« こんなものを見てしまうともうやるしかない | トップページ | 巻き巻きだけと思っていたタイラバ、まだまだ発見が »

2016年8月 3日 (水)

体力の限界! とうとう断念することにした

行きはよいよい♫ 帰りは怖い♫
怖いながらも♫ 釣りましょう、釣りましょう♫

決して行きもよいよいほどではないが
確かに帰りは一段と辛い福浦のあの地獄の急登。Img00385s坂道を登り切ると最後にこの階段が2つ待っている


獲物が貧弱な最近はクーラボックスが軽い分、
途中で12度休めば何とかなるが、
このところ気になるのは
寧ろ行きの下り坂で感じる膝の痛みだ。

Img00391s_2下りもこたえる



五目漁師は2007年に第1回湘南国際マラソン
(フルマラソンの部)を走った。

江ノ島水族館の前をスタート。

Dsc074219ss

R134
を大磯方面に向けて走り、
あの箱根マラソンですら走らない貸し切りの西湘バイパスを
二宮辺りでUターンして再びR134を戻る。

最後に江ノ島の橋を渡りきったところがゴールだった。
(現在のコースは変更されている)

Dsc074244ss

復路の途中で太ももが痙攣し、
立ち止まってしまったこともあり
目標タイムには及ばなかったが完走した。

丁度このシーズンには東京マラソンもスタートした。

東京マラソンは大変人気があり
35千人が参加費用1万円を出して苦しむことができるが、
応募者数は今や10倍の35万人と言われている。

五目漁師は第1回目と迂闊にも忘れてしまった1度を除いて
毎年エントリーに応募してきたが
未だに抽選に当たらず参加は果せていない。

この81日から
2017年第11回大会のエントリー募集が始まったが、
今年はとうとう応募を断念することにした。

もちろん既に目標はタイムではなく
完走あるのみになってはいたが、
23年前からは
もし不運(?)にも抽選に当たってしまったらどうしようかと
心配が先に立つようになっていた。

この歳になれば訓練で体力増強や
筋肉の強化などはありえない。

訓練は体力の消耗、
下手な強化は筋を痛めたり骨を擦り減らしたりにしかならない。

そう考えると油切れで風前の灯の膝は
福浦や油壺のあの坂道の下り、上りのために
大事に残しておきたい。




福浦と油壺は辛いですね。エスカレータが欲しいです。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« こんなものを見てしまうともうやるしかない | トップページ | 巻き巻きだけと思っていたタイラバ、まだまだ発見が »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
身に染みる内容ですね
私は趣味も仕事で、一度も根を上げる事はありませんでした
辛い時は、これはトレーニングの一環と自分自身を騙し
にこやかに???続けたものです
しかし、仕事も釣りも限界に近い処まで来ていますね
まぁー少し手を抜けばまだ続けらけそうですが
意地もあり、あくまで手漕ぎに拘っています
葉山へ行っても行きは曳船でも、帰りは手漕ぎが多いです
暑い中、汗をしたらせ冬に向かってトレーニングだ!!!
また逆も同じです
しかし、油壷の坂には応えます
私専用のロープを設置するか悩んでいますね

投稿: 趣味人たけ | 2016年8月 3日 (水) 09時29分

断念することに、、
まさかボート釣りを断念するのかと驚きましたが、
そうでは無かったので、ホッとしました。

「途中で1、2度休めば何とかなる」、、
家の前の階段がきつく、仰るとおり休めば何とかなる。

「この歳になれば訓練で体力増強や筋肉の強化などはない」
実際にその通り、体力の衰退速度を遅らせるのがせいいっぱいです。

「油切れで風前の灯の膝は、」、、
私の場合は腰が風前の灯火と感じます。

文中のこれら言葉にどれもこれも身に感じることばかりでした。
今後もボート釣りに出られるよう大事に残しておきたい。

投稿: 釣吉 | 2016年8月 3日 (水) 11時22分

趣味人たけさん、こんにちは。

釣りへの興味は尽きませんが
疲れが残るせいか、昔なら明日にでもリベンジしたいと思ったのが
一週間くらいは平気に待てますね。

ボート漕ぎは今でも人並み以上の自信はありますが
下半身にはもう爺さんが来ています。

少し前までは葉山では曳舟よりも
少し前にでられる自分の手漕ぎの方が早く
ポイントには一番乗りでした。

投稿: 五目漁師 | 2016年8月 3日 (水) 13時10分

釣吉さん、こんにちは。

手漕ぎの場合は漕ぐこと自体が釣りの要素そのものですし
福浦や油壺は車から浜までの移動もたいへん
朝も早いし、波に揉まれた日は帰ってからも布団に入るまで体が揺れています。
正に釣り=体力ですね。

