« 何に驚いた? | トップページ | 8号ハリスを噛み切る五目漁師と魚たち »

2016年9月 6日 (火)

大津リベンジなる(大津釣行)

昨日(9月5日)は大津に釣行。

仕事が忙しいfさんから
何故か平日釣行を誘っていただいた。

行きましょう、どこでもいいですよ! と二つ返事で、
とりあえず網代から
ウイリー五目の遊漁船に乗る予定にしていた。

但し、何かにつけて拘束されるのが嫌いな五目漁師は
当日の天気も、釣れっぷりもわからないうちから予約はしない。

結局、前日になって方向転換し
最終的に大津行になった。

実は、fさんはその前日の土曜日にも福浦に出撃し
荒れ模様の中で大アジやイトヨリの大漁。

いくら釣り◯◯といってもさすがにお疲れでしょう、
と優しい五目漁師の気遣い。

と言いながら、
実は前回のタチウオ+アジ釣り敗退のリベンジを狙う。

今回はころころと予報がよく変わり
前日まで心配した天気も絶好の釣り日和。

人気のボート店、石田丸といえども
平日は閑散としている。

えっ、これだけですか?
ときょとん顔のfさんとワン&ツウーの岸払い。

今日も濁りがきつい。
しかし、前回と違ってこれくらいのことではもう動揺はしない。

前回はこの濁りを見た途端に、
酷い日に来てしまった、
こんな日に釣れるわけがないと決めつけてしまった。

大津の海を知らない浅はかな五目漁師、
あがってみると他のボートは揃ってアジの好釣。
どうやら浅い岸沿いに集まっていたようだ。


今日も先ずは
山田電機前の岸側の根際(水深2527m)から
タチウオ狙いのジギングをスタートする。

その昔(出張先の休日)アマゾンの支流で
一向に釣れないルアーマンを尻目に
畑から掘ってきたミミズでマスの入れ食い。

以来、ルアー? そんなもの
と思ってきた五目漁師でさえ
最近になって始めたタイラバやジギング。

今日も身餌(サバタン)のfさんには、いつも
ルアー? そんなもの
と疎んじられている。

まあいい。

fさんが反応を見ながらポイントを定め、
アンカリングの準備をしている間に、
流し釣りの五目漁師は
前回唯一にタチウオをかけた橙/金のジグを沈めていく。

するといつもの一投目マジック。
着底時に早速アタリだ。
しかし、これはバラシ。

また直ぐにアタリ。
今度はあがる。

1dsxp162657s

タチウオのアタリや引きは実に多彩だ。

グイっ!といきなり重いアタリかと思えば
ジグのフォールの際にコツンと来ることもある。
こんな時は気付かずに放っておくと
道糸がたるむまで(五目漁師は)わからないこともある。

グイグイと引いている最中に
いきなり軽くなり(五目漁師は)バラシと勘違いすることもある。

海面近くで横に走られ、
あれっ!サバか?
と(五目漁師は)悲観することもある。

何れにしても今日は調子が良い。

まだ、ジギングは初めて間がないので
わかっているわけではないが、
ルアーに対する釣り方はタイラバと同じだと思っている。

ルアーはお腹を空かせた魚が
どうしても飛びつきたいシロモノではないはずだ。

一度見透かされてしまうと
小馬鹿にされているに違いない。

そのために五目漁師は
新しいタチウオを相手にしよう(騙そう)と
どんどんと場所を変える。
ボートを漕ぎまくる。

どんどんとジグを交換する
(と言っても3つしか持っていないので順番に回すだげだが)。

タチウオ釣りははジグのカラーが釣果を左右すると聞いている。
五目漁師はカラーの選択がどうなのかは分からないが、
見透かしてニヤニヤし始めたタチウオに対して
色や形を変えることには
少なくとも意義があると思っている。

実際、アタリが遠のいた時でも
ジグを交換するとまた食ってくる。

餌釣りと違って
場所移動とジグ交換が
タチウオ釣りの肝ではと思い始めている。
(まだ2回目のタチウオジギング、
今回釣れたことで図に乗った感想に他ならないが)

一方、アタリはあるが掛からないと
首を傾げて苦労されてしていたfさんが
いよいよ調子を上げてきた。

今日が初めてのタチウオ釣りというのにさすがだ。
アンカリングしてじっくりと身エサをアピールしているに違いない。
既に掛け方も掴まれたようだ。
どんどんと五目漁師の釣果を追い上げてくる。

