« 策士五目漁師、策に溺れる | トップページ | やっぱり餌は餌 »

2016年5月17日 (火)

期待したポイントではあったが

昨日(516日)は福浦(エトーボート)に釣行。

しばらく関西に帰省していて一昨日(15日)の晩に戻って来た。

少し風が気になるもののエトーボートのじっちゃんには
途中のSAから予約の電話を既に入れている。

特に感じてはいないが運転疲れもあるだろうし、
こんな時には準備も簡単なタイラバがよい。

もし、タイラバで獲物がとれた場合には
アオリイカもやってみようと
ティップラン用のエギと竿も準備する。

福浦のこの時期は朝が早い。

翌朝、5時半に岸払いする。
いつもなら、透き通った水面下の
石ころや海藻を覗きながら沖出しするのに
今日はそれらがほとんど見えない。

Dsxp162432s海水の色はいつもの爽やかさはなくは緑色


この濁りがタイラバにどう影響するのかは分からないが、
コマセ釣りなら寧ろ面白そうな感じがする。

魚探の調子が悪く(要するに使い方がわかっっていないだけ)
まごまごしてしまったが
先ずは、正面定置網左のソーセージブイ近くで一投目を落とすと
いきなり小さいながらもカサゴが掛かって来る。

Dsxp162433s

タイラバでも一投目マジックはあるようだ。
それが証拠に後が続かない。

今日は兼ねてからタイラバでやってみたかった場所、2か所
(定置網西側の湯河原高校前根回りと
正反対方向の石切り場前根回り(下部の航跡参照))
があるので、
風が静かな内にやってみようと
早速湯河原高校前に向けて移動する。

ポイントが近づいてくると
一気に海の中が賑やかになってくる。

昨年はここでヒラメ狙いの泳がせをやったものの
何匹かの泳がせアジの脳天をイカにやられただけで終わった。

今年に入ってからも2月に一度タイラバをやってみたが
その時は元々魚が活動するような時期ではなかった
(水温は14度以下だった。因みに本日は20.2度まで上がっている)
ので正に下見の釣り。

その本番が今日ということになるだけに期待は大きい。

大きなハタでも来ないかなぁ、
いやヒラメでもいい、
鯛は少し根を外した方がいいかな・・・

あれやこれや、今か今かと
釣れるつもりで魚群が行き交う根回りを流して行くが
一向にアタリはない。

やがて、あれほど静かだった海面が
次第に騒々しくなってくる。

南風の強まりにともなって
ラインの斜め度がどんどん増してくると
背高の根のために根掛かりが頻発し
怖くて流せなくなってくる。

結局、期待したこのポイントでは
一度のアタリもないままで
元のソーセージブイ方面に退散する。

ブイ横に戻って来ると、
岸払いの際に一緒だった二人組みのジギンガーのお一人が
丁度大物と格闘中。

目の前で70cmクラスのワラサが
もうお一人が差し出す玉網に入る。

むむー、居るな。
早朝にはデカサバも掛けていたし、
やはり青物にはジギングの方が良さそうだ。

ここでやっと五目漁師にはイトヨリが掛かってくるが

Dsxp162438s

今日はあくまでも鯛、ハタ期待。
そこでもう一か所の気になっていたポイント
(石切り場前水深約50m)に向かう。

ここは数年前、
私のマルイカ釣りの横に来た遊漁船のお客が
デカマダイを上げるところを見て以来気になっているポイントだ。

破れて大きな穴が開いたパラシュートアンカーを入れると
丁度いい具合に根群に沿ってボートを流してくれる。

さあガツンと来い!
と気合を入れて何度か少しずつコースを変えて流すものの
ここでもアタリは皆無。

いよいよ波風のために
時折背中に潮飛沫を浴びたり
風上に上がるのにも結構苦労するようになってきたので
あてはないが取り敢えず
定置網の内側(ボート乗り場の前)に退散する。

出発前にタイラバで獲物が上がれば
次にやろうと準備してきたエギングを始めてみるも
30gの深場用のエギでも底立ちがとれない。

Dsxp162442s

うーん、困った。
万策尽きた。
どうしよう?

