« 木の芽尽くし | トップページ | 川奈リベンジ »

2016年4月24日 (日)

なんとなく気が焦る釣り

昨日(4月23日)は川奈に釣行。

以前からタイラバで乗っ込みマダイを狙うなら川奈かな、
東伊豆のボート釣り場では結構釣るのが難しいアジもそろそろ面白そう。

で、前日にタイラバとビシコマセ仕掛けを準備していると
久しぶりに川奈観光ボートの釣果写真がブログにアップされた。

なんと、両方の腕にブリをぶら下げている。
イサキも釣れている。

川奈行を決めたのは大当たりだ。

気合が入る、よしっ!
タイラバで大鯛にブリ、
コマセ釣りでアジにイサキ。

待てよ!
鯛だけならなんとかクーラーボックスに入るが
ブリまで釣れてしまったらどうしよう。

イサキは鯛の隙間に、
ブリなら一度陸にあがって
マスターにまた大型のクーラーボックスを借りよう。・・・


川奈は北東の風が吹くと
遠くの方からの風波を湾内に集めてしまうかのように
海面が騒々しくなってくる。

ここまで来ながら引き返すこともしばしばだが
今回は大丈夫そうだ。

1dsxp162354s港内はいつもこんな風に静か。


先ずは正面高根の手前、馬の背でタイラバをスタートする。

先日は70cm近い立派なマダイがここであがったと聞いている。
川奈ビギナーの方が、釣れないコマセ釣りを諦めて
初めてのタイラバで
なんと第一投目だったらしい。

そう言えば、五目漁師も一投目ではなかったが
最初のタイラバがここ川奈でブリだったことが思い出される。

巻き巻き巻き・・・来ない。
巻き巻き巻き・・・来ない。


ピホロ♫ ピホロ♫
ヨメサンからのメールだ。

なんと、2週間後に予定していた娘のお産が突然始まり
病院に駆け込んだらしい。

電話で話すと
直ぐに帰って来てくれ! とまではならなかったが
伊東や川奈釣行の楽しみでもある温泉などに
悠長に浸かってから帰るわけにはいかなさそうだ。

少し気が焦る。
タイラバは魚まかせだけに特にそう思う。

ならば先にイサキを釣ってしまおうと
一旦タイラバを引き上げて
少し先の高根に場所移動する。

一足先に始めている釣り師に様子を聞くと
あまり良くないようだ。

魚探を覗きながら辺りを回ってみたが
どうもこの辺りが良さそうだ。

隣に入れていただき、
さっさと釣り上げたいので始めから
五目漁師の伝家の宝刀ビシ天を取り出し
底から中層を探る。

たまに小魚に餌はとられるものの
それらしき魚のアタリはない。
気ばかりが焦る。

そんな時にピホロ♫ ピホロ♫
またヨメサンからのメールだ。

開くと
“生まれた” の一行だけ。

お産の時には茅ヶ崎から駆けつけて
手伝おうと腕まくりしていたヨメサンは
肩すかしをを食らったが
無事に生まれてしまって良かった。

再びこちらから電話する。

何っ!?
今度は直ぐに帰って来てくれということか?

今度もなんとかこのまま海上にとどまれることにはなった。

しかしなんとなく焦る。


そうだここは祝鯛を釣るために仕方なくとどまったことにしよう。

よしっ、決まった!
もはやイサキでもブリでもない、鯛だ!鯛だ!

半分以上残っているコマセも付けエサもさっさと処分して
タイラバで祝鯛にターゲットを絞る。

そうと決まれば
右側定置網沖-65mに大移動して巻き巻き巻き・・・、
昨日ワラサが釣れたという高根の沖側-60mに移動して巻き巻き巻き・・・、
また馬の背に戻って巻き巻き巻き・・・

しかし、やっと掛かってくれたのは右側定置網沖でこれ一尾。

2dsxp162357sアヤメカサゴ(約30cm)


あれだけ静かだった海上も正午前からは次第に風波が強くなり
マスターが注意を呼びかけに回って来る。

結局、鯛らしきあたりは一度もないまま
次第に港側に退き2時に少し早上がり。
残念。


あがってみるとタイラバでマダイ、
そしてマキコボシでイサキ、
釣る人はきっちりと釣っていらっしゃる。

ビギナーと少し慣れかけた中途半端な釣り師(五目漁師)の違い?