ただ、飽きもせずに妄想したり、勝負で神経を尖らせたり
こうしてブログの記事やコメントを書いたりと
少しは頭の体操になっているかなとは思っています。
こちらの方は膝のようにすり減らないので安心です。

投稿: 五目漁師 | 2016年8月 3日 (水) 13時26分

五目漁師さん、こんばんは。

驚きました。
てっきり前振りから手漕ぎをやめて、あれだけ嫌っていた遊漁専門の旦那釣りに趣旨変更されたのかと思いました。

ていうか本当にアイアンマンだったのですね?
チャリンコと手漕ぎボートの違いはありますが(笑)

私も最近50肩になってしまい、左のオールの推進力が全盛期の5割減という情けない状況です。
なので均等に漕いでるつもりが、左へ左へと旋回してしまう有様です。

私は遊漁船の旦那釣りはあまり興味ないですが、手前船頭の船外機にはソコソコ興味があります。
という理由で買った小型船舶免許の本ですが、
本を買った時点で免許が取れたと思ってしまう、よろしくない病が再発して最近では魚探より余程部屋のオブジェと化している有様です。

それでは、また、

投稿: flex-p | 2016年8月 4日 (木) 00時16分

flex-pさん、おはようございます。

ご安心下さい。チャリコでは若いころに関西を出発して北九州を一周しています。

50肩なんて、今から反対側の肩にきて、それから腕にもきて、
私は今は半年ほど前から首が回りません。

ボートの前方がみえないので100均でバックミラーを探しているところです。

左に旋回するようでしたら右に旋回するボートを借りましょう。
福浦には探せばたくさんあります。

以前から言ってますように免許は私が持っていれば十分ですから早く物の準備をお願いします。

油壺より


投稿: 五目漁師 | 2016年8月 4日 (木) 07時07分

おはようございます。

フルマラソンですかあ~。
そういうものが世の中にあるとはうかがっておりましたが、出場経験者がいらっしゃるとは知りませんでした。
いや~、すごいです。

筋肉はともかく、間接はたしかにいじめすぎるとよくありませんね。
それから福浦と油壷の坂、あれはキツイ・・・。
一回千円で荷物運びのポーターとかやったら儲かりそう。

投稿: 芋焼酎 | 2016年8月 4日 (木) 07時49分

芋焼酎さん、こんばんは。

私のフルマラソンよりも、
毎週毎週休み無しの芋さんの釣りマラソンの方がすごいでしょ。

人の体はうまくできています。
頭が弱ってきているのに筋肉モリモリじゃちょっと怖いです。

なるほど、運び屋ですか、
新都知事にエスカレータをつけてくれとお願いしている夢を見ましたが
芋さんのアイデアの方がいいですね。

一億総活躍、働き方改革
頑張って儲けて下さい。

投稿: 五目漁師 | 2016年8月 4日 (木) 21時24分

おはようございます。

私これでも昔は駅伝の選手だったんですよ(笑)。
で、少し太り始めた頃に走ってみました。
駄目ですね、あっという間に膝が痛くなって断念しました。

だいたい排気ガスだらけの硬い舗装された道路を走って、健康にいい訳がない。
今では週一の釣りが、いい運動になってます(笑)。

福浦の坂も調子のいい時は一気に行きます。
ま、大概は2回は休みますけど(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2016年8月 5日 (金) 06時38分

