« ヒラメの泳がせ釣り(その2) | トップページ | なんとなく行きたいような行きたくないような »

2016年7月12日 (火)

一つテンヤ釣りでもやってみよう

昨日(711日)は福浦(エトーボート)に釣行。

何か新しい釣りをやりたい。

今年はマキコボシをやってみようと思い道具を準備しつつあったが
少し事情があって予定を変更、
一つテンヤでもやってみようと思い始めた。

自分で買った覚えはないが
何故かこんな良い竿を持っている。

1dsxp162562s

ダイワの竿で赤い穂先とくれば
感度ビンビンのメタルトップ。

昨年初めてのタイラバはこの竿で
10分の格闘の末ブリを上げた。

実はこの竿はスピニングリール専用だが
その時はタイラバは等速巻きが決め手と聞いていたので
両軸リールを無理やり使った。

思いがけなく大物が掛かった時には
数の少ないガイドを竿の背側にして
バット部分が折れるのではないかと思うほどに曲がり
ガイドとガイドの間でPE2号が弓の弦のように張り詰めて
ヒュンヒュンと鳴っていたのを覚えている。

五目漁師はまともなスピンニングリールを持っておらず
この竿は、以降ほとんどお休み状態であったが、
もったいない。

一つ、一つテンヤでもやってみようということになった。

2dsxp162552s

もう一つこの竿を持ち出した理由がある。

風が吹かない時のタイラバではボートが動かずに苦労する。
所詮擬似餌なので
同じ所でタイラバを動かしていても良い結果はでない。

そこで、この竿でスピニングタイラバ
(タイラバを少し投げて海中を広く探る)
をやってみようという魂胆もあった。

福浦は10数年前にはホームとしてよく通っていたが
ここ数年は冬場のアマダイ専用の釣り場になっていたので
この時期のポイントはよくわからない。

鯛やヒラメが釣れるところはどこだろうか?
と今は自分なりのポイントを物色中。

そんな中で前日には
ブログにコメントくださるflex-pさんが
アンカリングができない福浦の難しいコマセ釣りで
作戦通りに大アジ(聞くところによると激旨だったらしい)を釣り、

甲斐の荒熊さんがこの時期にアマダイの大釣りをした。
http://ameblo.jp/kenchan33/entry-12179203477.html

ここで鯛の一尾も掛かってくれれば
福浦の釣りも面白くなるぞ
と昔何度かマダイを上げた定置網の西側から
一つテンヤを開始することにした。

五目漁師は出発前に
竿にはリールを着けてガイドに道糸を通すところまで準備をしてくるが、
ボート上でテンヤを着けようとすると
なんと、そうしてきた道糸が途中で切れているではないか。

PE0.8号、じっちゃんの車の中のどこかに引っ掛けて
擦り切れてしまったようだ。
PEが弱い擦り切れをこんなところで実感してしまったのはよしとしても、
こんなところでリーダーの結び直しは予定していなかったので
困ったことに眼鏡がない。

目を極限(0.8号位)に細めながら焦りもあって
やっと3度目でなんとか結ぶ。

おかげで福浦でしかできない朝マヅメ釣りの貴重な時間を
30分近くもロスしてしまった。

5時半になってやっとテンヤを落とすと
アタリは頻繁にあるが魚が小さいのだろう、
エビの頭だけ取られて魚はかからない。
お高いエビ餌の頭だけが取られて次々に消耗する。
こりゃたまらん。

場所を期待の湯河原高校前ポイントに移し
やっと極太のウッカリカサゴを掛ける。

Dsxp162544s

うーん、鯛はどうした?
いないようだね。

タイラバもやってみるがアタリは皆無。
釣れないとは言え実餌の一つテンヤに可能性を感じる。

少しずつ前日甲斐の荒熊さんが
アマダイを釣ったポイントに向けて移動する。

定置網左側ソーセージブイの沖で
やっと怪しげなアタリに竿をシャクリ上げると掛かった。
ゴンゴンと穂先を叩く引き。
錘が軽い上にコマセ釣りのようにクッションゴムも使っていないので
手元に魚の抵抗がもろに伝わって来る。

なんだろう?
あがってきたのは、えっ!?
こんなところでびっくりのオニカサゴ(33cm)

