« 皆さんお好きですね | トップページ | 五目釣り妄想 »

2016年1月23日 (土)

タイラバ一本勝負

昨日(122日)は川奈に釣行。

いよいよ水温が下がってきた。
(この日は15.5度~15.8度)

こんな時期のタイラバはどうであろうか?

エサ釣りがメインの五目漁師。
餌でも釣れないものがタイラバなんかで
と どうしても考えてしまう。

そして、ボ回避のために奥の手も準備しておきたい。

タイラバと相性の良い釣りってなんだろうか?

コマセを使わない深場の流し釣り?
待てよ、冷凍庫のサバタンはまだ使えるだろうか?

それとも泳がせ?
いや、泳がせは餌のアジを釣るのにコマセがいる。
だったら投げサビキでイワシを釣ってというのはどうかな?
そんな都合のいいイワシなんて川奈にいたっけ?
・・・

“私暇なんで”の五目漁師は
こんな他愛ないことでも気になりだすとじっと考え込んでしまう。

さっきから何を深刻な顔しているの?(ヨメサン)
いやいや、ちょっと。
(頭の中が完ボ回避の釣りのことでいっぱいなんて言えない)

よしっ、決まった!
ボ覚悟でタイラバ一本にしよう。

深場のオニカサゴやアマダイ、
泳がせのヒラメや青モノもタイラバで一本勝負だ。

現地に一番乗りした五目漁師は
ボートハウスのマスターに鯛やアマダイのポイントを確認して漕ぎだす。

はじめは昨年10月にタイラバで
カンパチと小さいながらもマダイを釣った
湾内の比較的なだらかな砂地を試す。

すると直ぐにアタリ。
あがってきたのは予想通りのホウボウ。

1dsxp162204s

魚探の航跡と地形(等深線)をみながらポイント周辺を探っていく。
川奈が弱い北東の風で海面が少し騒がしいが
丁度良い加減の速度でボートは流れてくれる。

その後も何度か、
前アタリ?いや本アタリのバラシ?(かわからない)があったが、
昨年の夏に初めてのタイラバでブリを釣った時のポイントが気になり、
そこに小移動して高根と湾左手定置網の間を流し始める。

巻き巻き巻き・・・、
巻き巻き巻き・・・
クッ、ググ、来たかな?
先程も慌てて掛けに行き失敗したところだ。
知らんぷり知らんぷり、
巻き巻き巻き、ググー、本気で引いているぞ、
キターッ

その途端にドラグが引き出される。
竿を立てるがPE1号の道糸が一方的に出て行く。
これ以上走られるとやばいかも、
頭の中には先日来考えてきたラインシステムの絵が浮かぶ。
昨晩4号のリーダーを3号に変更しようかなとも思ったが
面倒なのでそのままにしてきた。
切れるならPEとリーダーのつなぎ目だ。
ドラグ設定は1.2kg、まだ強力的には余裕があるはずだ。
少しドラグを締める。
(帰宅後測定したところこの締めで1.5kgになっていた。)
少し巻いては出され、また少し巻いては出される。
これで互角になった。
後は奴が疲れて来るのを待とう。

