« AoMoN GO | トップページ | 体力の限界! とうとう断念することにした »

2016年7月29日 (金)

こんなものを見てしまうともうやるしかない

昨日(728日)は福浦(エトーボート)に釣行。

前回は自分にとって何か新しい釣りをやってみたいと思い
一つテンヤをやってみたが
結局は従来のサバタン流し釣りの餌を
鯛でも食ってくれるエビに替えただけのことで
あまり代わり映えしないことがわかった。

一方、タイラバの最中に目の前で
ジギングでワラサを立て続けに上げるのを見せられ、
青物ならジギングかなと思っていた。

そんな時にあるサイトで紹介されたこれや。
それにこんなものを見てしまうともうやるしかない。

早速、よく似たジグを買ってくる。

Cimg7770s

初めての釣り、
従来なら完ボ覚悟のジギングオンリーといきたいところではあるが、
最近の五目漁師は伊東、福浦と絶不調、
今日は最低でもオカズくらいはという気持ちもある。

今福浦は季節外れのアマダイがいいし、
湘南の小アジ王、fさん
(どこに行ってもいつも釣果が素晴らしいので
五目漁師が悔しさ紛れにこうお呼びしている)によると
この時期の福浦の大アジは激美味(うま)らしい。

そこで、今日の予定は早朝の風が静かな内に
コマセ釣りで先ずは大アジを狙い、
数匹釣った後で鯛狙いのジギングをスタートする。

そして、いざとなったら沖の流し釣りで
恐らく、今一番頼りになるアマダイ狙いでオカズをゲット
と万全の準備をする。

天気予報では今日が梅雨の最後の日になるかもしれない。

Dsxp162580s

降りそうで降らない、
こんな天気が一日続けば釣り師にとっては最高。
(結果的にその通りになっが)

平日とはいえ海上に浮かんでいるのは五目漁師だけ、誰もいない。
魚もこの調子で何もいな・・・とは考えない、考えない。

でもいなかった。

いつもならイトヨリ、カサゴ類、それに例のアジと
賑やかな定置網左側のソーセージブイ横なのに
エサ取りすらいない。

一時間半ほど粘ってみたが
諦めて反対側(西側)のソーセージブイ横に移動する。

しかし,ここも同じ。

餌でも釣れないものが
まして初心者見え見えのジギングに掛かってくれるわけがない
と思いつつ
この硬直状態を打開するためにいよいよジギングを始める。

Dsxp162584s

いつものタイラバに比べると重さが半分ほど(40g)しかないので
底取りを心配したが無風、
しかもターゲットはあくまでも鯛なので
忙しいシャクリも不要らしく何とか格好はつく。

ただ、釣れないのが
下手くそのせいなのか、
鯛がいないせいなのかはわからないが掛かる予感がしない。

湯河原高校前(ポイント名)から
また左側(東側)のソーセージブイ方向に逆戻りしながら
点々とジグっていくが何の音沙汰もない。

10時前に早朝のソーセージブイまで戻ったところで
再びコマセ釣りに切り替え
再度アジを試してみるもやはり無反応。

いつもは賑やかな魚探の画面も今日は比較的静かだ。

こうなれば、いよいよ最後の手段、
少し沖(-7075m)に出て仕掛けはそのままで
流し釣りを始める。

早速、ムズムズとしたアタリに合わを入れると
アタリの割にはいい引きだ。

本日初めての魚は季節外れのアマダイ、型も良い。

ただ、オキトラギスやレンコダイ(キダイ)などの小魚も多い。

もう時間はないが
思いきって黒崎の先端のポイントまでボートを漕ぐ。
もちろん途中でジギングも試してみながら。

うわっ、今日初めてみる賑やかな魚影だ。
底(-40-50m)だけではなしに
中層(-30m近辺)に明らかに少し大型らしき(濃い)魚影が見える。

急いでそこをめがけて流し釣りの仕掛けを入れる。

すると、アタリ!
たまにドラグを引き出す強烈な引きだ。

うん、見事に当たりが当たったアタリに
どうだ!
と自己満足しながら巻き上げる。

なんだろう、引き方からしてサバではなさそうだ。
アジだと良いんだが。
で上がってきたのはウマヅラ。
続けてもう一尾。

この頃には少しずつボートを岬側に押し戻す潮があるので
漕ぎ戻りながら中層の魚影を目がけて仕掛けを投入すると、
おやっ? 先針がない。

どうやら今度の魚影はフグらしい。

それならそれで釣り様はある。

Dsxp162587s

エサ釣りを始めてから慌ただしい釣りで
写真を撮り忘れていたことに気づき最後にパチリ。

もう少し釣ってみたいが時間がない。
これでお終いにしよう。

で目的のジギングは一度のアタリすらなかったが、
なんとかエサ釣りでオカズ分はゲット

Cas167774sアマダイ31cm、ウマヅラ38cm


久しぶりのアマダイは昆布締めと刺し身、

Cas167787s

そしてポワレ・ビネガソース。

Cas167799s

アマダイにしかないとろ~りとろけるこの甘食感が良い。

実は釣りに行く前前日にヨメサンから
無農薬の美味しそうなレモンが見つかったので買っておいた
とプレッシャーをかけられていたので
ウマヅラハギをから揚げレモンソースにする。