Dsxp162558s

うーん、これはこれで嬉しいがカサゴに続いてオニか、
これではいつものサバタンを餌にした流し釣りと変わらない。

考えてみれば当たり前。
魚からからすれば釣り師の今日の釣りの意図など知る由もない。
塩漬けのサバタンよりも有頭エビの方が美味いに決まっている。

で、今日の釣果はこれ。

Cas167628s

福浦は沖あがりが昼すぎなので
その日の内の魚料理が楽で良い。

カサゴのカルパッチョバジルソース*1

Cas167641s

オニカサゴのネギ蒸し*1

Cas167650s

*1LEE魚で料理自慢、集英社



繰り返しになりますが、鯛の釣れない一つテンヤは
サバタンの代わりに高価な海老を使った流し釣りってところですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« ヒラメの泳がせ釣り(その2) | トップページ | なんとなく行きたいような行きたくないような »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

一つテンヤ真鯛釣りはタイラバより面白そうですね。
走水の鯛釣り仕掛けの中錘を無くした仕掛けです。
馴染みがある様な気がします。

残念ながら、こちらでは潮が早くて棚が取れないために普及しません。
潮が早く無く遅く無く適度に動く海では、
面白い釣りが出来そうですね。

カサゴが食うなら、真鯛も食いますね。

投稿: 釣吉 | 2016年7月12日 (火) 14時29分

五目漁師さん、こんにちは。

たいラバに引き続き、一つテンヤ。
ディープな釣りにズッポリはまってらっしゃいますね(笑)
テンヤのエビ、たまやで生甘エビがたくさん入って398円で売ってますが、
代用可能でしょうか?
ちょっと柔らかすぎかもしれませんね。

個人的にはタイラバは釣れる気がしないのですが(下手だから)、
テンヤは美味そうな海老がエサですから釣れる気がしますね。
この釣りはぐぐる限りスピニングだそうですが、
そこは何でもありの手漕ぎボート、ベイトリールでやっちゃいましょう!

と言うのもマトモなスピニングを持っていないだけですが。

それでは、また


投稿: flex-p | 2016年7月12日 (火) 19時05分

釣吉さん、こんばんは。

一つテンヤは餌、しかも人間様が食べる海老よりも高級な海老を着けますから
食ってきて当然です。
それにルアーのように餌に見せるための動きも基本的に必要がありません
ただ、コマセをやらないので近くにいないと駄目ですね。
どこでやるかが釣り師の腕の見せどころだと思います。

タイラバに比べてもテンヤが軽いですから
東京湾のように流れがきついところでは無理だと思います。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月12日 (火) 21時59分

flex-pさん、こんばんは。

コマセを使わないシンプルな釣り
その分アクティブにこちらから魚を探してやらないと釣れない
より直感的な釣りに捕まっています。

近くのキンタマヤで私も甘エビを探しましたが
お節介にも頭をとったのしかありませんでした。
290円くらいだったと思います。
今度有頭を見つけら冷凍しておこうと思っています。
ただ、よく考えれば頭など不要かもしれません。
サバタンやタイラバに来るくらいですから。

スピニングリールを使うのはフォール時の道糸の出の軽さからですが
ベアリングmaxのflex-pさんのバルケッタだったら大丈夫でしょう。
西伊豆フィールドを掴んでらっしゃるflex-pさんに利ありと見ました。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月12日 (火) 22時17分

iOSです。こんばんは。

多彩な釣りを楽しまれていますね。
タイが釣れなかったのは残念ですが鬼が美味しそうです。

私はフォール中の当たりが取りやすいかと思ってベイトリールで一つテンヤをやっています。ですがフォール中に当ったことがありません。(^_^)

コマセ釣りと違って重りが軽いですから当たりがダイレクトに伝わってきますので気に入っています。

釣果が伸びればベストなのですが。まだまだ修行が足りないようです。

またお会いしましょう。

投稿: iOSの常連 | 2016年7月13日 (水) 00時30分

五目漁師さん、こんばんは!
タイラバに続いてひとつテンヤですか。
ひとつテンヤは僕もたまーにボウズ逃れでやります。
専用竿を持っているのに(同じくダイワのやや高級竿です)、ほとんどキス竿で代用しています。
エビエサはアタリが頻繁に出るので退屈しませんよね。
昔、クロダイの前打ちをけっこうやりましたが、それに感覚が似ています。
しかし所詮エセテンヤ師ですから、釣れるのはもっぱた根魚ばかりです。
テンヤは外房が発祥だと思いますが、最近の外房真鯛は擦れてしまったのかテンヤには食いつかず、
なぜかタイラバの方が好結果を得られることが多いようです。
周りがエビを使いだす前に、どんどんテンヤで鯛を釣りまくってください。

