« ミックスウイリーを試す(伊東釣行) | トップページ | 今日はきっぱりとマダイ狙い(福浦釣行) »

2016年9月22日 (木)

五目漁師のジギングとエギング

買い物に行く車の中で、
ヨメサンに少し最近始めたジギングの自慢話をしてやった。

黙って聞いていたが、
それはジジングでしょう!
と笑い飛ばされた。

うーん、当たり!
じゃあ、エギングはエンディングだな
と今度は自分で言いながら笑い飛ばすと、

それはちょっと生々しいと。

生々しい?
うーん、この反応はきつい。
そんな歳になってしまったか。


さて、若者やお兄さん達が颯爽と
ジギング竿をシャクシャクしたり、
エギング竿を振り回わしたりする姿は
五目漁師のジジングやエンディングと違って
本当にスマートだ。

五目漁師が数年前に始めたエギング。
スパイラル釣法って?
2段シャクリに3段シャクリ?・・・

格好つけて真似しようとするがとてもできるものではない。

ヒュンヒュンバキッ!
と穂先にPEを絡めて折ってしまったこともある。

1splg140699s

ただ、スマートではないからといって
決して釣れないわけではないし、

彼らがスマートに振り回したところで
釣れないものは釣れない。

現に、五目漁師が一応エギング専用竿のデビューの日、
格好は悪いながらも教科書的にしゃくり続けて
見事にキロサイズのアオリイカを4ハイもあげた。

2dscp125078s

正にビギナーズラックであったが、
沖上がり後に記念写真を撮っていると、
オジさんどんなシャクリをすればこんなに釣れますか、教えて下さい。
とお兄さんに迫られたことがある。

よいしょっとシャクって8つ数えて、
またよいしょっとシャクってまた8つ数える・・・簡単ですよ。


更に最近始めたジギングに至ってはイングリッシュに釣るらしい。
フォール?  リトリーブ?  何だねそれは?

魚を釣るためにはジグを落とさないといけないことくらいはわかっている。
落としたジグはリールを巻いて回収するに決まっている。

フォール中のアタリに反応するとか、
ワンピッチジャークでリズムよく魚を誘うとか、
いかにも別次元の釣りらしく言われると
この歳で手を出すのはヤバイかなと躊躇してしまう。

しかし、考えてみると、
そんなのはコマセカゴから出すコマセを
時には56mも先に漂う餌に同調させたり、
弛んだハリスの先についたオキアミをついばむ小魚の
アタリをとったりするのに比べれば100倍も簡単だ

凸レンズの眼鏡なしでは餌を着けるにもひと苦労し、
すっかり身体の反射神経や感度も鈍くなったオヤジの釣りとして
ジギング、タイラバ、エギングはもってこいの釣りという気がしてきた。
あのスマートさとイングリッシュな用語さえ真似しなければ。


さて、このところ釣果に恵まれたおかげで
釣り魚の料理写真がだぶついている。

先ず前回のタチウオの蒲焼丼。

Cas168410s

同じくゴマ風味ソテー、

Cas168426s

あっさりして美味しいタチウオ飯、

Cas168435s

ここからは伊東の釣果で、
焼きアジの押し寿司。

Cas168469s

先日、伊豆大島釣行でカンパチ土産を約束した甲斐の荒熊さんが
釣れなかった罪滅ぼしで買ってきてくれた
べっこう醤油をつけて食べる。うまい。
今度はこれを使ってべっこう寿司を作ってみよう。

Cas168478s

味比べの刺し身7点盛りはマダイの刺し身、炙り、
イトヨリの刺し身、炙り、
ワカシの刺し身、アジの刺身、カイワリの刺し身。

Cas168497s

カイワリ好きのヨメサンが今回はアジが一番だという。
伊東のアジも出世した。
五目漁師はやっぱり鯛の刺し身かな。

同時にアジとカイワリのたたきとナメロウ、

Cas168509s

それに我が家ではこれは外せない、マダイの昆布締めも。

Cas168514s

三皿を二人で完食。


刺し身をとった残りのワカシは南蛮漬けにしてみたが人気がない。

Cas168482s

昼に鯛茶漬け。

Cas168546s

夜食にアジの唐揚げ。
もちろんお酒の友

Cas168619s

そして、ここまでで残ったアジとイトヨリは
エアコンと扇風機で部屋干し。

Cas168540s





22
日現在、まだ完食の目処が立ちません。
そろそろいい時期になってきましたが
次の釣行は来週の中頃までおあずけですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« ミックスウイリーを試す(伊東釣行) | トップページ | 今日はきっぱりとマダイ狙い(福浦釣行) »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