クワバラクワバラ、
こんな釣り師の近くでジグをピコピコさせても笑いものにされるだけ、
少し離れてやろう。

やがて9時、
五目漁師はやったーっ、ツ抜けだ。

2dsxp162660s

そんな時にfさんから声が掛かる。

五目さん、タチウオってどうして保存しますかね。
(五目漁師)・・・全部さっさと食ってしまうしかないんじゃないですか。
2人して)うーん、ちょっと釣り過ぎちゃったかな。

大津にきてアジがないというのも寂しいですから
そろそろアジ釣りに行きましょうか。

その後、更に3匹釣ったところ(9時半)で場所移動。

浜から出てくる際に、石田丸の女将さんには
アジは岸沿い(100200m)が良いようですよ、
と聞いてはいるが
二人とも浅場での釣りは余り好きではない。
何が釣れてくるかわからないという楽しみに欠ける。

とりあえずはダメモトで少し深い武山の根からスタートする。
五目漁師は手分けして
武山の沖側から富士山東までぐるっと回ってみるも
よい魚影らしきものは見つからず
結局岸から約200m、水深15mに仕掛けを落とす。

コマセを撒くとどこからともなく魚が集まってくるが
アジはなかなか掛かって来ない。
30分ほどした頃から
やっとチラホラと小型のアジが掛かリ始める。

3dsxp162664s

全天に広がるうろこ雲や

4dsxp162671s

積乱雲。

5dsxp162666s

雲を眺めながらの爽やかな釣り。
泳がせも傍らで始めるが、
直ぐにまたアタリは遠のき
2時半に少し早く沖上がり。

で今日の釣果はこれ。

6cas168274sタチウオは指3.5本(85c程度)、アジは~22cm
他に前回美味しかったサバを2本お持ち帰り。
(ザル経:52cm)



うーん、リベンジは果たしたものの、
アジがもう少し大きければと欲も出る。

確かに少し釣り過ぎた。
いくら刺し身が美味いといっても
老夫婦2人で食べられる限界はここまで。

Cas168282s

唐揚げと大根おろしが意外とよく合う。

Cas168299s




久しぶりに良い日にあたりました。

タチウオの引き、楽しいです。
ただ、食べきるまで当面は次の釣行はお預けです。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 何に驚いた? | トップページ | 8号ハリスを噛み切る五目漁師と魚たち »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

早い沖上がりで、タチウオと鯵の凄い釣果でしたね。
すっかりタチウオのルアー釣りを開眼ですね。
やや南西の風が強かったでしょう。
リベンジ成功ですね。
おめでとうございます。

投稿: 釣吉 | 2016年9月 6日 (火) 11時24分

太刀魚大漁おめでとうございます。
3〜5日三連休釣りを模索してましたが、天気予報の荒天を信じてしまい身売り。
結果、機を逃しました。
昨日は、営業車の車中から、二宮の海を指をくわえて眺めてました。

オイラは、10日からの大島遠征で約一ヶ月ぶりに釣りに復帰します。
オイラが心配してた沖縄の南の雲塊は、オイラの予想どうり台風に発展しましたが、幸いに足が早くなんとか遠征日には、影響がなさそうです。

太刀魚、長物独特の引き楽しいですよね。
久しく釣ってないので、太刀魚の引き忘れてしまいそうです。

ルアーに関しては、オイラも解らないことだらけですが、手を変え品を変えは有効だとオイラも思います。
解らないながらでルアー釣りをしていて、同じことを実感したことがあります。

是非、食べきれないほどの釣果があるときは、ご連絡ください。
回収に伺います(笑)

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年9月 6日 (火) 12時41分

五目漁師さんお疲れ様でした。

やりましたね!大津のリベンジ成功おめでとうございます!

タイラバでもジグでも新しい釣りに挑戦して必ず結果を出している五目さんは凄いですね。

自分もルアーは持っているんですが、まだそんなに釣れたことがないので、こんなに釣ってみたいなと羨ましくブログを見てました^^;

結果を出すまでリベンジ。やっぱりこれしかないですね!