欲や自信からくる肩の力、
リールを巻く手首の不要な力
がタイラバから危険信号を発信する。

所謂、殺気かな。

それにわかったつもりが
実は、下手なポイント選び、コース取りで右往左往、
釣れないところを選んで漕ぎ回る。

こんなところかな。

ただ巻き巻き巻きだけのタイラバ、
当たり前ではあるが実は奥深い。

初心に戻れと言われてもそれは無理。
真面目に研究するしかなさそうだ。


そんなこんなで今日は釣り魚料理はなし。
これは以前釣った鯛を使った料理の撮り置き写真。

マダイのブイヤベース。

Cas166744s

ハナダイの唐揚げレモン汁かけ。

Cas166732s



自宅に戻り、そのまま娘家族の船橋に直行。
疲れました。
釣果が寂しい時には疲れが大きいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 木の芽尽くし | トップページ | 川奈リベンジ »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
孫○号?誕生おめでとうございます。
おめでたい話と釣りがぶつかって肩、いやいや心に力が入りましたか(^^)?

でも、キッチリとアヤメはゲット!
手ぶらでは帰りませんね。
真鯛のブイヤベース…どれだけ材料が揃っているんでしょう(゜ロ゜)?
私が材料が多数必要すぎて海鮮料理で作れないと諦めている料理を五目さんは作ってらっしゃる!
お見それしましたm(__)m

他にも材料のエキスを搾り取るのはどのようにしたんだろうかと興味津々です。

機会があれば作り方を教えて下さいませm(__)m

投稿: AP | 2016年4月24日 (日) 13時31分

APさん、こんにちは。

最近は電話が掛かって来るとドキッとしますが
そのうちの一つが終わり安心しました。

さすがにAPさん、目ざといですね。
乾燥サフランを探したのですが、近所の小さいスーパーでは見つかりませんでした。
あっても高いですしね。

で、見つけたのがSB食品のサフランごはんの素、もう一つパエリアの素
とかいう調味料でした。
これ100円でエッセンスも調合済みでしたので使って見ました。

中身は自分で釣った鯛のみです。
エビとか貝を入れたんじゃお値打ち半減です。
APさんなら是非掘りたてのあさりを入れてやってみて下さい。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月24日 (日) 15時45分

こんにちは
お孫さんのご誕生おめでとうございます
可愛い家族が増え、ますます忙しくなりますね
川奈の情報は見ていたので
期待していましたが、やはり大物は難しいですね
観音崎も同じですが、運7分の確率のような気がします
また、川奈でイサキが上がり始めたので
油壺も気になります
お孫さんの誕生と共に期待したいですね

投稿: 趣味人たけ | 2016年4月24日 (日) 16時21分

お孫さん、おめでとうございます。
祝いの鯛が欲しかったところでしょうが、残念でしたね。
お祝いはこれからも沢山ありますから、大丈夫です。
ぜひ、良型の真鯛を釣ってお祝いして下さい。

投稿: 釣吉 | 2016年4月24日 (日) 19時03分

お孫さんお誕生おめでとうございます(#^.^#)
誕生祝いの鯛!更にはお食い初め用鯛と
鯛が活躍する機会が次々と来ると思いますので
今回の経験を糧に次回鯛ラバで釣りあげちゃいましょう♪
奇遇にも私も今日久しぶりに少しだけノーマル(50g)鯛ラバ使いました。
やっぱり面白いですねー!(^^)!
次回の釣りでは少し時間作って長めに鯛ラバで探ってみたいと思います(#^.^#)

投稿: すーさん | 2016年4月24日 (日) 20時32分

趣味人たけさん、こんばんは。

この日は大潮というのに全く潮が流れず
私が使ったビシ天はビシの真下に仕掛けが垂れるために
釣りにくかったですね。

タイラバはエギングと同じで一発逆転がありますから
最後まで期待はしましたが最後はエソに終わりました。

ただ、川奈は-60m近傍の比較的深いところに魚影があり
流れが無いときにはコマセ釣りも面白そうです。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月24日 (日) 22時15分

釣吉さん、こんばんは。

時期が時期だけに期待はしたのですが
鯛らしいアタリは一度もありませんでした。

いつものことですが大潮というのに潮は全く動かず
潮止まり前後を待つ釣吉さんの釣りからは
想像もできないと思います。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月24日 (日) 22時24分

すーさん、こんばんは。

真鶴に出られたんですね。
あとでゆっくりと記事を見せて頂きます。

福浦もタイラバで面白そうなポイントが何ヶ所ありますね。
鯛よりもどちらかと言うと青物やハタ類が面白そうです。

次回のすーさんのタイラバ釣果を楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月24日 (日) 23時27分

こんばんは。お孫さん生誕おめでとうございます。

早起きして釣り。日曜の混雑時に川奈から船橋とは長い1日でしたね。

川奈でもイサキが釣れるのですね。
オイラは、そのころ金田湾でイサキを釣ってました。
大鯛には昨年の熊本以降お逢いできないどころか引きすら味わえず、毎年この時期に大鯛を釣り上げられる金田湾に期待をかけたのですが、金田湾も大潮なのに潮が動かず苦戦をしいられました。(早々に諦め釣れてるイサキに的を変更)
しかし、ここでも沖揚がりすると釣れてる人は釣れてますね。
カサゴ1匹でトホホの人と真鯛黒鯛50級の2冠の人と、天国と地獄ですね。

やはり、殺気が伝わるんでしょうか?