撤退するにもまだ時間はあるしなー、
とその時スマホにじっちゃんから、
退却指導の電話が入る。

あー良かった。
なんとなく可能性を感じなくなっていた矢先だったので
遠慮せずに早上がりする。

釣れなかったポイントを記憶しても仕方ないが
これが今日のコース取り。
風波があったので移動には結構苦労している。

Canvas


さて、貴重な釣果、
イトヨリはキノコをふんだんに使ってホイール蒸しに

Dsn161272s

小さいウッカリンは丁寧に昆布〆めに。

Dscp168143s




2月に訪れた時に正直この2つのポイントは期待できると思っていただけに残念です。
あの魚影から見て静かなときにコマセ釣りをやってみたくなりました。
次回は天気次第ですがもう一度福浦です。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 策士五目漁師、策に溺れる | トップページ | やっぱり餌は餌 »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの釣行でしたが、生憎の南西の強風でしたね。
釣果も物足りないのではないですか?
タイラバに嵌まってますね。でもポイント選択など難しそうですね。

そうそう、アオリイカも今は抱卵の時期で大きなアオリイカが釣れる時期ですね。
こちらの真鯛は貧果続きで、鯵や鯖は顔を見せないし、釣り物がなくて困ってます。


投稿: 釣吉 | 2016年5月17日 (火) 12時02分

こんにちは。

湯河原高校前って、定置網右側(ソーセーブイ反対側)の航路灯のある辺りですか?
そこだったら私も何度か流した事があります。

確かに魚探にはもの凄い反応が出てましたが、根がきつくてあまり良い結果は出ませんでした。
おっちゃんによるとデカカンコの巣らしいですよ(笑)。
私ももう一回は流してみたいポイントです。

次は私も本線は福浦です。
五目さん情報で、底物はあきらめました。
タコとコマセでお土産を作ったら、思いっきり沖に出てアカムツを狙ってみます。
もちろん潮と風次第ですが、、、(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2016年5月17日 (火) 15時02分

釣吉さん、こんにちは。

タイラバは私も未だ経験が浅くわかっているわけではありませんが
狭義の釣り自体にはスキルは不要だと思っています。

正にポイント選び、ボートの流し方が勝負どころですね。
その意味ではコマセ釣りよりも難しいかもしれません。

本当にアジやサバはどこに行ってしまったのでしょうかね、
数を問わなければ一年中釣れるアジですが
伊東では今年に入ってからは1匹も釣れたのを見たことがありません。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月17日 (火) 17時11分

腰痛持ちさん、こんにちは。

丘の上に見える湯河原高校の真正面よりも少し東側ですが
航路灯よりも先になります。
土日は結構遊漁船が入っていますので少し面倒かもしれません。

私は逆にそのカンコの巣とやらをタイラバで狙ってみたいですね。
何度かアマダイ狙いで流したことはありますが
魚の影が薄かった記憶があります。

潮は本当に一晩で変わってしまいますから
底物を諦めることはないと思います。
そうそう左のソーセージブイのところでこの日、網を上げる作業をやっていましたので
また底物がうようよ集まっているかもしれません。

福浦はアンカリングができませんから
海に出られたとしても狙い物も釣り方も風次第ですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月17日 (火) 17時29分

こんばんは.
福浦,に限らず本当に日によって,ポイントによっても釣果はさまざまですね.
福浦=豊かな海,ということだけは分かるのですが,私はあまりうまく釣れた試しがありません(笑
にしても,湯河原高校前の反応,気になります.

投稿: 趣味のボート釣り | 2016年5月17日 (火) 20時45分

趣味のボート釣りさん、こんばんは。

ボート釣りさんも福浦にはよく行かれているようですが、
魚種が多く面白いところですね。
アンカリング禁止がたまにキズですが
それだけに釣り方にいろいろ工夫が必要ですね。

湯河原高校前は私自身もまだ実績がありませんが
魚影はピカ一、なんとかものにしたいと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月17日 (火) 23時59分

おはようございます。
16日、福浦でしたか。あの日は風が強く吹いてましたね。
オイラは、17日〜19日に実家に帰省しながら実家近くのバイトなので、17日に福浦で手土産をと予定してましたが雨で中止。スーパーで大釣りして帰省しました。

ポイント情報ありがとうございます。
湯河原のポイント、地図で見ると、じっちゃんに、教わったポイントらへんかなぁ…(何度か勧められたが、行ってない)
遊漁船がよくいますね。

黄色いポールがたってるとこより東側でしょうか?
次は、オイラも福浦ですので攻めてみたいと思います。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年5月18日 (水) 04時42分

