« 4連続ボなるか?! | トップページ | PEラインの号数はどう選べばよいか(その1) »

2015年12月 8日 (火)

ボのトンネルの先に明かりが見えてきた

先週末から五目漁師も一員として参加する
富士山の写真展が始まった。

1img00782s

会期中の当番日には
狭い海上に詰めて一日突っ立っているが
自分の作品の前でお客さんが立ち止まってくれたりすると
アタリだ! とドキドキしてしまう。

何人かの知り合いや釣り仲間にもご来場いただいた。

皆さんが富士山の写真に見入る中、
ググッとかグイーンとかを発しながら
釣り談義で盛り上がってしまうと
足腰のだるさなども吹き飛んでしまう。

さて、ブログアップが遅くなってしまったが、
一昨日(12月6日)は川奈に釣行。

エギング-エギング-泳がせ釣りメインの釣りで
このところ釣果なしを続ける五目漁師。

これではお腹の中が干上がってしまう。

今日はそこそこの好釣が続いているタイラバだ。
運良くマダイや青物を仕留められれば
その後にオニカサゴでも狙ってみようと
中深場流し釣り用の道具や特餌も準備した。

釣行の前日、
久しぶりにpさんから祝写真展のメールをいただいたので
返信メールでついでにpさんの近況を聞くと
先日大津でアオリイカとスミイカを釣ったという。

そもそも大津でイカを狙うこと自体が珍しいのに
5ハイの釣果に驚いた。

青物を釣って帰っても
家族には喜んで貰えないが
イカなら娘さんが歓迎してくれるという
我が家(の場合はヨメサンではあるが)と同じパターンだ。

なら、pさんはアオリイカ、
私はタイラバということで
明くる朝一番電車で降りてくるpさんを
茅ヶ崎駅でピックアップして
急遽一緒に川奈に向かうことにした。

車中では釣り話が盛り上がっている中、
網代辺りで朝日が上って来ると、
見る限り海面の様子は上々、
風も穏やか、波もない。

いつもは早朝サーファーで賑わう宇佐美の海岸にも
サーファーではなく投げ釣り師の姿が見える。

しかし、伊東に入り漁港を過ぎた頃から
海面の様子が一変し、ざわつき始める。

pさんは信じられない様子、
またしてもやられたか!と五目漁師。

実はこんなこともあろうかと
pさんには伊東に行き先を変更する準備もしてきて下さい
と連絡はしている。

案の定、川奈ボートハウスでは
風が収まるのを待つことになった。

行き先変更も考えたが、
この海を見るとどうしても
五目漁師はここでタイラバをやりたい。

海を目の前にすると
昨日の妄想が一歩現実に近づき、
最初はあそこで、あそこが駄目ならこっちで、
その後は沖に出てオニカサゴを・・・
と気持ちは川奈の海につかまってしまう。

pさんには申し訳ないが
ここで風が止むのを待ち、
駄目なら諦めて帰ることにした。

ボートハウスでお茶をいただきながら
マスターや居合わせた釣り師と釣り談義が始まる。

テーブルの上で見つけたリップから
話は巻きこぼし釣りになり、
マスターから釣り方や道具の直伝を受ける。
めんどうくさそうで興味はなかったのに
次第に来年の釣りにしてみようかなと
興味が湧いてくる。

10時半を過ぎて
やっと出ボートの準備が始まる。

この時刻だから、
欲張りはせずにタイラバ一本で攻めるつもりだ。

先ずは日蓮像前の高根の辺りから
ボートハウス側に向かってゆっくりと流す。

しばらくして、
巻き巻き巻き、
おや掛かったかな?掛かったかな?
グイーン。
おおっ掛かっている。

最初に上がったのは小粒のホウボウ。

2dsxp152094s

タイラバを始めてから
竿を取っ替え引っ替えしているが
竿が変わる度にアタリの感じが随分と違う。

最初に使ったのはアタリに繊細なメタルトップのテンヤ用竿(2.4m)

巻き巻き巻き・・・
ビリビリ、ビクビクッ、
巻き巻き巻き、ググッ、グーだった。

次に使ったのは、
錘負荷30号~150号、ライトゲーム用のしっかりした竿(2.25m)

巻き巻き巻き・・・
ゴゴンといきなり来る。

そして今回は新調したタイラバ専用竿(2m)、
巻き巻き巻き・・・
おや掛かったかな?掛かったかな?
グイーン

とこんな感じだ。

五目漁師としては
一番最初に使ったビリビリ感がある竿が一番楽しめたが
当面はこの竿でやってみよう。

ホウボウの次は、
単なる重みを感じたので上げてくると
なんと小さなタコが抱きついている。
スカートを食いちぎられないように
慌てて引き剥がす。

次は、
巻き巻き巻き・・・
おや掛かったかな?
の直後に1シャクリ入れてしまい掛け損ない。

コマセ釣りの癖でアタリがあるとどうしても
ピクッと腕が動いてしまうことが
タイラバにはまずいようだ。

今度は我慢してチャリコ

3dsxp152097s

次はホウボウ。

4dsxp152100s

そして、ここで本日一番の(多分)大物。
巻き巻き巻き・・・おや掛かったかな?掛かったかな?
グイーンの引きがゴツゴツに変わり
ドラグがでていく
しかし痛恨のバラシ。

