« 野比沖でメガハギを狙う | トップページ | 嫌いなのはサバ、怖いのはサバフグ »

2015年10月 3日 (土)

釣りネタがない、そこで・・・

今年の釣行回数は今のところ35回。
週一弱といったところだ。

最近はこの釣行よりもうんと頻度が落ちてしまったが、
五目漁師とヨメサンは
富士山の写真を撮りに
よく富士五湖方面に出掛ける。

釣り以上に顕著な
朝マヅメと夕マヅメを逃さないように
朝は釣りの時よりも早く、
時には徹夜行になることもある。

Dsn158529ts315720327分山中湖にて撮影


また、ここ数年は
冬になると道東にも撮影旅行に出掛けている。

今冬は吹雪の中で車が立ち往生してしまい
JAFに救援を求めたり、
周辺道路の封鎖で
避難所での一泊を余儀なくされるなどの
ハプニングに見舞われたが

Cas151302s

Cas151365周辺道路が積雪のために封鎖され緊急避難所でお世話になる


そんな雪のシーズンだけ
普段は田畑や草むらの中で守ってきた縄張りを離れて、
集団でねぐらと給餌場を行き来する釧路の丹頂

それに流氷と共に
ロシア東部の沿岸やカムチャッカ半島から
根室や羅臼に越冬にやってくるオオワシやオジロワシ
主な撮影のターゲットだ。

爆発でもしない限り
金輪際動かない富士山と違って
相手が動きの激しい鳥だけに
撮るのがなかなか難しいが、

正に数撃ちゃ当たる、
それにデジタルファイルなので
画角修正(トリミング)や
画質修正(明るさやコントラストなど)も
後でなんとかなるという浅はかな考えで、
二人で15000
RAWファイルを含めると25000枚程度)
も撮って自宅に戻ってきた。

もちろんこのままパソコンに入れておいたところで
ピンボケ写真や同じような写真ばかりでは
見る気にもならない。

撮影以来、
暇を見つけては
(と言うと格好いいが、実は暇ばかりなので
正しくは何もすることがなく困り果てた時に)
一枚一枚チェックし、
お気に入りの写真を選び出してきた。

その整理が約9ヶ月後の昨日やっと終了した。

1次選択

(ピンぼけ写真や尻切れ写真を削除する)、

2次選択
(構図的にそこそこまともで面白そうな写真を選び出す。
構図がまともでも面構えの悪い丹頂やオオワシの写真は削除する)、

そして3次選択
(類似写真を削除する。
隅っこに写った邪魔なカラスを外すためにトリミングしたり、
明るさやコントラストを調整しながら最終的な選択をする)

を経て最後に残った写真は

ヨメサンが撮ったのが約700枚、

五目漁師が撮ったのが約800
(選別者としてのえこひいきが入るので少し多い)。

合わせて約1500枚、
丁度10枚に1枚が残ったことになる。

五目漁師自身はここまで残った写真に関しては
少なくとも三度は見たことになるが、
ヨメサンなどは百舌鳥(もず)の如く
シャッターを切った後は
ほとんど自分で撮った写真でさえも見ることはなく
この時期になると
もう次の撮影行に思いを馳せている。

そこで今回は残った写真の中から
ヨメサンに10枚を選んで貰った。

と言っても五目漁師なら額に汗をしながら
あれかこれかと
半日位は掛かってしまいそうな選択を
風呂あがりにちょいちょいとやってのけてくれた結果だ。

選択にあたっては
自分の写真と五目漁師の写真を
半々で入れることを条件にした。

さて、どんな写真を選んだかな?

興味がある。

0dsn150252s釧路の鉄橋を走るSL。
例年なら川には氷が張っているが今年は皆無。(2月6日五目漁師)

1ims158316s鶴居村。ねぐらに帰る丹頂(2月6日ヨメサン)

2dsn150885s帯広のエゾリス。(2月7日五目漁師)

3dsn152308s鶴居村の丹頂。(2月9日五目漁師)

4ims15a0725ts鶴居村の丹頂。(2月9日ヨメサン)

6ims15a3764ts根室のオオワシとオジロワシ。(2月11日ヨメサン)

7dsn155756s走古丹のエゾジカ。(2月12日五目漁師)

8ims15a4385s羅臼のキタキツネ。(2月12日ヨメサン)

9ims15a5277ts羅臼のオオワシ。(2月13日ヨメサン)





やはり性格かな、
おもしろい写真と言うよりも
行った先々の色んな被写体から
まんべんなく選んでくれたようだ。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 野比沖でメガハギを狙う | トップページ | 嫌いなのはサバ、怖いのはサバフグ »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

