« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

伊東に釣行(風の感じ方、見え方)

昨日(227日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

このところ218日、同25日と2回続けて
現地まで行ったものの
風や雨で漕ぎ出すことができなかった。

どうせ暇なので時間の無駄(いや、有効利用?)はよしとしても
買ってしまった餌は残るし、
ガソリンは無駄に使うし、
妄想は募る一方。

天気予報に騙されて帰ってきたのに
またその天気予報に釘付け状態になる
情けないあり様の五目漁師。

明日(27日)は午前中は良さそうだが、
昼からは風が強まる予報だ。

このままではボート屋さんに予約を入れても
断られそうだなー
と幾つかの天気予報とにらめっこが続く。

8時になって更新されたある予報で
気になっていた昼からの風速が少し好転した。

よし!これならなんとか行けそうだ。

オーシャン釣具のオヤジさんに
恐る恐る予約の電話を入れたのは夜の10時前だったが
なんとかOKの返事はいただけた。
ベットイン直前だったらしい。

どうしても出たかったので、
申し訳ありませんでした。

で、今日はヒラメとマダイを狙う。

泳がせ用のアジが釣れないと困るので
ケチクサク3尾だけ買ってきた。

この時点では絶好の日和だ。

Dsxp162250s

しかも、水温が下がってから見なくなっていた小アジの群れが
今日は根の上を真っ黒にして流れて行く。
(もちろん魚探の画面で)

これはヒラメも来ているかも知れないぞ。
早速、買ってきた小アジを泳がせ、
傍らで泳がせアジの補給釣りも始める。
マルアジなので沢山釣っても仕方がないが、
泳がせアジとしては1170円もするので
えらい得した気分になる。

Dsxp162252s

しかし、肝心の泳がせの方にはアタリがない。
アンカーを揚げて少し根回りを流してみたりもしたが
結局9時には諦めて場所を真沖の-40mに移動する。

今度は仕掛けを8mのロングハリス1本針に替えてマダイを狙う。

すると早速、何か来た。
いつもの一投目マジックだ。
少し重たいだけなので、
やれやれムシガレイかなと思って上げてくると
なんと小振りのアマダイではないか。

Dsxp162253s

そして次もまたアマダイ。
こんな調子なら沖を流してみたくなるが
今日は鯛釣りに集中しよう。

しかし、3投目以降はアタリはなし、エサ取りもなし、
正にこれが冬の海かなと思わせる状況が続く。

それでも今日は粘ってみよう、
ちまちまとうるさい餌取りなどいらない、
一発来れば“ご破産”だから
と、ここ数日風呂の中や布団の中で考えた通りの
棚取りとコマセワークを繰り返す。

やがて東の風と波が次第に強まってくる中で、
やっと狙いとは違ったが小振りのハナダイ(26cm)が上がってくる。

Dsxp162257s

その後また小一時間もたったであろうか、
さすがに少し飽きが来てしまい
食わせ棚を底から一気に10mも上げようとして巻き始めるとアタリ。
どうやら居食いのタイミングだったらしい。

今度は少し型が良さそうだ。
ハリスが8mもあるので最後の手繰りが長い。
竿のように弾力がないために
ボートが大きく揺れる度に
引きが強くなったり、急に軽くなり、おやっバラしたかな? を繰り返す。
上がってきたのはハナダイとしてはなかなかのサイズだ(37cm)。

Dsxp162259s

この頃から風が次第に南に振れ、
伊東湾を囲む陸地の影で波は少し収まったものの
海面を押さえつけるような腰の強い風が
海面に飛沫を上げながら背中を押すようになってくる。

釣りたい、でも風が怖い。
オヤジさんも心配しているに違いない。
これ以上(風が)上がるとやばいかも。

まだ、朝採れのイキイキした小アジが残っているので
もう一度ヒラメのポイントに戻りたいが
帰りの向かい風を考えるととても無理そうだ。

仕方がない2時前には後片付けに入り
オヤジさんに帰るコールを入れる。

すると、なんと返ってきた返事は、
そんなに吹いてるの?
こちらからはそうは見えないけどなー。

いつも最後の最後まで粘る私が早上がり
というのが余程以外だったらしい。

あれっ、しまった。
その時には餌は捨て、
生かせバッカンの小アジはリリースしてしまっている。

岸に上がってからも、
そんなに吹いてたの? 56mだと思うよ。
◯◯さんならまだやれるよ。

いやっ、ブローで8mはありました。

(五目漁師は昔20年間もワンマンディンギーに乗って
草レースにも公式のレースにもよく参加していたので
風速の読みには自信があるんだけどなー。

確かに岸にあがって沖を見ると
波頭が低いだけにフラットな海に見えてしまい、
うーんもう少し頑張れたかな
と残念に思ってしまう。

喉元過ぎればってやつかな? ちょっと違うか。)

で、今日の貧果はこれ、

Cas166266s

ただアジポイントに
一旦姿を消した小アジがまた湧きだしたのを確認できたのが
今日の一番の収穫だった。

真沖の水温も14.9度、
そろそろカイワリ君戻ってらっしゃい!