あれもしたいこれもしたいといつも道具が増えちゃうので、今度はルアー1本でやってみたいと思います^^

投稿: ブライアン | 2016年9月 6日 (火) 14時19分

釣吉さん、こんにちは。

大津はあまりにもアジのイメージが強いですが
ボート釣り場でタチウオが釣れる場所は珍しいですね。
秋にはマダイやスズキも釣れますし、
正にアジ+αの釣り場です。

伊東辺りに比べると結構ポイントまでが遠いですから
風には注意です。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 6日 (火) 15時31分

甲斐の荒熊さん、こんにちは。

残念でしたね。
お誘いしようと思った時には既に身売りを決められた後でしたので。
それだけに大島遠征は楽しみですね。
(般若の神様との駆け引きが)

釣りすぎると食べるのに期間がかかってその間釣りを遠慮することはよくあります。
もらっていただければ大変ありがたいのですが
こちらからお声がけするとありがた迷惑があるかも控えています。

今回はここ2日分だけ冷蔵庫で残りは全部冷凍保存にしました。
もったいないですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 6日 (火) 15時51分

ブライアンさん、こんにちは。
お久しぶりです。

今回はマグレでしたが、タイラバもジギングもコマセ釣りに比べると
単純ですね。
特にジギングはスタイルから入りますから
形はいろいろあるようですがあまり関係なさそうです。

秋口に入ったら今年こそ観音崎に行ってみようと思っています。
渡しの場合、大津や観音崎は平日オンリーですが一緒に釣りができれば
マダイマスターのチームブライアンにはいろいろ教えていただきたいのですが。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 6日 (火) 16時04分

五目師匠こんちわ(*^o^*)

ジグでの釣りだったんですね!
色々なジャンルで結果を出す様は素敵すぎます(*^_^*)

大津はポイント遠いんですね。
伊東でも遠いなぁと感じる私には厳しいのかもですね(^◇^;)

福浦に大津、行ってみたい場所が増えていきます…こんな釣果見ちゃうと尚更です笑

でも、まずは伊東に行ってきたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

投稿: ガル | 2016年9月 6日 (火) 16時36分

五目漁師さん、昨日はお疲れ様でした。
それにしてもタチウオ大漁おめでとうございます。

ジギングというやつは青物以外にもタチウオはじめ根魚までいろいろ何でも釣れちゃうようですね。
五目漁師さんでさえルアー釣りに勤しんでいる現状、
釣り人がみなジギンガーになってマルキューが潰れてしまわないか心配です。

それにしてもタチウオの当たりは楽しいですね。
最初のうちはガツガツと来た時点ですぐ聞きあげてたのですが、3連続ばらし。
そして最初からガガッ、グインと強烈なあたりがあって即合わせしてもばらし。
なんじゃこりゃ、と思いましたね。
五目漁師さんはその間すでに5本とか釣っちゃってるし、正直焦りました(笑)

でもだんだん慣れてきてあたりが来てもフワフワさせて、そろーり聞き上げると
そのうち勝手にガガンと向こうからかかってくれるのがわかり、
それから数が伸ばせました。(五目漁師さんには全然敵いませんが)

この釣りは中々駆け引きがあり面白いですね。気に入りました!
今回は幸にも相当活性が良かったようですが、同じ日のタチウオ船は今一つ。
さすが幽霊魚と呼ばれるだけのことはありますね。
また、今回ノルウェーサバの賞味期限間近の塩サバが良い仕事をしてくれました。
次回からはこいつは外せませんね。

さて、土曜、月曜と魚を釣りすぎて我が家には魚がいっぱいです。
今週末はおとなしく消耗した仕掛けでも作ろうかと思います。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2016年9月 6日 (火) 17時03分

こんにちは
石田丸のホームページを見ていて
もしかしたら、と想って見ていましたが
流石、五目漁師さんです
これで、週末から大津は釣り人で溢れます
そうでなくても、観音崎の前に大津で太刀魚と
思っていた矢先でしたので、悔しいですね
こうなると、意地でも観音崎で太刀魚を釣りたくなります
モンスターがいますので狙ってみたいですね

投稿: 趣味人たけ | 2016年9月 6日 (火) 17時09分

ガルさん、こんばんは。

タチウオは昔から漁師の釣り方も含めて擬似針で釣るのが寧ろ当たり前
餌釣りの方が珍しいとどこかで見たことがあります。

寝ながらできるのは餌釣りですが、
今からやるんでしたらジギングがお薦めです。
餌釣りよりも結果も出しやすいと思います。
私が釣れるくらいですから。

今回のヤマダ電機前ならそう遠くはないです。
ただ、岸に近いですから風向きによっては波が立つらしく
気をつけて下さい。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 6日 (火) 23時46分

flex-pさん、こんばんは。

本文中にも書きましたが、本当に色んなアタリパターン
掛けた後も色んな引きパターンがあっておもしろいです。

底で掛かって上層まで食い上げて来るなどは
巻いても巻いても道糸にテンションが掛からず最後まで半信半疑です。

恐らく、餌釣りよりもジギングの方が掛けやすいと思います。
ご存知のように触っただけで掛かる鋭利な針のせいか
ジギングの場合はスレ掛かりも多いです。
食った分+スレ掛かり、スレ掛かりの分だけジギングの方が釣果もあがるのではないでしょうか。