その後も頻繁にアタリはある。
エソ、小チャリコ・・・
しかし、お待ちかねのマダイも青物も来てくれないので
右側の定置網方向-65mに移動する。

時間がないので3、4回落としてアタリがないと
直ぐに場所を移動したくなる。
焦りまくって、また元に戻って最後にホウボウ追加。

うーん、もう少し時間が欲しい。
で、本日の釣果。

5cas155125s

狙ったマダイもカンパチも掛かってくれなかったが
なんとかおかず分はゲットし、
ボのトンネルの先に明かりが見えてきた。

因みに、丹念に根周りでエギをシャクリ続けたpさんは
残念ながら本日は釣果なし。

このところ川奈では調子が良いカワハギを狙った釣り師や
コマセ釣りの他のお客さんも今日は振るわなかった様子。

いなけりゃいないで
こんな小魚も釣ってしまうタイラバ、
やるねーが五目漁師の正直な感想だ。

さて、久しぶりにありつけた釣り魚の料理。
ホウボウは紅葉おろしを添えた
ポン酢でいただく薄造りに限る。
季節柄ゆずも添えてみた。

6cas155180s

少し面倒だがチャリコの茶碗蒸し、
真似師料理人にしてはうまくできた。
4人分(4椀)を2人で一気に平らげる。

7cas155168s

ホウボウと蛸の唐揚げ。

8cas155151s






タイラバ面白いです。
突然やってくるアタリはエギングに共通するものがあり
あの今かな今かなと待つドキドキ感がたまりません。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 4連続ボなるか?! | トップページ | PEラインの号数はどう選べばよいか(その1) »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

しょっぱなから、「狭い海上に詰めて、、」 「アタリだ!」に笑わせて貰いました。

タイラバで苦戦を強いられている様ですね。
拝見してタイラバ釣りの釣法が解ります。
なかなか難しそうですね。

トンネルの出口が見えて来たなら、もうすぐ出口で明るい晴天の空のもとにでられますね。

私も今日は沖釣りに出ようと準備だけは下のですが、朝からの雨と強風で取りやめました。
次は木曜日に一応予定を入れました。

投稿: 釣吉 | 2015年12月 8日 (火) 13時23分

五目漁師さん、こんにちは。

相変わらず美味しそうな料理ですね〜
惚れ惚れしてしまいます^^

先月、五目さんに感化されて川奈に2回予約をいれたんですが、悪天候のため2回とも中止になってしまいました。

行けない時ってこんなもんですよね^^;

そのうちまた作戦を立てようと思います。

投稿: ブライアン | 2015年12月 8日 (火) 14時13分

こんばんは。

川奈情報、ありがとうございました。
近々川奈に行きますので、とても参考になりました。
タイラバはやりませんけど(笑)。

チャリコの茶碗蒸し、美味しそうです。
茶碗蒸し、私が作るとうまくいきません、難しいです。

川奈でチャリコが釣れたら、再度挑戦してみまっす(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2015年12月 8日 (火) 16時57分

釣吉さん、こんばんは。

タイラバ、釣り方が単純なだけに
穂先感度によるアタリの差などを直に感じてしまうようです。

10日は今のところ良さそうですね。
年末に掛けてご一緒させていただければと楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2015年12月 8日 (火) 17時53分

ブライアンさん、こんばんは。

川奈のマスターがこの11月は営業を開始して以来最悪っだったと
嘆いていました。

天気予報を確認してから予約したい、
とは言え週末だと人気の川奈は前日予約では既に満船。
難しいですね。

日曜日なら直前予約でもOKだと思います。
土曜日は寝だめ、で日曜釣り。 
これで行きましょう。

投稿: 五目漁師 | 2015年12月 8日 (火) 18時01分

腰痛持ちさん、こんばんは。

そうですね、最近腰痛さんの釣果に多い小チャリコ釣れたら是非やってみて下さい。

面倒くさいですがワザ的には簡単ですし、美味しいですよ。

川奈での狙いはオニカサゴでしょうか?
いまなら場所によってはアマダイ、ホウボウ
それにそろそろあのムシガレイも登場かもしれませんね。
釣果を楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2015年12月 8日 (火) 18時15分