やがて浮いてき出すと早い。
今日はやや濁り目の海中に
横になってひらひらと流れるような姿が見えてきた。
観念したワラサだ。

ウヒョー、やったぜ~。

2dsxp162213s

この時点でまだ、9時過ぎ。
いつもはボを直前に
最後はお祈りのような釣りになることが多い五目漁師。

こんなに早々に釣れてしまって
あとはストレスフリーでゆっくりと釣りが楽しめる。

コンビニおにぎりの包をとるのももどかしく、
いつもは半分くらい巻きのりが千切れてしまうのに、
今日は丁寧にとってお茶など飲みながら頬張る。
実にうまい。

釣りって楽しい。

この後は反対側の定置網沖の-65mで鯛、
湾内でオニカサゴ、アマダイ
岩礁地帯でハタなども物色してみたが
終わってみればホウボウのみ。

3screen012

4dsxp162217s

但しアタリは多かった。
まるでサバタンで流し釣りでもやっているような頻度で
しばしばアタリはあったが掛からなかった。
これが冬場のタイラバなのであろうか。

で、本日の釣果はこれ。

5cas165876s

今年に入って2本目のワラサは72cm3.5kg
28cmのホウボウが小さい。

ワラサには見向きもしないヨメサンにはホウボウの薄造り、

6cas165895s

折角なので五目漁師は少しだけ釣った日刺し身。

7cas165900s

頭や骨の一番美味しいところを使ってワラサダイコンに。

8cas165909s

さて困った。
残りは丁度本日、娘夫婦がやってくるので出してみるか。
よろしく。





なんと、この日お隣の伊東ではブリが上がっています。
青モノ、まだ行けそうですね。
餌の小アジが釣れればヒラメも面白そうです。

本日もポチッとよろしくお願い します。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 皆さんお好きですね | トップページ | 五目釣り妄想 »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

さっとワラサを釣ってストレスフリーとはお見事です!
このサイズの青物は突っ走るから上げるのは大変でしょう。
今日は腕が筋肉痛になってませんか?

新鮮なお刺身とワラサ大根も美味しそうですね。
特に冬は脂が乗って美味しいでしょう。
お疲れ様でした。


投稿: 釣吉 | 2016年1月23日 (土) 12時18分

流石です
昨日川奈のブログで見ていました
体が隠れてしまうほどの大きさでしたね
しかもPE1号とは驚きです
タイラバが益々気になりました
すぐにでも行きたい気持ちですが
この寒さで、どうなりますかね


投稿: 趣味人たけ | 2016年1月23日 (土) 13時39分

釣吉さん、こんばんは。

青物の引き、ドラグが滑る緊張感は楽しいですね。
と無事にあがったからこそ言えますが、間違えばプツンです。

昨年の東伊豆は春から防波堤でスズキが大量に釣れたり
秋にはワラサが漁師泣かせ程捕れたりと賑やかな年でした。

ボート釣りでもヒラメやワラサがいつも以上に釣れています。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月23日 (土) 17時34分

趣味人たけさん、こんばんは。

この時期に川奈でも伊東でもまだワラサが回っています。
例年1月一杯はまだ釣りになりますがそろそろ真冬の海がやってきそうです。

自宅を出るときにはこの寒いのに物好きなと自身でも思いますが
海上はいつもぽかぽか陽気です。
この日もずっと上着は脱いでいましたし、
ボートを漕ぐと汗をかきます。

冬のタイラバは
(コマセや水を)さわらなくても良い。
(ボートを漕ぐので)寒くない。
(サイズがそこそこ)揃う。
3Sの釣りですね。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月23日 (土) 17時57分

ワラサいいですね!
我が家でも魚屋でブリのアラを釣ってブリ大根作りました.

去年の春先のことでしたが,三浦海岸での釣り.
コマセは全くだめ,タイラバやジグでの釣りでしかタイが
上がっていないことがありました.
その時期時期の食性もあるのでしょうか.
今年はタイラバで1匹くらいは何かをゲットしたいです.

投稿: 趣味のボート釣り | 2016年1月23日 (土) 21時28分

趣味のボート釣りさん、おはようございます。

私もタイラバでこんなに色んな魚が、しかも大から小まで釣れるとは驚いています。
今回は活性が低い時期にはどうかな?と心配していましたが
それも餌釣りと変わりがないような気がします。

テンヤと同じように、大物に対してはアピール力が大きい分だけ
オキアミ餌釣りよりも有利なんでしょうね。

1匹と言わず是非大きいのを掛けて下さい。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月24日 (日) 07時13分

おはようございます。

相変わらず、見事な腕前です。
おかげさまにて、次の日の気合が違いました。

2.5kのメダイと40cmのオニカサゴは五目さんのおかげで取れたようなもんです(笑)。

五目さんもぜひメダイのリベンジをしてください。
今なら3k級がうようよしてます。
クロムツのおまけもついてきます(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2016年1月24日 (日) 07時52分