いつもながら、素晴らしい日記を書かれており、さすがです。
完璧で釣っ込みどころがありません。
文才が無いとなかなかこれほど見事に書けません。

イングリッシュな用語、釣り界のこれらの用語は好きになれません。
もともと英語に弱いので、うっかりすると正しい英語なのかと勘違いしてしまいます。

最近、日本語でも手感度とか目感度とか造語が沢山作られて、いささか食当たり気味です。

投稿: 釣吉 | 2016年9月22日 (木) 10時11分

ジギングと鯛ラバ、エギングはコマセ釣りと違い、
汚れない、釣れるとそこそこサイズ、片付けが楽。
釣れないときはさらに荷物が帰りは軽い(笑)
といった利点がありますね(#^^#)
でも、まったり釣りたい人はやっぱり置き竿でコマセ釣りが合ってるかもですね♪
私は忙しい釣りが大好きなので
ジギング→鯛ラバ→エギングと最近はローテーションばっかりです(;^ω^)
来月からティップランいい感じになりますよー!
福浦で毎年朝から3時間で5ハイは堅いです(#^.^#)

投稿: すーさん | 2016年9月22日 (木) 14時45分

釣吉さん、こんばんは。

お恥ずかし記事で申し訳ありません。
釣りに行けないとこうなってしまいます。

コマセ釣りの世界もイングリッシュでやると随分と難しそうになると思います。
ジギングやエギングに比べると桁外れにバリエーションや技術要素が多いですし
誘い方、魚との間合いなどはわびさびの世界にも入ってきます。

置き竿で心を研ぎ澄ましてアタリを待つ時などは
どんなイングリッシュになるんでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月22日 (木) 17時52分

すーさん、こんばんは。

手が汚れない、服もボートも汚れない。
後かたづけも簡単で、車は臭くならない。
魚は型が揃うので釣果も美しいですね。
エギングはもとより、私もタイラバやジギングの比重が少しずつ大きくなってきました。

今年の春はアオリイカが全く冴えませんでした。
しっかりと卵はうんでくれたんでしょうか。

未だに福浦のアオリイカポイントはよくわかりません。
すーさんの釣果に注目しています。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月22日 (木) 18時04分

五目漁師さん、こんにちは。

いつもながら素晴らしい料理の数々ですね。
毎度このような料理を頂くことができる奥様は幸せ者ですね。

さて、ジジングですが、
スロージジングというやつなら私も含め50以上のジジイでも何とか対応可能ですね。
魚種(特に青物)によってはかなり有効な釣りのようです。
しゃくり方は基本ウィリーのステイ短めと一緒な感じなので違和感はあまりない気がします。
何と言ってもコマセ臭くならないのが魅力ですね。

欠点は、タイラバも同じですが絶えず動かし続けないと絶対釣れないので、活性が悪いとすぐ飽きてしまい、
ただでさえ寝不足で出撃しているのですぐ眠くなる事です(あくまでも自分限定です)。
ですので活性がよい時に一度やってみようかとおもいます。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2016年9月22日 (木) 20時13分

flex-pさん、こんばんは。

私はコマセ釣りでも30号か40号のビシを一日中シャクっていますから
ジグなんてチョロコイですよ。
確かに、手を止めるわけには行きませんからおにぎりも食えないし
水も飲めません。
ジギングやタイラバをやった日はいつも昼弁当が余ったまま上がって来ます。

青物有利と思っていましたが、そこそこの型に絞ればイトヨリなどもコマセと同等、
今年の冬場のアマダイは資源保護のためにも
タイラバかジグで狙ってみようかと思っているくらいです。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月22日 (木) 23時09分

五目漁師さん、こんばんは。
ジギング記事が増えて、僕的には嬉しい限りですが、
ジギング釣りはある程度ターゲットを決めてチャレンジする釣りなので、
名前通りの「五目釣り」にはなかなかなりませんよね。
もちろんスロージギングや鯛ラバは魚種が広がりますが、
それでもコマセ釣りとは比較にならないと思います。
五目漁師さんの主戦場ではまだジギングは主流ではないでしょうから、
魚が擦れて釣り辛くなる前にどんどん釣ってしまいましょう。
ちなみに僕もルアー釣りの横文字表現はよくわかりません。
でも、ジギングは体で覚えるものだと思っています。
その点では五目漁師さんも書かれているように、
ビジのコマセを付けエサに同調させる方がはるかに高度なテクニックだと思います。

投稿: ぐっちゃん | 2016年9月23日 (金) 23時03分

五目師匠こんばんわ(^O^)

物を知らない子なので色々調べますがジグは調べれば調べるほどワケがわからなくなったりするので敬遠してしますが、師匠のを読むとイケるなと思うのが不思議です(笑)
時には正反対の事か書かれてたりするジギング…難しく考えすぎなのかもですね(^◇^;)

お昼寝を重要視?してるのでマッタリと置き竿が僕にはお似合いですね?