Cas167805s




追加:
この日の航跡

Screen031

最近、福浦に何処か良いポイントはないかな? 
と探し続けて3000里(は行かないが)
この日もよく漕いだ。

航跡中005が定置東側ソーセージブイ、
002が定置西側ソーセージブイを経由して湯河原高校前ポイント
一番左側の航跡が黒崎の突端ポイント
10km弱は漕いだかな。



どうかな?
鯛がいるところで(鯛のせいにしている)もう一度ジギングをやってみたいです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« AoMoN GO | トップページ | 体力の限界! とうとう断念することにした »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

五目漁師さん、こんにちは!
あんなのを見ちゃうとやるしかないですね。
ジギングで真鯛、狙わなくても釣れてくるくせに、狙うと意外に釣れません。ジグに食いつくフィッシュイーターと化した真鯛は、とにかくでかいですよね。
甘鯛、ジクで釣ったのかと驚きましたが、よく読むと餌釣りでしたか。
それにしても手こぎで10キロはすごいです。体力ありますね~。まさに釣りが健康に直結してますね。

投稿: ぐっちゃん | 2016年7月29日 (金) 14時11分

こんにちは( *・ω・)ノ
いやぁ、ポワレ旨そうですね。
ビネガーソースやレモンソース、夏の暑い時期にいいですね。
釣りの腕も料理の腕もかないません。


釣りの方は、随分と広域に移動ですね。
風や流れを上手く味方につけないと福浦広域移動はきついですね。
黒崎の先端、面白そうですね。
これから、ショゴも入ってきそうですし、福浦ジギング楽しそうですね。
オイラも密かに、ジグを新調しAoMoNの出現を待ち構えてます。

オイラはルアーでまともな釣果をあげたことがない(河口湖で釣った50cmのニジマスが最高記録)のと、餌釣りと違って「ルアーを魚がかじった形跡がある!」なーんてことも解らないので、仰るとおりルアーで釣れない時間が続くと魚がいないのか、自分が下手なのかと疑心暗鬼に陥ります。

オイラも頑張ってみたいと思います。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年7月29日 (金) 14時13分

ぐっちゃん、こんばんは。

ははっ、私の夢はぐっちゃんの真似になりますが魚相の悪い80cmのマダイに
海に帰ってもらうことです。
無理そうですが。

私の考えですが、魚から見るとタイラバは攻撃対象
エビの付いたテンヤはご馳走の対象
メタルジグは何でしょうかね?

アマダイはタイラバにも掛かって来るようです。
縄張りに入ってきた化物を追い払う行為だと思います。

今回のジギング動画では食わせるという言葉が使われていますから
ご馳走の部類(と思われているの)でしょうか。
それによっておのずと動かし方が変って来ると思います。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月29日 (金) 20時54分

甲斐の荒熊さん、こんばんは。

素材のいいポワレも美味しかったですが
ウマヅラの唐揚げレモンソースは
特に肝に期待ができないこの時期のこの類の魚の
とっておきの食べ方の一つだと思いました。お薦めですよ。

この日はタイラバも準備していましたが
やはり幾つもの釣りを準備してしまうと集中に欠いてしまい
あれやこれやと移動も多くなり散漫な釣りになってしまいます。

黒崎の先端ポイント、春に荒熊さんとご一緒した時に
ここはシーズンになれば面白そうですよ
と言ったことを思い出します。
魚影濃さは随一ですが、風や流れが皆無に近い時限定ですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月29日 (金) 21時11分

またまた、新しいことに挑戦ですね。
釣りに対する情熱もあり、若い証拠です。羨ましいです。
私は殆どジギングやルアー釣りは経験がありませんが、
範囲が非常に広く、奥が深い様に感じます。
これからの真夏は相模湾にメジマグロが回遊します。
頑張ってマグロを釣り上げて下さい。
情報によれば、30キロほどあるそうです。
ボートがマグロに引きずられてしまいそうですね。
頑張って下さい。


投稿: 釣吉 | 2016年7月30日 (土) 08時31分

こんにちは!やっぱり五目さんでしたか!
駐車場の車に見覚えがあったのでもしかしたらと思ってました(;^ω^)
この日私は8時から9時までの1時間だけサクッと出てジギングしてました
時間も無かったので声掛けには行きませんでした((+_+))すみません

そのころ五目さんは定置沖辺りを流してたように見えました。
ジギングついにやり始めましたか(#^.^#)
楽しいですよねー♪
スロジギも鯛のジギングもベイトが中層より少し下にいるときが一番いいですよ!
秋〜冬はヒラマサもスロジギで釣れます!
魚探に中層より下にイワシダンゴの魚影が移り込んで来たらチャンスですよ♪
あと福浦側は西側の根のところにブイが浮いてるとこ付近をスロジギすると面白いですよ
9月になればいいサイズのショゴも結構釣れますし、イナダも顔を見せてくれたりします。
それからゼブラカラーはエソが大好きなのでエソもいっぱい釣れちゃうと思いますが
頑張ってみてください♪