投稿: ぐっちゃん | 2016年7月13日 (水) 00時48分

こんにちは。

一つテンヤならやったことありまっせ。
観音崎、大津や伊勢町ではムリポ~ですね(笑)。

観音崎と伊勢町はご存知早潮で、10号のカブラでも歯が立ちません。
大津では潮の緩い日に10号か8号でやっと底立ちが取れます。
やっと底立ちが取れても底にはアナゴンが待ち構えてます。
Aさん、大津でアナゴ釣るなら一つテンヤですよ~(笑)。

ところでオニカサゴのネギ蒸し、美味しそうですね!
今度やってみます。

投稿: 腰痛持ち | 2016年7月13日 (水) 10時28分

iOSの常連さん、こんにちは。

どうもいつもの流し釣りの癖でしょうか
テンヤで底トントンやってしまいますので
結局サバタン流しと同じ釣果になってしまいました。

この日は8号テンヤでしたが、少しでも風があったり2枚潮だったりすると
底が取れなくなってしまいますので
手前船頭の手漕ぎボート釣りでは難しいかなと思ったりしました。

それ以前に、福浦の鯛の魚影は薄いような気がしますね。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月13日 (水) 12時04分

ぐっちゃん、こんにちは。

漠然と鯛専用の釣り方かと思っていましたが
考えてみると底物が海老を見逃すはずはないですよね。

と、途中でそんな風に感じたので
後半は根を外して砂土の海底を意識的に流してみましたが
どうやら鯛はあまりいないような気がします。

エビ対タイラバで寧ろ後者に利があるというのは心強い情報です。
テンヤでは小魚は避けられても根魚が先に飛びついてきますので
魚種のフィルタリングにはタイラバの方が良さそうです。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月13日 (水) 12時15分

腰痛持ちさん、こんにちは。

お仰る通り潮がきついところでは無理ですね。
というか、餌が美味しい海老になったから鯛が釣れる可能性が高いというだけのことで
釣り方としては我々が従来からやっているサバタン流しやアマダイ仕掛け以上のメリットはあまり考えられないです。

潮対策でもっと錘を大きくして重くしたい→大きくするとテンヤが目立ち魚が警戒する→
だったら天秤を使って餌と錘を別にしましょう。
とこんな流れをするとオニやアマダイの釣り方になります。

サバタンの代わりに有頭海老をつければきっと鯛もきますよ。

ネギ蒸し、画面にはありませんが蒸す時に白髪ネギを作った時に残る青い部分を敷き、お酒をかけます。
醤油ベースのタレで味付けして、
食べる前に沸騰したごま油を白髪ネギの上からかけてジューと言わせて食べます。
オニカサゴにはよく合いますよ。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月13日 (水) 13時09分

こんにちは
新しい釣りを始める時はワクワクしますね
釣れそうな気になる時が楽しいです
一つテンヤは昔、活きたサイマキを使っていましたが
冷凍ものになり、釣れなくなりました

東京湾では中錘を付けて釣っていました
懐かしい釣りですが冷凍エビになってからは止めましたね
フグやカワハギに餌を取られます
手バネ竿も今は改造してボート釣り竿です
しかしもう一度釣ってみたい釣りですね

最近出てきた冷凍車エビが気になりますね

投稿: 趣味人たけ | 2016年7月13日 (水) 17時55分

趣味人たけさん、こんばんは。

さすがに何でも経験済みですね。

東京湾の中錘は速潮対策ですね。
釣味、取り込みなどでいろいろデメリットが出てきそうです。

究極の活き海老から始まって、冷凍海老、・・・サバタン
これでもカサゴ類なら食ってきます。
鯛はやっぱり贅沢ですね。

釣味優先と割り切ればサバタンでも行けそうですから
そんな考え方での一つテンヤ釣りもありだと思います。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月13日 (水) 21時17分

一つてんやは関東発祥の釣り方ですから、理にかなっていますね^^

九州でも一年中この釣り方をする方もいます。海エビの生き物が手に入る人たちです。

先日の勘太郎丸さんがそうです。

真冬でもアコウや真鯛をコンスタントに上げられますね。

この釣りのいいとこは海水温が下がって、タイラバを追わなくなった頃でしょう。

また、活きエビまたは冷凍海エビでもアクションをつけることによってヒラメを誘発できますからね。

投稿: 飛竜丸 | 2016年7月13日 (水) 23時35分

こんばんは。海老のコスパが、恐ろしく悪いですよね。
一袋1000円弱、頭はさらわれてもげるし、もげるたびに交換、お金に物を言わせ餌を大人買いして余ったとしても、変色しオキアミのように次回繰り越しともいかないですよね。