甲斐の荒熊さん、おはようございます。

スーパーが手っ取り早くていいですね。
我が家がスーパーで釣るのはサンマ、サバ、鮭、マグロ、アサリ
福浦や伊東では釣れない魚ですね。

湯河原のポイントは、おっしゃっているのが
腰痛持ちさんのコメントにある黄色の航路灯だとするともっと西側です。
21日に再度福浦を予定していますので
風次第では餌釣りもやってみようかと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月18日 (水) 07時05分

なにかとお疲れ様でした
今の時期はどこもパッとしませんね
以前、この時期はボート釣りは止めて
あっちこっち船釣りをしていました
しかし、船でも芳しくは無かったですね
五月は魚の休暇月間と思っています
釣れない言い訳ですかね

投稿: 趣味人たけ | 2016年5月18日 (水) 07時48分

五目漁師さん、おはようございます。

湯河原高校前のポイント、海水温も上がり魚が寄ってきてるようですね。
以前五目漁師さんに、勧められて一度行きましたが、
ポイントに着いた途端豪雨となり、ほとんど釣りせずトンズラしたので、
まだよくわかっていません。
ただ、想像以上にデカい根だった記憶があります。
べた凪予報の日に根際でコマセ釣りに興じてみたいですね。

福浦のうまいデカアジも前回は砲弾ブイ横で一尾しか釣れませんでしたので、
そちらも合わせて狙おうと思います。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2016年5月18日 (水) 08時14分

趣味人たけさん、こんにちは。

昔、日本海側でやっている時には
5月いっぱいは釣りにならなかった記憶があります。

ただ、こちらに来てからは4月に入ると
年によってはシーズンインのイメージでした。

今年は水温も不安定ですし、
方方から調子が良くないと聞こえて来ますね。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月18日 (水) 12時25分

flex-pさん、こんにちは。

ポイントって、それだけのことがありますね。
ここに近づいていくと魚探の画面が一気に賑やかになります。

多分魚影の多くはイワシやイカナゴなどの小魚だと思いますが
これはアジかな?と思われる反応もあります。

21日に再度福浦を予定していますので
風次第ではコマセ釣りをやってみるつもりです。

ソーセージブイよりもflex-pさんの砲弾ブイの方が勇ましくていいですね。
この近くでもやってみますよ。

アンカリングなしの釣りですから福浦はとにかく風次第ですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月18日 (水) 12時34分

あそこの魚群地帯ですか!

私も何度か底物とハモノ狙いでやったことありましたが全然でした(;´∀`)

ジギングではショゴが何度か釣れましたねー!
秋イカ狙いならかなりいいと思いました♪
ハモノ狙いの活き餌がほとんどイカにやられて釣りになりませんでしたから(;^ω^)
デカアオリもこれから楽しくなりますので、6月は忙しくなりそうですね♪

投稿: すーさん | 2016年5月19日 (木) 19時05分

すーさん、こんばんは。

そうですか、全然でしたか。
なんだか釣れそうな気がするんですがね。

私も活餌をイカにやられましたが狙うには少し深すぎる気がしています。

21日は、イカもやりたいですが先ずはタイラバでこの時の仇討ちからですね。
それで風がなければコマセ釣りでアジを狙ってみようかと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月19日 (木) 23時41分

こんばんゎ師匠( ̄^ ̄)ゞ

岸払いの画像の海の色…
どこかのアトラクションみたいですね。

福浦、行ったこと無いですが皆さんを夢中にさせるくらいですから素敵な場所なのでしょうね(*^_^*)

さて、僕はタイラバを1つ買ってきました♪
こうなると早く行きたくなる性分ですが天気は良くとも風が…
僕には釣り運よりもまずは天気運です(笑)

投稿: ガル | 2016年5月20日 (金) 01時25分

ガルさん、おはようございます。

いつもなら、海底がよく見えるのですがこの時はいい(?)濁りでしたね。

福浦、川奈、油壺、網代など定置網が入っているところは
やはり魚影は濃いのでしょうね。

寧ろ、ガルさんがよく行かれる伊東などは、あんなところに魚がいるの?
と疑いたくなるような特殊な地形だと思います。

タイラバ? うーん、オジン臭い釣りです。
若い人ならジギングが遥かに格好いいですよ。
私に真似はできませんが。

私は既に味をしめましたが、初心者にガツンとくるタイラバです。
天気のいい日に一度やってみてください。

投稿: 五目漁師 | 2016年5月20日 (金) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/63644082

この記事へのトラックバック一覧です: 期待したポイントではあったが:

« 策士五目漁師、策に溺れる | トップページ | やっぱり餌は餌 »