投稿: すーさん | 2016年7月30日 (土) 13時42分

ジギングは楽しいですよ。

底ものアピールがすごいです。

なんたって、青物のドスンというあたりは、しびれます^^

私は80グラム村越MM JIG Ⅱに上部アシストのみが一番いい感じだと思っています。

投稿: 飛竜丸 | 2016年7月30日 (土) 15時10分

こんにちは
また、新しい釣りに挑戦ですね
私も同じようなスロージグが道具箱に入っています
しかし、ボートでの釣りは難しいですね
今年の春先の事ですが
なかねボートへ行った時
若い釣り師さんとルアーの話しになり
その時なかねボートのサトシさんが
小屋から段ボール箱を持ってきました
凄い量のルアーです
持って行っていいよ!!!と言われましたが
皆さん遠慮して2つ3つでしたね
ボートでのルアー釣りの難しさがわかりました
ワンチャンスの釣りかもしれませんね
特に観音崎は

投稿: 趣味人たけ | 2016年7月30日 (土) 16時40分

釣吉さん、こんばんは。

釣りに限らずあれもこれもやりたくなるのは私の性分ですね。
ただこの歳になってやるとうまくいかないのはわかっています。

巻くだけだと思っていたタイラバも奥が深いことがわかってきましたし
ジギングはどうでしょうか、
先ずは何でもよいですから最初の魚をかけたいです。

昨年、ブリを釣った時はアンカーを入れていましたから曳かれることはなかったですが
ボートの向きは変えられました。
おかげでアンカーロープに巻かれずにすみました。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月30日 (土) 19時10分

すーさん、こんばんは。

そうでしたか、惜しいことをしました。
実は私も昼前ころに黒崎の手前辺りでゴムボを見かけましたので
ひょっとしてすーさんか? と思ったりしていましたが
時間的にあれは違う方だったのですね。

ジギング、楽しいですよねと言われてもまだ最初の一尾を掛けていませんので
次回くらいに何か掛かってくれないとやめちゃうかもしれません。

なにせ、タイラバの最初がブリでしたから。

この時は掛かる予感がしませんでしたが、
お話をお聞きする限り福浦のジギングは面白そうですね。
青物より寧ろ鯛、ヒラメあたりが欲しいのですが
またポイント情報をよろしくお願いします。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月30日 (土) 19時22分

飛竜丸さん、こんばんは。

タイラバの入りがびっくりのブリだっただけに
今回は少しがっかりです。

というか、福浦はポイント情報が乏しく
魚がいるのかどうかすらわかっていません。

もう少し頑張ってみます。
ジギングがものになりそうならタイラバとの2刀流ができるように
タックルを準備したと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月30日 (土) 19時30分

趣味人たけさん、こんばんは。

この日に限ってはつぶしが効くエサ釣りが圧倒的に有利と感じました。
ただ、小魚の相手に半分くらい時間を費やしますね。

仰る通り釣りながら操船ができない手漕ぎボートでは
たまたまに頼る風がよくないと難しいですし
観音崎のように流れがきついところでも難しいと思います。

東側でやるとしたら油壺辺りは如何でしょうか。
あそこなら鯛も多いですし、
こんな話をしている間にもやってみたくなってきました。

投稿: 五目漁師 | 2016年7月30日 (土) 19時41分

五目漁師さん、お早うございます。

漕ぎまくってますねぇ〜
2馬力よりも明らかに機動力がありますね。
ジグは青物には最高なんでしょうね。
でも、タイには?どうなんでしょうか?
スロージギングというやつなんでしょうが、餌取りには強いでしょうが、
私的には全く釣れるイメージがわきません。
いや、でも小魚の動きを忠実にトレースするような動きを出せればいけるのかもしれません。
かなりテクニカルな釣りと言えそうです。

先週の土曜も表層にシーラが遊泳してたのでシルバーの奴で狙ってみてはいかがでしょうか?

それでは、また。

投稿: flex-p | 2016年8月 1日 (月) 08時28分

flex-pさん、こんにちは。

これだけ漕ぎまくっても500mmlのペットボトル1本、
超低燃費です。

その内に鯛釣ってお見せしますよ、
ジグをうまく動かせないのが私の強みです。
青物を避けるフィルタリング効果があります。
ただ福浦はどうも駄目ですね他を探してみます。
やはりここでは素直にアマダイ狙いが賢そうです。

黒崎の突端もアンカリングができれば面白そうなポイントですね。
できなければ凸凹や駆け上がり/下がりが激しく余りにも忙しい釣りになります。

投稿: 五目漁師 | 2016年8月 1日 (月) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/63981874

この記事へのトラックバック一覧です: こんなものを見てしまうともうやるしかない:

« AoMoN GO | トップページ | 体力の限界! とうとう断念することにした »