残念、こんなことだったら小アジの泳がせを
もう少しやってみたかったと悔しがることしきり。
それでも安全第一、
自分で判断することが大事ですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

釣った大きい魚を整理してみた

先日はここまで準備したものの風のために出ボートできず。

0dscf2243s

その後は老体の五目漁師にとっては嵐のような天気ばかりが続き、
次がいつになるか目処が立たない。

今年は年初でEnjoy Fishing Slowly という目標?、
いや、気楽に行こう
と手抜きを自分の心に言い聞かせているのでいいものの、
やはり記事がないとなんとなく寂しい。

いかんいかんと思いながらも、
歳をとると話も思いも先(未来)のことよりも
昔(過去)のことに向いてしまう。

過去はとっくに半世紀以上、
未来はもう数年という比例の関係からしても
仕方がないのかもしれない。

で、前置きが長くなってしまったが、
つまり2012年4月にこのブログを始めてから
過去約4年間の魚種毎の大物を振り返ってみることにした。

と言っても、
どちらかと言えば美味しい魚を釣ることを
志向している五目漁師にしてみれば
日々狙って釣っているわけではない。

しかし、これだけ釣りをやっていると
結構まぐれで大きいのも釣れて来る。

幸いにもブログを始めてからは
釣行毎の釣果写真がきっちりと残っている。

先ず、記憶に新しいところでは、
昨シーズンは散々な目に会ったヒラメを
今シーズンに入り3連チャンで玉網入れし
文句なしのリベンジを果たした。

中でも昨年暮れのヒラメは62cmと結構なサイズだった。

1dscf2159s(2015.12.28伊東、泳がせ釣り)


また、昨年から始めたタイラバも調子が良い。

なんと絵に描いたようなビギナーズラックで、
始めたその日にブリ81cmを20数分かけて釣り上げた。

2_img_2798s(2015.8.31川奈、タイラバ)


その後もワラサクラスは
今年に入ってから泳がせとタイラバで1本ずつあげている。

2adscf2198s(73cm、2016.1.9伊東、泳がせ)

2bdsxp162212s(72cm、2016.1.22川奈、タイラバ)


タイラバと言えば、やはりターゲットは大マダイ。
最近は大津の調子が良さそうなので
タイラバ一本勝負で出かけてみたが、
なんとか45cmをゲット。

3dsxp152035s(2015.11.5大津、タイラバ)

ブログスタート以降ではこれが一番大きいが、
同日餌釣りでは73cmと62cmがあがっていただけに少し残念。
食べ頃サイズと慰めたが、
今年はもう少し大きいのを上げてみたい。

そして、実は今シーズン五目漁師が一番欲しかった
カンパチ(ショゴ)もタイラバに掛かってくれたが38cm、
一昨年、オキアミで釣った41cmを更新できなかった。

4cas14a0619s(2014.12.30福浦、オキアミ流し釣り)


タイラバには小魚も結構掛かって来るが
泳がせには大物が多い。

ヒラメ狙いの泳がせでマゴチ63cm

5cas133776s(2013.12.10川奈、泳がせ釣り


ホウキハタ49cm

6dsxp151291s(2015.1.11川奈、泳がせ釣り)


特大のマトウダイ54cm。

7splg140165s(2014.7.21伊東、泳がせ釣り)


一方、深場のメインターゲットアマダイは41cm

8dscp136818s(2013.1.13福浦、オキアミ流し釣り)


それにオニカサゴも41cm

9_cas145202s(2014.3.1網代沖、サバタン流し釣り)


但し、このオニカサゴは網代から出た仕立て船で釣ったものなので、
ボート釣りの最大は今のところこれ38cm

9acas148392s(2014.7.26福浦、サバタン流し釣り)


イトヨリダイは47cm

10acas149338s(2014.10.10伊東、オキアミ-ビシコマセ釣り)