竿を持ちかえ排泄中のときに、よく当たるオイラには、そう思えます(笑)

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年4月25日 (月) 03時04分

甲斐の荒熊さん、おはようございます。

川奈のイサキ、特に地着きの大イサキはマキコボシでしか釣れないというほど
マスターが自慢のイサキで釣り甲斐がありますよ。

荒熊さんの場合は、私以上に殺気流仕掛け
餌のオキアミが魚から見ると巨大な掛け針に見えていると想像します。
マキコボシやNSはまさに殺気を遮断する釣りですね。

私も一度はやってみたいと思っているところです。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月25日 (月) 08時17分

五目漁師さん、こんばんは。

今長野です。
今日中に茅ヶ崎につけるのか微妙です。
釣り以外で頑張るのは性に合わないのですが、
ボート代を捻出する源泉なので仕方ありませんね。

川奈渋かったようですね。
同日の三浦も渋かったと言いたいところですが、
他のボートでは50センチ真鯛とか黒鯛3連発とかしてるので、
これは魚探に頼りすぎた祟りですね。
やはりオブジェとしてラックに吊るしておくのが正解のようです。

30日は釣り具伊東からまたしても荒熊さんと出船です。

魚探は持っていかないのでカイワリがガッポリ釣れる予定です。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2016年4月25日 (月) 19時27分

flex-pさん、こんばんは。

最近長野が多いですね。
鯉でしょうか?

釣りに、バンドに、お仕事、たくさんすることがあっていいですね。
ボート代って? いよいよご購入でしょうか。
車と違って、ボートは免許を持っている人(私)が乗っていれば
操船は誰でもできますから免許取得はあと回しにしてさっさと買ってしまいましょう。

いやいや川奈が渋かったのではなく私が渋かっただけでした。
タイラバであれだけアタリがないのも初めてでした。

30日は凄い人になりそうですので
できればその前に行っておきたいと思っていますが天気が良くないですね。

今年の伊東は泳がせ以外は絶不調が続いています。
荒熊さんの勢いと flex-pさんの技で今度こそいい兆候がみられるといいのですが。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月25日 (月) 23時28分

こんばんは!のりべんです(^-^)

お孫さんのご誕生、おめでとうございます〜。

ご釣行中の家族からの電話…わかります。
夢心地だったのが現実に引き戻される瞬間です。
最近ののりべんの沖上がりの合図はそれです。
どのくらいで帰ってこれる?と続きます。
焦りますよね?(^^;;

次のご釣行はもう鯛しかありませんね!
大鯛ゲット!期待しておりますよ〜(^-^)


投稿: のりべん | 2016年4月26日 (火) 19時34分

おはようございます。

祝いの巨アヤメカサゴ、立派です。
それもまたもやタイラバで。

やはり次こそはタイラバでタイを!
私も五目漁師さんのマネしてタイラバ、緑色っぽいのを買ってみました。

アタリがあっても無視してひたすら巻き巻き、できるかな。
私もやってみす。

投稿: 芋焼酎 | 2016年4月27日 (水) 06時13分

のりベんさん、こんばんは。

のりべんさんはいつも大変そうですね。
ただでも午前中だけ、それが電話でもっと短くなる。
仕方ないですね頼りにされているんでしょう。

実は、本日川奈リベンジに行ってきました。
まずまずの成功です。
狙い通りのマダイにおまけのワラサ、その他でした。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月27日 (水) 21時59分

芋焼酎さん、こんばんは。

緑、買われましたか。
あれは私の意図でしたが、実は実績はありません。
いつも掛かって来るのはオレンジです。

但し、色で掛かって来るのかどうかはわかりません。
ヘッドの色はなんだっていい、無垢の鉛色でもいいと言う人もいます。

私が使っている今のヘッドも底に擦れて色が落ち半分ほど鉛が出ています。

タイラバ、大事なのはあたり前ですが魚がいるところでやることですね。
技はこれしかないと思います。
コースどりのためにGPS魚探が役に立ちます。

投稿: 五目漁師 | 2016年4月27日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/63529701

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく気が焦る釣り:

« 木の芽尽くし | トップページ | 川奈リベンジ »