリイカはやる人がいなく、じっちゃんはわからないと言っていましたが
今がチャンスのようです。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月29日 (土) 17時55分

やはり、五目釣りを狙って欲張ると結果は芳しく無いことになりましたね。
二兎を追うもの、どころか五兎も追うわけですから、目標達成は難しいですね。
アオリイカの調子が良かったから、続けたらアオリイカの好漁に恵まれたかもしれませんね。
天気もあまり良く無く雨のなか、お疲れ様でした。

アオリイカに刺激され、明日はアオリイカ狙いで出ようと思います。
といっても、この海のアオリイカはボウズ脱出が大変なんです。

投稿: 釣吉 | 2016年10月30日 (日) 10時12分

釣吉さん、こんにちは。

おっしゃる通りです。
ただ今回は最初から五兎を追うつもりで出ていますので
結果的にはおっしゃることを裏付ける結果になってしまいました。

私もアオリイカを狙う時にはいつもボは覚悟です。
春イカにはすっぽかされましたがこの秋はいけるかもしれません。
私も今度は専門に狙ってみます。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月30日 (日) 12時43分

アオリゲットおめでとうございます!
11月から徐々に渋くなってきますが、釣れればキロ近いのも出ますので
釣りごたえもバッチリでたのしいですよ(#^.^#)

今日は6時前から7時半の少しだけお友達と出てましたがアオリ渋く私は500g1ゲットのみ(;^ω^)
ジグにイナダかショゴらしき魚も掛かりましたがウロコをフックに付けてフックアウトしましたが、運よくヒラメをゲットしました♪

やはりヒラメもベイトに付いてるっぽいので泳がせやジギングも面白くなってきましたね(#^.^#)

投稿: すーさん | 2016年10月30日 (日) 14時04分

すーさん、こんばんは。

アオリイカはおかげでゲットできましたが
後が悪すぎました。

ヒラメ出ましたか、いよいよ面白くなってきましたね。
次回は釣れそうな獲物をじっくりと狙ってみます。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月30日 (日) 17時44分

おはようございます
この時期、五目釣りは難しいですね
急な水温低下で二枚潮のような温度差がありそうです
海の中の事は良くわかりませんが
大津も観音崎も釣れていた鯵が居なくなり
底物や小鯵が単発で釣れるぐらいです
少し落ち着けばまた釣れ始めるのでしょうが
読み辛いのがこの時期ですね
青物フィバーも続きませんね
週末は観音崎を予定していますが
何を狙うか迷っています

投稿: 趣味人たけ | 2016年10月31日 (月) 06時29分

趣味人たけさん、おはようございます。

参りました。
首をひねるばかり、これほどの無反応な福浦は初めてでした。

海面の水温は未だに24度あります。
まだまだ賑やかな海が続くことは確かでしょうがこんな日もありますね。

観音崎はよくわかりませんが、
あの大アジの群れが去ったあとの方が寧ろ楽しみです。
一度は行ってみたいと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月31日 (月) 07時06分

実は、五目漁師さんが釣果に納得されていない(数日で完食)ときは次回の釣行が近くなり、ブログを楽しみにしている私としてはむしろ有りがたく思っています。今回も、そろそろかな~っというタイミングでした(これからも1週間分位の釣果でお願いします、笑‥)。
そして五目漁師さんの最近のアオリイカ情報に悩んでいます、というのは、アオリイカは是非とも食したいターゲーットですが、餌釣り/ジギング/泳がせとも発展途上中の私としては、更にエギングに手を広げるか~、荷物が増えると福浦では大変だし~、しかし魅力的だし~などなど。
結論として、少ない荷物・労力で欲張りな釣果が期待できるのでは!っということで、泳がせの背針を少々アレンジしてアオリイカも釣ってしまおう大作戦を検討中です。ビギナーの工夫ですので上手には行かないかも知れませんが、また結果を報告いたします。

投稿: MBL | 2016年10月31日 (月) 14時15分

五目漁師さん、こんにちは。
多種を狙いすぎて空転した感じですね。それでもおいらには釣れないアオリイカ2杯も釣ってますから貧果ではないですね。ターゲットを絞ってとことん頑張るのもいいですが、様々な釣りに1日でチャレンジするのも楽しそうです。