五目漁師さん、こんにちは。

短時間で見事に釣りましたね。
タイラバではタマガシラ一尾の釣果しかない自分にとってはこんなにいろんな魚が釣れるのか!?
と不思議でしょうがありません。

基本餌木よりさらに釣れる気がしないので、
次回やるとするとオンリーではなく、エサ釣りと合わせ技ですね。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2015年12月 8日 (火) 18時23分

flex-pさん、こんばんは。

これどう見ても、
コマセ釣りをやって釣れないので途中から流し釣りに変えたが
やっぱり釣れなかった人の釣果ですよね。

これがタイラバの釣果かと寂しくなってきます。
実際には小チャリコやエソなどもっと小型の魚も釣れています。

エギングに比べるとアタリは多いです。
実際この日は他の人の餌釣りよりも多く釣っていますので
安心してタイラバオンリーでやって下さい。

投稿: 五目漁師 | 2015年12月 8日 (火) 22時13分

iOSです。こんばんは。

写真展を日曜日に拝見して来ました。
作品を生で見ると大迫力ですね。
webで見るのとは全然違いました!!
会場に行って良かったです。

名人と同じように釣れるとは思ってはいけない
のは分かっているのですが、タイラバやってみたく
なりました。テンヤとは補完関係の釣具なので両方
やるのも有りだろうと考えて試してみようと思います。

またお会いしましょう。

投稿: iOSの常連 | 2015年12月 8日 (火) 22時31分

五目漁師さん、こんばんは。
ちゃっかりタイラバをものにしていますね。それだけアタリがあればボとは言えないでしょう。僕はがまんが効かないのでタイラバはあまり得意ではありませんが、スロージギングロッドではなく、もっと繊細なロッドを使えば、五目漁師さんのようにアタリを楽しめますかね?
それはともかく、僕もようやくボウズ地獄から抜け出しました。これからの残り少ないシーズン、ラストスパートと行きたいものです。

投稿: ぐっちゃん | 2015年12月 8日 (火) 23時26分

iOSさん、こんばんは。

日曜日に来ていただいたとは残念でした。
こんなんだったら以前ブログで紹介させて頂いた時に
当番日を書いておくべきだったと後悔しています。
明日は最後の当番をやります。
今日は8chで紹介もありました。

私のタイラバは何故か小物、五目釣りになってしまいました。
単純な釣りですが釣り人の個性がでてしまうのでしょうか。
自分自身でも意外に思っています。

何れにしろまだどのような釣りなのか
自身で概念をつかむところまで数がこなせていません
もう少しやってみないとわからなですね。
iOSさんが初められるなら情報交換しながらやっていきたいですね。

投稿: 五目漁師 | 2015年12月 8日 (火) 23時46分

ぐっちゃん、こんばんは。

我慢が効かないなんて、“釣れるまでやる”のぐっちゃんが何を仰る。
実は今しがたぐっちゃんのブログを拝見していました。
やりましたねヒラマサ。
コメントさせていただこうとしたのですが
難しいコメント読んでいる間に疲れてしまい、
書かずに戻ってきたところです。

ぐっちゃんならではの対応に感心しましたが
私にあんなコメントをいただいたら逃げるしかないですね。

タイラバはこちらがコンスタントな動きの中でアタリを迎える分
魚や穂先による差を敏感に感じることができるなと思っています。
(まだまだ経験値が低いので釣行の度に考えが変わるかもしれませんが)

私も見えてきた明かりを見失わないように次回は完全に脱出したいです。

投稿: 五目漁師 | 2015年12月 9日 (水) 00時07分

毎回、タイラバ高調ですね。
オイラは九州以降タイラバでは釣れてないです。
オイラには何が足りないのか、釣り方なのか仕掛けなのか、ポイント知識なのか、たまたま魚が定休日なのか…念力が足りないのか?原因が解らず迷宮に迷いこんでしまいました。
竿先でのアタリの違いを比べるなんて、遠い夢の話のように感じられます。

そろそろ肉食も飽きてきました。
次回は飢餓スイッチオンで何かを開花させます。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2015年12月10日 (木) 12時15分

甲斐の荒熊さん、こんばんは。

私も釣れているわけではありませんし、
経験数もまだ数回ですから
確かなことは言えませんが、
釣り方のせいではない、おそらくタイラバの色や形などの仕掛けのせいでもない。
たまたまやったポイントが悪かった、たまたま定休日にやってしまった、念力が足りない
の内のどれかか、これらの複合でしょう。

飢餓スイッチが入ると殺気立ちますから
平然とただただ巻き巻き巻き・・・をやってみられたらどうでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2015年12月10日 (木) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/62830265

この記事へのトラックバック一覧です: ボのトンネルの先に明かりが見えてきた:

« 4連続ボなるか?! | トップページ | PEラインの号数はどう選べばよいか(その1) »