ロピアで生赤海老(頭付き)8尾入って398円
冷凍物より身はよいですし、食べてみましたが餌にするのはもったいないくらい甘いです。

1日通してテンヤとなると8尾では足りなく、弾数8発限定の浪漫砲ですね。
よく餌を観察する鯛のこと、海老の頭や目が二つちゃんとついて、うまそうな黄色い味噌がしっかり詰まってるに、こしたことないですよね。


お師匠様が、切り開いた新しい可能性の釣り。
今度、福浦に浮くときは赤海老8発持って挑んでみます。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年7月14日 (木) 06時02分

マダイ、こなくて残念でしたねー。一つテンヤ、そうなんですよね。エビが高いのが悩ましいです。。。
タイラバは、その点お金がかからないのでいいですね(まぁ、ロストすると痛いけど。。)

それでも!ウッカリカサゴとオニカサゴはすごい!
どちらも大きく、とても美味しそうです^ ^。

PE、スレると、そんなに簡単に切れちゃうんですね。0.8号で細いですしね。。
私は、最近はボートの上でガイドに糸を通すことが多いので、あまり気にしていませんでしたが、あまり邪険に扱わないよう気をつけよう。

投稿: clair | 2016年7月14日 (木) 06時58分

飛竜丸さん、おはようございます。

経験のある人は皆さんおっしゃりますね。
活き海老が手に入らない。
餌代が高い。

コマセ釣りも十分なコマセを準備すると同じくらいにはなりますが。

私の場合は結果的にはサバタンの代わりに海老を使っただけの釣りになってしまいましたが
海老を食ってくる魚は多いですから
この釣りの肝は海老を如何にして鯛だけに食わせるかですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月14日 (木) 07時24分

甲斐の荒熊さん、おはようございます。

もとより活き海老は期待していませんでしたが
スーパーをなん軒か回って甘エビの頭付きを探してみましたが見つからず
結局、荒熊さんお薦めのかめやで冷凍エビを買って行きました。

テンヤの動きで鯛だけが選択的に釣れるというのであれば修行も面白いですが
そうでなければエビ大好きな魚は多そうですから
あまりいい釣りではないですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月14日 (木) 07時35分

clairさん、おはようございます。

ウッカリカサゴ、特にオニカサゴなどは釣果としては鯛よりも嬉しいですが
それだったら最初からサバタンで狙えば、となります。
果たして、あんなうまそうな海老を鯛だけに食わせる
テンヤの操り方があるのかどうかですね。

PEはあの調子ですから根に擦れたりするとやばいですね。
私はフロロカーボンのリーダーを4、5m(エギング用は1.5m)繋いでいます。
今回は予期せぬPEの破断で眼鏡なしのノットに苦労してしまいました。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月14日 (木) 07時51分

この辺は今の時期真鯛は厳しいですよねー(;^ω^)

泳がせで最近は真鶴東側ですがヒラメ&マゴチ狙いに4kg台の真鯛がヒットするみたいです!
小鯖でもイワシでも稀に釣れているみたいですよ!
でもやっぱり秋に入ってからの方が釣れそうですね(;^ω^)

でも狙うなら、泳がせの方がもしかするとヒラメ&マゴチ含め可能性上がりそうですね!
ベイトに付いてる真鯛がいそうなので。

私は来週泳がせ予定です。
中深海ですがw

投稿: すーさん | 2016年7月14日 (木) 10時37分

すーさん、こんにちは。

真鯛やっぱりいませんか。
真鶴側には手漕ぎでは行けませんので悔しいところですね。
一度仕立てでは出たことはありますが
真鶴側で貸しボートやってくれないかなといつも思っています。

中深場の泳がせ、何が対象魚か、活餌がどうなるのか
あまり話を聞いたことがありませんので興味があります。
楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月14日 (木) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/63904502

この記事へのトラックバック一覧です: 一つテンヤ釣りでもやってみよう:

« ヒラメの泳がせ釣り(その2) | トップページ | なんとなく行きたいような行きたくないような »