写真を全部拡大して、拝見しました。
でも、サイトの拡大では物足りなくてもっと大きく画面フルサイズで見たい衝動に駆らたてられました。
どれも、素晴らしい写真ですね。

私もデジタル一眼(息子から貰った)を持って、旅行など時々使いますが、バシャバシャ撮って後で冷静に見ると何を撮ったのか解らないものや撮りそこないが沢山あります。
整理すると殆ど消えてしまい、残るは十数枚だけになります。

投稿: 釣吉 | 2015年10月 3日 (土) 10時34分

釣吉さん、こんいちは。

フィルムの時代は一枚一枚気合を入れて撮りました。

デジタルになってからはバシャバシャ撮りますが
結局残る写真はフィルムと同程度、一日に数十枚程度ではないでしょうか。

最近のデジタル写真はRAWで撮ると一枚が20MB以上もあります。
昔のフロッピーディスクが15枚分です。
いくらHDDなどの記憶媒体の容量が大きくなったとはいえ整理しないと大変な事になりますね。

投稿: 五目漁師 | 2015年10月 3日 (土) 14時29分

五目漁師さま

素晴らしい写真の数々ですね.
他者から見てこう思うのですから
ご本人・奥様にとってはまた格別な思いなのでしょうね.

個人的にはオオワシとオジロワシの決闘
この結末がとても気になりました.
(どちらも怪我程度で済んだなら良いのですが・・・)

投稿: 趣味のボート釣り | 2015年10月 3日 (土) 21時21分

趣味のボート釣りさん、こんばんは。

動物の写真はシャッターを切って、やった! というケースよりも
写真を見てあれっ、こんなのが撮れている と感激する方が多いかもしれません。

こいつら、一日中喧嘩してるんですよ。
顔つきが精悍な割には動作が鈍く、直ぐにどちらかがやられてしまうようです。
その後はお互いに素知らぬ顔をしています。

投稿: 五目漁師 | 2015年10月 3日 (土) 22時34分

五目漁師さん、こんにちは。

写真拝見しました。
素晴らしいですね。
写真に関しては素人ですが素人の域を超えているように見えます。
魚をかけた時の切れ味抜群の合わせと言い、
一瞬に勝負を賭ける、そのためには事前準備を入念に行う五目漁師さんらしさがよく出てると思います。

カメラはiPhonのカメラしか持っていないのですが、今回6sに替えて飛躍的に画像がよくなりました。

五目漁師さんの写真とは比較できるものではありませんが、
お送りした釣果写真も綺麗になったと思いません?

それでは、また。

投稿: flex-p | 2015年10月 4日 (日) 17時25分

flex-pさん、おはようございます。

写真、絶賛いただきありがとうございます。
釣りにもデジタル釣りというのがあって、
デジタルカメラで写真を撮るように(8枚/秒)
パカパカと釣れるように・・・なると面白くなくなリますね。

そうそう、オヤ? キッチンの照明でも変わったのかな?
と思っていました。
魚の肌ツヤがピッカピカで随分綺麗になりました。
今までのカメラって酷かったのですね。
今後の釣果写真が楽しみです。

投稿: 五目漁師 | 2015年10月 5日 (月) 06時16分

丹頂の写真3枚とSLの写真が、息を飲むような風景でオイラは好きです。
来年度のカレンダーにして、自宅に飾りたくなりますね。

オイラも冬の紋別に2度ほど行ったことありますが、凍りつき雪原のような海、流氷の景色、そこにとまる尾白ワシの悠々とした姿…日本にこんな大自然の神々しい景色を思い出しました。

同じ景色を見て綺麗と共感し、同じ魚を食べて美味しいと共感し、仲むつまじく羨ましいです。
鬼嫁VS熊でつまらぬ小競り合いをしてるオイラは見習わなければです。
追記
昨日、金田湾へ行ってきました。のちほど報告しますね

投稿: 甲斐の荒熊 | 2015年10月 5日 (月) 09時23分

甲斐の荒熊さん、こんにちは。

昔はよそのお店のカレンダーになったりしたこともあるんですよ。

紋別って、あのでかいカニのハサミがあるところですね。
流氷船に乗られましたか?

オオワシ、私も同じ日本でこんな景色が見られるとは思っていませんでした。
ずっと海外かと。

道東は特にですが、北海道の景色は日本離れしていますね。

金田湾の記事楽しみにしています。
私は伊東でした。

投稿: 五目漁師 | 2015年10月 5日 (月) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/62400000

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りネタがない、そこで・・・:

« 野比沖でメガハギを狙う | トップページ | 嫌いなのはサバ、怖いのはサバフグ »