ホウボウ42cm

11dscp126690s(2012.12.28伊東、オキアミ-ビシコマセ)


それにこんな珍しい魚も釣った。
個体として大きい部類に入るものなのかどうかは分からないが
ヨロイイタチウオ55cm

12cas131506s(2013.8.14川奈、サバタン流し釣り)


アジは小さければ小さいなりに美味しくいただける
都合のいい魚だと思っているが
こんなでかいのは初めて見た。特大の50cm

13dsxp151598s(2015.5.28伊東、オキアミ-ビシコマセ)


味も大味かと思いあまり期待はしていなかったが
脂のりのり、別種の魚かと思うほどしっとりと甘く
今までに釣ったアジの中では間違いなしに一番美味かった。

さて軟体系は特にサイズは計っていないが
アオリイカ

14canvas1(2013.6.4葉山、エギング)


これはその年のC釣具店で
アオリイカの大きさを競う写真コンテストに応募し3位に入った

モンゴウイカ

15cas146098s(2014.4.17福浦、エギング)


ヤリイカ

16cas144507s(2014.1.22川奈、泳がせ釣り)


それにマダコ

17pfx095398s(ブローグスタート前ではあるが写真があった
2009.8.1伊東、サバ身タコベイト)



あまり嬉しくない魚、怖い魚もある。

海中で見るミノカサゴは
なんとも優雅でうっとりと見とれてしまうが、
申し訳ない散髪してしまった。
こんなでかいのには水中でもお目にかかったことはない。
40cm

18dscp125470s_2(2012.7.16川奈、泳がせ釣り)


特大のエソ64cm

19splg140160s(2014.7.21伊東、泳がせ釣り)


ニョロは怖くてボートには上げられないので
もちろん計っていないが
鱧、オールの長さと比べてみても1.3m以上はあったと思う。

20splg140277s(2014.8.8伊東、オキアミ-ビシコマセ)


ウツボ長さ不明

21pfx130213s_2(2013.11.3伊東、泳がせ釣り)


他にカワハギ、キス、イサキ、カイワリ、マダイなどは
ブログをはじめてからは特にサイズ的には更新できていないし、
黒鯛、スズキなどはずっと昔に釣ったまま最近では姿さえ見ていない。
となると、今年はマダイ、スズキのそこそこのサイズをあげてみたい。




さて、このまま暇が続けば
次は数釣りの釣果でも集めてみるかな。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

タイラバボーズ

昨日(2月12日)は福浦(エトーボート)に釣行。

予定していたボート屋さんに予約を入れると
明日は昼から風が強くなりそうなので止めにしましょうとなった。

安全優先は理解できるが、
さあ困った。

家族の要望で美味しいアジを釣りたいと
作戦を練っていたが予定が狂ってしまった。

で、行き先を急遽福浦に変更した。

本日のお楽しみ日の出。

Dscf2239s

福浦といえば昨年来ずっと気になっているのは
湯河原高校前のポイント。

昨年の丁度この時期に
アジを泳がせてヒラメを狙ったが
険しい海底に翻弄され敗退した無念な記憶がある。

一方、昨年から始めたタイラバでは
幸運にもビギナーズラックが続き
結構いい目に会っている。

しかし、まだまだやる度に、
アタリの感じ方、リトリーブの加減など
基本的なスキルはもとより、
ポイントへの入り方や見切り方などが
結構難しいことに気づき始めている。

で、一番水温が下がったこの時期のタイラバって
一体どんなふうなのかな?

ネットでは悲しいほどアタリがなくなる、
頑張って!
という記事を見たことがある。

タイラバを自分の釣りにするためにも
是非自分の老竿で、
いや紅牙、Xトルク-メガトップの高感度竿
(とメーカーのパッケージには書かれている)
で確かめてみたい。

もちろん、一本勝負。
ボを覚悟して漕ぎ出す。
水温は14.0~14.5度程度だ。

先ず、昼からの逆風を考慮して
最初に東側の石切り場方面に点在する
根際(-40~-60m)を流す。

パラシュートアンカーを入れると
沖に向かって程々のスピードで流れてくれる。

コツとかビリとか結構単発的な前アタリがあるが
それでおしまい。
一向にグイーンの引きに持ち込めない。
しかもアタリは比較的中層が多いような気がする。

ひょっとしてこれが寒い時期のタイラバなのであろうか。
それとも、小魚がじゃれているのだろうか。

今までは、寧ろアタリ=掛かりと思っていたぐらいなのに。

2時間ほど粘ったが、
諦めていよいよ気になっていた西側のポイントに移動する。

大型の定置網沿いに反対側を目指すが、
風も波もない日のボート漕ぎは爽快そのもの。

途中、魚探の画面を見ながら
根回りでタイラバを落とすと、
やっと本日初の獲物は20cm程度のカンコ。
(あとで大きなハタが掛かって来ることになっているのでリリース。
さっさと沈まないから直ぐにカモメがかっさらっていく)