こんにちは。

今年に入ってからというもの、快進撃が止まりませんね。
どれもこれも、うらやましいお魚ばかりです。

「職業漁師とはいわないまでも、せめて成りたや五目漁師様。」
こんな小唄が釣り師仲間の間でできそうですね。

ワラサー、どこにいるんだー?
ホウボウも好きだぞー。(片思い)

投稿: 芋焼酎 | 2016年1月24日 (日) 11時17分

私の記憶では、4連敗の後、3連続ヒラメとワラサ、そして今回のワラサで4連勝
イーブンになったとの理解です。

しかし、この時期に本当に良く釣られますね、正に漁師(^^)

今年も横でしっかり、五目さんの釣りを拝見させて頂きます。

投稿: anan | 2016年1月24日 (日) 12時13分

腰痛持ちさん、こんにちは。

急に水温が下がり、あの海況では厳しそうと心配していましたが
さすがに-200mでは表面の温度が直接的に影響するわけではないようですね。

メダイはもとより、クロムツにキンメまでも釣れていたようで良かったですね。

リベンジですか?
うようよという状況は大好きですが、
海の状況が変わり福浦の深場か川奈の深場辺りでメダイが釣れる日を楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月24日 (日) 12時56分

やりましたね。
今年はこちらも青物好調のようです。
その代わりにというか氷見ブリは例年の1/30の水揚げだそうです。
やはりそのカラーは青物に強いですね^^
しかし釣り上げた腕はさすがでございます。
今福岡はもう寒波でして、雪が積もった中、車で出勤しています。
九州人は雪に慣れてないものでからっきしダメですね。

投稿: 飛竜丸 | 2016年1月24日 (日) 13時43分

芋焼酎さん、こんにちは。

同じ日に伊東ではブリがあがっていますから
今年はチャンスですね。
急げ急げ! です。

タイラバでまぐれ狙いよりも
ここは居れば食ってくる泳がせの方が確度が高いと思います。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月24日 (日) 13時46分

ananさん、こんにちは。

この手の魚は釣れないのも偶然、釣れても偶然だと思っています。
要は自分がやりたかった釣りができたかどうか
結果から今度はこうしてみたいという
次の釣りのイメージが湧いてくるかどうかだと思っています。

つまらない釣りをするともういいわという気持ちになってしまいます。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月24日 (日) 13時58分

飛竜丸さん、こんにちは。

あのタイラバは本当に凄いです。

他のブログで色々ヘッドの色を交換して好結果を出されているのも見ますが
色ってどうなんでしょうか?
エギでもどうも色や模様に対する差異がわかりません。

飛竜丸さんのタイラバ経験からして、例えば、魚対応、お天気対応、濁りなど水質対応で
ヘッドやスカートの色による優位な差異はあるのでしょうか?

投稿: 五目漁師 | 2016年1月24日 (日) 14時06分

五目漁師さん、こんにちは。

ヒラメに続いてワラサ(それもタイラバ)、素晴らしいですね!
一日タイラバやエギしゃくりなど、当日の釣りを決めたらそれをやり通すというのが
五目漁師さんのすごいところだと思います。

うちでは腹を空かしたガキ共を養うため、
何らかのおかずを持って帰らないと一家飢え死にしてしまうので、
2時間やって釣果が無いようならすぐコマセ釣なりに変更せざるを得ません。

半分冗談で半分本当ですが、ようは飽きっぽい性格なのと、
せっかくの休みにボートが出れたので、あれもこれもしたいと思ってしまうのです。
でも大方の釣り師はそんな感じなのではないかと思います。