ところで、ヴァデル買われたんですね。コスパ抜群のリールだと思います。五目漁師さんは耐久性に疑問を持たれているようですが、ヴァレルが壊れる前にキャタリナ、ソルティガが欲しくなると思いますから心配ないですよ。表示数とは別物のドラグ性能と耐久性がありますから。とはいえ、五目漁師さんはカルカッタリミテッドをお持ちだったような…。それなら高級機種の耐久性は経験済ですね。

投稿: ぐっちゃん | 2016年10月31日 (月) 16時42分

MBLさん、こんばんは。

おっしゃる通り、冷蔵庫や冷凍庫の魚がなくなり
天気の良い日が釣行の条件です。
この条件のもとで釣行すると、不思議と週一くらいのペースになりますね。

次回は明後日を予定していますが風が吹きそうです。

今年はアオリイカが絶好調のようですから是非始められることをおすすめします。
私も泳がせの仕掛けでたまたま何度かイカを掛けたことはありますが
MBLさんの工夫がどんなものになるのか楽しみです。

そもそも泳がせとアオリイカは相性がいいですから、
その仕掛けで掛けられればベストですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月31日 (月) 18時10分

ぐっちゃん、こんばんは。

欲張って美味しくいただくことを考えると、五目釣りになりますが
そううまくはいきませんでした。

これなら、もっとアオリイカをと後悔しますが、結果論です。

ぐっちゃんのように次々に奉納するわけでもないので
もう少しはりこんでも良かったのですが、ヴァデルなかなかよく回ってくれますよ。
タイラバに使っているオシアコンクエスと比較するのは酷ですが
初期性能としては十分です。
要はどこまでこの調子を保ってくれるかですね。

取説では水洗い可とはなっていませんので先が見えているような気もしています。

投稿: 五目漁師 | 2016年10月31日 (月) 18時24分

五目漁師さん、こんばんは。

前回が不漁の時は次回大漁を信じ、大漁の時はさらなる大型の爆釣と、
釣り師の妄想はとどまることを知りません。
終いには自分は釣神なのではと自惚れる始末です。
妄想が肥大すればするほど、真・釣神様は手厳しいしっぺ返しをお見舞いしてくれますね。

ところでヴァデル、私も良いと思ってるのですが今時水洗い不可なんですね。
洗いもせず、側の拭き取り、注油だけでは速攻で劣化するでしょう。
私はリールの分解が大好きなので問題ありませんがギコギコ回りが悪く、超コマセ臭がするリールなど誰が望むのでしょうか?
価格を下げてオーバーホールのストックビジネスに軸足を移そうとしているかのようにさえ見えてしまいます。

まぁ、このリールに底からカウンターが付けば即買なのですけどね。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2016年10月31日 (月) 21時38分

flex-pさん、おはようございます。

手厳しいお言葉、肝に銘じて再挑戦してみます。
アオリイカが釣れる11月中は楽しいゲームになります。
因みに、今週末密かに狙ったりしないでくださいね。
密か狙いは無効です。

ヴァデル、もう一つ忘れていました。
このリール高級機のように簡単にスプールの交換ができます。
太さの違うPEを巻いておいて交換もできますし
従来のスプールは不合理にも片方側の軸部にしか注油ができませんでしたが
両側にできるのがいいですね。
尤も、調子が悪くなるのはスプールの回転ではなく
回転をドライブするギア部分なのですが。

投稿: 五目漁師 | 2016年11月 1日 (火) 09時14分

flex-pさん、追伸です。

ジギングやタイラバに使用するのでカウンターは不要です。
底取りのあとはハンドルの回転単位で巻き上げますので
あっても邪魔にしかなりません。

投稿: 五目漁師 | 2016年11月 1日 (火) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/64414447

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームに嵌ってしまった五目漁師(福浦釣行):

« スペシャル五目釣り(福浦版) | トップページ | 今年もヒラメシーズンがやって来た(伊東釣行) »