この日は魚のご機嫌が良かったことに加えて、
何と言っても風が弱くボートが適度に流れたのが良かったです。
この点からもジギングは風が弱い早朝がチャンスですね。

もう一度位は釣れるうちに行ってみたいですが、
同じく冷蔵庫も冷凍庫もタチウオのぶつ切りで満杯状態です。
私も当面は一休みになりそうです。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 7日 (水) 00時23分

趣味人たけさん、こんばんは。

この日は天気もお魚も上機嫌で良い日でした。

ただ、アジ狙いだとちょっと寂しい時期ですね。

観音崎だと、根も荒いし流れもきついのでジギングは難しそうです。
アンカリングして餌釣りが良いと思いますが
どうでしょうか?

モンスター、私も参戦したいです。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 7日 (水) 00時36分

やりましたね、タチウオ爆釣にアジまで…、
五目漁師さんの鼻歌が聞こえてきそうな素晴らしい釣果です。
タチウオのジギング、アタリがけっこう多彩で難しいんですね。
こっそり記事を読んで勉強させていただいてます。

投稿: ぐっちゃん | 2016年9月 7日 (水) 23時07分

ぐっちゃん、こんばんは。

丁度、進め!Gucchan号から戻ってきたところです。
ここで書くことではないですがぐっちゃんの方は
正に進め!Gucchan号ですね。

いよいよ私が欲しいのはヒラマサに絞られてきました。
ヒラマサが釣れるまでヒラマサしか狙わない
こんな事を考えるといけませんね、自爆しそうです。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 7日 (水) 23時33分

五目漁師さん、再コメ失礼します。
ヒラマサですか?
大丈夫です。5月か11月~12月に体一つで来ていただければ、
タックル込みで最高の漁場までご案内しますよ。
五目漁師さんなら高確率で釣れると思います。

投稿: ぐっちゃん | 2016年9月 7日 (水) 23時45分

お見事でした~。

ボートでこんなに釣れるとは・・・。
ただただ、うらやましいでーす。

それにしても、最初の黄色いジグについているタチウオの写真、なんだかニョロッとしていますね。
ニョロは五目漁師さんの苦手な部類じゃ・・・?
と思ってしまって、ちょっとニヤついてしまいました。

いつか私もタチウオ、一度でいいからツ抜けしてみたいでーす。

投稿: 芋焼酎 | 2016年9月 8日 (木) 06時06分

ぐっちゃん、おはようございます。

そうです。
ヒラマサ、一度は手漕ぎでもあげてみたいですが
まだ顔も見たことがありませんので是非面会させて下さい。

わざわざ準備していただいたあのシマノのクッションシートに座る日を楽しみに、
チャンス到来を待っています。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 8日 (木) 07時22分

芋焼酎さん、おはよございます。

この日はたまたまタチウオデーだったようです。

どんな魚でもそうですが
①にその魚のご機嫌
②にアンカリングや流しポイント
③~⑧がなくって
⑨がちょっとした釣り師の技量
⑩が仕掛け、
⑪が竿やリールのタックルってところでしょうか

私には今がチャンスなのか、今からもっと良くなるのかわかりませんが
いい日に当たるといいですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 8日 (木) 07時37分

リベンジ おめでとさんです !(^^)!
当たりや引きを楽しめる釣魚は後先考えず釣ってしまいますね^^
こうなるとネット上を探し回りタチウオを美味しく
そこそこ大量に食べられるレシピを見つけなきゃ

投稿: マリン・ブルー | 2016年9月 8日 (木) 08時51分

マリン・ブルーさん、こんばんは。

美味しい魚ですけど意外とレシピは少ないです。
干し物も良さそうですが、この時期ですからね。

結局、ほとんどが冷凍庫行き。
マリン・ブルーさん家もそう言えばキハダが
まだまだ残っているんじゃないでしょうか?

投稿: 五目漁師 | 2016年9月 8日 (木) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/64165737

この記事へのトラックバック一覧です: 大津リベンジなる(大津釣行):

« 何に驚いた? | トップページ | 8号ハリスを噛み切る五目漁師と魚たち »