« タイラバ一本勝負 | トップページ | 伊東でのヒラメ4連チャンはマトウダイに化ける »

2016年1月27日 (水)

五目釣り妄想

五目漁師が釣りの目標にしている
手漕ぎボート釣りならではの五目釣り

釣った魚を美味しくいただくのは五目漁師の釣りのモットー。

大きな鯛を1尾、あるいはワラサを1尾釣ったところで
鯛やワラサの1品刺し身盛りや1品握りは
いくら鯛が好き、青物が好きとは言え食べ飽きてしまう。

やはり美味しく食べるためには五目釣りに限る。

しかし、なかなか実釣の目処が立たないので
昨年、表のように目標値をグレードダウンした

Photo

これらの魚(5アイテム)を一日の釣りで釣ってしまえば
念願の五目釣り達成となる。

日頃の釣りの中でも
いつもこのことは意識しているし、
何度か計画的にトライしてみたこともある。

しかし、ただでも気まぐれなお魚さん達を
一気にこれだけ取り揃えるのは
スーパーやデパートの鮮魚コーナーでさえ難しい。

一体どんな釣果になるのか
最近(2015年)の釣りから5アイテムを揃えてみた。

先ず一番目のアイテムはマダイ

Canvas1(2015.11.05、大津、タイラバ)


二番目はカイワリ

Canvas2(2015.10.04、伊東、ビシコマセ)


三番目はカンパチ

Canvas3(2015.10.21、川奈、タイラバ)


四番目はアオリイカ

Canvas4(2015.05.26、福浦、エギング)


五番目はホウボウ

Canvas5(2015.01.11、川奈、サバタン流し釣り)


もちろん、多くを釣る必要はなく
写真の中で矢印を付けたアイテム対象の魚1尾だけを釣れば良い。

一つ一つを見ると決して難しい釣りではない。
ただこれらを一度の釣行で揃えるとなると
運まかせだけでは難しく、
時期、釣り場、狙いの順序や道具揃えなど
相当な作戦を立てて釣りに臨む必要がある。

この5アイテムは表に沿って
最近の釣果の中から適当に選んだものであるが
現に釣り場は4域にまたがっているし、
釣り方法もやはり4種類にまたがっている。
釣った時期もばらばら。

さて、どうしよう。

やはり一番のネックはイカだろうか。
釣りとしては異質のこの獲物ではあるが
食べる方からすると我が家では
常に恋い焦がれる一番の人気ものであり、
五目メニューから外すわけにはいかない。

しかし、この1目があるがために
釣り場も時期も限られてしまうし、
道具もわざわざ準備する必要ができてしまう。

主にアジ、カイワリ、マダイなどを狙うビシコマセ釣りを中心に、
ホウボウやカサゴ類を狙う比較的深場の流し釣り、
ヒラメや青物を狙う泳がせ釣り、
エギング、
それに今年はタイラバという大きな武器も備わった。

今年は新たな釣りに挑戦する中で
マダイや大型のイサキを狙うには滅法強いと言われる
マキコボシ釣りも手中に入れて可能性を高めようではないか。



さて、先日釣ったワラサは釣った日刺し身、ワラサダイコンの他に
(仕方なく)熟成の二日後刺し身

Cas165915s

カマの塩焼、

Cas165926s

余った身は保存が効く南蛮漬けでほぼ完食。

Cas165920s




五目釣り、実現はいつになることやら。
どなたか、一緒に狙ってみませんか?

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« タイラバ一本勝負 | トップページ | 伊東でのヒラメ4連チャンはマトウダイに化ける »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

多目釣りは、私も常に意識してます。
私の場合は、握りと刺身の盛り合わせを意識してます。
一種類だけでは握りにも刺盛りにもなりませんです(笑)。

大津ではアジは30位釣れたらカサゴの場所、シロギスの場所等に移動するようにしてます。

その点福浦、伊東、川奈はいいですね~、同じ場所でいろいろ釣れてくる。
良い所を紹介していただきました(笑)。

魚種も去年は飛躍的に伸びました。
その代り一魚種の総数は減ってます。
例年500は行くアジが去年は100ちょっとでしたし、
200位行くシロギスに至っては50ちょっとで終わってしまいました。

行く場所は変わっても、釣り上げる魚の総数はそんなに変わらないようです(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2016年1月27日 (水) 17時51分

複数の魚種を釣って来るその五目釣りの良さは仰るとおりです。いろいろな料理が出来て大変食べるのが楽しみです。

でも、単なる五目釣りは出来ますが、この目標の五目釣りは大変難しいですね。
一釣行で一泊二日で港を変えて、二日連荘にすると出来るかもしれません。

一泊は温泉に入って、新鮮な魚のお刺身で疲れを癒すのは如何ですか?