遠いと思っていたが20分程度で到着する。

ここは根が険しいとは言え、
底取りをはしょるわけにはいかないので
着底、即巻を心掛けながら
沖から岸方向へ、
また戻って流しの出発点を東側から西側に少しずらせて
潮に乗せて流していく。

水温は14度を切っている。
先ほどのポイントで時折あった反応はここでは一切ない。

昨年来た時には魚探の画面が真っ赤になったり、
-50mの深度表示がいきなり数mに狂ってしまうほど
小魚の群れが賑やかだったのに、
本日は閉店休業かな?

辺りの根上、根回りを一通り網羅したところで
全くの反応の無さに、
うーん、どうしようと考えこんでしまう。

結局、何度かあったアタリが恋しくなり
もう一度早朝のポイントに戻ることにした。

途中行きずりの根回りで、また行き釣りをしてみると
今度はムシガレイが掛かってくる。
(あとで大きなヒラメが掛かって来ることになっているので
これもリリース)

結局、タイラバには何でも掛かってくることを再認識する。
タイラバはルアーではなく餌と思っても間違いない
というのをこれもネットで見たことがある。

確かにそんな感じもするが、
逆にそうは思いたくない。

餌(オキアミ)ならこの時期とはいえ
もう少し釣れるんじゃないの?
アマダイ、イトヨリ、カサゴ・・・

寧ろ餌であって欲しくはない。
やはり特定の魚種や比較的大物に
偏って釣れてくれるルアーであって欲しい。

巻き巻きしながら一人静かな海に浮かんでいると

時には目を瞑って来てくれ来てくれ!と祈ってみたり、

時には何もいない静まり返った海の中を
まっしぐらに落ちて行き、ドスンと砂煙あげるやいなや
今度は引き上げられて無意味な動きを繰り返す
タイラバのアホくさい姿を想像してみたり・・・

岸に上がると、どうでした?
と声を掛けてくれたオヤジさんも、
今日は何もっ!の返事には
えっ!
昨日のお客さんはさあ、
ここにいっぱい魚を並べて写真撮ってたよ!
ほんじゃまた今度頑張ってね と呆れ顔。


で、今日の料理はないので
これは先日伊東で釣ったマトウダイのポワレ。

Cas166259s






たまたま釣れると何か掴んだような、
こうして失敗するとまだまだ疑心暗鬼のタイラバ。
自分の釣りにするにはもう少し時間がかかりそうです。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

伊東でのヒラメ4連チャンはマトウダイに化ける

昨日(2月4日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。

天気予報で外気温の最低温度が5度を切るようになると
前日に準備をしながら
おいおいこんな日に釣りに行くのかよー、
と自分ながらアフォ(fさんのパクリ)かと思ってしまう。

今シーズンはまだそんな冬らしい海がなかったので
一度くらいは手がかじかむような釣りも良いだろう。

オヤジさんに予約の電話を入れると

来るの?
うーん、来ても釣れないよ!
最近2回ほど行ってきたけどさ、今は魚が全くいないよ、
餌もなくならないからね、
水温は13度台に下がちゃったし、
本当に来るの?
それにさ、あの小アジも今は釣れないので
ヒラメやるんだったら買ってきた方がいいよ!


わかりました。取り敢えず行きますよ。
オヤジさんも一緒にどうですか?