前回散策した大津ですが、養殖棚が入ったとなってました…
ロープに気をつけて…って何だろう?と不安を感じつつ天気が良いことを願う今日この頃です(^ー゜)

投稿: ガル | 2016年9月24日 (土) 01時50分

ぐっちゃん、おはようございます。

ぐっちゃんのようにキャスティングメインですとターゲットが青物に絞られそうですが
私の中では、タイラバは鯛、ジギングは青物だったイメージが
意外とターゲットの幅が広いので驚いています。

「五目釣りにはなかなかなりませんよね」から
寧ろルアー五目のターゲット設定も面白そうだと思いつきました。

ルアー系の釣りで
マダイ、青物(ワラサ、カンパチ、ヒラマサ)、ヒラメ、アオリイカ、カサゴ類を
一釣行で揃えるというのはどうでしょうか。
正に珠玉の釣りですね。
泳がせはありにすると結構可能性が見えてきますよ。
もちろん時期は今からの10月、11月限定になりますね。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月24日 (土) 08時44分

ガルさん、おはようございます。

確率的には何ででも、何でも釣れてしまう釣りですから
色がどうの、動かし方がどうのと言ってもどれも間違いではないですし、
どれもその限りではないということでしょうね。

釣りよりもその話題に燃える方々もいらっしゃるようですし。
メーカーはこれをうまく利用して乗せてきますし。

餌なら寝てても釣れるというのは間違いのない事実ですね。

大津は海苔棚が入ると港を出て左側の海面の半分くらいが棚に覆われます。
(ヤマダ電機前方面にはありませんが)
海底には棚を固定するためのロープが張り巡らされますので
ロープのジャングルに仕掛けを落とす感じになります。
その分アジやイシモチには住処の拠り所になります。

神経を尖らせていないと居眠り釣りにはよくないかもしれません。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月24日 (土) 09時01分

こんばんは。毎回、師匠様のブログは、目の毒です。
あの美味そうな料理の数々、消耗出来ないのでしたら、22日のオイラの誕生会に(調理済み)で持ってきていただきたかったです。(茅ヶ崎で飲んでました。)

オイラ冷凍庫ストックは、甘鯛1、サバの干物1を残し海産物のストックはスカスカです。
釣りに行こうと、もくろみ事前に買った餌のストックばかりが増え続け、嫁と娘の苦情がハンパないです(´ω`)

ジジングですか。ファッシュンリーダー的に、次々と新しい釣りを始めるお師匠様に釣られて、まだタイラバも極めてないのにジグも色々と揃えてみました。
次回の福浦では(10月の勤務が非公表なため日時不明)メタボジグ…いや、メタルジグを使って、トライしてみようと思います。


べっこう漬けは、ピリリと辛く美味しいですよね。
島に渡ると必ず食べます。
オイラも自分の分のタレを購入し帰りましたが、漬ける魚がありません。

タレにあいそうな白身魚を色々釣りたいですね。

タレの自作もしたいのですが、伊豆諸島の島唐辛子の苗がなかなか手にはいらない。(過去2回交渉し断られた。)
それさえ手にはえれば自作べっこうダレを作れそうなのですが…。

島で購入した唐辛子の身を今、乾燥させてます。
種から育てるのは、難しいらいのですが、そこから苗を育ててやろうと考えてます。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年9月24日 (土) 23時55分

おはようございます
親父の釣りとしてジキング・・・・・・
考えさせられました
中年で始めたルアーで退散した事もあり
ナブラに出会ってのちょい投げ程度です
あっ・・・時間が無くなったので
二部は次回に投稿します
皿が素晴らしいですね

投稿: 趣味人たけ | 2016年9月25日 (日) 06時46分

甲斐の荒熊さん、こんばんは。

料理は魚が釣れれば仕方なくやりますが
生々しいままもらっていただけるのであれば大歓迎です。
今回釣ったワカシ、今後はイナダやワラサに変わりますが
処分に困る魚の筆頭です。

今回書いた通りです。
あのわけのわからないコマセ釣りで鍛えたスキルがあれば
ジギングもタイラバもへっちゃらですよ。

べっこう醤油、少し試しに使ってみましたが
刺し身醤油としてもいけますね、シャキッとしまった食感でいただけます。
今度は白身魚でべっこう寿司をやってみます。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月25日 (日) 23時56分

趣味人たけさん、こんばんは。

ジジングはまさにオヤジのための釣りですね。
自作のジグを是非試してみて下さい。
ただ観音崎ですとPE0.8号で
120、30gくらいは欲しいかもしれないですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月26日 (月) 00時07分

素晴らしい料理の数々。

もう料亭をオープンできますよ

エギング釣果では後れを取っているので8秒待ちでよいしょすることにします^^

いい季節になってきましたが、こちらはサメがうようよです。

投稿: 飛竜丸 | 2016年9月27日 (火) 11時56分

飛龍丸さん、こんばんは。

8秒はしゃくりあげたエギが着底するまでの時間です。
跳ね上げる高さやエギによって多少違います。

今日は、そろそろかと思いタイラバでマダイ狙いに行ってきましたが
さっぱりでした。
それでも今日はジギングよりタイラバの方がまだ可能性を感じました。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月27日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/64238907

この記事へのトラックバック一覧です: 五目漁師のジギングとエギング:

« ミックスウイリーを試す(伊東釣行) | トップページ | 今日はきっぱりとマダイ狙い(福浦釣行) »