投稿: 釣吉 | 2016年1月27日 (水) 19時44分

腰痛持ちさん、こんばんは。

さすがに料理通ですね。
腰痛持ちさんの釣りはいつもそんな釣りだとは思っていました。

仰る通り大津辺りでは魚種が限られてしまいます。
あの辺りで五目釣りができそうなところと言えば油壺、葉山でしょうか。

魚種の多さは釣り方の多様さでもありますから
面白みも増すのではないでしょうか。

一息ついて来週からはまた暖かくなりそうですね。
今度はどんな魚が現れるかも楽しみです。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月27日 (水) 22時10分

釣吉さん、こんばんは。

単に魚種だけなら一日に10種を越えることもしばしばあると思います。
美味しく頂くことが目的ですから
とりあえず最低限欲しいサイズを目標にしています。

大物狙いでは大型の船で遠くに出かける釣りには勝負ができませんが
これならどうでしょう、手漕ぎボートの良さが生きる釣りではないでしょうか。

確かにいざとなれば連荘釣りもありかなと考えてみたのですが
我が家では釣った日に食すというのも釣り師の特権と考えていますので
なんとかその日のうちに揃えたいと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月27日 (水) 22時24分

コマセ釣りで、その五目が全て釣れればいいですよね。
オイラの今年の初釣りに掛かった運の悪いタコみたいに毎回引っ掛かればいいですが、現実そうは行かないから一釣行でのこの五目釣り、戦略も戦術も練らないと難しそうですね。
オイラもコマセでサクッとアジ、サバ、タイや変わり種の魚まで釣り、そのあとサバ短で流して、最後にカワハギでも…なんて、釣りに行くたび考え道具や装備も汎用性を高めるために大荷物で行きますが、結果やって見ると、最初のコマセが思うように行かなく(あるいは、釣れたら釣れたで面白くなり)、もう一投…もう一投と、移動時間や仕掛けチェンジの時間がなくなってしまい高級五目ではなく雑魚や珍魚五目になってしまいます。
今年の漁師様のsmart&beautyな戦略的釣り楽しみにしてます。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年1月27日 (水) 22時32分

おはようございます
私も目標は一緒です
数釣りより高級五目釣りを見ると感激してしまいます
この五目釣りでは、やはりイカがネックですね
特に私にとっては難しいです
イカを狙うと一日潰れ、五目処か2~3目で終わりそうです
又時期としては今頃なのか
一番釣れない時期が狙い目で、ハードルは跳ね上がります
だからこそ面白いです
参加しますので
よろしくお願いします

投稿: 趣味人たけ | 2016年1月28日 (木) 08時05分

甲斐の荒熊さん、こんにちは。

イカを除いては基本的にコマセ釣りでOKですが
最近釣った青物は泳がせかタイラバですね。

タイラバの駆使で案外うまくいくかもしれません。
先ずはエギング、イカが釣れれば直ぐにタイラバに切り替えて
鯛、青物、ホウボウ、最後にコマセでアジというパターンですね。

これなら、コマセ釣りでアジが釣れ、
そのまま足が抜けなくなることもありません。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月28日 (木) 13時45分

趣味人たけさん、こんにちは。

たけさんと一緒にゴールを目指せるというのは光栄です。
楽しそうですね。

たけさんならやはり油壺でしょうね。
なんといっても釣り場的にはアオリイカの実績が高いですし
マダイ、イナダ、イサキはお決まり、
残るアジが意外とシーズン次第では厳しいかもしれませんね。

たけさんの油壺行からは目が離せません。


投稿: 五目漁師 | 2016年1月28日 (木) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/63128856

この記事へのトラックバック一覧です: 五目釣り妄想:

« タイラバ一本勝負 | トップページ | 伊東でのヒラメ4連チャンはマトウダイに化ける »