考えとくよ。

そして今日、
途中で泳がせ用の活きアジを三匹だけ買ってきた。

これだけでは心もとないが高いので
あとは泳がせの傍らで釣るつもりだ。

どうやらオヤジさんは磯釣りの予定だったらしいが
物好きなお客(五目漁師のこと)が来るというので
仕方なく予定を変更して私に付き合ってくださることになった。

漕ぎ出て驚いたことに
岸払い直後の水温はなんと12.2度。

この時点でお魚さんとの面会は諦めたが、
外気で冷えきった浜辺から遠ざかり
沖に出るにつれて水温は上がってくる。

Dsxp162225s

結局、釣り場の海水温は一日を通して14度台であった。
(因みに、今冬は年初にして18度を越えるほどもあった海水温が
ここに来て急激に下がり、気象庁の海面水温データによると
ここ数日の東伊豆の海水温度はもはや平年値を下回っている。)

お魚さんもぶったまげてどこかに行ってしまったか、
準備体操不足で海底にへばりついているかなと思いながらも
このところ自身のヒラメ三連チャンが続いているマリンタウン側の
ヒラメうようよポイントで早速泳がせ釣りを始める。

今日は泳がせとタイラバの二本立て。
コマセ釣りをやるつもりはないが、
泳がせ用のアジを釣るためにアミコマセを1kだけ持ってきた。

Dsxp162229s

魚探の画面には思っていた以上に魚影はあるが
泳がせにも、小アジ狙いの竿にも何の反応もない。

海水の冷たさに慣れないせいか
泳がせアジの元気がなくなるのも早い。

Dsxp162230s

やがて少し遅れてやってきたオヤジさんと入れ替えに
五目漁師は正面沖に移動し
泳がせヒラメと残った少ないコマセで
取り敢えずマダイを狙ってみることにする。

こちらでは、他にボートが二つ。
お一人はオヤジさんの知り合いらしく
マキコボシ釣りで明らかにマダイ狙いの様子。

面倒くさそうだし、
冬場に素手でアミコマセを触るのは嫌だな、
でもあれだけ運動すると寒くはないかも・・・

マキコボシ釣りは用心深いと言われるマダイへの
工夫と対策がおもしろく、
五目漁師も今年中に自分の釣りにも取り込んでみようと
興味を持っているが、
ここではひとごとのように眺めている。

そんな中、泳がせ竿にアタリ。

竿掛けから慎重に竿を手に取り、引き込みを待つ。

グイグイグー、
もういいかな、オリャー・・・スッポ抜けだ。

またやってしまった。

小アジに食いつき、
しめしめと今にもそれを飲み込もうとしているヒラメもびっくりの
オリャー! がいけないというのは
前回スタディして頭の中に入れたはずだったのに
またやってしまった。

食いつきの最終段階に入ったヒラメから
そうっとアジを引き上げて逃げるようなしぐさを演出すると
慌ててガバッと食いついてくる。
これだ!とわかったはずだったのに。
いやー参った、また熱くなってしまったな。

その後、二匹目のアジは硬直してお亡くなり、
最後のアジを泳がせる。

少し離れたオヤジさんと喋りながら
ふと見るとグイグイと穂先が海面に突っ込んでいる。

きたきた、今度は慎重に、冷静に、
この爺さん熱くなるなよ!
と自分に言い聞かせる。

約束通り穂先を少しもたげて聞き合わすと
グイーン、
オリャーはなしでも今度はしっかりと掛かっている。

あまり大きくはないがヒラメかな?

見えてきたやっぱりヒラメだ、
これで4連チャン達成!
と勝ち誇ってタモに入れた瞬間に
ヒラメはマトウダイに化けてしまった。

Dsxp162235s

これが最後のアジだった。
4連チャンのチャンスはもうなくなったが
ボは回避できたのでまあいいか。

その後はタイラバでもやってみる積もりであったが
今やマダイに集中のオヤジさんから
もう使わないから とアジをいただいたため、
もう一度泳がせを再開する。

ヒラメポイントに行ったり、また戻ってきたりと、
結局、一日ほぼ泳がせ釣りに終始したが
五目漁師の今日の釣果はこのマトウダイ一尾に終わった。

しかし岸上りしてみると、
なんとマキコボシ釣り師は40cmを含め
食べごろサイズの真鯛を3尾も上げていらっしゃる。
お見事!

あの死の海とも思える程の静かな海から
何だこれは!?
うーん、違う。

用心深いマダイを釣るために
船やボート釣りでは一般的にロングハリスを使う。

先達がアイデアに工夫を重ねてきたNSやマキコボシは
手漕ぎボート専用の釣りと言えるだけに
ロングハリスの狙いを更に一歩進めた様子が見えてくる。

ロングハリスでいつもマダイを好釣果されるオヤジさんも
今日のところは完敗でしきりに悔しがる。

年始に今年はやってみようと
この釣りをテーマに挙げた五目漁師は素直に意を固める。





覚悟して行きましたが、海の上は暖かいですね。
それよりもこの寒い釣果、次はどうするか悩んでしまいます。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »