« 伊東の釣果も本日でほぼ完食 | トップページ | 釣りネタがない、そこで・・・ »

2015年9月29日 (火)

野比沖でメガハギを狙う

昨日(928日)は野比沖に釣行。

今回はいつも互いのブログのコメント欄で行き来する
釣吉さんからお誘いをいただき
野比沖のメガカワハギ釣りに同行させて頂いた。

この時期になると釣吉さんのブログ
毎回のように登場する型揃いのカワハギ。

その釣りポイントまで手漕ぎボートで
なんとか行ける範囲に貸しボート屋さんがあるにはあるが、
あいにく平日はエンジン付きオンリーということで
一度行きたい行きたいと言いながらもためらっていた。

見かねた釣吉さんから ならば 
ということで今回お誘い頂いた。

もちろん五目漁師は羽でもついたように喜んで飛んで行った。
ブログの相互コメントの威力は凄い。
初対面ではあったが、
おはようございます
のご挨拶の直後には、お互いに普段のスタイルで会話が弾む。

早速、ボートに荷物を積み込み、
横須賀港を経由して野比沖のメガカワハギポイントに向かう。

1dsxp151930s

今日は二人共カワハギ一本に狙い定め竿を出す。

しばらくすると、釣吉さんに最初の一尾目、
なんといきなりメガクラスだ。
でかい。

2img_0_m写真は釣吉さんのブログより拝借


私にも良型が来る。

3dsxp151942s

しかし、アタリが続かない。
水深-78mに広がる岩礁帯が険しいだけに
狙いを定めたポイントが風や潮の影響でぶれると
アタリに影響するようだ。

五目漁師は普段はコマセ釣りの傍らで
カワハギ釣りをやることが多かったために
コマセ釣りのオキアミ餌を
そのままカワハギ釣りに使うのが普通であったが
今日は釣吉さんが準備して下さったとっておきのアサリを使っている。

食いが悪い時に、予備で持ってきたオキアミを付けてみると
瞬殺で取られてしまう。
ベラやカサゴには特に受けが良く食いも良いが
餌持ちはアサリの方が良いようだ。

それにしても上がってくるカワハギは
ほとんど全てが25cm以上の良型揃い。

昼からは潮が速くなり、うねりも大きくなって釣りにくくなった上に
スズメダイにたかられてしまい
数を伸ばすことはできなかったが
久しぶりにカンカンと穂先を叩きながら上がって来る
カワハギの引きを楽しんだ。

で、今日の五目漁師の釣果はこれ。

Cas154379s(最大27cm


因みに釣吉さんは私の倍近くを釣り上げる中で
少なくとも3尾はメガクラス。
3号ハリス切れも何度かあったようだ。

釣った日刺し身は
ポン酢ともみじおろしで食べるさっぱり系の薄作り

Cas154389s

と、ワサビ醤油で味わうこくの肝和え。

Cas154397s

似た者同士だが、ヨメサンは折角の肝を食わないので苦肉の策だ。

ニンニクを効かせダイコンおろしを添えた
これもさっぱり系の和風ムニエル、

Cas154421s

私のお皿には肝のムニエルを添える。

Cas154426s

なんで、こんなに美味いものを!

外道のカサゴは姿唐揚げに。

Cas154404s





いつも釣ったカワハギは氷締めだけで血抜きはしませんが
釣吉さんに教えていただいた簡単な方法でやってみました。
見違えるほど美味しくなります。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 伊東の釣果も本日でほぼ完食 | トップページ | 釣りネタがない、そこで・・・ »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

ハリス切れは悔しいですね。あのハリス止めはハリスに傷がつくのかもしれません。
3号ハリスがいとも簡単に切れました。

海が穏やかな良い凪になったのは良かったですが、
風向きがくるくる変わってしまい、小さなポイントにボートを留めることが出来ませんでした。
午後は餌は盗られるし、魚探に良い反応は出るし、、スズメダイに騙されましたね。

料理は流石に多彩で見事です。
翌日はお刺身が微妙に美味しくなります。
舌触り歯触りが変わります。御賞味下さい。

お疲れ様でした。
貧果でしたが、これに懲りずにまた起こし下さい。

投稿: 釣吉 | 2015年9月29日 (火) 16時48分

釣吉さん、こんばんは。

昨日はお世話になりました。ありがとうございました。

ハリス止めは私も使いかけたことがありますが
ハリスが押さえつけられて扁平し、
結果的にかなり弱くなっていることがわかりましたので止めました。

比較的平らな砂底にいるカワハギと違って起伏が険しい岩礁帯ですから
ボートの位置で随分と様子が変わるみたいですね。
逆に大きいのが集まる要因なのかも知れないと思ったりしています。

個体のせいなのか、教えて頂いた野締めのせいなのかはわかりませんが
明らかにいつものカワハギと違って一層美味しいです。

また、誘って下さい。楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月29日 (火) 18時18分

メガサイズのカワハギ、経験ありませんがなんだかすごいですね。私はアジもまともに釣れないのに、ブログ拝見してカワハギ釣りに吸い込まれてしまいました。しかもまたしても料理美味しそうだし・・・・
あぶないあぶない。

投稿: のいぱぱ | 2015年9月29日 (火) 22時53分

のいぱぱさん、おはようございます。

福浦辺りでもいい型のカワハギは釣れますがこれだけ揃ったのは私も初めてです。

そう言えば大津で釣ったという話は余り聞いたことがありませんが、いないのでしょうか?

カワハギ釣りに吸い込まれている人は多いですから一度お試し下さい。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月30日 (水) 07時03分

カワハギいいですよね。刺身はうまいし、釣味も楽しい。
DVDや素潜りで見ましたが、泥棒の異名をとるだけあって技のデパートですね
最後の最後の取り込みで横泳ぎされるとヒヤヒヤします。

色んな刺身を食べてきましたが、カワハギに勝る刺身はないと思うほどオイラの大好物です。
特に肝ポン酢に和えた刺身は悪魔的に魅了されました。(捌くのも楽ですし)
いつも連日刺身で食べてしまうので加熱調理したことないです。
ソテー美味しそうですね。
今度、加熱調理もしてみたいと思います。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2015年9月30日 (水) 07時04分

甲斐の荒熊さん、おはようございます。

DVDを見ていたらとても釣れそうにないカワハギ。
それでも実際には結構釣れます。

ところが、今回はそのDVDの通りにやられたようです。
明らかに福浦や油壺辺りのカワハギとは違いますね。
でかいのはそれなりに経験を積んでいるのかもしれません。

我が家ではヨメサンが肝を食べませんから割当が倍にになりますし、
臭いも嫌いますから処理が難しいのですよ。
肝はいつも大方が余ってしまいます。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月30日 (水) 07時18分

五目漁師さん、こんにちは。

メガハギすごいですね。
カワハギもでかくなると石鯛のクチグロみたいになるんですね。
カワハギ釣りは好きな人はたまらないようですが、
私はあのちびちびした釣りが好みに合わないので(叩きとか、這わせとかそれ釣りですか?、的な)、
専用竿は一応持っていますがほとんどやりません=アサリもまともにつけれません=全然上達しません(泣)。

ただカワハギの場合肝無しには全く興味がないので、たくさん釣れても困ってしまいます。
五目でたまに混じるくらいの現状で満足しています。

先週はワッペンにたかられまくってホントに参りました。
開始から4時間完ボでした。
やはり自分にとってカワハギはKing of 外道です。

投稿: flex-p | 2015年9月30日 (水) 10時26分

こんにちは。

野比沖のカワハギ、懐かしいですね。
よく針を折られたもんです。

今は私もfさん同様、外道で混じるくらいで十分と思っています。
肝合えでちょっとだけいただいて、もう少し食べたいな位で十分かな?(笑)

ただかみさんは、カワハギの水炊き風が食べたいと、、、。
コンブで出し取って、カワハギのぶつ切りとあとはとうふとネギくらい。
これをポン酢か、お好みで肝を酒と味噌少々で溶いたタレで食べます。
締めの雑炊がたまりません!(笑)

もうそんな季節ですね。

投稿: 腰痛持ち | 2015年9月30日 (水) 10時50分

おはようございます。

カワハギ船の釣果を見てもこれだけの釣果はなかなかないですよ。
釣吉さんは倍近く?! ほんとにすごいw
野比沖というのが実際にピンポイントでどのあたりだかわかっていませんがあの辺のカワハギは美味しいと聞きます。
特に竹岡沖のカワハギは日本一って豪語する剥師も少なくありません。

刺身や肝を食うぞ!って個体は血抜きします。
ヒレの後ろにある小っちゃいエラからナイフを入れて抜いてます。

違う方法なら是非お会いしたときにでも教えていただきたいです。

そんでいつもたくさんの魚を食べられるように工夫されたメニュー。
料理の見た目 メニュー立て その辺をひっくるめると異次元ですね。
カサゴのから揚げなんか包丁の切れ味まで伝わってきますよ。

投稿: | 2015年9月30日 (水) 11時08分

またやっちまったっす 世妃亜でしたw

投稿: 世妃亜 | 2015年9月30日 (水) 11時09分

flex-pさん、こんばんは。

カイワリ、アジ、マダイ・・・釣った人のもっともらしい講釈はよく聞かされますが
どれもこれも、勝手に釣れてくる魚ばかりです。
たまに掛かってくる外道のカワハギは別として
釣らないと釣れない魚はカワハギとフグくらいでしょうか。

30cmを超えるカワハギはそう簡単に見られるものではないと思いますが
ご自宅で検寸したところ尺超えが3尾だったそうです。

人間と違って魚はどうやら生きている限り大きくなり続けるようですが
他の魚と同様に大き過ぎるよりも25cm程度が一番美味しいらしいです。

魚探のそばに高級カワハギ竿、居間の飾り物として絵になりますね。
ついでにアサリの貝殻なども2,3個転がせておくとオブジェが完成しますよ。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月30日 (水) 19時43分

腰痛持ちさん、こんばんは。

さすが、東京湾近隣の釣り場は一通り荒らしてらっしゃいますね。

釣吉さんのブログを拝見する限り、ここのカワハギはいつも大きいですが
この日の群れは特別に型揃いだったようです。
その分数が出ませんでした。

福浦辺りでは夏場でも-30mくらいが良かったと思いますが
ここは10m以内ですね。

クッションゴムを使わない釣りであのカンカンと叩くような感じ、
久しぶりに小気味いい引きを楽しみました。

奥様好みの水炊き昨晩我が家でもやりました。
締めの雑炊はうどんにしましたが。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月30日 (水) 19時48分

世妃亜さん、こんばんは。

今回は連れて行って頂いたので
私からポイントを本文中に書くのも多少はばかられたのですが
野比の目の前のサクネです。

エンジン船なので根のピーク回りには近づかず
少し離れたところだったようです。

そもそも私は生きた魚にナイフを入れるのが苦手で
釣った魚は取り敢えずクーラーボックスの氷水で締めます。
(最近はあまりにも憎いサバやソーダはやっちゃいますが)

仰る通りヒレの前にある小さい穴にナイフを入れて
バケツの中で血を出す方法です。

最初は硬いのかと思いグサッとやったらナイフが反対側に突き抜けてしまい
自分の指からも血が出ましたが。

から揚げ、世妃亜さんにそんなに褒められると
カサゴが大好きになりそうです。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月30日 (水) 19時57分

五目漁師さま

カワハギおいしいですね.
寝かせても本当に美味しいです.
今回初めて3日目まで寝かせましたが(仕事が多忙だったこともあり),それでも食感良く美味しかったです.

私はコマセ釣りの餌取りの正体を暴いてやろうとした結果,釣る(釣れてしまう)ことが多いです.
ある意味,コマセに寄ってきたカワハギを釣るという,理にかなった釣りにはなっているのかもしれません.

投稿: 趣味のボート釣り | 2015年9月30日 (水) 21時06分

五目漁師さん、こんばんは!

拝読しなければよかった今回の玉稿。
次はアジと決めていたんですが、気持ちは急速にカワハギへ傾きます。

カワハギも25cmを超えると百戦錬磨の個体が多いと思います。
このサイズが揃う釣り場も相当なものですが
それ以上に釣り人のテクが無いと釣れませんね。

素晴らしいものを見せていただきました。ありがとうございました。

ラストの白目をむいたカサゴもとっても素敵です。

投稿: ぴー太郎 | 2015年9月30日 (水) 22時48分

趣味のボート釣りさん、こんばんは。

私も昔はコマセ釣り→付けエサが直ぐになくなる→正体暴き→本気にカワハギを釣る
のパターンが多かったです。
福浦や油壺はカワハギが多いのでよくこのパターン陥りましたね。

コマセで集めながら釣った方が掛かりやすい気がしています。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月30日 (水) 23時33分

ぴー太郎さん、こんばんは。

ご安心下さい。
このポイントではカワハギ仕掛けでカワハギを釣りながら
時折回ってくるアジも一緒に釣る名人がいらっしゃるようです。

ここは根が険しくて仕掛けをたるませたりすると
根掛ってしまい釣りにくかったです。

ヨメサンも同じように白目のカサゴには白目をむいていました。

投稿: 五目漁師 | 2015年9月30日 (水) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/62376671

この記事へのトラックバック一覧です: 野比沖でメガハギを狙う:

« 伊東の釣果も本日でほぼ完食 | トップページ | 釣りネタがない、そこで・・・ »