腰痛持ちさん、こんにちは。

駅伝? 確かに今のお姿からは信じません。

特に手漕ぎの釣りは良い運動になりますし、
何と言ってもストレスの解消になるでしょう、釣れればですが。

福浦の油壷の坂、
最近は正直に釣れなかったことの喜びを噛み締めながら登ります。

明日は乗り合いでしたね。
私は伊東で風に吹かれてみようかなと思っているところです。

投稿: 五目漁師 | 2016年8月 5日 (金) 13時17分

なるほどー、レンタルボートだから駐車場に車を停めたら、真ん前が浜で荷物運びの距離は十数メートルなんて想像していました。実際内房の岩井海岸や富浦はそんな感じですし。手漕ぎで海の上で体力を使うだけでなく、海までの道のりも修行なんですね。
五目漁師さんやコメントされる皆さんの実情を知ると、自分のヤワさが身に染みます。体力は釣ることだけに使って、それ以外はできるだけ楽をしたいと考えています。ゴムボートだって駐車場とスロープや浜辺までわずか10メートルなんて環境でやっていて、片付けが辛いとか、贅沢ですよね。
ところで五目漁師さんの船舶免許、いつでも活躍できますよ。さらに楽をしようと考えてる、なんて勘繰りはしないでくださいね。

投稿: ぐっちゃん | 2016年8月 5日 (金) 20時35分

ぐっちゃん、こんばんは。

伊東や川奈は車から荷物を積み替えるだけですから楽勝ですが
この福浦と油壺は特別ですね。

おまけに福浦はオーナーさんもお年ですし、
ボートのメンテは全くやっていないですし
いろいろな面で少し慣れないと難しいところです。

日の目を見ない私の船舶免許を是非有効に利用してやって下さい。
NEOでのぐっちゃんの新しい釣りを見せていただき、
私にも何とかなりそうでしたら、その内によろしくお願いします。

娘の家に遊びに行きがてら
寄らしていただくとかすればよいかと楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2016年8月 5日 (金) 21時47分

こんばんわ(*^_^*)

福浦の坂、実際に見てませんでしたが厳しいですね…(^◇^;)
行きで疲れてよく眠れそうです。

マラソンは同じく湘南国際マラソンを2度ほど無理やり走らされましたが(もちろんハーフ)何が楽しいのか未だにわかりません。人は何故にマラソンするのでしょうか?

アイアンマンの師匠とは違いグータラぼっちの僕はこのままだといけない!と5年前から富士山登るようにしてます。
明日は師匠は海、僕は山ですね(笑)

投稿: ガル | 2016年8月 6日 (土) 00時13分

こんにちは。もちまえのスタミナで、高校時代は短距離よりも長距離が早く駅伝の選抜にも選ばれましたが、今は運動といったら、ボート漕ぎと福浦の階段をウサギ跳びで釣行のたびに登り降りをするくらいです(ウソ)

走る気には、さらさらなれませんが泳ぎなら何時間でも水に浮いてられます。


それにしても福浦、江の島みたいにエスカをつけてほしいですね。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年8月 7日 (日) 13時37分

ガルさん、こんにちは。

湘南国際、走りましたか。
何故走るって? 

もう死ぬと思った後の快感でしょ。
Mのみぞ知るですね。

富士山は一度も登らぬ馬◯に二度登る馬◯、と言います。

私はもちろん一度だけ登りました。

雷に気をつけて降りてきて下さい。


投稿: 五目漁師 | 2016年8月 7日 (日) 14時19分

甲斐の荒熊さん、こんにちは。

荒熊さんも駅伝の選手でしたか、
腰痛さんに続きまたまた信じられないです。
そういう私も本職の水泳をおいて何度か走らされましたが。

福浦の道、あれでも昔に比べると良くなった方なんですよ。
昔は下がぬかるんでつるつるよく滑る道でした。

エスカが無理なら、箱根で黒玉子を運んでいる荷物用のケーブルカーみたいなものでも十分です。
そうなれば遠慮せずにいつもクーラボクス一杯まで釣りますよ。(う)

投稿: 五目漁師 | 2016年8月 7日 (日) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/64003958

この記事へのトラックバック一覧です: 体力の限界! とうとう断念することにした:

« こんなものを見てしまうともうやるしかない | トップページ | 巻き巻きだけと思っていたタイラバ、まだまだ発見が »