今年も手漕ぎボートメインでやりますので、
よろしくお願いいたします。

投稿: flex-p | 2016年1月24日 (日) 15時55分

flex-pさん、こんばんは。

せっかくの休みに・・・と言うと
いかにもたまにしか行けないように聞こえてしまうセリフですが
実は私よりも多いと思いますよ。

ですからあれもしたいこれもしたいは私も同じですね。

コマセ釣りから入った釣り師は皆さんそう言いますが
エギンガーやジギンガーは一本縛りが寧ろ普通ですよね。
多分、コマセ釣りならこの釣れない状況を打開してくれると思うんでしょうね。

私もそう思ってしまいますので、
決めた時には道具を持って行かないことにしています。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月24日 (日) 21時36分

おはようございます!のりべんです。

いやあ…実は土曜日、金曜日、五目漁師さんが出られてるハズだなぁと
アメブロの読者記事記事一覧をチェックしておりまして
最初のオーシャンさんの記事をみてお名前がないなと一安心。
待てよ、次の川奈観光さんは?と速報記事を見て
そりゃないよ〜(>_<)でした(笑)

いや、お見事です。。でも今期ワラサ2本目って…もう勘弁してくださいよ〜(^◇^;)

完全にタイラバマスターですね!ここまで釣れたとなれば、
あとは大マダイもポイント選定なれば時間の問題。
その日を楽しみにしております(^-^)


投稿: のりべん | 2016年1月25日 (月) 07時41分

のりべんさん、おはようございます。

今年の伊東(オーシャン)のヒラメ、青物、それに型は小さいですがマダイは凄いですね。
天国状態です。
小アジが湧いたのが要因ですが、カイワリが皆無になった代償ですね。

川奈はカワハギの宣伝が効きすぎてヒラメや青物を狙う釣り師が少ないですが
狙えばこちらの方もおそらく同じような状況なのではと思っています。

水温が下がりきる前にもう一度と思っていたのですが
今回の寒波で閉幕の気配ですかね。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月25日 (月) 09時57分

タイラバヘッドの色やスカートネクタイの組み合わせって、なかなか奥が深いです。

タイラバヘッドは極端な話、鉛地肌でも釣れはするのですが、イエロー系が良かったり、

レッド、オレンジ系が良かったり…困ることに私の経験では、スカートとネクタイの掛け算がカギを握りますね。

五目漁師さんにお送りしたときに言ったように、その組み合わせは異様に青物にアピールするんです。

仲間が立て続けに4本あげましたからね。

年間通じてオレンジ系が優勢なのですが、掛け算でどれくらい差異が出るか、ゲレンデごとに違うかもしれませんから、

いろいろやってみてください。

投稿: 飛竜丸 | 2016年1月25日 (月) 21時39分

五目漁師さん、こんばんは。
ナイスワラサゲット、おめでとうございます。
PE1号リーダー4号で3kgオーバーゲットはさすがです。
今シーズンはやっぱり、タイラバで青物の年なんでしょうか?
それにしても丸々太って、美味しそうなワラサですね。
今年の富山氷見の寒ブリは、九州付近での乱獲が原因か全く獲れなくて、
1本30万円なんて値がついたりするそうです。
そういう意味では今回のワラサは貴重かもですよ。
外房も例年ならそろそろブリ祭りの季節なんですが、
今年は例年通りが通用しないので、どんな釣りをしようか悩み中です。

投稿: ぐっちゃん | 2016年1月26日 (火) 00時13分

素晴らしい!

目が覚めるようなワラサ。
朝の一報で「早すぎでしょ、嘘~(@_@;)?」と思ったのは私だけではないはずです(笑)!

昨年末から続くフィッシュイーターラッシュ!
年末から読み出した読者は五目さんの得意な釣りは、泳がせやタイラバと信じるのではないでしょうか(^^)?

これで大真鯛が釣れたら、もうコマセ釣りは出来ないですね(笑)!?

次は鬼カサゴをタイラバでお願い致します\(^^)/

投稿: AP | 2016年1月26日 (火) 07時22分

飛竜丸さん、おはようございます。

ご教授、ありがとうございます。
飛竜丸さんのタイラバ製作現場の写真を見てもヘッドについては
いつも朱一色なのであまり色には関係ないとされているのかな思っていました。

エギもそうですが、相手が気まぐれな生き物だけに少ない経験では
何がお気に入りで食ってくれたのか判断するのが難しいですね。

仰る通り私のタイラバ釣行回数からしても
青物へのアピール力は最高のような気がしています。

この調子ですと今年はタイラバ釣行のウエートがかなり大きくなりそうですので
いろいろやってみることにします。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月26日 (火) 07時37分

ぐっちゃん、おはようございます。

氷見ブリについては九州の飛竜丸さんが最初のコメントで同じようなことを仰ってました。
海流に沿ってやってきますから上流と下流の調整はブリのみならずマグロでもサンマでも
難しい要素のようですね。

自分が釣ったから言うわけではありませんが、
こちらでは昨春にスズキ、秋にワラサが波止釣りで絶好調、
秋以降は浅場でヒラメが大安売りだったんですよ。

実はぐっちゃんにヒラマサきたよーと言いたくて密かに狙っているのですが
気まぐれな奴が未だお目見えにならないです。
もうしばらくお待ち下さい。
でもお子様じゃない限りさすがに1号では無理でしょうね。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月26日 (火) 07時55分

APさん、おはようございます。

朝一であがってしまうと本当にあとの釣りに余裕ができます。
その結果ですかね、その後が続きませんでした。

タイラバ、ある程度大物に特化できますし、
今後は釣り場、タイラバの色、巻き上げスピードやアクセントなどを工夫すれば
色んな魚が狙えそうです。
あくまでの私の釣果目標は五目ですから、一つ手の内が増えたと考えています。

大真鯛が釣れたという話は不思議と東伊豆方面ではあまり聞くことがないですから
やはり観音崎や大津が有利なんでしょうね。
食べごろサイズで勝負です。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月26日 (火) 08時16分

ワラサおめでとうございます。
九州でのコロダイ以降、幻想となってしまったオイラが夢見る釣果です。
毎回、毎回確実に仕留めてますね。釣歴や経験値の違いを感じます。
タイラバの重さは、何gを使用ですか?
ご教授願います。

経験値の低いオイラは九州に1ヶ月くらい籠って、ものにするために修行したいくらいですが、現実は甘くなく、1月の釣行予定は全て停止。
残りの休みは、新調する家具のためにバイト三昧です。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2016年1月26日 (火) 12時20分

甲斐の荒熊さん、こんばんは。

タイラバは25号相当ですので90g位だと思います。
これで風がある時にはパラシュートアンカーを適宜使いますので
~-60m位までOKですよ。

この寒波で一層水温は下がったことでしょうし
海はしばらくお休みになりますから仕事に励むには良い時期です。
頑張って、魚探の分まで稼ぎだして下さい。

投稿: 五目漁師 | 2016年1月26日 (火) 20時37分

五目漁師様 いつもブログを拝見し勉強させていただいています。今度の3/7(月)川奈にボート釣行する予定です。今まで夏にしか釣りをしたことのない自分ですが、チャレンジして初アマダイゲットしたいです。

投稿: ケイタロウ | 2016年3月 5日 (土) 12時14分

ケイタロウさん、はじめまして、こんにちは。

陽気は良くなりましたが、海の中はまだまだ真冬状態
なかなか釣果的には厳しい折ですが7日は天気に恵まれるといいですね。

川奈はボート環境は随一ですし、海も変化に富んで面白いところです。
アマダイはなかなか数を上げるのは難しいかもしれませんが
たまに大きいのが上がっているのを見かけます。

この時期なら同じ釣りでホウボウなどもよく釣れると思いますので
チャレンジを楽しみしています。

投稿: 五目漁師 | 2016年3月 5日 (土) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/63106324

この記事へのトラックバック一覧です: タイラバ一本勝負:

« 皆さんお好きですね | トップページ | 五目釣り妄想 »